おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【ジェイソン・ボーン】動画を無料で(映画2016)フル配信・視聴する方法

ジェイソン・ボーン 洋画

(C)Universal Pictures

今作では、ボーンシリーズ三部作の最終話で姿を消したジェイソンボーンが再び姿を表し、CIA内を混乱に陥ります。

ある日、トレッドストーン計画参画者の1人であったニッキーがCIAPCをハックしボーンやボーンの父親に関する情報を盗みます。

そしてその情報を自身のUSBにコピーし、ニッキーはアテネへと向かいました。

CIA側は、機密作戦の情報が盗まれたことで直ちに逆探知をし、すぐにそれが元CIAであるニッキーの仕業ということに気付きました。

またそれだけでなくニッキーがアテネに向かっていて、誰かに会うのではないか、その誰かというのはボーンではないのだろうかという察しまで立てました。

そしてCIA長官であるデューイはニッキーを消せと命令を下し、新人CIAであるリーがその一件を担当することとなるのでした。

そしてデューイは裏で、ボーンを殺害するための殺し屋・アセットという男を用意しました。

こうしてCIAとボーンの攻防が再び始まります。

映画『ジェイソン・ボーン』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『ジェイソン・ボーン』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

映画『ジェイソン・ボーン』予告編
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、映画『ボーン』シリーズをお読みいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

他の「ボーン」シリーズもお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

映画『ジェイソン・ボーン』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・ボーンとニッキー

ニッキーはアテネへ到着したのち、ボーンの私物に置き手紙を残し時間と待ち合わせ場所を指定しました。

その手紙をもとに、ボーンとニッキーは再会を果たします。

指定した場所では民衆デモが行われていたため人混みに紛れてCIA捜査官を惑わせることに成功しました。

ニッキーはハックして得た情報について、(新たな作戦が・アイアンハンドが開始されること、ボーンの父親がもろとレッドストーンに関係していた事・ボーンは作戦前から監視されていた事)をボーンに伝えます。

そしてニッキーが盗んだファイルを読めば、CIAがボーンに何をしたのか全てがわかるわと話しました。

・追われる2

そんなこんなでやり取りをしていた2人には、CIA捜査官が迫ってきていました。

群衆のデモに紛れながら別々に逃げる2人でしたが、最終的にはデューイが用意した殺し屋の男・アセットにニッキーは射殺されてしまいます。

そしてボーンを射殺することに危うく失敗したアセットはボーンを殺す事への妙な執着を見せました。

そのアセットという男も同じように、ボーンが公にバラしてしまい中止となったCIA機密作・ブラックブライアーの工作員だったのです。

しかし中止になったことにより、工作員として潜り込んでいた国で拘束、拷問を受けた過去があるのでした。

その過去から、アセットはボーンのした事に怒りが隠せず今でもボーン恨んでいるのです。

だからこそデューイは、今回のボーン殺害をアセットに託しました。

・ボーンの接近

ニッキーが射殺された際に、ボーンにロッカーの鍵を渡しました。

その鍵を持ってボーンは、ロッカーを開けに行きます。

そして中には、ボーンやCIAの機密作戦に関する情報などがたくさん書かれたメモなどがありました。

その数々の手がかりの中からボーンは、とあるベルリンの住所を見つけ出しそこに何があるのかを知るべくベルリンへと向かいます。

ベルリンの住所についたボーンは、そこにいた男にニッキーから託されたUSBを渡し

PCを開けるよう指示しました。

その男というのは、ニッキーにCIAの情報を盗むよう指示した男、ディソルトでした。

彼は情報が欲しいがために、リスクを伴わせてニッキーを利用したのでした。

そんな頃CIAでは、情報にアクセスされたことからボーンの居場所を突き止め捜査官を送っていました。

・ボーンの過去

情報を確認すると、どうやらボーンはトレッドストーンの作戦員の候補者に選ばれてからしばらくの間、マルコムスミスという男に監視されていたことが明らかになりました。

そして監視記録にはボーンの日常写真などがあり、偶然にもボーンの父親が殺された日にも監視されっていたことを知ります。

父の死とCIAには何か関係があったのではないかとも疑い始めました。

その時、CIAPCを封鎖したため画面はダウンしました。

そして部屋にあった携帯が鳴り響きます。

電話を取ると相手はリーとデューイでした。

デューイの命令で、現地捜査官がボーンの元へ着くまでの時間稼ぎもかねボーンの足止めをしたのでした。

しかし、ボーンを取り押さえることは何か間違っていると感じていたリーはボーンに逃げる様テキストメッセージを送ります。

そしてボーンは逃げ出しました。

・マルコムスミス

ボーンは、自分を監視していたマルコム・スミスに話を聞くべくロンドンに向かいコンタクトを取ります。

いつものように時間・場所を指定し電話をかけ、スミスを呼びます。

そしてCIAももちろんロンドンに捜査官とアセットを送り、スミスにもインカムをつけるよう指示しました。

その時突然、町中の火災報知器が鳴り響き町中が混乱へと陥ります。

人々の動きの中、CIAではスミスを見失いました。

その隙を狙ってボーンはスミスに接触し、なぜボーンを監視していたのか・父は殺されたのかと問い詰めます。

インカムで全てを聞いていたデューイは、家族に何かをされたくないのなら答えるなと指示を出し、スミスは黙って答えませんでした。

しかし暴力を使い問い詰め続けるボーンにスミスは口を開きました。

作戦に無関係だったボーンの父は、ボーンが勧誘されたことを知り、ボーンを殺し屋にしないために公にトレッドストーンの事をばらまくと言っていたのでした。

その脅威を消すべくしてCIAはボーンの父を殺したのでした。

そしてアセットの到着をデューイに尋ねたことでスミスがインカムをつけていたことを知りボーンはインカムを奪い自分の耳につけました。

その時、アセットが到着します。

ボーンの父親が殺された時にも見たことがある男でした。

父親はアセットにより殺されていたのでした。

ボーンはスミスを盾にし、すぐさま飛び降り逃げました。

・デューイの狙い

スミスは死亡し、ボーンも飛び降りてから少し経ち立ち上がりました。

そして、スミスから奪ったインカムを聞いていたボーンは、デューイがアセットに次の任務があるためラスベガスに飛ぶよう指示を出したのを聞きます。

そして、リーが止めている車を見つけ出し助手席に乗りなぜデューイはベガスへ飛ぶのかを聞き出します。

するとリーは、デューイは自身の新しい作戦であるアイアンハンドのためにベガスへ行くのだという事を教えてくれました。

それは全世界の人々の監視プログラムであり、新しいSNSサービスを開発したディープドリーム社のCEO・カルーアのテクノロジーを使い個人情報を監視しようと企んでいました。

その誘いを断り続けても提案をやめないデューイに懲りて、カルーアはベガスで行われるシンポジウムでデューイの作戦・アイアンハンドについて暴露しようと考えていのです。

それを裏情報で知ったデューイは、シンポジウムでカルーアを射殺するようにアセットを呼んだのでした。

そしてそれを知ったボーンはリーと手を組みデューイ撲滅のためにベガスへと向かいました。

【 ネタバレ 】

・シンポジウム

シンポジウムに潜入し、アセットがカルーアを射殺する瞬間にボーンはアセットを狙います。

カルーアは、銃弾がかする程度で大事には至りませんでした。

そして会場がパニックに陥る中アセット・ボーン・デューイもそれぞれ移動します。

事前にリーの協力でデューイにGPSを装着させていたボーンは、情報をもとにデューイが部屋に戻ったことを確認し後を追いました。

そして、部屋についたボーンはデューイと対面し、父親を殺したことの片を付けると言い放ちます。

その時、デューイの部下が到着しボーンはすぐさま撃たれ、体制を崩し倒れます。

そしてボーンに止めを刺そうと銃を向けた時、デューイは何者かによって撃たれました。

それは、ボーンが来るより前からデューイの部屋に忍びこんでいたリーでした。

・ボーンとアセット

リーとボーンはすぐさま外に出ます。

そしてボーンはアセットを見つけ追いかけ、父親を殺した恨みを晴らしに行きます。

2人はカーチェイスの末に11で殴り合いをし、ボーンはアセットを殺すことに成功しました。

そうしてボーンは自分や父親にされたことを知り、その片をつけることにも成功したのでした。

【 登場人物紹介 】

・マット・デイモン (ジェイソンボーン)

・ジュリア・スタイルズ (ニッキー)

・ヘザー・リー (アリシア・ヴィキャンデル)

・トミー・リー・ジョーンズ (ロバート・デューイ)

・ヴァンサン・カッセル (アセット)

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

・アクション・カーチェイスが好きな人

・ボーンシリーズが好きな人

・刺激が欲しい人

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

感想はここから見れます
男性50代
男性50代

ジェイソン・ボーンシリーズは全体で4作品です。

シナリオ、ストーリーはどの作品もほぼ同じ展開だといってよいとおもいます。

「自分がだれなのか、なにをしている、なんでこんなことをしている」が大きな軸のポイントでしょう。

いずれの作品でも主人公のボーン(マッドデイモン)か過去を思い出そうとし、その過去を探る旅にでかけます。もともと軍事目的で、つくられた(生かされた)人間であり、兵士でもありました。

ボーンはその高いポテンシャル、研ぎ澄まされた戦闘スキルで過去の自分探しにむかいます。勿論、ボーンを生んだ組織は反逆者として黙っているわけがありません。

そんな中でも、一人でたちむかい、「自分は何なのか」をしるための葛藤をします。

いずれの作品でも、ボーン(マッドデイモン)のアクションほ実に素晴らしいキレがあり見ものです。

最終章では、ボーンが記憶がよみがえり、過去があきらかになります。

女性40代
女性40代

どんな事態が起こっても、まるで始めから起こることがわかっているかのようなボーンの対処の仕方が相変わらずかっこいいです。「ボーン・アイデンティティ」から通算5作も出ているあたり、人気の度合いが高いことにうなずけます。
ニッキーが命を懸けて調べてくれた、ボーンの父の死の真相。

しかし、それもCIA特有の罠だったようですね。

誰を信じたらいいのかわからない、明日をも知れない命。

日本でいうと、戦国時代に通じるところがありますね。

ボーンの並外れた能力は認められても、彼がCIAで暗躍するようになった理由は初期の作品ではベールに覆われていました。

が、本作である程度明らかになりました。

彼の更なる活躍に期待するとともに、少しでも心の傷が癒されるといいですね。

女性50代
女性50代

刑務所というものの恐怖映画である。

袋をかぶせて素性をわからなくして起きる拷問シーンを見て怖いものだなと震撼とした。

スパイの抹殺のような徹底したものではなく、暴力ばかりで素性をわからなくしているあたりに刑務所というのは怖いところだなと思ったものだ。

独房より甘いのか押し込んで強姦するシーンが男同士でも恐いものだと思った。

マッド・デイモンというハリウッドスターだが、犯人役があまりにも恐い。

それは違うだろう?と思うことで政治家の役などを演じ違和感がある。

名前を間違え人を間違え行き着くのは、こんなシーンなのかと恐いばかりのことを幾つも垣間見た。

借金の所在を明らかにしたことで全部違う名前だった。

名前で動けないのはそれでなのだ。

女性20代
女性20代

マット・デイモンの持ち味を存分に活かした作品で、見どころは記憶を失くしているのに身体が覚えているジェイソンのアクションとその生き延びるスキルの高さです。
記憶がないので、ジェイソンという人の元々の性格は当初さっぱりわからないのですが、住んでいたアパートの大家さんとの接し方などから社交性は高い方で、とても優しい一面がうかがえます。

緊迫した場面でも大真面目な顔で冗談を言ったりするのもおもしろいし、とにかく展開がスピード感に満ちていて、観客をまったく飽きさせません。

しかし一方で、ちゃんと観客の理解を待ってくれるという印象もあります。

このシリーズはどれもおもしろいけれど、私個人はこの一作目が1番好きです。

ただ、どこのポイントで恋に落ちたのだろう、というところだけがナゾでした。

そんなツッコミどころすらもよいです。

【 まとめ 】

今作では戻ってきたジェイソンボーンが、自分の過去に踏み入れるために諦めずに最後までCIAと戦う姿がとてもかっこいいです。

一匹狼で戦ってきた彼も、CIAのリーの協力などを借りることで1人ではないんだと菅jルコとのできるシーンもあり、アクション映画の中にも人間の優しさや思いやりを感じる作品になっています。

また、アセットとボーンのカーチェイスシーンでは、ラスベガスを閉鎖して撮影が行われたということもありとても迫力のある見所シーンです。

ぜひ、ボーンシリーズのファイナル『ジェイソン・ボーン』を手に取ってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました