ハロウィンおすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!
ハロウィンに是非見たい映画を紹介しています!

おすすめ映画はこちら

ドラえもん のび太の宇宙漂流記 無料動画配信(映画)フル視聴 9tsu kissanime gogoanime

ドラえもん のび太の宇宙漂流記 ドラえもん

(c) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 1999

【予告編】映画ドラえもんのび太の宇宙漂流記(1999)

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

映画『ドラえもん のび太の宇宙漂流記』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

映画『ドラえもん のび太の宇宙漂流記』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ✕ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  ✕ 933円 14日間 なし
  〇 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  ✕ 500円 30日間 なし
  ✕ 500円 31日間 なし
  ✕ 800円〜 なし なし

映画『ドラえもん のび太の宇宙漂流記』を公式動画配信サイトを視聴する方法

2020年10月現在、映画『ドラえもん のび太の宇宙漂流記』のDVDレンタルや動画配信が視聴できるのはTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASのみです。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

映画『ドラえもん のび太の宇宙漂流記』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

映画『ドラえもん のび太の宇宙漂流記』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

映画『ドラえもん のび太の宇宙漂流記』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

映画『ドラえもん のび太の宇宙漂流記』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

ドラえもん映画シリーズで第20作品に当たります。

あらすじ

・仮想宇宙でスタークラッシュゲーム
のび太達はひみつ道具を使い仮想空間で戦闘ゲームをしていた。

のび太がスネ夫に張り合い始まったのだがのび太側のチームは負けてしまう。

その後トラブルが起きるも残ったジャイアン達がスタークラッシュゲームで遊んでいる最中にドラえもんはスタークラッシュゲームの箱が捨てられたことに気付いた。

ジャイアン達は仮想空間から帰ってきておらず、ドラえもんは過去をおくれカメラで確認して箱を探し始める。

のび太達がおくれカメラで追いかけた先でUFOに持っていかれたことは分かり、そこでのび太は珍しい石を手に入れていた。

・銀河漂流船団

のび太達が探しているUFOにはリアンという少年に妖精のフレイヤ、岩男ゴロゴロが乗っている。

彼らは地球を自分たちの自由先として理想だと認め母船に伝えようとワープするのだがそこでトラブルが起き、その結果ジャイアン達はゲームから出ることになる。

ドラえもん達は宇宙救命ボートが不調になったこともあり宇宙船に乗り移り、ジャイアン達と再会するのだがリアン達からは宇宙船に勝手に乗りこんだとして投獄されてしまった。

監禁されたまま知らない星に着陸するのだがどこでもドアで戻ることが出来ると理解していた彼らは星を見てから帰ろうということで宇宙船から外に出た。

そこで巨大な蜘蛛に遭遇し、金属の蜘蛛を追い払ったことからリアンは彼らを仲間だと認めドラえもん達の話を聞く姿勢を持ち始める。

そうして地球に帰るのを手伝ってあげたいと考えていても宇宙船は壊れており、まずは銀河漂流船団を目指すことにした。

ネタバレ

銀河漂流船団とはリアン達の母艦でありそれらは星をなくした人々で構成されているのだった。

一方で独立軍という悪い存在がリアンの船にスパイを仕込み、地球を手に入れようと考えている。

ワープ装置が直らないまま少しずつ移動し、また不時着した彼らはそこを地球だと思い込むほどに地球のような世界だった。

しかし異変に気付いたのび太はポケットの意思を触り、幻覚を見せられていたという現実に気付く。

リアンはそれを誘惑の星と話、その後出発するのだがエネルギーが吸われているせいで進めなかった。

そこを独立軍が助け、彼らが地球征服を考えているとわかりそれと同時に妖精のフレイヤがスパイだと発覚する。

ドラえもんの道具で脱出する際にリアンは裏切っていたはずのフレイヤもつれていく。

評議会で話をして神様と呼ばれる樹に向かうことになりリアンはそこで亡き母の幻に独立軍のリーダーであり父でもあるリーベルト司令官を操っているアンゴルモアを倒すように伝える。

その後に独立軍は銀河漂流船団への攻撃を始め、ドラえもん達も含め迎撃を始める。

リアンは一度アンゴルモアに洗脳されそうになるも我に返り、リーベルトはアンゴルモアに息子の射殺を指示されたのだが彼は超能力を破り、アンゴルモアを射殺した。

巨大隕石との衝突危機などもあったがそれぞれ正気に戻り、リアン達は旅をつづけることを決め地球にドラえもん達を送るのだった。

\ 本編をチェック! 

映画『ドラえもん』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

登場人物紹介

ドラえもん  (大山のぶ代)

のび太    (小原乃梨子)

しずか    (野村道子)

ジャイアン  (たてかべ和也)

スネ夫    (肝付兼太)

のび太ママ  (千々松幸子)

のび太パパ  (中庸助)

先生     (田中亮一)

リアン    (白石冬美)

ログ     (野沢雅子)

フレイヤ   (荘真由美)

ゴロゴロ   (玄田哲章)

リーベルト司令官(有本欽隆)

アンゴルモア (内海賢二)

Twitterでの反応

https://twitter.com/yochan_DJ/status/899964062800289795

こんな人にオススメ

・ドラえもん映画が好きな人。

・アニメや漫画版のドラえもんしか見たことがない人。

今作は映画20周年記念でのび太の結婚前夜と同時上映になる作品です。

のび太が頭脳面で活躍するシーンもあり、記念なだけあって過去作が並ぶエンドになるので思い出を堀り返すという意味でも視聴することをお勧めします。

感想

感想はここから見れます
女性30代
女性30代

『ドラえもん のび太の宇宙漂流記』、一番印象的なのはアンゴルモアとの対決のシーン。

やっつけたと思いきや再びの対面にドキドキするとともにモアの正体や最後がとても印象的。

全体を通してアンゴルモアや眩惑の星での生命体などドラえもんにしては珍しく怖い、印象が悪いキャラクターが出てきたなというイメージでとても印象に残っている気がします。

それでいて憎めない、かわいそうなキャラクター設定なのかもと大人になってからは思います。
例にもれず、キャラクターが個性的。

「ビビ」という語尾が可愛いロボットに「ゴロゴロ」としか話せない生物。

人間以外の生物やロボットが特に可愛らしかった印象でその語尾や話す仕草がすぐに思い出されます。

ダメなことや良いことなど、子供に伝えたいことがぎゅっと詰まってすごくまとまったストーリー。

それでいて家族愛も組み込まれていてほっこりする。
ストーリー展開はとてもスピード感があってリズムよく進んでいき飽きない。

宇宙という未知の空間でのストーリーに次の展開が気になるわくわく感がよかった。

ドラえもんといえば少し泣ける部分のある感動的なものが多いが、これは本当に冒険的な内容でそれもまたよかった。

印象的なのはアンゴルモア線ですが、一番わくわく楽しめる部分はその少し前。

スパイの存在や眩惑の星がとてもよかった。

女性30代
女性30代

ジャイアンとスネ夫のドラえもーんから始まるという貴重な回です。

まあ、のび太で始まった方がらしくてすきですが、たまには外しをしたかったのでしょう。

原作はないそうですが、のび太の無重力でのジュースの飲み方とか、原作短編にありました。

あと、最初の宇宙ゲームみたいなのも、短編で読んだなあなんて思います。

ドラえもんはいろんなところで連載とかしていて似たような話がよくあるけど、それでもおもしろいからすごいなと思います。

お話は宇宙船にさらわれちゃったジャイアンたちをのび太たちが追いかけるって話でした。

その宇宙船に乗っているクルーたちが、のび太たちの味方になるみたいなことでしたが、なんか最初の方は偉そうな感じでした。

また、ドラえもんって凄くない?ってなってて、宇宙船があるような星でも、ドラえもんは不思議なんだなとちよっとびっくりです。

そうか、かなり地球の未来の技術はすごいんですね。

そのクルーたちのなかに、裏切り者がいるという設定は今までになく、珍しかったです。

ドラえもんである必要はあまりない話のような気はしますが、話としておもしろかったと思います。

宇宙を舞台にした話はよく作られているけど、やはりロマンがあって楽しいです。

ちょっとホラーテイストのところもあっていいなと思いました。

女性30代
女性30代

最初に宇宙ゲームをして、でもそのあと、本当の宇宙船にさらわれちゃって、ゲームの続きかとジャイアンらが勘違いするというのが、よくある設定だけど面白いなと思いました。

宇宙での戦いは何処かスターウォーズぽくて、そこにヒミツ道具がどのように関わるのかなとワクワクしました。

やっぱり、宇宙ものってロマンがあります。

いいですね。いろんな星が出てきたし、宇宙船のごちゃごちゃ感も好きです。

今回のゲストキャラは最初ドラえもんたちを敵と認識していたし、ちょっと生意気ぽいところがあったかなと思います。

でも、ゲストキャラに仲間がたくさんいるのも珍しいし、ゲームのパーティみたいで、おもしろいです。

そこに裏切り者がいたのも新鮮でした。

あと、幻覚の木とかホラーちっくな演出が多くて、他のドラえもん作品と違うところが多かったかなと思いました。

ドラえもんの映画って宇宙が舞台のものも多いですが、それもちょっとずつ違っていてすごいなと思います。

でも、ちょっと下品な表現が多かったかなと感じました。

おならとか子どもは大好きだし、絶対使うなとは言わないけど、ちょっと気になりました。

この映画はドラえもん映画20周年だったらしく、エンディング映像が今までの映画の振り返りでとても素晴らしかったです。

女性30代
女性30代

この映画は、1999年公開というのもあり「世紀末」を意識している演出を感じます。
例えば、敵役で「アンゴルモア」が出てくるところです。ノストラダムスの大予言に出てくる1999年に地球を滅亡させる大王です。当時話題になっていたのを覚えています。黒幕らしい立ち回りをして、ハラハラドキドキしました。
また、中盤あたりに出てくる眩惑の星がとても怖かったです。もし目覚めなかったらどうなっているのだろうかと、小学生のころは本気で考えたくらいリアルな演出でした。
印象的なゲストキャラクターとしては、フレイヤとゴロゴロです。まず、フレイヤですがかわいらしい見た目でどこからどう見てもリアンの仲間なのに、実はスパイだった(終盤で再度仲間になる)というのが驚きました。また、しずかちゃんにお風呂を勧めるシーンが心に残っています。大きな水の塊がフワフワと落ちてきて、その水の中では呼吸ができるのがいいと思いました。あのお風呂を一度でいいから体験してみたいと。次に、ゴロゴロが何故印象的かというと彼は終始「ゴロゴロ」としか言葉を発しなかったからです。ゴロゴロに似た同種族の人物は普通に会話していたので、余計ゴロゴロがしゃべらないのか今でも気になります。声を玄田哲章さんが演じているので、会話シーンが聞きたかったです。
注目ポイントとしては、ゲストキャラクターのログという宇宙少年騎士団所属のロボットです。かわいらしいキャラクターで、野沢雅子さんが演じているのでぜひ注目してみてほしいです。

まとめ

20周年記念でドラえもん映画同時上映されたこともあり、昔のこととはいえ記憶に残っている人も珍しくないのではないでしょうか。

ドラえもん映画を見返すきっかけとして、のび太の結婚前夜と合わせて是非ご視聴してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました