おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【ボックス!】動画を無料で(映画2010)フル配信・視聴する方法

ボックス! 邦画

(C)2010 BOX! Production Committee

元放送作家の百田尚樹氏が描いた青春小説を実写映画化。2010年公開。

怠け者だが無敵を誇る天才ボクサーのカブと地道に努力を重ねていくユウキ、タイプの違う2人が、ボクシングに青春を捧げ、やがてライバルとなっていく。

映画『ボックス!』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『ボックス!』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

ボックス!
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、他の『市原隼人』出演の作品をお試しいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

他の「市原隼人」出演の作品もお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

「市原隼人」出演作品 U-NEXT hulu
ボックス! 視聴 ▶ ×
ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ 視聴 ▶ 視聴 ▶
喝 風太郎!! 視聴 ▶ ×
ROOKIES-卒業- 視聴 ▶ ×

映画『ボックス!』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・再会

木樽優紀(ユウキ)は小4で大阪から東京に引っ越し、高校からまた大阪に戻り”恵比寿高校”の特進クラスに入る優秀な少年でした。

そんなユウキはある日、雨の中帰宅する際に英語教師の高津耀子と共に電車に乗っていると、おばあさんをのけ者にした挙句、優良座席に座る不良に出くわします。

ユウキは知らぬふりをしようとしますが、高津は勇敢に注意をし、その結果不良にからまれてしまい、ユウキも助けることが出来ませんでした。

すると、そこに1人の男が現れ2人を不良から助けてくれ、ユウキはその男に見覚えがあり、声を掛けます。

助けてくれたその男は、ユウキの幼馴染の”カブ”こと鏑矢義平で、2人の再会は小4で東京に引っ越して以来のことでした。

互いに母子家庭ということもあり、カブの自宅であるお好み焼き屋さんでほぼ毎日小学生のころのユウキは過ごし、小4で東京に引っ越すまで大親友だった2人は、科は違えど同じ学校に通っていることも知り、再会を心から喜びました。

・ボクシング部へ入部

再会した2人は久しぶりにカブの自宅のお好み焼き屋に2人で行き、お互いのこれまでの話をしていく中で、カブがボクシング部に入部していることをユウキは知ります。

そして、カブは勉強ばかりで部活に入っていないユウキを熱烈にボクシング部に勧誘し、1度見学に行くことになり、エースとして日々練習に明け暮れるカブの姿を目の当たりにしたユウキは、ボクシング部への入部を決意します。

そして、カブにひとめぼれし、ボクシング部に毎日のように押しかけてきていた丸野智子もマネージャーとして入部し、さらには高津が、不本意ながらも新たにボクシング部の顧問になりました。

・練習、成長

天才的な才能とセンスを持つカブは鍛錬によりさらに成長をし、ユウキは顧問兼コーチの沢木の指導の下、まずは体力づくりとガードの練習を持ち前の真面目さで来る日も来る日も繰り返し行い、他の部員たちと共に成長していきます。

ユウキは沢木の的確な指示により、徐々に力をつけてきた頃、先輩たちやカブが出場する生徒たちは大会の日を迎えます。

・1度も勝てたことのない先輩

大会では、1度も試合で勝ったことのない先輩がフェザー級に挑みますが、フェザー級には昨年3冠で無敵と言われる”稲村”という男がいる階級で、他の学校の選手はフェザー級を避け、出場選手はその先輩と稲村の2人だけでした。

初戦から決勝戦という形になり、ガードしかまともな練習をしてきていない先輩は稲村に一方的にやられ負けてしまいますが、カブとユウキはその先輩のリベンジに燃えていました。

・智子の入院、カブの退部

大会が終わったある日、部活に智子の姿はありませんでした。

元々身体の弱かった智子はその時から入退院を繰り返しており、カブは心配していながらもなかなか見舞いに顔を出せずにいました。

そんなカブに智子は練習メニューを書いたノートを高津伝いで渡し、めんどくさそうな素振りを見せながらも受け取ったカブは、そのノートを手に日々練習に励みますが、迎えた高校総体でカブは稲村に負けてしまいます。

その日を境に、退部届を提出し部活に来なくなったカブはどんどん荒れていき、ユウキはカブがボクシング部に戻ってくるのを、必死に練習しながら待っていました。

・ユウキの優勝、智子の死

カブが練習に来ないまま、練習に励む部員たちの下に智子が復帰してきます。

そして迎えた新人大会が、公式戦に初出場となるユウキの初戦、カブが応援に訪れ、ユウキは見事にKO勝ちし、そのまま優勝することとなります。

しかし、学校でユウキが他の部員たちと共に祝福を受けてるその頃、体調が悪くなり再度入院していた智子が亡くなってしまいました。

・カブの復帰、インターハイ予選

智子の死をきっかけに部活へ復帰を決意したカブは、他の部員が来る前に部室へ行くと、リングの掃除をしていました。

そこに現れたユウキを含めた他の部員と監督に、復帰させてほしいと申し出たカブをみんなは暖かく迎え入れ、再び鍛錬の日々が始まりました。

そして迎えたインターハイ予選、2人は稲村と対戦するためにフェザー級に申し込みますが、稲村はユウキと対戦するためユウキが新人戦で優勝したライト級に申し込みしており、対戦は実現しませんでした。

代わりに、4人しか出場のなかったフェザー級の決勝はカブとユウキということになりました。

・カブvsユウキ

経験と実績からカブが有利とみられていた対戦は、最終ラウンドまで両者譲らない展開となりました。

しかし、体力と頭脳で勝るユウキはカブの癖を見抜き、一瞬の隙をつきパンチを当てるとカブはそのままダウンし、ユウキに負けてしまいます。

敗戦後、カブは医務室の布団の中でユウキの強さを認識し、自分にはボクシングしかないのにどうしたらいいのかと悩み涙を流しました。

・再出発

インターハイ後のある日、ユウキはいつもの早朝のロードワークに出ようと外に出ると、そこにはカブの姿がありました。

2人で、体力の差はありつつもロードワークをこなし、今まで以上に練習に熱が入る中、カブはユウキに「遠慮せずに何でも言え。何でもしてやる。俺にできることはないか?」と尋ねます。

するとユウキは「稲村さんのようなサウスポーになってほしい」と頼み、カブはユウキの頼みを聞き入れると稲村の試合を念入りにみて、フォームや戦い方を取得し、練習相手となります。

そして、次の試合である国体予選に出るつもりのなかったカブは、周りの後押しもあり出場することを決め、ユウキとともにフェザー級に申し込みます。

・国体予選、ユウキvs稲村

迎えた国体予選当日、稲村と先に対戦するのはユウキでした。

稲村に押され気味のユウキは、最終ラウンドでセコンドのカブからのアドバイスもあり、攻め始めます。

しかしアッパーを決められダウンしたユウキは、あと一歩及ばず破れてしまい、ユウキの敵討ちは決勝戦でカブはすることとなりました。

【 ネタバレ 】

・カブvs稲村

試合前、カブがロッカールームで1人でいると沢木がやってきて、沢木自身の現役時代の話をし始めます。

その話を聞いたカブは沢木の思いも胸に、以前に負けた先輩とユウキのリベンジのために、リングへ上がります。

始まったカブと稲村の対戦は、両者譲らない接戦でしたが、最終盤押され始めていたカブの耳に聞こえた智子の声と、ユウキの「サウスポー!」という声に、形勢は逆転し、見事にカブが勝利を飾りました。

・その後

高校卒業後大学へ進学しボクシングを続けていたユウキが社会人となり、カブの実家のお好み焼き屋を訪れます。

一方カブは、ハワイに移住し”お好み焼き屋ことみホノルル支店”を立ち上げていたのでした。

【 登場人物紹介 】

・鏑矢 義平/カブ  (市原 隼人)

・木樽 優紀/ユウキ (高良 健吾)

・丸野 智子     (谷村 美月)

・高津 耀子     (香椎 由宇)

・沢木 一至     (筧 利夫)

・鏑矢 こと美    (宝生 舞)

・稲村 和明     (諏訪 雅士)

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

・ボクシングが好きな人

・青春映画が好きな人

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

男性40代
男性40代

映画『ボックス!』の見どころは何と言っても主演の市原隼人さんと高良健吾さんのボクシングシーンです。

この映画の為に本格的にボクシングを練習して撮影に臨んだということで、体つきもボクサーそのもので驚きました。

映画の撮影の為に肉体まで変えてしまうという俳優魂のようなものを感じました。

ボクシングのシーンもスタントなしで二人が演じていたということで、かなりリアルなボクシングシーンになっていたと見ていて思いました。

市原隼人さんの性格的にかなりストイックだと思うので妥協せず追い込んで撮影に臨んだのではないのかなと思いました。

映画を見た感想は、これぞ青春っていう言葉がピッタリだと思いました。

高校生の頃のもやもやした感じがよく表れていて、高校時代に戻りたくなりました。

感想はここから見れます
男性40代
男性40代

練習嫌いの天才型ボクサー と元いじめられっこの努力家ボクサーの友情と青春物語。
スポーツの種類は違っても、この様な設定は見飽きたくらいあります。所謂、王道の物語ですね。しかも、B級映画の中で本作品はどの様に特徴を出すのか、期待していました。
その特徴のひとつは、この2人の友情が二人の友情が良い感じに熱かった点です。
市原隼人の演技が、やんちゃ少年の役に見事にハマり、一種可愛らしさも出ていました。
そして、高良健吾の美少年ぷりと、丁度マッチしていた適役だったと思います。
一方、展開としては、ラストに繋がるボクシングの試合のシーンがちょっと間延びしている印象を受けてしまったのと、そもそも試合の描き方が、この監督はボクシングを良く知らないのではと思ってしまうものだったのは残念でした。

男性50代
男性50代

幼い頃からの友人がたまたま同じ高校に入学し、ボクシングというスポーツを
通じて人間的に成長していく様がこの映画の見どころです。
主人公のボクシングの才能ありカブと優等生タイプのユウキ。
映画を見ると分かりますが役者の2人がとても本格的な試合をする様は
この映画に向けてプロに本格的な技術指導を受けた上で臨んだ様子が
すぐわかるくらいのダイナミックな試合を展開してくれます。

この映画のいい所は2度と来ない貴重な青春時代をボクシングに、
情熱を注いで過ごした2名の若者が出会いと別れを通じて人生とは何か、
そして人と人との出会いこそが人生に、深みを与えてくれるのだと伝えてくれている所だと感じます。
誰にでもある若い時代。でもその過ごし方でその後の人生はかなり
かなり違ったものになるからこそ、若い時代にできる事を懸命にやりぬこうと伝えてくれる映画だと考えます。

女性30代
女性30代

若者の青春という感じで見ていて爽やかな気持ちになりました。

市原隼人さん演じるカブのやんちゃなところなどは見ていて楽しかったですし、市原隼人さんに合っている役だと思いました。

また、高良健吾さん演じるユウキがコツコツ努力をしていく感じも説得力があり、カブとユウキの正反対なキャラクターが面白かったです。

天才型と努力型の対比が描かれている作品のようにも見えますが、人生は結果だけではなく何かをする過程にも意味があり、その過程でした努力は決して無駄になることはないというメッセージがあるように思いました。

笑って泣けてスカッとする作品で、思った以上に見やすく最後まで楽しむことができました。

見ながら若いって良いなと思いました。

男性30代
男性30代

前半から中盤にかけてはけっこう楽しめました。
全体的にライトなスポコン映画なのですが、テンポは良いですね。
しかし『病弱なマーネージャー』という絶対に活かすべきキャラクターがどうにも残念な扱われ方で、正直納得行かなかったです。
そして後半の試合中に後日談を挿入するというトリッキーな演出がいろいろと台無しにしていました。。。
肝心のボクシングシーンですが、悪くはないですが、とりわけ良いとも言えず。。。このジャンルは名作が多いのでどうしても他作と比べてしまいますね。
亀田興毅選手がゲスト出演されていますが、正直必要だったかと言うと。。。
李闘士男監督は『お父さんのバックドロップ』が大好きな作品なので、期待しすぎてしまいました。
主演のお二人は役柄に合った配役だったと思います。

女性30代
女性30代

天才肌であまり苦労を知らずにボクシングをやってきたカブとコツコツ練習を積み重ねるユウキとの対照的な2人が、お互いに影響を受けながら成長していく姿が素晴らしくて感動的です。

カブ演じる市原隼人さんの熱い男性は彼が持つ雰囲気にピッタリで、カッコ良さが全面的に味わえます。

特にボクシングする姿が、役作りをおこたわらない彼の真面目さが感じられます。

ユウキ演じる高良健吾さんの一見弱そうだけど、一生懸命努力していく感じが画面から伝わってくる演技も良かったです。

ストーリー自体もスポ根だけでなく涙あり笑いありで中高生の学生だくでなく、大人が見ても十分に楽しめるはずです。

あと、ボクシングにあまり興味のない女性にもオススメな作品です。

【 まとめ 】

迫力のあるボクシングの試合のシーンが印象的な、スポコン映画です。

親友とライバルとしての心の揺らぎや、ライバル同士の駆け引き、そしてクライマックスシーン、たくさんの感動できるポイントがある作品です。

是非、ご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました