おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【インサイド・ヘッド】動画を無料で(映画2015)フル配信・視聴する方法

インサイド・ヘッド アニメ映画

(C)2014 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

『インサイド・ヘッド』は2015年に公開されたピクサーとディズニーが共同制作したアメリカの映画です。

映画『インサイド・ヘッド』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『インサイド・ヘッド』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

映画『インサイド・ヘッド』最新予告編
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、他の『ピクサー映画』をお読みいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

他の「ピクサー映画」もお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

映画『インサイド・ヘッド』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・ライリー誕生

人間の脳の中には様々な感情が存在します。

ミネソタ州のとある夫婦の間に生まれたばかりのライリーもそうでした。

ただし生まれたばかりの赤ちゃんであるライリーにはまだヨロコビの感情しかありません。

しかし成長するとともにカナシミ、ビビリ、イカリ、ムカムカという感情も生まれ、その日々にそれぞれの感情を込めたガラスのような球体、つまり思い出を溜めていました。

その中でも特別な思い出というのがあり、その特別な思い出がライリーの性格を形作っていました。

・引っ越し

11歳になったライリーは父の仕事の都合でカリフォルニアに引っ越すことになります。

最初は引っ越し先での生活に胸膨らませていたライリーでしたが、新しく住むことになった家が想像と違っていたことや、予定していた荷物がトラブルにより届かなくなったこと、仕事に夢中な父親が構ってくれないことなど、ライリーにとってはマイナスの要素しかありませんでした。

そんな中でも家族のために努めて笑顔でいようとするライリーに安心していたヨロコビでしたが、ふと思い出話をしていたライリーが暗い表情になります。

不思議に思ったヨロコビが振り返ると、そこにはライリーの大切な思い出に触れたカナシミがいました。

カナシミが思い出に触れたことで、ライリーの思い出が悲しいものとして認識されたのです。

・ヨロコビとカナシミの失踪

そんな中、ついにライリーが転校先への初登校の日を迎えました。

そのクラスで自己紹介を求められたライリーでしたが、そんな時タイミングが悪くカナシミがライリーの大切な思い出に触れ、悲しい思い出になってしまったのです。

その影響もあり、ライリーは泣き出してしまいました。

なんとかカナシミを止めて、調和を図ろうとするヨロコビですが、まるでうまくいきません。

それどころか、カナシミと共に思い出の保管場所に飛ばされてしまいました。

ヨロコビとカナシミが司令室からいなくなってしまったことで、ライリーの性格を形作る特別な思い出たちも崩壊してしまいます。

それ故にライリーは父親とも口論になってしまいました。

・ビンボン

一刻も早く司令室に戻って普段のライリーに戻ってもらおうと奮闘するヨロコビでしたが、そんなヨロコビの想いとは裏腹にライリーの性格を形成する大切な思い出たちが次々と崩壊していきます。

そのせいでライリーはどんどん荒んだ性格になっていくのでした。

そんな時、ヨロコビはライリーが作った空想上の動物・ビンボンに出会います。

司令室への道を知っているというビンボンと共に進むことになりました。

・思い出のゴミ箱へ

ビンボンたちと司令室への場所を目指す中でも様々なトラブルに見舞われます。

その影響でライリーの大好きだったホッケーに対しての記憶も崩壊していき、思い詰めたライリーはついに家出を決心し、生まれ育ったミネソタ州まで戻ることにしたのです。

ライリーに元通りになってもらおうと前へ進むヨロコビたちですが、またしてもトラブルに見舞われます。

なんとヨロコビとビンボンのいた崖が崩落し、「思い出のゴミ箱」へと落下してしまうのでした。

【 ネタバレ 】

・カナシミも必要な感情

これでライリーから完全に忘れられてしまったと絶望するビンボンとライリーを幸せにしたかっただけなのに、と悲しむヨロコビ。

そんなヨロコビの前にかつてのライリーの記憶が転がってきます。

その記憶は悲しみという感情の大切さを知らしめるものでした。

ヨロコビはカナシミという感情の必要性を実感します。

悲しみがあるから喜びがあるのです。

そしてそのことに気がついたヨロコビはカナシミと共に司令塔に戻るために崖を登りはじめました。

何度も何度も挑戦し、ようやく元の場所に戻ることができたのです。

しかしビンボンが犠牲になってしまいました。

・結末

悲しみを乗り越えてなんとか崖を登ったヨロコビはカナシミを探し出し、二人で司令室にたどり着きます。

崩落してしまった大切な思い出たちを元に戻すため、ヨロコビはカナシミに指揮を任せるのでした。

カナシミの指揮によってライリーは”寂しさ”という感情を知り、家出を思い留まり、帰宅します。

そして溢れる気持ちを両親にぶつけるのでした。

ふと安堵したようにヨロコビが感情を操作すると、ヨロコビとカナシミが混ざり合った新たな大切な記憶が完成しました。

その後一年が経ち、ライリーはカリフォルニア州での生活にすっかり慣れ、新たな性格を作り上げています。

5つの感情たちはうまく混ざり合い、ライリーを支えているのでした。

【 登場人物紹介 】

ヨロコビ (竹内結子)

カナシミ (大竹しのぶ)

ビンボン (佐藤二朗)

イカリ    (浦山迅)

ビビリ    (落合弘治)

ムカムカ (小松由佳)

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

・ピクサー映画が好きな方
・家族で楽しめる映画を探している方
・感動する映画が好きな方

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

感想はここから見れます
女性20代
女性20代

予告をみておもしろそうだったので鑑賞しました。

感情をキャラクターにして表現するという斬新な設定に興味津々でした。

それぞれのキャラクターがかわいくて癒されました。

いろいろな感情がありそれが自分の中でこんな感じでいるのかなぁと思ったりしてたのしくなりました。

自分の感情をコントロールするのにこんな方法もあるのか、といろいろ勉強になりました。

感情って複雑なもので大切なものなんだと思いました。

感情があるからこそ人間一人一人がちがっていいのだと考えさせられました。

声優さんもよかったです!個人的には竹内結子さんのライリーの声が好きでした!おもしろいだけではなく、いろいろかんがえさせられたりするのでとてもためになる映画でした!

女性30代
女性30代

人間が持つ感情に、キャラクターを当てはめていて、ヨロコビは、元気いっぱいでまわりを明るくする損じでライリーの脳の中に存在します。

カナシミやムカムカイカリやビビりが他にも存在していて、頭の中で日々、ライリーを楽しめるためや救うために協力しあっている姿が可愛いです。

特にヨロコビは、ライリーの特別な思い出をまもることに必死で毎日元気いっぱいにライリーを内側から心配してみている姿がすごいと驚かされます。

私の中でもこんな風に感情たちが、考えて行動していてムカムカや涙がでるのかなと考えると不思議な気持ちになります。

ライリーだけでなく母親や父親にも、見た目が少しパパよりママよりになった感情たちがいて、みんなで協力をしていてライリーの教育や感情の変化を感じ取っているのが笑えます。

ライリーの様子が変で父親に合図してるときの母と父の感情たちの行動が笑えます。

女性20代
女性20代

感情の一つ一つがもしそれぞれ生きているなら、その着眼点で進むストーリーが非常に面白いと思いました。
脳内に住むヨロコビ、カナシミ、イカリ、ムカムカ、ビビリは皆個性豊かで、自分たちが住む人間のことを思いやり、いつも幸せでいてほしいと願っています。

それぞれに表し方は違いながらも、ただ望むのは楽しい人生を歩んでもらうことであり、自分の中にもこんな存在がいたならば、と考えるとワクワクしてきました。
「ヨロコビ」は、その名前からも分かるように常に明るくポジティブで、楽しいことにしか目を向けないキャラクターなので、ストーリーの途中、彼女が疎ましく感じることもありました。往々にしてこの社会は、前向きであることを良しとされます。

でも時には、まったく知らない場所に引っ越して今までの人生をリセットしなくてはいけなくなったライリーのように、不安で、悲しみに押しつぶされそうなときもあるでしょう。

前半では、思考の大半がネガティブで、後ろ向きな部分しか見れないことを鬱陶しがられていた「カナシミ」が傷ついたからこそわかる痛みがあり、人に寄り添える、ということを証明してみせるシーンでは、何ひとつ欠けていい感情などないことを教えてくれました。

女性20代
女性20代

自分の心の中にあるぐちゃぐちゃした感情が、それぞれ意思を持って自分を育てたり感情同士で喧嘩したりしているんだったら、うまく言葉にできない気持ちを
もっと大事にできるかもしれないなと思いました。中盤で登場するビンボンとのやりとりがとても切なく、自分の子供の頃を思い出してグッときました。

親世代であれば、自分の感情をコントロールできずに反抗する主人公の成長を観て我が子に重ねたり、切なくなったりするのではないでしょうか。

子ども世代にも、自分の突発的な怒りやテンションの上下について客観視するきっかけになりそうですし、感情の乱高下に振り回されるのは自然なことで、自分の内面と向き合うべきなんだ!という気づきにもつながるいい作品だと思います。

女性30代
女性30代

今まで見たピクサー系のアニメの中では、いい意味で少し変わった感じに思えました。

キャラクターがもっと子供が好きそうな感じが多かったので、インサイド・ヘットはどちらかというと大人向けなのかと思いました。

しかし見てみるとその面白さにどんどん引き込まれていきました。まず、脳内でおこるさまざまな感情一つ一つにキャラクターが与えられているのが面白いです。

こんな風に頭の中でやりとりをしていたら面白いなと思いながら見ていました。

主人公の女の子が違う環境でさまざまな経験をして苦難を乗り越えて大人になっていく様子がキャラクター達によって演出されていて、最後まで飽きずに見ることができたし何度でも見たいと思える映画でした。

女性20代
女性20代

竹内結子さんの遺作。
喜びも悲しみも怒りもビビりもムカムカも全て大切。
一歳になる子供がいる私は子供の感情がこんな風にできていくのかなと
子供に当てはめながら鑑賞していました。
感情を擬人化しているのが面白いと思いました。
ピクサー特有のムービーも見どころの一つです。
最初に生まれた感情のヨロコビ
竹内結子さんの声が合っています。
私の子供もまず喜びの感情が生まれた様な気がします。
キャッキャと笑っていたのは喜びの感情だったんじゃないかなと思います。
他の感情もいますがカナシミがもう一人ぼ主人公だと思います。
大竹しのぶさんの声が合っています。
色んな感情達のやりとりも面白いです。
小さい子供がいる親御さんや春期の子供がいる親御さんに観ていただきたいです。
思春期のお子さんと一緒に観るのもいいと思います。
とにかくおすすめの映画です。

女性20代
女性20代

11歳の少女の頭の中の「よろこび」「いかり」「むかむか」「びびり」「かなしみ」の5つの感情たちが主役の映画です。特に「よろこび」と「かなしみ」という正反対の感情がメインとなって、ライリーの頭の中の世界をさまよいます。ライリーは引っ越ししたばかりで不安定な時期を迎えているようで、自分にもこんな時があったなあ、、と自分の思春期時代を思い出しました。
この映画をみて思ったことは、人生楽しいことばかりで「よろこび」の感情だけあれば楽しいじゃないか!というわけではなく、「かなしみ」という感情を持つことで自分自身が成長し、「かなしみ」を知ることで自分の中の「よろこび」の感情も成長するんだろうなと感じました。
子供より大人に響くアニメーション映画だと思います。

男性40代
男性40代

思春期の子供の頭の中の感情を擬人化して表現している点が非常に面白かったです。

年頃の感情の起伏はきっとこういうメカニズムかもと思えるような表現が多く、【ヨロコビ】と【カナシミ】が冒険しながら主人公の本当の気持ちを考えるところが楽しかったです。

自分も経験があるような悲しい気持ちやモヤモヤした気持ちスカッとする気持ちを全て擬人化するとこういう事が頭の中で起こっているのかなと思いました。

小さい頃の記憶が忘れ去られると完全に消えてしまうという部分が、自分の子供の頃を思い返させてくれるシーンをなりました。

ビンボンが消えてしまう瞬間は思わず泣きそうになってしまいました。誰もが「自分もこういう事あった!」と思えるような映画だなと思いました。

とてもお薦めです。

男性30代
男性30代

人の頭の中が感情ごとに分かれて、一人のキャラとなっている作品でした。プラスの感情とマイナスの感情がありますが、映画の中では、一人の子どもと家族の物語が、現実の世界と頭のなかの対比しながら進んでいきます。
普通に生活していて、今自分がどんな感情でいるか、といった視点で考えることはほとんどないと思いますので、頭のなかの感情と対比しながら話が展開していくところはこの映画の面白みの大きな一つだと思います。

基本的には主人公の子ども視点のお話ですが、途中で出てくる大人の頭のなかだったり、子ども視点の大人に対する感情など、大人が見ても楽しいところはたくさんあります。
頭のなかでは、喜びの感情が引っ張っていきます。

実際にも喜びの感情はあらゆる原動力になると思います。

けどその感情が生まれる背景は?その感情がより記憶に残るものになる背景は?そんなことを感じることができる、心が温まる作品になっています。

是非一度は見てもらいたい作品だと思います!

【 まとめ 】

人間ではなく人間を作り上げる感情に焦点を当てたこの作品。

感情の大切さやバランスを思い出させてくれる素敵な映画です。

ぜひ家族で楽しんでほしい作品と思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました