おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【アーロと少年】動画を無料で(映画2015)フル配信・視聴する方法

アーロと少年 ディズニー映画
(C)2016 DISNEY / PIXAR.
『アーロと少年』は2015年に公開されたピクサーとディズニーが共同制作したアメリカの映画です。

映画『アーロと少年』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『アーロと少年』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

映画『アーロと少年』予告編
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、他の『ピクサー映画』をお読みいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

他の「ピクサー映画」もお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

映画『アーロと少年』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・アーロ

恐竜が絶滅することなく生き延びた世界で、ある恐竜の親子から三人の子どもが生まれました。

名はそれぞれリビー、バック、そしてひと際小さなアーロ。

順調に成長した三匹は徐々に両親の畑仕事を手伝うようになります。

しかしそんな中でも三兄弟の中のアーロだけはいつも空回りし、皆に迷惑をかけてしまいます。

そんなアーロは兄弟たちにからかわれていました。

見兼ねた父がある夜アーロを連れて棲み処を出て行きました。

・食糧泥棒

父はアーロが成長するために新しい手伝いをさせようと決めたのです。

越冬するためにためた食糧を何者かが食い荒らしていました。

その何者かを捕まえるよう父はアーロに頼んだのでした。

そしてついにその時は来ました。

父が仕掛けたトラップに何者かがかかったのです。

父に教えられた通り、棒で殴ろうと近寄るアーロですが、なんとトラップに引っかかっていたのは生き物ではなく人間の子どもでした。

そんな子どもの様子に恐怖を感じたアーロは思わずその子供を逃がしてしまいます。

・人間の子どもを追いかけて

アーロの行動を見ていた父はアーロと共に人間を追いかけました。

荒天の中、川に沿って崖の中にできた道を進んでいきます。

しかしその道中、大雨の影響で増水した川の波にのまれ父は流されてしまいました。

失意の中棲み処に戻ったアーロですが、そんなアーロの前に再びあの人間の子どもが現れたのです。

この人間の子どものせいで父が川に流されたと思ったアーロは子どもに襲い掛かります。

しかしその途中で川に落ち、そのまま流されてしまうのでした。

・目覚めたアーロ

なんとか助かったアーロですが、そこは全く知らない土地でした。

川に沿って歩けば大丈夫、そう言った父の教えを思い出し、アーロはゆっくり前へ進んでいくことにします。

一人でなんでもこなそうとするアーロですが、どうにも空回りしてしまいうまくいきません。

そんなアーロにどういうわけか人間の子どもは次から次へと食料を運んできます。

どうやらアーロに懐いているようで、アーロと共についてきました。

・スポット

アーロの棲み処であるギザギザ山まで戻るためには、その人間が必要だと道中で教えてもらったアーロは、その人間の子どもにスポットと名付けて共に行くことにしました。

スポットもどうやら家族を亡くしてたった一人でいるようでした。

スポットが自分と同じ思いをしていたと悟ったアーロは、次第にスポットに心を開いていきます。

・カミナリドカン

旅の途中またしても嵐に見舞われたアーロたちが、気がつくとまたも見覚えのない土地にいました。

そうするべきかと困っていたアーロの前にカミナリドカンたちが現れます。

彼らは嵐に遭った他の動物たちを救助しているというのですが、実際にはその動物たちを自分たちの食糧にするための活動だったのです。

身の危険を感じたアーロとスポットは慌ててその場から逃げ出しますが、カミナリドカンたちは徐々に迫ってきます。

絶体絶命の状況をティラノサウルスの家族に助けてもらうのでした。

・再びカミナリドン現る

そのティラノサウルスたちの助けを借りてなんとか、ギザギザ山の近くまでやってきたアーロはスポット共に自分の棲み処を目指します。

しかしその途中でなんとあのカミナリドンたちが現れた上に襲ってきました。

更にカミナリドンたちはスポットを連れ去っていってしまいました。

なんとかアーロは気持ちを奮い立たせてスポットの救出に向かいます。

そして荒天の中襲い来るカミナリドンたちをなんとか撃退したアーロはスポットを救出することに成功しました。

【 ネタバレ 】

・人間

棲み処がふもとに見え喜ぶアーロたちでしたが、そんなアーロたちの前にスポットは似ても似つきませんが、人間が現れたのです。

人間たちはアーロを温かく迎え入れようとしていました。

またスポットも自分と同じ人間に囲まれて笑顔をこぼします。

そんなスポットの様子を見ていたアーロは、スポットは人間たちと共に暮らすのがいいと決断します。

スポットは渋っていましたが、アーロに説得され人間たちと共に行くことを決めました。

・結末

一人棲み処に無事到着したアーロは、母に父と間違えられるほど凛とした姿になっていたのです。

アーロはその成長の印を刻むように父の足跡の隣に自らの足跡を刻みました。

【 登場人物紹介 】

アーロ   (石川樹)

スポット  (言語版流用)

ブッチ   (松重豊)

ラムジー  (片桐はいり)

ナッシュ  (八嶋智人)

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

・ピクサー作品が好きな方
・生き物がたくさん出てくる映画が好きな方
・家族で見る映画を探している方

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

女性30代
女性30代

人間と恐竜の立場が逆転しているというところがまず面白かったです。

ピクサー映画は言葉を使わずに感情や思いを表現するのが上手だと思います。

また言葉なしに語るのに一役買っているのが壮大な自然のシーンでした。

こんな美しい場所でたくさん遊ぶことができたらそれは感情が豊かになるだろうな、とうらまやましくなります。

アーロも少年も独りぼっちという共通点がありながら、まったく正反対の性格というのもストーリーを面白くしていました。

悲しい過去を乗り越えて、二人で成長して、でも最後はお互い別々の道を歩んでいく、というのもさながら青春ドラマのようでさわやかでした。

大切な人をもっと大切にしたいと思う、ほっこりあたたかい気持ちになれる映画でした。

感想はここから見れます
女性30代
女性30代

一番大きな卵から、大きな赤ちゃん恐竜が生まれるのかとおもうとひょうしぬけするような小さい赤ちゃん恐竜のアーロが生まれた瞬間は、わくわくして可愛い瞬間でした。

姉や兄は、活発的で父の手伝いもなんなくこなしていきます。でも、アーロはなかなかうまくこなすことができません。

そんな時、人間の子供がアーロたちの食糧をぬすむので捕まえるわなをしかけて見事つかまえられます。

野生児あふれ、昔なので子供の言葉は、言葉というよりはうなり声のようです。

アーロは殺すことが出来ずにがしてしまいます。

しかし、アーロとこの人間の子供の名をスポットと名付けて冒険に一緒にでることになります。

そこで、ティラノサウルスや怖い翼の恐竜なでに襲われても、二人はたくましく生きていく姿を描いています。

女性30代
女性30代

出てくるキャラクターの可愛さに惹かれて見始めましたが、物語の内容もとても面白かったです。

甘えん坊で物事をうまくこなせない恐竜のアーロの一生懸命さには心打たれるし、思わず頑張れ!とテレビ越しに応援したくなります。

不思議な少年と出会い、最初は戸惑いを隠せていませんでしたが、少しずつ二人で困難を乗り越えたり楽しい時を過ごしたりして心を通わせていく様子は見ていて癒されます。

アーロの父親に対する罪悪感や寂しさが現れるシーンは悲しくなりましたが、それも乗り越えて一つ成長していく様子は私たちにも当てはまると思いました。

辛いことを乗り越えて一人前になっていく姿を見せたいので、私の3歳の子供と今度また見たいと思いました。

女性20代
女性20代

はっきり言ってしまうと、好き嫌いの別れる映画だとは思います。

恐竜が生きていた時代の地球を描いたグラフィックや、背景の美しさは圧巻の一言です。

いろいろな種類の動物、恐竜を独特のタッチで描き出しているところも素晴らしいですし、人間を動物の一種だと感覚的に理解させられる描き方をしているので、自分の価値観にも気づきがある作品です。

ただ、もしかしたらアメリカの人たちの感覚ではどのキャラクターもかわいいのかもしれないのですが、メインのアーロも赤ちゃんも、はっきり言ってかわいくない。

いわゆる不気味の壁などではなく、シンプルに魅力に欠けると感じてしまいます。

そのせいで物語にあまり共感できないので、キュートさを求める人には向いていない気がします。

女性30代
女性30代

恐竜と人間が共存する世界が舞台です。自然豊かな地球で、風景がとてもきれいです。

CGでここまで自然美を表現できるなんて驚きだし、ぜび見てほしいポイントです。

お話は、自分に自信のない恐竜が、同じようにひとりぼっちの人間に出会って、二人で旅をすることになるという話です。

予告編では家族を探して、みたいになってますが、結構悲しい話でびっくりしました。

アーロが最初、人間の子どもに関心を抱かなかったのは、彼が人間についてよく知らなかったからで、一緒に旅をするうちに友達になってて、ああ、まずは知ることが大事なんだなと強く感じました。

恐竜たちが生きていたら、今私たちが住んでいるこの地球はどんな感じなのかってのは、一度はみんな考えたと思います。

本当にこの映画通りだったのかはわかりませんが、そういう夢みたいな生活を体感できる映画でした。

女性20代
女性20代

『アーロと少年』は家族の愛、友情、人間と自然、動物のふれあいを描いたディズニーらしいアニメです。

ストーリーは絶滅を逃れた恐竜一家の小さなアーロが父を失い迷子になります。

その後、アーロは森で少年スポットと出会い友情を深め成長していくという素晴らしいストーリーです。

恐ろしいはずの恐竜が、かわいく描かれ家族思いの優しいキャラクターとして成長していく姿には泣いてしまう場面もありました。

アーロと少年スポットが、お互いに助け合う姿勢は子供の成長には友情が大事かと考えさせられました。

力強いアーロの父や優しい母と兄弟たち、ティラノサウルスらの脇役キャラクターもよくできていました。

コンピュータグラフィツクの映像は美しく、人間や科学技術により破壊されていない自然環境が印象に残りました。

恐竜絶滅後に人類はいかに自然を破壊してきたかを思い知らされ、地球環境保護の大切さを考えました。

セリフも少なく、アーロとスポットが顔の表情やジェスチャーでコミュニケーションする姿は、小さなお子さんでも理解できると思います。

ディズニーアニメは、家族が見て幸せになれる映画です。

『アーロと少年』も子供の成長、親からの自立、親子愛、兄弟愛が強く描かれ家族で見るのにおすすめの映画です。

男性40代
男性40代

家族の中でもひ弱なアーロ。

嵐に合い父を失い川に流され気付いた時には知らない場所にいました。

家の農作物を盗んでいた人間の少年スポットになつかれ二人は共にアーロの家を探して旅立ちます。

二人の前には命を脅かす様々な困難が降りかかってきます。

様々な恐竜達との出会いを通じアーロは成長していきます。

最初は嫌いだったスポットにも少しずつ情が芽生えていき、いよいよアーロの家まであと少し。

家族に会える気持ちでいっぱいのアーロ。

その時、人間の家族と出会います。

少年スポットは人間、アーロは自分が家族と一緒にいたいと思うようにスポットにも家族が必要なんだと感じます。

悲しいけどもスポットと人間の家族が一緒になれるように別れを決断するアーロ。

そしてアーロは自分の家に帰ります。成長したアーロの帰りをとても喜ぶ家族。

家族という絆をしみじみ考えてしまうそんな作品でした。

女性40代
女性40代

子どもの恐竜アーロが、嵐に巻き込まれて、お父さんを失ったことを乗り越えて、人間の男の子、スポットと家に帰るための冒険をするストーリーです。

お父さんを失う原因になった人間の子をはじめアーロは嫌いです。でも、自分になついている子どもが自分のピンチを助けてくれたことなどから、アーロはスポットに心を開いていきます。

アーロはここで許すということを学んでいると思いました。アーロとスポットは助けたり助けられたりしながら、どちらも成長していきます。

スポットに身の危険が及んだ時に助け出したアーロはもう、気弱な恐竜の子どもではありませんでした。

後半、アーロがスポットを人間の家族に渡すことにしたときは、ほろっとしました。

恐竜と人間ということを超え、相棒であるスポットの立場に立って相手の幸せを考えることができるくらいに成長していました。

最後にアーロも家族の待つ家にたどり着くことができてほんとうによかったです。

小さな子供には理解するのは難しいかもしれませんが、小学生くらいの子供にとっては教育的にもとてもよい映画だと思います。

思いやること、勇気をもって一歩踏み出すことの大切さを学べる映画だと思うからです。

子を持つ親にとってもとても興味深い映画でした。

女性40代
女性40代

父を亡くした恐竜アーロと、両親のいない少年スポットの心温まるお話です。

助け合いながら、冒険しつつ、家族を探す姿にエールを送りたくなります。

恐竜は絶滅していないとしてのストーリーで、奇しくも恐竜に襲われたり助けられたりします。

共に家族を想う姿に、人も動物も変わらないのだなと改めて感じさせられます。
アーロとスポットは互いに離れられない存在となっていきますが、種族の違う彼らのこと。

残念ながら、確実に別離の時は近づいてきていました。

末っ子で兄姉にからかわれていたアーロも、経験を経て、頼りになるようになりました。

これからも一家の大黒柱として活躍することでしょう。

スポットも、受け入れてくれる家族ができて、本当によかったです。

【 まとめ 】

言葉を話せる恐竜と言葉を話せない人間の交流を描いた作品です。

最後の別れのシーンは何度見ても涙がこぼれるほど感動します。

ぜひ家族そろって視聴してほしい映画です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました