ハロウィンおすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!
ハロウィンに是非見たい映画を紹介しています!

おすすめ映画はこちら

ミッドウェイ 無料動画配信(上映中映画) フル視聴できる配信サイトは?DVDレンタルは?

ミッドウェイ 未分類

(C)2019 Midway Island Productions, LLC All Rights Reserved.

映画『ミッドウェイ』予告編

映画『ミッドウェイ』の作品情報

 

基本情報

公開日 2020年9月11日
登場人物/声優 監督:ローランド・エメリッヒ

出演:エド・スクライン  パトリック・ウィルソン  ウディ・ハレルソン

映画『ミッドウェイ』の動画をフル視聴する方法

映画『ミッドウェイ』のフル動画を視聴する方法をまとめてました。

フル動画を見る方法
動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ✕ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  ✕ 933円 14日間 なし
  ✕ 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  ✕ 500円 30日間 なし
  ✕ 500円 31日間 なし
  ✕ 800円〜 なし なし

◎ ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可(大本命) 

〇 ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可 

△ 課金のみ視聴可

✕ 無配信

映画『ミッドウェイ』を視聴できる動画配信サイトは現在ございませんが、

歴代作品の視聴可能な動画配信サイトをまとめてみました。

作品名から各作品の詳細記事が見れるようになっております。

映画『ミッドウェイ』シリーズの過去作品・スピンオフ・関連作品

準備中

映画『ミッドウェイ』の感想やあらすじ・ネタバレ

男性60代
男性60代

評価・・・☆☆☆☆★(星4つ)

 

日・米の運命が交差したあの日のミッドウェイの空と海はこんなにも明るく青かったとは、昭和生まれの後半の私には、驚きました。この青い海で激戦が行われたとは、不思議な思いがしました。この映画はそれを見事に再現していました。
「激闘の向こうに反戦が見える。」・ミッドウェイという大きな歴史の一戦が、生き生きと目の前に迫ってくるようでした。
そして双方の艦艇や軍用機や将兵たちの命をかけた生き様に心を奪われました。今の平和が何故あるか改めて考えさせる作品でありました。
戦争映画であると同時に、今この世界で起こっていることについて語った映画でもあります。

76年前の悲劇が次の世代に引き継がれる大きな教訓の映画だと思います。
映画で伝えたいのは、国力は十倍。

戦わざるを得ないなら奇襲攻撃から勝利を重ね、早期講和しかなかったと思うのに何故「ミッドウエイ」で戦争したのか、アメリカの生産力は当時の日本と比べるとあるかに違うのが敗戦要因・日本は戦艦重視・アメリカは戦闘機を主にしたことが重要な事実と思います。
映画で見てる戦闘シーンはストレス解消法ですが、これが実際に我が身
振り込まれたらはっきり嫌ですね。

でも、歴史上こういことがあったんだな映画を最後まで見ました。スケールの大きい戦闘映画で面白かったです。

男性30代
男性30代

評価・・・☆☆☆☆★(星4つ)

 

戦記物でありながらアメリカびいきに偏ることなく日本とアメリカ双方からの視点で戦闘への経緯が描かれていて、緊迫感を感じました。

史実としてアメリカ軍が大勝するという結末を知っていても、スリルを感じながら観ることができました。

実際に日本空母からの対空攻撃がここまであったのか?

戦闘機が密集しすぎじゃないか?

など史実と乖離する部分はあるものの、さすがはアクション映画の大御所ローランド・エメリッヒ監督らしい迫力で戦闘を描いてくれています。

大画面で見て実際に自分が放火を浴びながら急降下爆撃機に乗っているような没入感を感じました。

ぎりぎりの高度まで降下して空母に爆弾を投擲するシーンでは、高度をカウントする声とともに見ているこっちにまでGがかかっているような気分で思わず息を止めて見てしまいました。

特に、プロペラ音、機体が軋む音、風を切る音、弾丸がかすめていく音などサウンド面での迫力がすごく、大戦を描いた戦争映画の中でも飛びぬけていると感じました。

男性60代
男性60代

評価・・・☆☆☆☆☆(星5つ)

 

最初から最後まで戦闘機の中に乗っているような錯覚を覚える映像技術に驚きました。

約80年前の出来事が、自分の前に起こっているような臨場感を味わいました。

戦争映画はいくつかのタイプに分かれると思いますが、この映画はまさにノンフィクション映画でしょう。

狂気とも言える日本軍に対して、どんな逆転劇を演じたのか、ある意味その奇跡的を表現したかったのだと思います。

そして、なぜミッドウェイで日本は負けたのかについては、まさにアメリカの情報戦略に負けたのだということがこの映画でよく判りました。

思うに、日本が悪なのかアメリカが悪なのかをというと、この映画を見る限り、歴史が流れるだけで、どちらにも軍配が上がるものとは言えません。

ただ言えることは、戦争ほど人間を悲惨にするものはないということだけです。

昭和の最初は、世界はまさに戦国時代と同じで、自国の陣取り合戦でした。

ドイツ然り。

日本も然りです。

ただ、その後もいくつかの戦争があり、今でも燻っているところはありますが、ミッドウェイは、戦争の時代の終結を決定づけたシーンなのかもしれません。

これこそ宇宙の一つのリズムなのでしょうか。

鑑賞者からのネタバレ

以下、ネタバレになります
男性60代
男性60代

アメリカ海軍駐日武官として東京に駐在していたエドウィン・レイトンは山本五十六から「日本を追い詰めるな」と警告される。
その数年後の1941年12月、日本海軍の機動部隊が真珠湾を空襲し、太平洋戦争が始まります。
エンタープライズはマーシャル諸島を攻撃し、ベスト機の爆撃で飛行場を破壊する。さらに空母ホーネットから発艦したドーリットル隊が日本本土を空襲し、山本は米機動部隊を撃滅するためMI作戦を計画します。

米軍がロシュフォートが日本海軍の暗号を解読し、攻撃目標はミッドウェー島だと突き止めます。
米軍は珊瑚海海戦で損傷した空母ヨークタウンを突貫工事で修復し、空母3隻をミッドウェー島近海に配備することになります。
そして1942年6月5日から7日の間に、米軍は日本艦隊を迎え撃ち、大きな犠牲を払いながら空母赤城・加賀・蒼龍を撃破します。
飛龍からの反撃でヨークタウンが被弾するが、ベストたち生き残りのパイロットによる最後の攻撃で飛龍も炎上し雷撃処分されてしまいます。
山本は「ミッドウェー島を艦砲射撃すべき」という進言を却下し撤退します。
ハワイの米太平洋艦隊司令部は日本側の無線を傍受して、初めて自分たちが勝ったことを知らされます。

男性30代
男性30代

真珠湾攻撃を機に太平洋戦争が始まりアメリカ海軍は日本海軍への反撃機会を伺っていました。

真珠湾奇襲を防げなかった情報参謀のレイトンは次の日本の目標はミッドウェイだという情報を掴み、ニミッツはレイトンを信じてミッドウェイでの待ち伏せを企画しました。

一方南雲提督率いる日本空母部隊はミッドウェイ島攻撃と敵空母殲滅のどっちつかずの作戦のまま侵攻作戦を進めていました。

親友を真珠湾攻撃で失ったエースパイロットのベスト大尉は日本への復讐のため急降下爆撃機部隊を率いてミッドウェイに出撃しました。

レイトンの読みは的中し、ベストたちは日本空母部隊に爆撃を仕掛け日本の空母4隻を撃沈し、日本海軍はミッドウェイから退却しアメリカ海軍は勝利を収めました。

双方多大な人的被害を払いながら太平洋戦争の戦局はアメリカ軍優位へと大きく傾きました。

男性60代
男性60代

文字通り太平洋戦争のターニングポイントであったミッドウェイの激戦をテーマにした戦争ストーリーです。

アメリカに強大な恐怖感を植え付けた真珠湾攻撃から、起死回生のミッドウェイ海戦に至るまでを描いています。

アメリカの制作とはいえ、基本的には日米の軍人たちを公平に描いています。監督はローランド・エメリッヒです。
山本五十六(豊川悦司)、山口多聞(浅野忠信)、南雲忠一(國村隼)が統括する日本軍の艦隊が12月8日、真珠湾を圧倒的な破壊力で攻撃します。

アメリカ軍の戦艦エンタープライズの艦長は、優秀なパイロットたちに、憎き日本軍艦隊の追跡を命じます。

また、アメリカ軍の優秀な暗号解読班は、次にどこに日本軍が現れるのかをキャッチ、分析します。
そして緻密な戦略を立て、ミッドウェイで日本軍と激戦を展開することになります。

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

映画『ミッドウェイ』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました