おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【カーズ2】動画を無料で(映画2011)フル配信・視聴する方法

カーズ2 アニメ映画

(C)DISNEY / PIXAR

『カーズ2』は2011年に公開されたディズニーとピクサーが共同制作したアメリカの映画です。

『カーズ』の続編となります。

映画『カーズ2』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『カーズ2』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

映画『カーズ2』予告編
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、映画『カーズ』シリーズをお読みいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

他の「カーズ」シリーズもお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

映画『カーズ2』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・ワールドグランプリ

前作『カーズ』の世界から数年が経過しました。

ライトニング・マックィーンはすっかり人気レーサーとなり、ピストン・カップを四連覇するほどの凄腕レーシングカーとなっていました。

ライトニングはシーズンを終え、自身の本拠地があるラジエーター・スプリングスに帰還します。

そんな時新たなバイオエネルギーを開発したアクセルロッド卿がバイオエネルギー・アリノールを使用したワールドグランプリの開催を示唆しました。

当然人気レーサーのライトニングの元にも招待の知らせが入りますが、休暇中のためにその誘いを断っていたのです。

しかしそのワールドグランプリの開催を宣言するテレビ番組で、ライトニングを挑発したレーサー・フランチェスコ・ベルヌーイの発言に腹を立てたメーターが、そのテレビ番組に抗議の電話を入れたのでした。

結局メーターの抗議が引き金となり、ライトニングはワールドグランプリへ出場することになりました。

・日本へ

第一レースは日本で開催されることになりました。

ライトニングやピットメンバーらと共にワールドグランプリに行くことになったメーターは見慣れない雰囲気に終始一人で興奮しては盛り上がってしまいます。

そんなメーターにライトニングは呆れてしまいます。

挙句、ワールドグランプリでライトニングの指示をしていたメーターは別件で無線を通して話しかけてきた女性・ホリーとの会話でライトニングを困らせてしまい、2位でゴールさせてしまうのでした。

ライトニングはついメーターに怒りをぶつけてしまいます。

メーターは自分を責め、反省し一人でラジエーター・スプリングスに帰ろうと空港に向かっていました。

・諜報員

そんなメーターを止めた車がいました。

彼はフィンといい、イギリスの諜報員でした。

そしてそのフィンの相棒的存在が昨日のレースでメーターに話しかけていた女性・ホリーだったのです。

二人はアリノール社のバイオ燃料の価値を下げ、ガソリンを使用し続けさせようと暗躍する組織・ペッパーファミリーを密かに調査していました。

その過程で接触するはずであった別の諜報員とメーターを勘違いし、メーターを連れ去ったのでした。

・パリで

フィンとホリーはメーターの何気ない一言から黒幕の正体を追えるかもしれないと、更に情報を得るためにフィンと旧知の仲である情報屋がいるパリへ向かうことになります。

そしてその情報屋からポルト・コルサで集会が開かれることを知ったフィンとホリーはメーターを集会に潜入させることを思いつきました。

ポルト・コルサはワールドグランプリの第二レースの場所でもありました。

フィンとホリーの手引きによってなんとか集会に参加したメーターはそこでワールドグランプリのレース中に起こっていた原因不明の事故はペッパーファミリーが引き起こしていたものだと知ります。

・次なる狙いは…

一方第二レースを一位で通過したライトニングでしたが、またしてもレース中に原因不明の事故が多数発生し、アリノールの安全性が指摘される事態になりました。

アリノールの生みの親であるアクセルロッド卿は責任を追及され、最終レースでは使用するエネルギーを選択制にすると言います。

トップでゴールしたライトニングはマスコミたちに最終レースで使用するエネルギーをどちらにするか迫られ、アリノールにすると答えました。

そのインタビューを見ていたペッパーファミリーは次なる狙いをライトニングに設定します。

ライトニングが殺されてしまう、そう思ったメーターは慌ててその場を後にしました。

そして真実を話そうとメーターがライトニングに接触しますが、その前にペッパーファミリーによってさらわれてしまうのでした。

・ロンドン

監禁されたのは最終レース地であるロンドンのビックベン内でした。

メーターが目を覚ますと、レモンペッパーが今まさにライトニングを事故に追い込もうとレーザーを構えているところでした。

しかしレーザーが照射されてもライトニングが故障することはありませんでした。

不思議に思った一味は次なる作戦としてライトニングを爆弾で爆破しようとします。

なんとかビッグベンから逃げ出したメーターは慌ててライトニングの元へ向かいます。

しかしその途中、爆弾がメーターに取り付けられていることが発覚しました。

メーターを見つけたライトニングはメーターを見つけるなり、レースを放り出してメーターと仲直りしようとメーターに近寄っていきます。

ですが一方のメーターはライトニングを爆発させるわけにはいかないと距離を保とうとします。

こうして二人のカーチェイスが始まりました。

レースどころではなくなってしまいます。

【 ネタバレ 】

・黒幕の正体

二人のカーチェイスは追いついてきたホリーによって止められました。

そこでメーターに爆弾が取り付けられていると知ったライトニングはようやく事態を察するのでした。

そこでメーターに取り付けられた爆弾を解除しようとしますが、ボルトが古く取り外すことができません。

そのことがメーターが黒幕の正体に気づくきっかけになりました。

メーターは本来のゴール地点である王宮まで向かいました。

そこにはイギリスの女王はじめ、主催者であるアクセルロッド卿がいます。

アクセルロッド卿と対峙したメーターは黒幕の正体は彼だと言いました。

目的は彼が見つけた油田をエネルギー源として使用させるために、アリノールという新たなバイオ燃料をでっちあげたのです。

メーターがそのことを突き止めたおかげで爆弾も解除され事なきを得ました。

・結末

メーターは一連の事件での功績を認められ、イギリス女王からナイトの称号を授けられました。

後日、ワールドグランプリの仕切り直しとして、ラジエーター・スプリングスにてレースが行われることになりました。

そこにはあのフィンやホリーも現れます。

二人に今回の一件から本格的に諜報員としての活動を始めないかとスカウトされたメーターでしたが、この街にいることが自分には合っているとその話を断ったのでした。

【 登場人物紹介 】

メーター (山口智充)

ライトニング・マックィーン (土田大)

フィン・マックミサイル (大塚芳忠)

ホリー・シフトウェル (朴璐美)

サリー (戸田恵子)

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

・ピクサー作品が好きな方
・前作『カーズ』を視聴した方
・車好きの方

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

感想はここから見れます
女性40代
女性40代

『カーズ』は主人公マックイーンの成長のお話でしたが、『カーズ2』はマックイーンの親友メーターが主役といってもいい作品です。
アメリカを代表するレースカーとなったマックイーンが世界をまわるレースに参戦。

レースの裏でペッパーと呼ばれる軍団が進める陰謀にメーターがイギリスの諜報部員たちと立ち向かっていきます。

スパイ映画さながらのアクションシーンはハラハラドキドキさせられ、見ものです。
スリリングな展開や、ペッパー軍団の悪事など、子どもには理解しにくい部分もあります。

しかし、メーターのとぼけたキャラが子どもたちをストーリーに引き戻してくれます。

友達のために命さえも賭け、悪に立ち向かっていくメーターの姿は、特別なスキルや知識がなくても信念を持つことの大切さを教えてくれます。

女性30代
女性30代

部隊が日本で、カラフルなネオン看板には日本を感じさせる漢字がいくつもあります。

少し偏った日本的要素ですが、見たら日本を感じるものばかりです。

メーターがトイレをするシーンがハイテクであたふたしてしまうのが面白かったです。

マックイーンはメーターのことを親友と思っていたが、自分にとって利益というより不利になる行動ばかりするので、困ってしまいます。

メーターは帰ろうするがフィンというスパイの行動を誤解から付き合うことになります。

二人の会話はかみあっていないようで、スパイの行動ではメーターの偶然がうまくいき事がかたずくのが笑えます。

ガソリンに代わる代替エネルギーがマックイーンに危険が及ぶと感じて、メーターが必死になる姿にも心打たれます。

男性40代
男性40代

何度でも、また何度も、困難な壁にぶつかりながらも、幾度となく立ち向かい、挑戦するという、人生で最も大切なことを、学び掴み取らせてくれる、深い車のお話しで、何度観ても感激します。一番は、美しい、感動的な友情ですね。

とても美しくて、素晴らしいです。どちらかというと、構成的には、メーターの物語りという印象が強かったです。

2では、車のお話しからスパイものに、方向転換されましたね。

微笑ましかったところは、タイヤのジローラモが健在だったことです。

ホリーやフィンマックミサイルも、カッコよかったし、それでいて可愛かったです。

映像が美しいところも、前作と同様に、目を見張るものがありましたね。

とっても、心温まる作品でした。

女性30代
女性30代

Cars二作目となるCars2ではMaterが主役になっている。
Mcqueenが出場するWorld Cupで付き添いをしている最中にスパイと間違われFinとHolyの仲間になり悪の組織と戦うことになっていく。
天真爛漫で人を疑わない性格のMater、何度も命の危険がさらされる事件が起きてひやひやする場面がとても多い。
ギリギリで難を逃れるMaterの強運、FinとHolyの手腕に度肝を抜かれます。
今回の作品はスパイや悪の組織、アクションシーンが豊富に盛り込まれているので子どもだけでなく大人も十分に楽しめる作品となっていると思います。
後半、悪の組織に目をつけられたMaterは命の危険が迫ります。
Materに爆弾が取り付けられてしまうのです。
Mater、Finn、Holyはどうやってこの難を乗り越え、事件を解決していくのでしょうか。
見ものです!

男性40代
男性40代

今回の作品のポイントとしては、メーターというキャラを受け入れられるかどうかで、この作品の評価が変わってくると思います。
マックィーンがカーズ1で完成されてしまい、このマックィーン主体の続編が出来なかったのでメーターの物語にしたのでしょうが、このメーターってキャラは非常に感情移入しづらいというのが率直な感想です。
レースと並行して、スパイ活動が展開されていくストーリーの中で、のんびりキャラだったレッカー車のメーターが、勘違いでスパイの仲間入り。この勘違いや、才能によって、スパイとして申し分ない活動をしてしまう。
元々ドジキャラのメーターにも関わらず、今回は一定の秀でた知識や優れた人格にスポットがあたり大活躍。

納得いかないものの、カーズ1では、仲間あっての自分という謙虚さと感謝を忘れずにというメッセージがあり、今回のカーズ2では、周りの評判は本当にそうか考えようというメッセージがあり、良い内容もありました。

女性30代
女性30代

メーターが主役の作品でした。マックイーンと喧嘩して、離れ離れになったところ、スパイに間違われて…という、カーズ1とはうってかわって、スパイものになってます。

メーターは馬鹿だなと思っていたけど、素直で何でも吸収するからか、なんか有能になってて、そこがほほえましかったです。

また、なんだかんだいって故郷が好きだってのもいい話だなと思うし、レースを狙ったテロなので、レース場面もまあまあ出てきました。

ワールドカップが舞台で、最初は東京でのレースでした。

あのカーズの世界に東京が出てきてくれるなんて、感激でしたし、日本をいいお客さんと理解してくれているピクサーさんに脱帽です。

その東京はやっぱりちょっと本当の東京とは違ったけど、それもまたおもしろかったです。

女性40代
女性40代

メーターと共に行動しつつも、ちぐはぐになってしまうマックイーン。メーターの言ったことのせいでレースに負けたと言うあたり、人間の世界でも起こりそうではあります。

まあ、それはお門違いというものでしょう。

プロならやはり、ミスや不調も自分で責任を持たなければいけないのです。

マックイーンは勝つことが当たり前のように思い始めているのかもしれません。
一方、メーターは自分の体に爆弾が備え付けられていることを知り、マックイーンのためにさらに距離をとろうとします。

健気ですね。

スパイたちは「アリノール」という燃料の安全性について調べ始めました。

それが仕組まれた罠だと聞かされたメーターは彼らに協力します。

アリノールと共にあるレースを切り開くことは出来るでしょうか。

女性30代
女性30代

前作がかなりのヒット作だっただけに、かなり注目度が高い作品だったと思いますが、さすがはピクサー、今回も満足のいく作品でした。

CGが得意とする車のボディの質感や、レースの臨場感のクオリティは前作を上回ってまるで実写のように感じました。

特に車の好きな人には、前作以上に魅力的な作品だったのではないかと思います。

前作の舞台アメリカの広大な景色は見ごたえがありましたが、今回はワールドレースということで、世界各地の見どころをしっかり押さえているのも、まるで映画を見ながら世界旅行をしているようなお得な気分になりました。

日本のシーンは現実とはちょっと違うかもしれませんが、他の国の目線で日本を見るとこんな風に映るのか、と客観的な目線で見られたのも面白かった点です。

ストーリーにスピード感がありながらも、最終的にはホームののんびりとした雰囲気に戻る、というメリハリ感もあって飽きずに見ることができました。

ぜひ家族で見ていただきたい映画です。

女性20代
女性20代

今作は、マックインのレースというより、メーターのスパイ映画!という感じです(笑)
メーターならではの、ドキドキ・ハラハラ満載で、マックインとメーターの友情も見どころの一つです!
前作は、ピストンカップが舞台でしたが、今作は、日本・イタリア・イギリスの3ヵ国を回るワールド・グランプリとなります。
海外から見た日本はこんなイメージなんだなぁ〜というのが、よくわかります(笑)
秋葉原の電気街と富士山と京都の舞妓など…日本といえばこれ!という感じであちらこちらに散りばめられています。
もちろん、イタリアも名所がたくさん描かれています。
イギリスに関しては、これぞイギリス!と言った感じです(笑)
エリザベス女王風のキャラクターがいて、メーターとのシーンが見どころの一つです!
カーズファンの方もそうでない方も楽しめる作品だと思います!
是非一度ご覧ください♩

【 まとめ 】

『カーズ』の続編となるこの作品ですが、前作とは違い今作の実質的な主人公はライトニングの主人公・メーターになっています。

『カーズ』を視聴してからの方がより楽しめると思いますので、是非二作続けて視聴することをおすすめします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました