おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【バイオハザード1】動画を無料(映画)フル配信・視聴方法

バイオハザード 洋画

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

バイオハザード』は2002年公開のアメリカ・イギリスの合作映画です。

日本のカプコンのゲームソフト『バイオハザード』が原作のサバイバル、アクションホラー映画。

製薬会社のアンブレラ社は、家庭用医薬品で大きなシェアを誇る大企業です。

アンブレラ社は地下に研究施設があり、なんとそこでは細菌兵器などの研究開発をしていた。

開発していた人類をアンデッド(ゾンビ化)してしまう生物兵器「Tウイルス」が施設内に流出してしまいます。

映画『バイオハザード』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『バイオハザード』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

映画「バイオハザード」日本版予告
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、他の『バイオハザード』シリーズをお試しいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

他の「バイオハザード」シリーズもお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

バイオハザード シリーズ U-NEXT hulu
バイオハザード 視聴 ▶ 視聴 ▶
バイオハザード2 視聴 ▶ 視聴 ▶
バイオハザード3 視聴 ▶ 視聴 ▶
バイオハザード4 視聴 ▶ 視聴 ▶
バイオハザード5 視聴 ▶ 視聴 ▶
バイオハザード ザ ファイナル 視聴 ▶ 視聴 ▶

映画『バイオハザード』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

アンブレラ社は、アメリカの大手製薬企業ですが、裏では細菌兵器の研究をしていました。

ラクーンシティの地下にアンブレラ社が所有する「ハイブ」と呼ばれる研究施設がある。

ある日、研究開発していた人類をアンデッド(ゾンビ化)してしまう生物兵器「Tウイルス」が施設内に流出してしまう事件が起きてしまいます。

Tウイルスは空気感染してしまう恐ろしいウイルスです。

外部へのウイルスが流出するのを防ぐ為に、人工知能のコンピューター、「レッドクイーン」はハイブを封鎖し、所員全員を死亡させ、外部へウイルスが出ないようにした。

アリス・アバナシーはシャワー室で目が覚める。

しかし、彼女は何も思い出すことができず、謎の男に拉致されそうになる。

そして、突入してきた特殊部隊にみんな拘束されてしまいます。

アンブレラ社の特殊部隊達は、封鎖された研究施設「ハイブ」の調査のためやってきた。

アリスはアンブレラ社の社員で、ハイブの入口を守るアンブレラ社の特殊隊員だったのだ。

施設の防衛機能により神経ガスが散布し、その副作用によって記憶喪失になっていたのでした。

アリスと一緒に捕まった男、マットは警察官だと主張するが、手錠をかけられ、連れて行かれる。

そこへ、同じく記憶を失った男、スペンスが倒れてきた。

スペンスを見たアリスは、自分たちが結婚していたことを思い出します。

ハイブを守る為の任務としての偽装結婚でしたが、2人は愛し合っていたようだった。

ハイブへ潜入したアリス達は、研究員たちが研究室で溺死しているの発見します。

アリス達はハイブを管理する人工知能のレッドクイーンをシャットダウンするために制御室へ向かう。

ワン隊長と隊員3名はレチェンバーに向かう途中にレーザートラップにやられてしまい、死亡する。

アリスは残った隊員たちとレッドクイーンをシャットダウンさせました。

すると、封鎖されていた施設が解放されて、ウイルスに感染した者達が、アリスたちを襲い始めた。

Tウイルスに感染した人はアンデット(ゾンビ)になってしまうのだった。

女性隊員のレインは、生存者だと思ったアンデットに指を噛まれてしまう。

アンデッドを撃つが、銃で撃っても効き目がありません。

アンブレラ社の実態を明らかにするために、マットは独自で調査をしていて、妹のリサがTウイルスの事で連絡してきたことをアリスに伝えます。

アリスの記憶が蘇り、リサに協力してもらい、Tウイルスのことを告発しようとしていた事がわかりました。

アリスはレッドクイーンをリスタートして、脱出方法を聞き出します。

地下トンネルの情報を得て、アリス達は逃げるが、アンデット達が襲ってくる。

カプランが襲われ、アンデットに噛まれてしまいます。

研究室に入り、Tウイルスには抗ウイルス剤がある事をアリスは思い出します。

そして、スペンスの記憶も戻り始める。

スペンスはTウイルスと抗ウイルス剤を悪用しようとしていたのであった。

このウイルス汚染を引き起こしたのもスペンスでした。

アリス達を研究室に閉じ込めて、スペンスは逃げ出す。

しかし、スペンスは恐ろしい怪物リッカーに食われてしまう。

レッドクイーンは「助けてほしいならレインを殺せ。」と言う。

レインはアリスに自分を殺すように言いますが、アリスは断ります。

【 ネタバレ 】

カプランが人工知能のレッドクイーンをシャットダウンし、扉を開けてくれる。

スペンスから抗ウイルス剤を奪い、レインに打つが噛まれてから時間が立っていて、効果があるのかわからない。

カプランにも抗ウイルス剤を打つ。

そこへまたリッカーが襲ってきて、カプランがやられてしまいます。

マットはアンデットになってしまったレインと戦ってレインと撃ち殺します。

アリスとマットは洋館に到着し、ハイブを閉鎖。

マットはリッカーに引っ掻かれてしまっていて、感染してしまう。

アリスはマットに解毒剤を注射しようとするが、防護服を来た者達にマットもアリスも連れて行かれてしまう。

マットは新しい実験に使われるようです。

目覚めたアリスは、白い部屋に1人でいた。

外へ逃げ出したアリスですが、誰もいません。

Tウイルスの感染は外部にも広まっていたようだ。

【 登場人物紹介 】

アリス (ミラ・ジョヴォヴィッチ)

マット・アディソン (エリック・メビウス)

レイン・オカンポ (ミシェル・ロドリゲス)

スペンス/スペンサー・パークス (ジェームズ・ピュアフォイ)

チャド・カプラン (マーティン・クルーズ)

ワン/ジェームス・P・シェイド (コリン・サーモン)

J.D.サリナス (パスクエール・アリアルディ)

リサ・アディソン (ハイケ・マカチュ)

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

・アクション映画が好きな人

・ゾンビ映画が好きな人

・ハラハラ

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

女性20代
女性20代

レイン役のミシェル・ロドリゲスがとても良かったです。

ウイルスに侵されてふらふらになっているシーンでは本当に目が虚で、本当に死にそうに見えたし、自分以外を助けるために「殺せ!」と叫ぶシーンはとてもかっこよかったし、見たら必ず好きになるキャラなのではないかと思います。
アリスが偽装結婚していた男がウイルスに侵され、アリスを襲おうとした時のアリスのゴミを見るような目が個人的にはかなり見どころかと思います。

あの目はある意味ホラーだなと感じました。
終わり方は、何も解決せずに終わってしまった!と思いましたが、次の話が気になる終わり方で、わたしは嫌いではなかったです。
マットがネメシス計画に使われるとか、次回への伏線もあって、次の話がとても気になります。
アリスがとても強いので、ゾンビ映画ですがその点安心して見られるのも、個人的にはよかったです。

感想はここから見れます
女性30代
女性30代

見どころは、なんといってもレーザー攻撃でしょう。レーザーに切られていく人の姿をあそこまで見せるなんて、さすがバイオハザードと思いました。

また、ミラの演じるアリスが万能キャラで、ばんばん敵を倒していくところもかっこよかったです。それに格好がいいですね。ずっと薄着で、それは何故?と思うけど、ゲーム女キャラはちょっとセクシー系のほうがかっこよかったりするから、アリだと思います。お話はまだ謎の解明されていない部分もあって、わからないなってところもありますが、感染を食い止めるため、今の患者は切り捨てるみたいなのが非道で、でもあり得そうで怖かったです。

終わり方も、ここで解決じゃなくて、まだ恐怖が続くという感じなのが、ホラーゲーム原作ぽくてよかったです。

男性20代
男性20代

今回の作品はゾンビがいきなり襲ってきて驚きながらも脱出するというところまでを描いているのですが、見ていて次にどのゾンビが出てくるのかワクワクしながら見ることができてとても面白かったです。

最初のシーンでシャワーを浴びているアリスのセクシーさも際立っていてその後のシャワー室から脱出するシーンも本当に良かったです。

また、ある通路を通る時に赤外線みたいなものが突然発生してしまいそれに触れると切り刻まれてしまうというシーンがあったのですがそのシーンも早く止めないと死んでしまうという感じであったのでドキドキしていました。

女の人が唯一残っていたのですが、それ以外は死んでしまったのには気の毒でした。

また、機会を止めようとした人の動きがとろいのはイライラしました。

男性30代
男性30代

この作品はぜひ、コロナ過である今見てほしい作品です。
アウトブレイクや復活の日のように、新型病原菌によるパニックをテーマにはしていませんが、ゾンビ化した元となったのは新型病原菌であると言うだけです。
なのでコロナ過の今だからこそ改めて観るべき映画ではなかったのでは無いのかと思いました。
噛まれればウィルスが感染する状況は飛沫で感染する現在と同じ様です。
そして増え続ける患者とゾンビを同一することは出来ませんが、それによるパニックこそが映画と現在の世界がリンクするところ。
見終わったとに何とも言えないぞわぞわ感に襲われました。
そしてもう一つ特筆すべきはこの映画がハリウッド映画にも関わらず日本のゲームが元ということ。
日本のゲーム業界の最盛期といっても過言ではない90年代後半からシリーズ化されたゲームに現代が見えていたということでしょうか。

女性20代
女性20代

カプコンの人気ホラーゲームが原作の映画ですが、映画はその原作とは登場人物や設定が違っているところが多いので原作のゲームが好きな方が見たら戸惑うんじゃないかなと思います。

ただ、ゾンビの特殊メイクや演技がリアルなのと主人公アリスを演じるミラ・ジョヴォヴィッチのアクションシーンが迫力満載なので迫力のある映画が好きな方やゾンビ映画が好きな方は素直に楽しめると思います。
私はゾンビ映画は好きなほうではなかったんですが、次々と迫って来る危機や仲間の死そして当時の最新技術を使った映像に最後まで見入ってしまい映画が終わったときには続きが見たい!と次回作が楽しみになっていて自分でも驚いています。
ゾンビ映画やホラー映画が好きな方はもちろんのですが、ホラーとゾンビ初心者の方にもぜひ見ていただきたい作品です。

男性30代
男性30代

ストーリー展開が早すぎて自分はついていくのが精一杯でした。なんせ次々と死んでいくんですから。

せっかく登場人物の特徴を把握したと思えばもういなくなる。

特に個室に閉じ込められた人間がレーザーてサクサクされるシーンは衝撃的でした。

さすがアメリカ映画だと思いました。

しかしアクションシーンなんかはとても迫力があり見ごたえ抜群でゾンビがもういろんなところから出てきて撃っても撃って死なないしうじゃうじゃ出てくる。

もうハラハラドキドキしっぱなしです。

自分が映画の世界にいるような感じでした。

最後地上に脱出しこれでハッピーエンドかと思わせておいてからのまさかの拉致。

ホッとしたころまたかよっと思ってしまいました。

しかしそれがまだ序章なんだと当時は知りませんでした。

男性20代
男性20代

バイオハザードの第一作目はホラー要素が強めです。

ハイブという地下施設において、特殊部隊の面々がなすすべもなく追いつめられる様はハラハラドキドキものです。

そのうえレーザートラップという回避不可能な罠もゾクリとしました。
というか最初に見たときは衝撃的でした。

特殊部隊の中でもひときわ強そうなワン隊長ですらあっさりとやられてしまったのですから、これはもう誰も避けられないと思ったものです。
しかもこのレーザートラップの時点ではまだゾンビすら出てきておらず、退場するには早すぎるとも思いました、特にワン隊長は存在感もあって、見た目もかっこよかったので、もっと活躍してほしかったと残念な気持ちを抱いたものです。
しかし頼るべき隊長がいなくなったことで、主人公のアリスや女隊員のレイン、コンピューターのプロフェッショナルのチャドなどのキャラに活躍の機会が増えたため、その点に関しては良かったかなと思います。

女性30代
女性30代

来年最新作が発売されることが発表され、日本のホラーゲーム業界の代表作のひとつとも言われている「バイオハザード」の劇場版第1作目です。

しかし、この映画は物語や世界観の設定やクリーチャーなどがゲームのものと共有されているだけの状態であり、ゲーム本編とはまるでストーリーも登場人物も異なっています。

そのため、公開当初は批判的な意見も多く見られました。

しかし、ゲームとは違う独自のストーリーはのちに大きく評価され、主演のミラ・ジョヴォヴィッチのアクションや演技に多くのファンが息をのむことになりました。

ゲーム原作をまったく知らない人であっても、「バイオハザード」という作品の雰囲気に気軽に触れることができるという点で、注目したい作品であるということができます。

男性30代
男性30代

主人公が最初に登場したときは記憶を失った状態だったので自分が何者かもわかっていなかったのですが、ゾンビが目前に迫ったことで体が反応し、ゾンビを体術で倒してしまった瞬間は無茶苦茶驚いたのを覚えています。

話が進むにつれて主人公は記憶が戻ってくるのですが、会社内で生存出来ていたのが主人公を含めて3人いて、後にそのうちの1人がバイオハザードをわざと起こしていたということがわかるうえに、1人だけワクチンを持って逃げようとするというものすごく腹が立つようなシーンがあるのですが、実験で作られていた化物が道中で解放されていたことによってあっさり殺されるのは何か笑ってしまいました。

そして最終的に生存して脱出できたのが2人でハッピーエンドかなと思わせておいて違う展開になるのが衝撃的でした。

【 まとめ 】

いかがだったでしょうか?ゲームから映画になったバイオハザードですが、ゲーム要素をちゃんと取り入れながら展開されています。

ゾンビ映画といえばバイオハザードを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

主演のミラ・ジョヴォヴィッチがとてもかっこいよくて、ハマり役になっています。

最後まで飽きずにご覧いただけると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました