おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【ハクソー・リッジ】動画を無料で(映画2016)フル配信・視聴する方法

ハクソー・リッジ 洋画

(C)Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016

2016年に公開されたオーストラリア、アメリカ映画。

10年ぶりにメル・ギブソンが監督を務めた、実在の二等兵の反省を描いた作品。

アカデミー賞では、6部門でノミネートされ編集賞と録音賞でオスカーを手にしている。

映画『ハクソー・リッジ』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『ハクソー・リッジ』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

『ハクソー・リッジ』本予告編
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、他の『アンドリュー・ガーフィールド』出演の作品をお楽しみいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

他の「アンドリュー・ガーフィールド」出演作品もお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

「アンドリュー・ガーフィールド」出演作品 U-NEXT hulu
ハクソー・リッジ 視聴 ▶ 視聴 ▶

映画『ハクソー・リッジ』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・少年デズモンド

太平洋戦争末期、沖縄に上陸した米軍と日本兵が熾烈な戦いを繰り広げる中、一人の米軍二等兵デズモンドは負傷しながら、過去の思い出を振り返っていた。

時は16年前。

米国のバージニア州で弟のハルとデズモンドは家族に問題を抱えながらも活発な少年時代を送っていた。

父親のトムは、第一次世界大戦に兵士として戦った後。

心に傷を負い、酒に溺れながら母と喧嘩の絶えない日々を繰り広げていたのだ。

そんなある日、デズモンドは弟と喧嘩をし、煉瓦でハルを殴り死なせそうになってしまう。

その出来事によって、母から「殺人は最大の罪である」と諭されたデズモンドは、気立ての良い青年へと成長してゆく。

・戦地へ行く決意

15年後。

デズモンドは看護師のドロシーと恋に落ち、家族公認の仲になっていた。

そのころ全米では、第二次世界大戦の報道が激化。

弟のハルや友人たちが次々と兵士として旅立っていく中、デズモンドは陸軍に志願する。

その決意に最初は反対していたドロシーだったが、婚約者としてデズモンドを兵士として見送った。

そして、訓練基地に入ったデズモンドだったが、訓練の一つであるライフルの射撃訓練だけは断固拒否していた。

過去の教えから、「人を殺める武器を手にすることはできない」とこころに決めていたのだった。

その行為によって、上官からは叱責され訓練仲間からものけものにされていたが、それでも自分の信念を曲げることをしなかったのだ。

そのデズモンドの行為に聴聞会議が開かれた。

しかし父親のトムのおかげでなんとかライフルを手にすることなく戦場へ向かうことを許されるのであった。

【 ネタバレ 】

・戦地での戦い

そして、1945年激戦のつづく沖縄へと仲間と一緒に向かったデズモンド。

足元に転がる遺体をよけながら、進んでいく兵士たちは次々と負傷する。

そんな中、デズモンドは砲火や銃弾の中を駆け巡り負傷した兵士たちを次々と手当していく。

そんなデズモンドの姿に勇気をもらった仲間のミスティは、率先して前へと進んでいった。

心を通じ合わせながら攻撃に向かう、デズモンドとミスティだったが日本軍の攻撃にミスティは命をおとしてしまう。

撤退を余儀なくされた米軍だったが、デズモンドは戦場に残り負傷した兵士達を救助してゆく。

日本兵から逃れるために侵入した防空壕の中で、デズモンドは負傷した日本兵にさえも手当を施していた。

そして、翌日の戦いに参戦したデズモンド。

前日と打って変わって、米軍優勢で進んでいく攻撃だったが日本兵の手榴弾で足を負傷してしまったデズモンドはタンカで運ばれていく。

ようやくハクソーリッジ(前田高地)を占領した米軍。

帰国したデズモンドは、良心的兵役拒否者として、初の名誉勲章を与えられる。

そして、その活躍はいまだに語り継がれている。

【 登場人物紹介 】

デズモンド (アンドリュー・ガーフィールド/前野智昭)

ハル (ナサニエル・ブゾリック)

スミティ (ルーク・ブレイシー/辻井健吾)

ドロシー (テリーサ・パーマー/武田華)

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

カップルで見たい人

仲間同士で見たい人

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

女性20代
女性20代

人間の残酷性がわかりますが内容が本当にぐろく、最後まで見るのに勇気がいりました。

戦争の映画は数多くありますがここまで残酷な内容で主人公が一生懸命に頑張っている映画をここでしか見たことがありません。

実話に基づいている作品だと聞いていましたが、一番衝撃的なのは武器を持たずに戦場に行き人を救い続けることです。

戦場に行くはずなのに武器を持たないことが本当に驚きました。

どんな過酷な状況に追い込まれたとしても一生懸命にがんばある主人公が本当にすごいです。

両軍の腐敗した死体や手足が無くなっている姿などたくさんの遺体が転がっているところや死にたいのに死にきれず苦しみながら最後を迎えるものなど戦争に対して改めて考えさせられる映画でした。

感想はここから見れます
女性30代
女性30代

戦争シーンがとても悲惨でした。

でも、それがリアルですし、それがあるからこそ、主人公の凄さが際立つ感じがしました。

沖縄ではたくさんの人が死にましたし、その描写は見ていてきついものがありました。

そんな中で、一人の兵士がどうしてあのように生きられたのか、とても興味深かったです。

デスモンドが兵役のための訓練にいきながら、銃を持つことを頑なに拒否することが最初は理解できなかったけど、戦争は始まるし、止めることはできないけど、みんなを救いたい気持ちがあったのだと思います。

キリスト教について、私はよく知らないので映画の意味を理解できてないところがあると思います。

キリスト教について、もっと調べてからまた見ようかなと考えてます。

戦争映画ですが、主のテーマがそこではない珍しい映画でした。

男性50代
男性50代

映画「ハクソー・リッジ」舞台が日本にあったことは映画視聴後にしりました。第2次世界大戦の沖縄の戦いがそれです。

沖縄を戦場の舞台にした映画はほかにもあります。

「硫黄島」などがその一例です。

今回のハクソーリッジはメッセージ性が強い映画であったと思います。

「ハクソーリッジ(ノコギリの崖)」と呼ばれる断崖に広がる高山地での戦いで、戦力、人力で勝るはずのアメリカ軍が、地中に穴をほり、身を隠し「アメリカ軍に奇襲を掛けた」日本兵士軍に、まさかと思われる戦いを強いられます。

爆薬や火薬、銃弾そして銃術により、敵味方の悲惨な人間の姿が映し出されます。

あまりにも無残でかわいそうな姿です。

この映画のメッセージ性はここにあり、このような残虐なシナリオは繰り返してはならないといった意味があるものと思います。

そして、戦火の舞台が日本であったことに、何らかの深いメッセージがあるのかもしれません。

男性30代
男性30代

第二次世界大戦で銃を持たない衛生兵として従軍したデズモンド・T・ドスの実体験を描いた戦争映画です。

アンドリューガーフィールドがデズモンド役を演じていました。作中では、撤退命令が出ていたにも関わらず、デズモンド仲間がまだ残っていると1人で戦地に残りました。

そして生き残った負傷した仲間達を次々に救出し、さらには敵国の負傷者まで救出していました。

怪我をした者は皆同じと考えるその姿に感銘を受けました。

銃を持ちたくないという信念を持ったデズモンドは、仲間からいじめに遭いながらも軍に残り続けていました。

彼がそこまでして軍に残り続ける信念の強さに憧れを持ちました。

この映画を見て、戦争は人を殺す事が正義ではない事を学びました。

女性30代
女性30代

真っ先に出てくる感想は『グロい。グロすぎる…。』でした。内臓は出てくるし、銃撃で顔面は破壊されるし『え…?これがPG12…?R15じゃなく…?』と思わず震えたほどです。

ただ、沖縄での戦闘シーンは残酷ですが、その戦場を丸腰で駆け抜ける主人公の姿には、感動しました。

主人公のデズモンドは『人を殺してはいけない』という信念を持ち、故に武器を持たないまま戦場に投入され、衛生兵として沖縄戦に参加します。

彼はどんな状況下にあっても、自分の信念を曲げず、最後まで人を殺すことはありません。

それでも勇敢に戦場に飛び込み、仲間の命を救い、時に日本兵の怪我も処置します。

最終的には彼を馬鹿にしていた仲間達も、彼の考えを認めるようになっていきます。

信念を持つ人間の凄さを思い知らされる、とても感動的な戦争映画でした。

男性20代
男性20代

もともと戦時中を描いた映画や小説を観るのが好きで、これは決してネガティブな意味ではなく、自身が体験していないこと、そして日本人として決して忘れることのない
体験、教訓のためにみています。 今回の映画は戦時中の負傷した兵士を治療する衛生兵と呼ばれる隊員を視点にして描いた映画です。
第二次世界対戦中の沖縄線を題材に、主人公が国のために貢献するため陸軍志望をしましたが、銃を持つことを拒み、命を繋ぐ衛生兵として生きていくことをテーマにしています。

最初は軍隊なのに銃を持たないことに嫌悪感や不信感を抱いていた周りの兵士たちが懸命に救おうとする姿勢をみてその心情が変わっていく様を描いています。
またおおくの日本戦は日本視点の描かれ方をしますが、今作はアメリカからの視点から沖縄戦を描くという映画なので、見えかたが違うのも今作の大きな特徴です。

男性30代
男性30代

戦争映画としては珍しく衛生兵が主人公。

負傷した兵士たちの手当や看病をしたりする絵面は地味かと思いきや、主人公は衛生兵として類まれな才能がありその描写も新鮮で戦争映画の新しい境地を垣間見ました。

戦争映画で味方たちがどんどんやられていく展開は辛いのなんの。

モブキャラではない主人公に親しい人物たちの命も勿論危機に晒されていき中には助けられなかった命も出てきて主人公の助けられたのに助けられなかった…という葛藤が伝わってきます。

アンドリュー・ガーフィールドの必死な目の演技が印象に残りました。

クライマックスで主人公はとてつもない偉業を成し遂げるんですがここは本当に凄くて口をあんぐり開けて見入ってしまう魅力があり最大の見どころです。

悲壮な中にも救いがあるラストで見応え十分でした。

男性50代
男性50代

メル・ギブソンが10年ぶりの監督作品の「ハクソーリッジ」です。太平洋戦争末期、沖縄本島に上陸したアメリカ軍が侵攻を続けた先に待ち受けていたのは断崖絶壁の前田高地。

別名「ハクソーリッジ」と呼ばれ、激戦を極めた沖縄戦で、多くの命を救った衛生兵デズモンド・ドスの実話に基づいて映画化された作品になります。

彼の「人を殺してはならない」という宗教的な信念から、軍法会議にかけられながらも戦地に行く事を許されて、武器を持たない衛生兵として沖縄へと出兵することになります。

そこで彼が見た戦況に愕然となりながらも、ハクソー・リッジでの負傷兵の救出作業を行い、一人、また一人と負傷者を助けて行くのであった。

ここで描かれる戦闘シーンでは、監督のこだわりでもあるCGを使わない実写撮影に徹しており、役者たちも爆炎に塗れながらも戦場での凄惨さがリアルに伝わってくる演技が胸を打ちます。

主演はアンドリュー・ガーフィールド、他サム・ワーシントン、ルーク・ブレイシーらが共演しています。

男性50代
男性50代

第二次世界大戦中に陸軍衛生兵として従軍した主人公デズモンドが、「人は殺さない・武器は手にしない」という自らの信念を貫き通す物語ですが、戦場ではデズモンドの目の前で仲間が次々と倒れて行き、敵兵も同じように倒されて行きます、その戦場でデズモンドは独りで傷ついた兵士を助け続けますが、終わりの見えない戦争の愚かさ、幸運にも生きて帰還するデズモンドですが、もし戦闘で命を失っていたら何も残らないであろう戦争での生と死の矛盾、結果として生きている事がすべてだと言うことを感じさせる作品です。

ストーリー展開もデズモンドが信念を持つようになった親子の関係性や、入隊後に軍隊で自分の信念を理解してもらう難しさなどもうまく描かれていますし、戦場でのリアルな殺戮シーンとデズモンドの救出劇は臨場感あふれるものになっています。

男性20代
男性20代

映画館で一回だけみましたが、強烈だったので今でも覚えてます。主演はアメイジングスパイダーマンの人だったので、かっこいいなと思いながら見てました。

一番ハラハラドキドキしたのは、主人公含め数人が逃げ遅れてしまい、主人公が死体を上にして隠れてるシーンだったと思います。日本兵が主人公めがけて剣で刺しましたが、ギリギリ当たらなくてホッとしました。

疑問に思った点は、主人公が日本兵を見逃すシーンがあったと思います。

確かに日本兵は傷を負って怯えてたので、戦う意思はなかったと思いますが背中を見せた瞬間襲われてたかもしれません。

少し優しすぎるんじゃないかなと思いました。

すこし話を逸らしますが「1917」の映画では仲間が敵を助けようとして歩み寄った時に刺されて死んでいます。

話を戻しますが私も日本人なので、日本人だから襲わないという先入観がありますが。

戦争では一切捨てるべきだと思っています。面白かったシーンは手榴弾をサッカーのように蹴り飛ばしたところです。

結果的に足だけ吹っ飛んで命は助かったのでよかったですが、リスクありすぎて突っ込みたくなりました。

1人で大勢の人を助けた勇気ある主人公に脱帽です。

【 まとめ 】

米軍と日本兵の戦いを実在の人物を通して作品にしている本作。戦地でどのようなことが行われ、どんなにたくさんの人たちが兵士として身を投じていたのか、心に刺さるものがある作品になっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました