おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【寄生獣】動画を無料で(映画2014)フル配信・視聴する方法

寄生獣 邦画

(C)映画「寄生獣」製作委員会

パラサイトの卵が深海から陸に上がって幼虫となり、貨物から地上へ舞い込んでくる。

新一は家に侵入してきたパラサイトに襲われ、頭部は守ったものの右腕に寄生されてしまい共生していくことにした。

他のパラサイトは人間の頭部に寄生をすることができ、どんどん数を増やしていった。

中華料理店の店長に寄生していたパラサイトが新一を攻撃しようとしたところを新一に寄生していたパラサイトが助けたために、人間の警察とパラサイトの組織に狙われることになった新一。

映画『寄生獣』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『寄生獣』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

映画『寄生獣』予告編
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、他の『寄生獣』シリーズをお楽しみいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

他の「寄生獣」シリーズもお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

「寄生獣」シリーズ U-NEXT TSUTAYA TV/DISCAS hulu
寄生獣 視聴 ▶ 視聴 ▶
寄生獣 完結編 視聴 ▶ 視聴 ▶

映画『寄生獣』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

パラサイトの卵が孵化して港にあるコンテナに入り込んで各町へ移動していった。

高校に通っている新一の自宅に侵入してきたパラサイトは耳にイヤホンがあって侵入できなくて鼻から入ろうとしていたところを気づかれ、攻防の末、頭部に寄生できず右腕に寄生した。

次の日、右腕に違和感を感じた新一は右腕に目がついていて、言葉を教えてと話すことに驚く。

右腕は驚く新一に構うことなく、言葉を覚え右腕だからミギーと名前を付けたと新一に話す。

近くにミギーの仲間がいると告げられた新一は仲間のいる中華料理店に入る。

そこで、パラサイトは人間を食べているところを目撃した。

さらに、ミギーに頭部に寄生したからこちらに来いと告げたが、ミギーは他に寄生することのリスクを考えて拒否しただけでなく、仲間を殺してしまった。

中華料理店の殺人事件を捜査していた人間の警察もパラサイトの存在に気づきはじめていた。

新一の高校に新任の化学教師・田宮が赴任してきたが、ミギーは田宮が人間とパラサイトの共存をしていることに興味を持って近づきたいと思った。

そして、田宮と島田、警察官のAと会ったミギーはパラサイトと人間の共存できる方法を教えてもらう。

同時に田宮のお腹にはAとの子供がおり、その子供には繁殖する能力がないことを教えられた。

Aは中華料理店主を殺したミギーを敵対しており、ミギーと戦う。

Aはこのままでは死んでしまうというところで、新たに寄生する人間を探して新一の母親に寄生してしまった。

新一は母親を殺されたショックで、Aに殺されそうになったが、ミギーが助けて生き延びることに成功し、復讐心を高まらせていた。

そしてミギーに助けられたことによって新一がパラサイトと融合されて別人のようになってしまった。

【 ネタバレ 】

田宮も島田も人間にパラサイトだと気づかれると殺人を犯していた。

島田は美術部で、パラサイトだと気づかれて美術部員を殺そうとしていたが里美が投げた剥離剤が島田の頭部にかかり、混乱した島田が暴走を始めてしまった。

人間の警察も学校に来たので、田宮は爆薬を作り島田にかけるが、命は無くならなかったので、里美を助けた後、新一はミギーと協力をして島田を殺した。

田宮は出産をするために学校を辞めると新一に話し、Aの居場所を教えた。

Aの居場所を知った新一は母親を殺した復讐のためにAと戦っている途中で、ミギーが寝てしまった。

新一は一人でもAと戦っていたが、寄生された母親も新一に手助けをしてくれていて、復讐を果たすことに成功した。

田宮は人間とパラサイトが共存していく道を模索していたが、パラサイトは人間に寄生をしてやりとげる何か命令が下されていたであろうと思い出させる人物が現れた。

里美が眠る病室で、新一はパラサイトを一匹残らず殺すことを誓った。

【 登場人物紹介 】

泉新一 (染谷将太)

ミギー (阿部サダヲ)

田宮良子 (深津絵里)

島田秀雄 (東出昌大)

村野里美 (橋本愛)

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

・SF映画が好きな人

・寄生生物に興味がある人

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

女性20代
女性20代

この作品は元々原作を読んでいたので、実写化される話を聞いた時は嬉しかったですし、キャストも内容も気になっていました。

私は普段、怖いものが好きなので1人で映画館に行って視聴しました。

本来なら友人や家族を誘いたかったのですが、怖いのは無理、と言われてしまい少しだけ寂しかったです。

それでも最後の結末まで途中で飽きることもなく見続けていました。

主人公を演じる俳優の迫真の演技に圧巻され、新一が実在しているこのような感覚は今でも鮮明に覚えています。

パラサイト、と聞き慣れない単語もありましたが、それでも新一が最後まで戦い抜く直向きな姿勢に憧れを抱きました。

映画は終わってしまっても、彼の前向きな性格に感化されたので、見ることができたので良かったです。

感想はここから見れます
男性30代
男性30代

アクション映画のつもりで観た作品ですが、パラサイトに寄生された人間の顔が変形して人を食べたり殺したりするシーンが鳥肌が立つほど怖くリアルすぎて、これはホラー映画だなと強く思いました。
この作品でパラサイトに寄生された人間は何人もいて見た目もすごく怖いのですが、主人公の少年の右手に寄生したミギーというパラサイトだけはとても可愛い見た目をしていて、ミギーになら寄生されてもいいかな?と思ってしまうほど可愛かったです。
キャスト陣も主人公を演じた染谷将太や橋本愛、深津絵里、東出昌大、北村一輝など豪華なキャスト陣が多くてビックリしました。

ミギーは声だけの出演でしたが、ある有名な俳優さんが演じていましたし、物語の最後の最後にも有名な俳優さんが登場しています。どの俳優さんなのかは実際に観てビックリされた方がいいかもしれません。

男性40代
男性40代

映画『寄生獣(2014年)』を見て、よく寄生獣のふにゃふにゃした動きをCGで再現出来たなと思いました。

演じている役者さんの身体の一部だけがCGという演技は難しかっただろうなと、アクションシーンなどを見ていて思いました。

実際に「ここでこういう風に寄生獣が動くから」とイメージして動いているのだと思うのですが、さすが役者だなと感心してしまいました。ストーリーも原作から大きく外れず、それでいて実写化の良さも生かしていたので面白かったです。

個人的にはもっとグロイシーンが見たかったのですが、映画として放送するには限界があるのかなと思いました。

個人的には主演は染谷将太よりも細いなよっとした感じの役者さんの方が原作のイメージにはあっていたかなと思います。

女性20代
女性20代

映画化するにあたっておよそ2時間という短い尺に収めるためとはいえ、削って欲しくない部分を削られてしまったのは原作ファンとしては本当に辛いことで非常にショックを受けました。

母子家庭に設定が変更されていたのはまだしも、加奈ちゃんの存在を消されたのが何よりも悲しかったです。

個人的には好きなキャラクターだったので、この決断を下した人に対して若干の恨みを抱きました。

主演は染谷将太さんだったので演技力に関しては全くもって申し分ない素晴らしいものになっていたと思いました。

原作の泉新一と似ているかと聞かれれば違うと答えるけれど、寄生獣を映画だけで楽しむのであれば問題ないどころか凄く良かったかなと思いました。

また、染谷将太さん以外にも脇を固めるキャスト陣の方々は実力派ばかりだったので演技面では本当に満足のいく映画でした。

CG技術の高さにも圧倒されました。

【 まとめ 】

今作は岩明均原作同名漫画を元に作られているSF作品です。

2部構成となっており、その第1部が今作です。

血や臓器、人間の肉を食べる演出があり、苦手な方は観覧をお控えください。

人間とパラサイトの共存は可能かどうかに注目してご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました