おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【カリフォルニア・ダウン】動画を無料で(映画2015)フル配信・視聴する方法

カリフォルニア・ダウン 洋画

(C)2014 VILLAGE ROADHSOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

2015年にアメリカで公開されたパニック映画。

当初、日本では2015年の5月30日の公開を予定されていたが、一旦延期され2015年の9月12日に公開された。

東日本大震災の影響もあり、宣伝のポスターや予告編などには、地震や津波の映像について注意喚起が表記されていた。

映画『カリフォルニア・ダウン』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『カリフォルニア・ダウン』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

映画『カリフォルニア・ダウン』予告編
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、他の『ドウェイン・ジョンソン』出演の作品をお楽しみいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

他の「ドウェイン・ジョンソン」出演作品もお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

「ドウェイン・ジョンソン」出演作品 U-NEXT hulu
カリフォルニア・ダウン 視聴 ▶ 視聴 ▶
ワイルド・スピード MEGA MAX 視聴 ▶ 視聴 ▶
ワイルド・スピード ICE BREAK 視聴 ▶ 視聴 ▶
ワイルド・スピード SKY MISSION 視聴 ▶ 視聴 ▶
ワイルド スピード スーパーコンボ 視聴 ▶ 視聴 ▶
ジュマンジ ネクストレベル 視聴 ▶ 視聴 ▶

映画『カリフォルニア・ダウン』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・大地震の前兆

ロサンゼルスの消防局でレスキュー隊として勤務するレイは、日々人命救助に励んでいた。

一方、カリフォルニアのある大学では地震学の講義がされていた。

教授のローレンスは日本で起こった東日本大震災を例に挙げ、それ以上の大きな地震がいつ起きてもおかしくないと指摘していた。

講義の中以外でも、地震の研究を続けていたローレンスン教授。

仲間と一緒に地震の震源地に向かい大地震に遭遇してしまい、仲間を失ってしまう。

そのころ、レイには別居中の妻・エマから離婚届が郵送されてきていた。

かつてエマと二人の娘と幸せに暮らしていたレイは、娘のマロリーを川の事故で無くしたことで家族と距離をとるようになってしまっていた。

もう一人の娘のブレイクとは仲がよかったものの、エマとの距離が縮まる事はなかったのだ。

大学生になったブレイクがサンフランシスコの大学に戻るという日。

ブレイクは母の新恋人であるダニエルに空港まで送ってもらうことになっていた。

ダニエルは、ブレイクを一度自分の経営する会社まで連れていく。

そのころ、無事に戻ってきていたローレンス教授は、大規模な地震が起こることを必死に伝えていた。

そして、カリフォルニアとサンフランシスコは特にきけんであることから、非難を訴えつづけた。

そして、ついにロサンゼルスで大地震が発生する。

・大地震発生

ロサンゼルスにいたエマは、突然の大地震とパニックになっている人たちに呆然としながらも、レイに連絡をとる。

レイの誘導で高層ビルの屋上へと向かったエマは、レイの救助ヘリに何とか救出してもらう。

サンフランシスコにいたブレイクはダニエルと一緒に車に乗っていた。

しかしサンフランシスコでも地震が発生し、身の危険を感じたダニエルはブレイクを残して一人で逃げてしまう。

一人になってしまったブレイクだったが、ベンとオリー兄弟に助けられ何とかレイに連絡をとる。

救助ヘリで、ブレイクの救助に向かうレイとエマだったが、途中ヘリが走行不能になり車でブレイクのいるサンフランシスコへと向かう。

しかし、移動の途中から道路が割れていて先に進むことができなくなっていた。

【 ネタバレ 】

・ブレイクの救出

足止めをくらってしまった二人の近くに同じように困っていた老夫婦がいた。

レイとエマがその老夫婦を車で送ってあげると、偶然にも老夫婦の夫がジェット機の会社を経営しておりセスナ機を貸してくれたのだった。

セスナ機で移動したのは良かったが、着陸するための空港も崩壊し町のあちこちでは火の手が上がっていた。

仕方なくレイとエマはパラシュートで着地する。

そこへまた大きな地震が町を襲い、海水が引き始めている姿を見たレイは津大きな波が来ると気づく。

二人が急いでモーターボートで沖へと向かった瞬間、巨大な波が町を襲った。

そのころベンとオリーと一緒に3人で避難していたブレイクは、何とか津波に耐えていた。

両親が乗っているモーターボートを見つけたブレイクは必死に合図する。

しかしブレイクは押し寄せる波に飲まれ一時溺死してしまう。

オリーが持っていたレーザーポインターで、合図したことでレイとエマが気づき、危機一髪の所で3人は救出される。

レイは溺死してしまったブレイクに必死で心臓マッサージを施し、なんとかブレイクが蘇生する。

沿岸部では、群の救出活動が始まった。

ローレンス教授が必死に避難を呼びかけたことで、人々の命の被害は最小限にくいとめられた。

そしてまったく違う姿へと変わってしまったカリフォルニアを再建するべく人々は奮闘するのだった。

【 登場人物紹介 】

レイ (ドウェイン・ジョンソン/楠大典)

エマ (カーラ・グギノ/魏涼子)

ブレイク (アレクサンダラ・ダダリオ/浅野真澄)

ローレンス (ポール・ジアマッティ/田中完)

ベン (ヒューゴ・ジョンストーン=バート)

オリー (アート・パーキンソン/福圓美里)

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

家族で見たい人

仲間同士で見たい人

カップルで見たい人

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

女性30代
女性30代

わたしは、この主演の俳優さんのことが大好きで、出演されている作品はほぼ全て観ていますし、予告編を観てとても面白そうだったので、何回も拝見しました。

まず、この映画の始まりのシーンから迫力がすごかったです!若い女の子が乗っている車ごと崖から転落し、落ちるギリギリのラインのところで止まってしまいます。

それを、主人公のロサンゼルスの消防局に勤めるレスキュー隊のレイがカッコよくロープで下降して、女性をピンチから助け出します。

この映画の面白いところは大迫力の映像やハラハラドキドキな映像だけではなくて、大規模な地震をきっかけに、危うかった家族との絆を取り戻す心のとても温まるエピソードも入っていて、とても楽しめます。

主演の娘の恋愛話もあり、たくさんのストーリーが一度に楽しめるそんな作品だと思います。

 

感想はここから見れます

 

男性50代
男性50代

あまり地震が発生しない(なじみのない国)カリフォルニアを巨大な地震が襲うというシナリオ。

つまり地震映画。

どこか日本の地震をモデルにしているような雰囲気に仕上がっています。

それは3.11の震災のプレート断層崩れ地震が根底にあるような感じです。

当映画もカリフォルニア「サンアンドレアス断層」の横ずれが原因で大地震を巻き起こします。

異常な予兆,余波などはが前提にあり、巨大地震につながるなど、日本の地震に似ています。

巨大地震でロサンゼルス、サンフランシスコなどを破壊、高層ビル群、ゴールデンゲートブリッジなども崩壊します。

この様な自然現象をモチーフにした映画はハリケーンであったり、竜巻であったり、火山噴火であったりと、海外映画には多くみられます。

そして、極めつけは、「大津波」です。この大津波を表現したかったのではないかと思うくらい日本の自然現象を題材にしているようにかんじました。

当映画はこのさなかの上空での特殊任務につく消防庁ヘリコプタ・レスキュー部隊の凄腕パイロットによる救援劇です。

地震によるパニック映画は、映像が如何にリアルであり、迫力があるかできまります。

そういう意味では質は良くできていると思います(少しやりすぎの様な気も)

女性20代
女性20代

冒頭からダムで地震が発生し、教授一人が亡くなってしまったので、展開が早いなと思っていましたがそのあとはゆっくり進んでいったので、展開が早いなと感じました。

レイがムキムキマッチョを活かしてヘリを操縦するシーンやエマをヘリに引き上げるシーンはとてもカッコ良かったです。

カリフォルニアが断層のズレによって地震や津波が発生し、多くの人が逃げたり亡くなっていく様子が描かれていましたが、映画とは思えないぐらいリアリティーがあり、日本は地震大国なのでより怖さがありました。

終わり良ければ全て良しではないですが、レイやエマ、ブレイク三人が地震によって再び家族としてスタートできたのは良かったなと感じました。

家族愛や防災がいかに大切なのかを改めて考えさせられました。

男性40代
男性40代

映画『カリフォルニア・ダウン』の見どころは、何と言っても主人公のレイが娘を助けるためにヘリコプターや車、セスナ、船を使ってロサンゼルスからサンフランシスコまで救助に行くところです。

巨大地震という災害に見舞われ、大都市が壊滅する中、娘の為に必死になって助けに行こうとする父親レイの姿に感動しました。

レスキュー隊員だからこそ出来た行動だと思います。

日本人だったら家族よりも身近にいる人を助けることを優先するだろうなと思ってしまいました。

東日本大震災の揺れを経験しているので、あんな状況下でも子供の為に駆け付ける行動力は凄いなと見ていて思いました。

実際に自分が同じ立場だったらと思うと同じ事は出来ないなと思います。

それにしても地震のシーンやビルが倒壊するシーンなど、かなりリアルで驚きました。

男性30代
男性30代

ロック様の魅力が全面に押しでている災害パニックアクションです。

映像的にはデイ・アフター・トゥモローに近いですがメインは吹雪ではなく津波。

お父さんは娘を助けるために危険の中カリフォルニアに向かうというストーリーです。

ロック様は人間離れしているというわけではなく消防士で他の人よりは鍛えられているという設定なのでアクションも現実的。

災害により半ばダンジョンとかしたビル。

もう津波で水に飲まれ娘は水中にいて心肺停止、ロック様が渾身の力を振り絞り娘を助け、ボートの上で心肺蘇生を諦めずに何度もする光景は涙なしでは見られません。

感情移入してしまい見ているこちら側も目覚めてくれ!と映画を見ながら強く思わせるくらいのロック様並びに家族たちの演技は素晴らしいです。

災害と家族愛をテーマにした映画では5本の指に入る傑作ですね。

女性30代
女性30代

ドウェイン・ジョンソンが好きなので、楽しく見れました。やはり、ロック様にできないことはない、ヒーローです。

今回、彼が挑むのは大災害で、地震大国日本に住む身で見ると、とても怖かったです。

いや、そんなことありうる?と思わなくもありませんでしたが、何が起きるか分からないのが災害です。

日々、訓練しないとなあと思いました。

ロック様演じるレイは、レスキュー隊員なのですから、ほんとのこというと、家族ばかり助けにいって、任務はどうした?と思いました。

でも、災害時、そりゃあ、家族が気になりますよね。

家族たちにも頼りにされてますし、そりゃあ向かいますよ。

普通なら、もう無理だと言う場面でもロック様ならどうにかなるとワクワクして見れました。

家族愛も、すれ違いや気持ちを隠していたことが原因であり、ほんとは愛し合ってた家族というのがわかり、とてもよかったです。

女性40代
女性40代

『カリフォルニア・ダウン』は出来るレスキュー隊員のレイが、カリフォルニア州の巨大地震において災害の当事者になってしまう映画でした。

序盤事故で崖に落ちて絶壁に張り付いてる女性を、通常なら無理だが裏技で救出する展開とそれを取材していてインタビューとかでキリッとしていて腕危機感がある感じになっていました。

大地震は30分くらいして発生するのですが、その規模が尋常じゃないと言うか建物が地震に弱いにも程があると思ったのですが、舞台はアメリカなので日本のそれとはそもそも違うのでこんなものでしょうか。

コミックのいぬやしきで獅子神皓が東京で多量殺害やら飛行機を墜落させるやらで阿鼻叫喚になるのと、それに巻き込まれている娘を助けようとする犬屋敷のエピソードに近い印象ですね。

終盤で助けに行ったが娘の心臓が止まってしまっていて、心臓マッサージする所も共通性を感じました。

この映画はレビューでは主人公レイが自己中すぎる系のがなんか多いのですが、個人的にはむしろレイの職場がいつも出来るレイなのでこういう時ぐらいはレイを応援しているのでレスキューの仕事にしては大分ホワイトなんだなという印象でした。

しかし最初の地震のシーンよりも、それによる津波の方が生々しいですね。

その中でも地震で逃げている老夫婦が津波を見て、絶望して抱きしめ合うシーンがなんとも言えないものでした。

アメリカ映画だから、娘は生き返るオチだろうなと思いながら見ていたら思った通りだったので安心しました。

【 まとめ 】

異常気象は世界で発生しているこんな時代だからこそ、改めて視聴したい映画になっている。命の危険を感じながらも、家族や仲間を守るため生き抜く主人公の姿に勇気と希望をもらえる作品になっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました