ハロウィンおすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!
ハロウィンに是非見たい映画を紹介しています!

おすすめ映画はこちら

ドラえもん のび太の南海大冒険 無料動画配信(映画)フル視聴 9tsu kissanime anitube

ドラえもん のび太の南海大冒険 ドラえもん

(c) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 1998

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

映画『ドラえもん のび太の南海大冒険』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

映画『ドラえもん のび太の南海大冒険』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ✕ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  ✕ 933円 14日間 なし
  〇 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  ✕ 500円 30日間 なし
  ✕ 500円 31日間 なし
  ✕ 800円〜 なし なし

映画『ドラえもん のび太の南海大冒険』を公式動画配信サイトを視聴する方法

2020年10月現在、映画『ドラえもん のび太の南海大冒険』のDVDレンタルや動画配信が視聴できるのはTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASのみです。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

映画『ドラえもん のび太の南海大冒険』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

映画『ドラえもん のび太の南海大冒険』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

映画『ドラえもん のび太の南海大冒険』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

映画『ドラえもん のび太の南海大冒険』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

ドラえもんシリーズで映画作品として15番目に当たる作品です。

あらすじ

・カリブ海の宝島
ある海賊船のメンバーが宝を目指してジャングルを抜け危険を承知で財宝を発見したのだがそこで現れた龍により水に飲み込まれてしまう。

唯一生き残ったジャックという少年は父に海賊船と全てを失うのだった。

図書館に集まっていたのび太達、彼らはグループ研究をしようとそれぞれで本を調べる。

のび太は宝島という本の物語を気に入り、それをもってドラえもんのところへ向かった。

その後ニュースで宝島の話が流れのび太はドラえもんの力を借りて探し始めた。

のび太は見事発見しカリブ海だと判明するとそこに向かおうとするドラえもんを制止してしずかちゃんを誘い冒険を楽しむ。

ドラえもんが出した適度な嵐と共に船旅をするのび太は海賊船を見つけるがドラえもんには信用を得られなかった。

・カリブ海の海賊
のび太は再度カリブ海に行く際にはジャイアン達も連れて行くのだが船の調子が悪くなり、無人島で修理する。

その際にのび太はまた海賊船を見るも船は消えてしまい、のび太はそれをほうこくしたが幻扱いを受けた。

翌日に伝説復元機で楽しんでいるとき、化け物が現れ逃げようとした彼らはタイムスリップして海賊船を目の当たりにする。

流されるのび太を救おうとしたジャイアンだったがのび太を救えずに彼はそのまま流されてしまう。

ドラえもん達は戦闘中の海賊船で目を覚まし、ある少女ベティが窮地にあるところをジャイアンが助ける。

ドラえもんはポケットを失っているうえ会話が出来ないため困っていたところ海賊の一員が回収したひみつ道具を渡し、その中にあったほんやくコンニャクで会話をする。

のび太や海族達の仲間がいなくなっていて、地図の島に彼らが辿り着いているかもと考え向かうとのび太は実際にそこに漂着していた。

ネタバレ

のび太はジャックという少年と出会い、そこで言葉が通じないなりに生活をしていた。

のび太はジャックが一人で島生活をこなしていることに感心しつつ、果実を見つけたときにそれを罠だと気付かずに取ろうとして襲われたが無事逃げ切った。

その翌日にドラえもん達が到着し、彼らはのび太に連絡しようと目じるしを作るのだが彼はみんなが海賊に捕まっていると勘違いしピンクのいるかのルフィンの力を借りて移動する。

ドラえもん達は宝を目指し進むのだが、22世紀のアドベンチャーゲームに酷似していると気付いたドラえもんは時間犯罪者が関わっていると言うが宝の手前で水流に流され捕まってしまう。

のび太達も捕まってしまい、彼らは半魚人が働かされる地下で再会することになる。

時間犯罪者はドラえもんの予想通り存在していて、ミスターキャッシュという犯罪者は改造生物を作ろうとしていた。

それに加え、実際の宝は奴隷として働かせる存在を手に入れるためのトラップだったのだ

そして一部の海賊船のメンバーは半魚人がそういう姿をしているのではなく奴隷のスーツが半魚人のものだと気付き、救出する。

改造されようとしているルフィンをのび太が救い、改造生物に襲われながらもタイムパトロールに報告しようとしたがバリアーのせいで彼らは連絡できず困った。

テレパシーで会話が出来るルフィンがバリアーの解除を指南し、やってきたイルカの仲間とタイムパトロールにキャッシュは逮捕される。

ルフィンは実はタイムパトロールのメンバーだったことが発覚しのび太達はお礼を受け、その後海賊達と別れて現代に戻るのだった。

\ 本編をチェック! 

映画『ドラえもん』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

登場人物紹介

ドラえもん  (大山のぶ代)

のび太    (小原乃梨子)

しずか    (野村道子)

ジャイアン  (たてかべ和也)

スネ夫    (肝付兼太)

のび太ママ  (千々松幸子)

のび太パパ  (中庸助)

ジャック   (マッハ文朱)

ベティ    (早見優)

ルフィン   (麻上洋子)

キャプテンキッド(江守徹)

ゴンザレス  (林家木久蔵 現林家木久扇)

パンチョ   (林家こぶ平 現9代目林家正蔵)

キャプテンコルト(阪脩)

Twitterでの反応

 

こんな人にオススメ

・ドラえもん映画が好きな人。

・アニメや漫画版のドラえもんしか見たことがない人。

今作では海賊と宝という様々な媒体で見るテーマが取り扱われています。

小説がモチーフとなっておりそれは作中でも分かるようになっていて、スティーヴンソンの小説が好きな人にも是非お勧めしたいです。

感想

感想はここから見れます
女性30代
女性30代

この映画は声優さんではない人を多く使っていましたが、江守徹さんの声がキャラクターにとても合っていて、格好良かったです。

ベティは唯一ジャイアンの歌声を評価していたので、そこは新鮮で面白かったです。

いつも迷惑をかけたり、その歌声で敵を倒したりというだけでなく、評価されている点に好感を抱きました。

割と定番の未来人の時間犯罪者が悪役でしたが、自分もリバイアサンに飲み込まれてしまうなど間が抜けていて怖いキャラクターではなく、悪気なく悪いことをするやつなんだと思いました。

そこでドラえもんに命乞いしているのに「無理ですね」と吐き捨てられるところが好きなシーンです。

のび太くんが流されて行って、そこで言葉の通じないジャックとすぐに打ち解けて生活しているところが微笑ましく、かわいく感じました。冒険はしていてピンチになったりもするのですが、ゆったりと観ることができる緩急のバランスがとても良い作品だと思います。

改造動物たちも人間の勝手で合成させられているのですが、キャラクター自体はかわいくてファンタジーのような世界観でした。

中でもトラゾウに襲われそうになった時、お尻印のキビ団子を食べさせて、お尻を押さえて逃げていくシーンは面白かったです。

女性30代
女性30代

のび太が宝探しに憧れて、海賊ごっこみたいなことをしていると、ほんとの海賊たちに出会ったみたいな話です。

なんか短編で会った話っぽい気がします。のび太が図書館で宝島を読んで始まる物語で、のび太って本を読むんだって不思議でした。

でも、ハマればハマるんですね、のび太君って。

ただの怠け者ではありません。

でもすぐに調子にのるところもあって、普通に航海していたらつまらないなあみたいな、ほんとおバカさんです。

そういうところが好きです。

また、今回ジャイアンがもてていましたが、ジャイアンを好きといった子はセンスあると思いました。

強いし、情にあついし、結構いい奴だと思います、ジャイアンは。

今回、冒険要素が多くて、深い話ではなかった気がしますが、おもしろかったです。

ドラえもんがポケットを無くすのはデフォで、またまた無くして、流れ着いた少しの道具でどうにかします。

またこの展開かとも思いますが、そうしないとなんでもできちゃうから仕方ないですね。

こういうとき、あまり役に立たなさそうなものが流れ着くけど、実は役に立つってのがおもしろいです。

海賊ものはその後も作られますが、私はこっちのほうが好きかなと思います。

イルカもかわいかったです。

女性30代
女性30代

宝探しに憧れたのび太がドラえもんのひみつ道具の「宝さがし地図」で宝島を一発で見つけるところから始まります。
この作品も、ドラえもんのひみつ道具がほどんど使えない状態(ひみつ道具が7個だけしか残らない)での冒険を強いられます。

いかにひみつ道具が強いのかとてもよくわかる映画だと思いました。また、のび太がドラえもんたちとはぐれてしまうところも珍しいパターンです。

ピンク色のイルカに助けられ、無人島に到着したのび太はジャックという少年に出会います。

そのジャックがカメレオンのような怪物に襲われるシーンがあるのですが、のび太が怪物の舌を掴んで木にグルグル巻きつけてジャックを助けるシーンは印象的でした。

映画版のび太はかっこいいことが多いですが、このシーンは特に頼もしく見えます。
また、ジャックの姉のベティもとても魅力的なキャラクターです。ジャイアンの歌にドラえもんの道具の影響なしで聞きほれるのは正直言ってすごいなと思います。

ジャイアンが歌っているとき、1人だけウットリした表情で聞き入っている姿は面白いですね。

荒っぽい性格ですが、しずかちゃんがお風呂に困った時に力を課すのシーンも彼女の優しさがとてもわかる場面です。
敵キャラクターのゴンザレスを林家木久扇さん、パンチョを林家正蔵さんが演じているのも注目してほしいです。

女性20代
女性20代

作品のストーリがかなり凝って作られていて、世界観に入り込みました。1つの小説から物語は始まります。

今回の大きなテーマは「冒険」「宝島」ですが、一見よくあるテーマなのですが、その中にも人間ドラマがあり、観ていてとても面白かったです。

また、大きなアクションシーンや、わかりやすい冒険ものが描かれているので、かなり小さいお子様でも、楽しんでいただけるかと思います。個人的には、海が舞台となっているこの作品は、他のドラえもん映画作品の中でも、色彩が美しく、目で楽しむアートのように感じました。映画内に使用されている絵がとても美しいので、そのあたりも注目して観て頂きたいです。
ストーリーも良く、絵も美しいので、個人的にはカットの時間などをもう少し、画を楽しめるようにしても良いかなと言う思いはありました。ドラえもん映画作品の中でも、上位に出る人気作品な理由は良くわかります。

些細なところでドラえもんやのびたが言う言葉に大人ながらハッとさせられる事もありますので、ぜひ大人の方にも観て頂きたい作品です。
見どころはズバリ、絵の美しさと巧妙に創られたストーリーです。
駒かなセリフにも注目して観て頂けると、より楽しめるのではないかと思います。

まとめ

 

今作では珍しくジャイアンの歌を評価する人物が現れます。

ベティという女性キャラで彼女はジャイアンを海賊に誘うなど変わったキャラクターとなっておりドラえもんではあまり見ない流れなのでファンなら視聴することをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました