おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【カーズ/クロスロード】動画を無料で(映画2017)フル配信・視聴する方法

カーズ/クロスロード ディズニー映画

(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

『カーズ/クロスロード』は2017年にピクサーとディズニーが共同制作したアメリカの映画です。

『カーズ』シリーズの第三作目にあたります。

映画『カーズ/クロスロード』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『カーズ/クロスロード』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

映画『カーズ/クロスロード』予告編
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、他の『ピクサー映画』をお読みいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

他の「カーズ」シリーズもお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

映画『カーズ/クロスロード』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・ルーキーの台頭

ピストンカップを7回も制覇したライトニング・マックィーン。

彼はすっかりベテランレーサーの仲間入りを果たしていました。

しかしそんなライトニングの前にある時、強力なルーキーが現れます。

そのルーキーの名はジャクソン・ストーム。

ジャクソンは2016年シーズンにおいて、ライトニングを抑えてピストンカップにて初優勝を飾ったのです。

ライトニングはそれ以来すっかりレースで成績を残すことができなくなり、優勝争いから外れることになっていました。

加えてライトニングのかつての同僚たちも引退に追い込まれていました。

そのことが更にライトニングを焦らせることとなります。

ある時、レース中に焦ったライトニングはクラッシュ事故を起こし、レースから離脱することになってしまいました。

・進退

その事故からすっかり表舞台から姿を消すことになったライトニングはラジエーター・スプリングスで引きこもり、今後の進退について考えていました。

今は亡き師・ハドソンのようにレースから離れている間に自分の居場所がなくなってしまうのではないかと悪い予感が頭をよぎるのです。

そんなライトニングを励ましたのは恋人・サリーでした。

サリーの言葉もあってライトニングは再び挑戦することを決めます。

・ラスティーズ

そんなライトニングの前にラスティーズが現れました。

ラスティーズはライトニングのスポンサーにあたります。

そのラスティーズがレーサー育成施設を新設したのです。

その施設で一流のレーサーとして再び返り咲くための特訓を、トレーナーとして付けられたクルーズ・ラミレスとともに開始することになりました。

しかしクルーズがすすめる特訓内容はライトニングにとってはつまらないものばかりでした。

やがてライトニングは止めるクルーズを無視してレースのシミュレーターを使います。

しかしライトニングに使いこなせるようなものではなく、ライトニングはあっけなくその場でクラッシュしてしまうのでした。

そんな様子を傍から見ていたオーナーはライトニングに引退を勧告しました。

・条件

オーナーの意見を素直に受け入れることができないライトニングは、オーナーに条件をつけました。

来シーズンの初レース、フロリダ500にて優勝することができれば引退の時期は自分で決め、それ以外だった場合はオーナーの指示に従うというものです。

オーナーはライトニングのこの意見を聞き入れました。

ライトニングは早速フロリダ500の優勝を勝ち取るため、クルーズらと共に特訓に入るのでした。

・クレイジー8

特訓を開始したライトニングらはまず砂浜で特訓を開始しましたが、そこではクルーズに砂浜での走り方を教えるだけに終わってしまい、ライトニング自身の特訓にはつながりませんでした。

やがて到着したサンダーホロウではひょんなことから素性を隠して「クレイジー8」と呼ばれるイベントに参戦する羽目になってしまいます。

普段ライトニングが参加するようなレース形態とはまるで違いましたが、偶然が重なったこともありクルーズがその大会を制しました。

・口論の末に

偶然とはいえ優勝し、もらったトロフィーを見て喜んでいたクルーズですが、一方のライトニングは迫りくるその時に対してのギャップに焦りを感じていました。

そして思わずライトニングはその怒りをクルーズにぶつけてしまいます。

「レーサーではない君にレーサーの気持ちが分かるわけないのだ」と。

クルーズはかつてレーサーを目指していましたが、途中で断念しトレーナーの道に進んでいたのです。

そのことをクルーズにぶつけるように言い、ラスティーズに戻ることを決意し、ライトニングの前から姿を消しました。

・親友への電話

クルーズがいなくなり、一人になったライトニングがなんとなくテレビを見ているとフロリダ500の順位予想と優勝確率が取り上げられていました。

その番組によるとライトニングがフロリダ500で優勝できる確率はなんと1.2%だと言うのです。

その事実に愕然としたライトニングは気がつけば親友のメーターへ電話を繋いでいました。

メーターに弱音を吐くと、メーターはライトニングの師であるドックの生まれ故郷とそこにいるであろうドックの師について聞かされます。

頼みの綱はもうそこしかないと思ったライトニングはラスティーズに戻ろうとしていたクルーズを引き留め、ドックの師がいるというトーマスビル・スピードウェイを目指すことになりました。

・トーマスビル・スピードウェイ

トーマスビル・スピードウェイにはかつて伝説と言われたレーサーたちがたくさん住んでいました。

そんな伝説のレーサーたちにドックの昔話を聞かせてもらいます。

そこでライトニングはドックの秘めた想いについて知ることになりました。

レースで居場所をなくしたドックは引退後、ひっそりとラジエーター・スプリングスに移り住んでいました。

50年間誰とも連絡の取ることのなかったドックですが、ある日を境に連絡を寄越すようになるのです。

それはライトニングが現れたことでした。

ライトニングとの日々を過ごすうちに、ドックは教えることの面白さに気がついていたのです。

ドックの想いを知ったライトニングはその日以来、クルーズと共に必死に特訓に励みます。

レースはスピードだけではない、そんな教えと共にトラクターの隙間を活用し、どんどん前へ進む方法や飛んできた障害物を避ける特訓やヘッドライトを使用せずに暗闇の中を走るという特訓に励みます。

【 ネタバレ 】

・フロリダ500

そうするうちにあっという間にフロリダ500のレース当日がやってきました。

予選に参加していないライトニングは最後尾からのスタートになります。

特訓の成果を生かし、順調に順位を繰り上げていくライトニングでしたが、そんな中無線を通して共にレース会場にやってきたクルーズが、オーナーに自分の仕事に戻るように指示されているのを聞いてしまいました。

最初は渋っていたクルーズですが、オーナーの威圧に押されてレース会場を出て行こうとします。

そんなやり取りを聞いていたライトニングは、偶然レース中に発生した事故での中断時間を利用して自分の代わりにクルーズをレースに出場させました。

・レースの結果

最初は渋っていたクルーズですが、皆に背中を押されレースに出場するのでした。

自らの才能やライトニングの的確な指示もあって順調に順位をあげていきます。

そしてついに先頭を走っていたストームの後ろに張り付くのでした。

ストームの嫌みに心乱されながらも、ライトニングの励ましを聞きなんとか並走していました。

いよいよゴールを目前にしてストームは自らがトップでゴールするためにクルーズを壁に押し付け、走行の邪魔をします。

しかしクルーズは負けずにトーマスビル・スピードウェイで教わったテクニックを使用し、宙に浮いて回転することでストームの邪魔をかわし、そのままトップでゴールしたのです。

・結末

ライトニングとクルーズの優勝はとても感動をよびました。

そしてレースの結果を受けてクルーズはラスティーズのオーナーにレーサーとして契約をし直すことを打診されましたが、その誘いを断った上でラスティーズを退職したのでした。

後日、ラジエーター・スプリングス戻ったライトニングは車体の色が赤からドックと同じ濃紺に変わっていました。

それはライトニングが今回のレースを通じて、レーサーとして続けていきつつも、弟子の教育にも力を注ぐと決めたからなのでした。

【 登場人物紹介 】

ライトニング・マックィーン (土田大)

クルーズ・ラミレス (松岡茉優)

スターリング (大川透)

メーター (山口智充)

ジャクソン・ストーム (藤森慎吾/オリエンタルラジオ)

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

・ピクサー映画が好きな方
・『カーズ』シリーズが好きな方
・車好きの方

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

男性20代
男性20代

カーズ/クロスロードではマックイーンの生き様を見れたような気がしました。

1のころには新人のルーキーのような感じだったけどたくさん勝ち、いろいろな経験、高い壁を乗り越えベテランになった今、今度は新たに出てきた新人のルーキーに負けてしまい世代交代の時代が来てしまいました。

ずっと頂点に立っていることはできず、いつかは退かなければいけないけどチャンピオンのプライドもありすぐに現実を理解することは難しいと思います。

ボロボロになってでも這いつくばって生き続けるかきれいにかっこよく退くのか、どっちが良い悪いはないと思うけど去り際というのはすごく大事なんだなと思いました。

私はこの作品を見て過去にしがみつくのではなく未来に向かった作品なのかなと思いました。私にはマックイーンの背中はとても大きくかっこよく見えました。

感想はここから見れます
女性30代
女性30代

車は長年ずっと乗りたくても、いずれ寿命がくることを感じさせる作品でした。

レーサーの車もマックイーンも年をとって若い車種の車たちには負けると感じていくのがみていて悲しくなる作品でした。

私は最後までマックイーンにはやんちゃなままで走り続けてほしい想いが強かったです。

クルーズという若さにあふれた元気いっぱいのクルーズという紀イロのトレーナーと出会い、共に行動をすることで彼女の良さや夢をすてきれていないことにマックイーンは気が付きます。

自分ではんくて新しい世代の幕開けであることを悟ったマックイーンの気持ちに、理解を示すもやはり悲しく思いました。

最後のレースは見ていて涙が溢れました。悲しいだけでなくて、マックイーンの想いを知っての涙だと感じました。

男性40代
男性40代

このシリーズについては、続編が作られるたびに、私の考えているストーリーとは逆になってしまうことが残念に思う。
この作品でも、本来であれば、若手の台頭により、ベテランがどう立ち向かうのか。そんな大逆転を期待していたのですが、なぜ簡単に次の世代に譲るのか?さっさと諦めて、女性トレーナーにチャンスを与えるなんて違和感しか覚えませんでした。
さらにその女性トレーナーがいきなりレースに出場して、あんなに強かった若手チャンピオンに勝ってしまうなんてご都合主義もいいところと思います。
人生の岐路に立たされたマックィーンは引退か続行か。とにかく新シーズン初戦で勝たなければ引退なのだがというハラハラする展開の中で彼の選んだのは意外な交代劇。
感情移入の出来ない作品になってしまいました。

男性40代
男性40代

今までのマックィーンは自分で走り結果を残してきました。しかし、この作品になり思ったような結果を出せず焦っていたところでクラッシュを起してします。

クラッシュをしたマックィーンは新しいトレーニング施設でトレーナー(クルーズ)をつけトレーニングをします。しかし最新のトレーニング施設を使いこなせずにシュミレーターを壊してしまい、砂浜などで実際に走り込むトレーニングを実施します。

この辺りは、世代交代を感じさせられマックイーンは、必死にしがみつき努力している感じが伝わってきます。

この辺りでは、クルーズとマックィーンはお互いをまだ分かり合えていませんでした。クルーズもレーサーを目指し挫折してトレーナーになり、マックィーンは今の新しい世代についていけなくもがいている時でした。

しかしマックィーンは自分が走ることに拘り、トレーニングを続けます。

最後に走るレースでは、クルーズを理解しレースを走らせ勝利をします。

自分がであったマックィーンが、人に譲りトレーナーとしても歩んでいくところが感動するところとなります。

女性30代
女性30代

1で、天狗になってダメになりそうなのを乗り越えて、スターだったマックイーンがまた、勝てなくなるというところが、レースの過酷さ、世代交代を物語っててリアルでいいと思いました。

また、レーサーとコーチが二人で一つというか、どちらも頑張らないとダメなんだというのがよくわかり、互いに信用している姿に感動しました。

あんなに、勝ちにこだわっていたのに、クルーズのことも考えられるようになっただなんてマックイーンも大人になったなって感じです。

きっと同じ夢を持っているもの同士だから、思いやれるのでしょう。

新しいキャラたちもすごくよかったし、メーターにもまた会えたし、楽しい作品でした。

ちょっと最後のレースはどうなの?と思わなくもないですが、感動的な話だったと思います。

女性50代
女性50代

スピード・カーでありながら、まるで人間のような感情の動きを見せるシーンの数々に、ピクサーの思い入れが伝わってきます。臨場感あふれるレースは、興奮し、わくわくしますね。今でもキャラクターが子供に人気ですよね。
マックイーンが、突っ込んだために壊れた道路を直すかどうかもまた、レースで決めたり、車にとってレースは絶対条件なのですね。紛れ込んだ町で、ピストン・カップ三冠の王者に出会ったり、マックイーンの可能性の幅はどんどん広がります。

カリフォルニアでの決着のレースでも、倒れた仲間を助けたり、自分中心にならず、人のために力を尽くす彼は、観客の心も動かすことができました。

熱く燃えるレーサー魂で、ラジエーター・スプリングスを立て直せるといいですね。

女性20代
女性20代

今作は、2006年に公開し大ヒットした「カーズ」シリーズの三作品目となります。
今作品で最も注目されるのは、マックィーンの決意と次世代の若者への継承ではないでしょうか。
期待の天才ルーキーとして華々しくレース界に登場したマックィーンもとうとうベテラン寄りの立ち位置に。あるレースで若き最新テクノロジーを駆使したレースカーに敗北し、さらにはド派手にクラッシュしてしまいます。
まだまだ自分はやれると信じているマックィーンは次の大会に向けてトレーニングを始めます。トレーニングを通じて若者やレジェンド達から、マックィーンは様々なことを教わり自分の新たな人生を歩むための決断をします。
邦題にもある通り、今作ではマックィーンの岐路(クロスロード)に焦点が当てられています。レースカーとしての生き方しか考えてこなかったマックィーンは、初めて自分の生き方について模索し始めます。私達の人生もずっと同じ仕事や環境で生きていくとは限りません。あるタイミングで人生の選択肢を迫られ、それがどんなに苦しくても決断しなければならない時が訪れるのです。
レースで大活躍するかっこいいマックィーンが好きな人の中には、今作のラストは受け入れられないと思う人もいるかもしれません。ですが、そんなあなたにこそ是非ともマックィーンが下した運命の決断を見届けてあげて欲しいです。

男性40代
男性40代

ライトニングマックイーンが敗北したところからどうなっていくのかハラハラする展開でストーリーが始まります。

無配のマックイーンはリベンジを果たす為トレーニングをする事に!トレーニングセンターでトレーナーとしてクルーズラミレスと出会います。

二人はなかなかお互いの事を理解し合いませんでした。

最先端のトレーニングセンターなのに地道なトレーニングを強いられるマックイーンはクルーズラミレスの指導に納得できません。

マックイーンはラミレスを説得し自分らしいトレーニングにラミレスを連れ出します。

ラミレスはマックイーンと共にトレーニングをする事で新たな自分の一面を見つけて行きます。

一方のマックイーンは自分らしいトレーニングから少しずつ自信を持っていきます。

自分を負かせたジャクソンストームとの再戦のレース。

マックイーンはラミレスにバトンを渡します。

ラミレスは自分の内にあったレーサーとして走りたい気持ち。

マックイーンから世代交代のバトンを受け取った思いからレースに参加します。

世代が変わっていくという点をテーマにした素晴らしい作品でした。

女性20代
女性20代

私はバイクのレーサーをしていて大して速いわけではありませんが若い世代が出てきていかに教えることができ引くことができ突っ込むことができるのかが問題だとわかっています。

マックイーンは人よりも情熱があり負けない気持ちが強いため若い世代に道を譲らないと思っていましたが人生の分かれ道にぶつかってしまいたくさんの仲間と出会い話し合い考えた末の結末は本当に素敵でした。

悩んでしまう気持ちもわかりますが、どの判断をしても良い結果につながったと思います。

また、メーターの相変わらずのバカっぷりにはくすりとしてしまうことも多いのですが本当にマックイーンのことを一番に考えていて仲間思い出言っていることは正しいので大好きなキャラクターの一人です。

みんなが素敵な道に勧めてよい映画です。

【 まとめ 】

今までのカーズシリーズとは違い、やや大人向けに作られた作品です。

人生の岐路に立たされたライトニングの抱える葛藤や思いにはきっと誰もが共感できると思います。

前作までの『カーズ』シリーズを視聴してからの方が楽しめますので、そちらを視聴してから鑑賞することをおすすめします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました