おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【桐島、部活辞めるってよ】動画を無料で(映画2012)フル配信・視聴する方法

桐島、部活やめるってよ 邦画

(C)2012「桐島」映画部 (C)朝井リョウ/集英社

突然バレー部のキャプテン桐島が部活を辞めた。

桐島の彼女の梨沙も親友の宏樹もなにも聞かされておらず、戸惑った。

そして、宏樹は部活終わりの桐島とバスケをすることが生き甲斐だったが、桐島が部活を辞めたのならとバスケも辞めたが、部活にも身が入らず、野球部に顔を出してもいなかった。

吹奏楽部の亜矢は彼女がいる宏樹を好きになり、パート練習中に宏樹が桐島とバスケをしている姿を見ることを楽しみにしていたが、もう見られなくなってしまい、空虚な気持ちになっていた。

バドミントン部の実果は死んだ姉と比べられることに苦痛で、姉よりできない自分に嫌気がさしていた。

映画部の涼也は学校中で桐島のことを心配していることには目もくれずに映画部の仲間とゾンビ映画を撮影していたが、顧問からゾンビ映画の撮影を禁止されてしまう。

金曜日から火曜日までの5日間に起きた生徒の葛藤と自分自身と向き合った成長の物語である。

映画『桐島、部活辞めるってよ』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『桐島、部活辞めるってよ』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

映画『桐島、部活やめるってよ』予告編
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、他の『神木隆之介』出演の作品をお試しいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

他の「神木隆之介」出演の作品もお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

「神木隆之介」出演作品 U-NEXT hulu
桐島、部活やめるってよ 視聴 ▶ 視聴 ▶
ドラえもん のび太の恐竜2006 視聴 ▶ ×
君の名は 視聴 ▶ ×
バクマン 視聴 ▶ ×
ハウルの動く城 視聴 ▶ ×
千と千尋の神隠し 視聴 ▶ ×
借りぐらしのアリエッティ 視聴 ▶ ×
メアリと魔女の花 視聴 ▶ ×
ジョジョの奇妙な冒険 第一章 視聴 ▶ ×
3月のライオン(前編) 視聴 ▶ 視聴 ▶
3月のライオン(後編) 視聴 ▶ 視聴 ▶
フォルトゥナの瞳 視聴 ▶ ×
ラストレター 視聴 ▶ ×
サマーウォーズ 視聴 ▶ 視聴 ▶
屍人荘の殺人 視聴 ▶ ×
るろうに剣心 伝説の最期編 視聴 ▶ ×
るろうに剣心 京都大火編 視聴 ▶ ×

映画『桐島、部活辞めるってよ』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

金曜日、秀才でスポーツ万能の桐島がキャプテンを勤めていたバレー部を辞めてしまった。

学校トップの美しさで桐島の彼女・梨沙もバレー部員も親友の宏樹でさえも何も知らされていなかったので、途方に暮れていた。

試合が決まっていたので風助をキャプテンにしたが、桐島とのレベルの差は歴然だった。

宏樹は桐島の部活終わりを待ってバスケをすることが楽しみな野球部であったが、試合はおろか練習にも顔を出さない幽霊部員であった。

バスケをしている宏樹を見ることを吹奏楽部のサックスパートの練習中の日課としていたのが亜矢である。

亜矢は宏樹に沙奈という付き合っている人がいることを知った上で片想いをしていた。

映画部部長の涼也は顧問と映画の内容で揉めていたが、自分達の撮りたい映画を強行しようとゾンビ映画を屋上で撮影しようとしたところに、宏樹のバスケを見たい亜矢と場所取りで揉めた。

梨沙が桐島から連絡がないと泣いて宏樹に訴えて来るが、宏樹は何もできなかった。

日曜日に涼也は映画を見に行くと、そこにはバドミントン部のかすみがいて、楽しい時間を過ごした。

月曜日、桐島は学校に来ていない。

桐島と連絡が取れていないのは梨沙だけでなく、バレー部員も同じであって、言い争いが生じてしまった。

そして、梨沙は風助に八つ当たりをしてしまうが、死んだ姉に劣等感を持っていた実果は、風助の桐島よりできないバレーを見て、共感していたために、梨沙との友情関係に亀裂が生じてしまった。

【 ネタバレ 】

放課後、映画を撮っていた前田は昨日映画館で話したかすみがまた話かけてくれたことが嬉しくて映画を頑張ろうと思った。

桐島のいないバスケはつまらないと思う宏樹は、自分のこれからを考えていたところだった。

火曜日、桐島が学校に来ているとどこからか聞こえたが、梨沙は相変わらず友達とぎくしゃくしていた。

放課後、映画の撮影に必要な台本を教室に取りに行った涼也は、かすみが付き合っている男子といるところを目撃してしまった。

動揺を隠していた涼也であったが、実はショックを受けていた。

ショックを引きずったまま撮影を続ける涼也はまた撮影しようとしている場所に亜矢がいてどちらが使うかで揉めたが、涼也が譲った。

亜矢は宏樹を見ながらパート練習をしていると宏樹と沙奈がキスをしているところを見てしまい、どうしようもない気持ちをサックスを練習することにぶつけていた。

亜矢に場所を譲った涼也は屋上で撮影をしていたが、バレー部は屋上に桐島がいたと思い込みやってきていた。

そして、桐島がいないことで今までの苛立ちも重なって、映画部との乱闘を起こしてしまった。

そしてそこに沙奈やかすみも加わって大乱闘が繰り広げられたがその様子を涼也は撮影しだした。

乱闘後、片付けをする涼也に宏樹は映画を撮る理由を聞き涙を流した。

そして理由を聞いた宏樹は野球部が練習をしているそばで桐島に電話をかけたが、その顔は何もかもスッキリとした晴々しい顔をしていた。

【 登場人物紹介 】

前田涼也 (神木隆之介)

東原かすみ (橋本愛)

菊地宏樹 (東出昌大)

飯田梨沙 (山本美月)

沢島亜矢 (大後寿々花)

野崎沙奈 (松岡茉優)

宮部実果 (清水くるみ)

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

・学校生活に疑問をもっている人。

・青春時代の子供を持つ親 子供が何を考え学校へ通っているのかのヒントが得られます。

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

女性40代
女性40代

題名に桐島と出てくる割には、そこから派生しているようなストーリーで、主人公感がなく、不思議さが漂う作品です。

それでも、呼び捨てだったり、部活と出てきたり、学生だとすぐにわかり、覚えやすく、秀逸なタイトルですね。

普段の飾らない話し言葉がいいです。

登場人物の中では、宏樹に共感します。彼は、桐島と同じで、何でもそつなくこなしますが、何かに夢中になれず、青春を謳歌しているタイプではありません。

とは言っても、青春の頃に、もがいて自分探しをしている人も大半なので、楽しいことばかりではありませんね。

そういう意味では典型的な高校生と言えるのかもしれません。

桐島もおそらく降って沸いたような悩み事が発生したのでしょう。

観客に投げかけるようなところが、青春映画らしいですね。

感想はここから見れます
男性20代
男性20代

キャストは、東出昌大が役にはまってました。
ストーリーは、学校の主人公以外にも他のキャラクターに集点が当たっており、色々なキャラクターにストーリーがあり、飽きずに見れました。
作品の見どころは、他の映画にはない学校のリアルな描写や邦画にはあまりないスクールカーストの描写だと思いました。
疑問に思った点は、主人公が映画の部活を作り、東出昌大とその友達に、襲う所でした。
結末は、結局終盤で、疑問に思った事が出来てしまい、この映画は、見る人に対して何を伝えたかったが理解ができませんでした。
作品の純粋な感想としては、他の映画にはないリアリティのある学校の描写や、スクールカーストの描写や群像劇は気に入ってますが、終盤やオチで個人的にはないと思いました。

女性40代
女性40代

今を時めく人気俳優たちが、原石の段階でキラキラと光を放つ映画の持つ時間を閉じ込めるという特質が最高な形で発揮された一本です。

主人公を演じる東出くんの外見は良いけれど中身が空虚な感じ、また天才女優・松岡茉優の放つスクールカーストの高さを背景にもつ人気者美少女の何とも言えないイヤさ、またタイトルロールでありながら一切画面には現れない桐島の彼女演じる山本美月のそれまで日常であった万能感が傷つけられる姿など、桐島のイレギュラーな行動に人気者であるスクールカースト上位者たちの焦りと対照的に、振られたり存在を軽んじられたりはするが、本当に好きなものと向き合う吹奏楽部の大後寿々花や映画部の神木隆之介などは、それぞれの好きなものを追いかけて何かを掴んでいくという対照が鮮やかに描かれます。

たまにキャスティングされた多くの俳優たちがスターとなっていくキラ星のような作品がありますが、本作はまさに珠玉の一作と言えるのではないでしょうか。

女性20代
女性20代

私はこの新鮮なタイトルに惹かれてこの映画を見ることにしました。

タイトルから、桐島という人物が主人公でメインに出てくる映画なのだろうという予想をして見始めましたが、実際は、桐島を取り巻く登場人物たちが中心で話が進んでいくという、思っていなかった展開で話が進んでいって、とても新鮮に感じました。

私がこの映画の中で、特に印象に残っているキャストは、東出昌大さんです。

当時、彼のことは全く知らずこの映画を見たのですが、見終わった後、何故か彼の顔が頭に残るほど、彼にとっても合っていた役だったように感じました。

松岡茉優さんや山本美月さんなど、今ではとても有名な俳優さんの昔の姿が見たいという方にもおすすめの映画だと思います。

女性30代
女性30代

たった一人の人間が姿を消すだけでこれだけ大人数の人間が翻弄されてしまう。まず、桐島は最後まで登場しない所にあれ?っとなりました。
感想としては面白い、面白くないは賛否あると思いますが自分としてはとても楽しめました。
それぞれの生き方や価値観が異なる現代社会において、高校生の学園生活におけるそれぞれの立場などが上手く表現されていると思います。
何が正解で何が間違っているのかなんて登場人物それぞれの考え方次第でありどれも間違ってはいない。ある意味社会の人間関係を縮図化していると思います。

その為映画の評価も見る人によっては「意味不明」「全く共感できない」と思う人もいれば登場人物に共感して「考えさせられる」と考える人もいると思います。これもどちらも正解でありまさにこの映画の本筋ではないかなと感じました。
あと登場人物のキャストが凄いです。まだこの頃は目立たない脇役さんでも今を知って見て見ると良い演技してるなと勝手に尊敬してます笑

男性60代
男性60代

高校生活の模様と高校生の言動は、見事に再現されていました。脚本がよく練られていた結果です。

会話に不自然さがほとんどなく、自分の経験からもあんな話し方やあんな内容の話をしていたなあと思い出し、懐かしくなりました。出演者の大部分の方が初出演でしたが、自分の役の立場を理解しているようで、役に見事に、なりきっていました。

監督の力量が発揮されたおかげのようです。

内容的には、学校内での格差を扱っていますが、そのことより、様々な課題を背負った若者が悩みながらも少しづつ前に進んでいく姿が印象に残りました。

特に、野球部のキャプテンと吹奏楽部の大後寿々花さんの姿には感動しました。

吹奏楽の練習の中、段々と気持ちが吹っ切れていき、最後は納得がいく演奏が出来たようで、爽やかな笑顔になるシーンは最高でした。

男性30代
男性30代

高校時代あったなこういうカースト、と共感できる部分が多い映画でした。類は友を呼ぶというか、ヤンチャな男子生徒は似たような人間とつるみ恋愛相手も同じようなグループに属する女子で、一方で地味な人間も似た者同士で地味にグループを組織し、上のカースト(ヤンチャで派手な生徒)からは下に見られ、クラスでの立場も弱くなってしまうといった、自分が経験した学校カーストが物語でうまく表現されていて、まるで高校時代に戻ったかのような気分になりました。私はいわゆる下のカーストに所属していたので、思わず地味な神木隆之介演じる映画部の前田に感情移入してしまいました。

一番印象に残っているのは体育の授業の場面でした。なぜか上位カーストの2人の生徒が一人ずつ交互にサッカーチームのメンバーを選んでいき、最後に残るのは地味な映画部の前田達でした。

私はスポーツができたので最後に残った経験はありませんが、同じような光景を目にしたことがあり、いたたまれない気持ちになりました。

そんな彼らの学校生活に桐島が部活を辞めるという、ささいなことから彼をとりまく周りの人間に変化が起こります。

登場しない人物なのではっきりわかりませんが、桐島は部活でもクラスでも人気者で中心的な立ち位置の人物であったことが、他の生徒の様子からうかがうことができます。

大人から見ればささいなのですが、高校時代というのは非常に敏感で多感で、感情の振れも大きい、そんな彼ら彼女らの心の移り変わりも見事に描写されていて、グッと引き付けられました。

クラスの中心にいた菊池(東出昌大)と何もかもが対照的な山田との対比も、自分として切なく感じられましたが、高校生を描くには、きれいごとだけでなく、こうしたカーストを描かなければ真実ではない、と感じました。

微妙な人間関係など描かれていた点は面白く共感できる部分もありましたが、下のカーストだった私にとっては、苦い記憶を呼び起こすのが嫌で、見ていられないシーンもあり、複雑な部分もありました。

女性30代
女性30代

高校生の普通の日常や学校の世界感がリアリティー溢れていて、そこが見所でもあると感じます。

当時、出演している若い俳優さん達も、一人一人がとても繊細に自分のキャラクターを演じていてその点も素晴らしかったです。

主演の神木隆之介さんの子役からの安定した演技力も圧巻で、憧れの女子に翻弄されている雰囲気も可愛らしくてかなり好感が持てます。

あと、東出昌大さん演じる宏樹の優等生タイプだが、1番にはなれないタイプもありありだと感じなから見てしまいます。

学生はもちろん、大人でもそうだけど、人が人に与える影響って些細な事でも大きくなったりするんだなぁっと痛感します。

この作品を通じて、自分の青春時代を思い出したりして、凄く懐かしい気持ちになって自分もまた学生時代に戻りたいなぁっと思ってしまいます。

女性30代
女性30代

『桐島、部活辞めるってよ』の魅力は、誰もが人生の中で一度は経験してきた学生時代特有の空気感だと思います。

この作品と比べれば、よくある青春学園ドラマはファンタジーに感じられるほどリアルです。

スクールカーストと呼ばれる序列の中で、トップに君臨する桐島を巡って誰もが一喜一憂させられる残酷さが見事に描かれています。

出演者も豪華で、主演の神木隆之介をはじめ、橋本愛、東出昌大、山本美月、松岡茉優、中野太賀など今なら誰もが知っている俳優さんたちが青田買い的にキャスティングされていました。

中でも松岡茉優さんの演技がとても上手で本当にクラスにいそうな嫌な女子そのもので、しばらくの間そのイメージが抜けなかったほどです。

【 まとめ 】

今作は朝井リョウ原作同名青春小説を元に作られた作品です。

原作は登場人物を各章のタイトルにしていたが、映画は曜日を章とした構成となっている。

ロケは高知県で撮影をされている。

桐島が部活を辞めることで振り回される同級生のお話ですが、桐島は登場しませんし、辞めた理由も明らかにはなりませんが、学生が抱える悩みや葛藤が描かれていますのでそこが注目ポイントになっております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました