おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【ファインディングドリー】動画を無料(映画)フル配信で視聴

ファインディング・ドリー アニメ映画

(C) 2016/Disney

『ファインディング・ドリー』は2016年に公開されたピクサーとディズニーが共同制作したアメリカの映画です。

「ファインディング・ドリー」日本語吹替版予告編

映画『ファインディング・ドリー』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『ファインディング・ドリー』の動画は無料お試し期間を利用すれば『TUTAYA DISCAS』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、TSUTAYA TV/DISCAS』です。

TSUTAYA TV/DISCASのサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/DISCASの記事

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『ディズニー』の歴代作品紹介

ディズニー 作品 U-NEXT TSUTAYA TV/DISCAS hulu
ファインディング・ドリー
メリダとおそろしの森
モアナと伝説の海
ホーンテッドマンション
ファンタジア2000
アトランティス/失われた帝国
アナと雪の女王
ベイマックス
トレジャー・プラネット
塔の上のラプンツェル
マレフィセント2
ズートピア
モンスターズ・ユニバーシティ
モンスターズ・インク
チキン・リトル
シュガーラッシュ:オンライン
シュガーラッシュ
トイストーリー・オブー・テラー!
ラ・ラ・ランド
ナイトメア・ビフォア・クリスマス
アリス・イン・ワンダーランド
マレフィセント
ダイナソー
ラマになった王様
ブラザーベア
くまのプーさん
プリンセスと魔法のキス
ボルト
トイストーリー1
トイストーリー2
トイストーリー3
トイストーリー4
美女と野獣
アラジン
ライオンキング
リメンバーミー

劇場版『ファインディング・ドリー』は、TSUTAYA TV/DISCASで視聴可能です。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

映画『ファインディング・ドリー』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』のお試しはこちら

>>期間中の解約は違約金は発生しません!

あらすじ

・前回の冒険から一年後

カクレクマノミのマーリンが息子・ニモを探すために広大な海を旅したあの冒険から一年後、マーリン、ニモ、ドリーは平和に仲良く暮らしていました。

そんなある日、ドリーは激流に巻き込まれたのをきっかけに自分には両親がいたこととカリフォルニアのモロ・ベイの宝石というキーワードを思い出します。

相変わらずすさまじい物忘れをするドリーは、今の今まで両親の存在を忘れていたのです。

幼き頃に両親とはぐれたドリーは思い出せずにそのまま成長し、そして一年前のあの日マーリンと出会ったのでした。

両親に会いたくなったドリーは、両親を探すためにマーリンやニモと共に再び大海原を旅することに決めました。

・両親を探す旅へ

前回の冒険でニモを探すために一役買ったカメのクラッシュにドリーたちはカリフォルニアのモロ・ベイまで連れてきてもらいました。

そこに連れてきたもらったドリーはその光景に見覚えがあります。

そして両親を探すために、ひたすら大声で思い出した両親の名前を呼び続けました。

しかしそんなドリーの行動は巨大なイカを呼び起こす羽目になってしまい、ニモを危険な目にさらしてしまいます。

そのことに思わずマーリンはドリーに苦言を言ってしまうのでした。

ニモを助けるために助けを呼びに行ったドリーは海面まで上昇したところ、人間にさらわれてしまいます。

・海洋生物研究所

海洋生物研究所の施設内の水槽に放たれたドリーは何やらタグをつけられました。

何が起こったのか分からないドリーの前に水槽の中から脱走したタコ・ハンクと出会います。

ハンクは海に帰されるのを嫌がっており、ドリーのつけているタグを欲していました。

ドリーのつけているタグは水族館に送られる印のようで、それをつけていると海に帰されずに済むのです。

ハンクの話でドリーは自分が探し求めた両親のいる場所、カリフォルニア・モロ・ベイの宝石がその海洋生物研究所のことを指すことに気がつきました。

ドリーはタグを渡すことを条件にハンクに目当ての場所へ連れていくよう約束を取り付けます。

・オープンオーシャン

ハンクと共に両親探しを始めたドリーは途中、ジンベイザメのデスティニーに出会います。

デスティニーはドリーの旧友でした。

そのデスティニーにドリーがかつて棲んでいたのが、オープンオーシャンという場所だということを教えてもらいました。

ハンクと協力してオープンオーシャンを目指しますが、途中様々なトラブルに見舞われます。

しかしドリーはハンクの力を借りながら、なんとかオープンオーシャンにたどり着いたのでした。

ドリーはオープンオーシャンの中のかつて自分が幼き頃に暮らしていた場所を見つけますが、そこに両親の姿はありません。

両親の姿を探すドリーにカニたちが話しかけてきました。

カニたちが言うことには両親たちだけでなく、ナンヨウハギ全員が別の場所へ移されたというのです。

ドリーは慌ててその場所を目指すのでした。

・到達

ドリーは両親たちのいるであろう場所を目指す途中、はぐれていたマーリンやニモと再会します。

三匹は再会を喜び合いました。

そして三匹は共に目的地へ向かいます。

目的地へ到着すると、そこにドリーの両親はいませんでした。

ドリーの両親たちははぐれたドリーを探しに行ったきり、何年も戻っていないということを知らされたのです。

そのことに呆然としているうちにドリーは皆と再びはぐれてしまうのでした。

ネタバレ

・再会

ドリーが行きついた先は再び海の中でした。

すれ違う魚たちに皆の場所を尋ねるものの、動転している上に本来の忘れっぽさのせいで何も思い出すことができないドリーは途方に暮れていました。

そんなドリーの前に二つの影が現れたのです。

なんとそれはドリーの両親でした。

ドリーの両親はドリーとはぐれた際にドリーが海に出たのではないかと思い、その場所でドリーの好きな貝殻を並べては、ずっとドリーを待ち続けていたのです。

再会を噛みしめるドリーでしたが、そんなドリーの脳裏にマーリンとニモの姿がよぎります。

ドリーにとってマーリンとニモも家族同然の存在だったのです。

・結末

一方のマーリンとニモはクリーブランドという場所へ向かうトラックの中にいました。

マーリンとニモを助け出すために、デスティニーの力を借りたドリーは様々な作戦を講じてマーリンとニモを助け出します。

そこにはハンクもいました。

海にうんざりしていたハンクはそのトラックに残ることを望みましたが、ドリーがそれを許しませんでした。

結局、ハンクはドリーに説得される形で海へ戻ってきました。

こうして皆が無事に海に戻ることができ、その後皆仲良く暮らしたのです。

\ 本編をチェック! 

映画『ファインディング・ドリー』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

主題歌

シーア 『Unforgettable』

ファインディング・ドリー 主題歌

登場人物

ドリー (室井滋)

マーリン (木梨憲武)

ニモ (菊池慶)

ハンク (上川隆也)

デスティニー (中村アン)

Twitterでの反応

https://twitter.com/momooooo0404/status/754268742356303877

感想

感想はここから見れます
女性40代
女性40代

たこのハンク、ジンベエザメのデスティニー、シロイルカのベイリー等新キャラクターも登場し、前作の「ファインディングニモ」とは一味違った家族愛に胸を打たれる内容です。また迫力のある素晴らしい映像技術はさる事ながら、次から次へと起こるハプニングに目が離せないくらい展開が面白かったです。
健忘症のドリーが家族の記憶をたどり、マーリンやニモと一緒に両親を探す旅に出掛けるストーリーで、この映画をみてドリーがますます大好きになりました。
ドリーの無鉄砲で大胆な行動力にいつもハラハラした気持ちがしますが、結果うまくいってしまうところにドリーの不思議な魅力を感じます。ドリーは運が強いだけではなく、自分を信じる力が強いキャラクターだということが映画を通して伝わります。
水族館に住むことをを望んでいるハンクはドリーのハチャメチャに振り回されてケンカばかりしてしまいますが、ドリーの明るく優しい魅力によって少しずつ気持ちが変わっていくところが心が暖かい気持ちになります。
一番のシーンはやっぱりドリーが自分の力で両親に会えたところです。健忘症を心配していた両親ですが、ドリーに覚える工夫をしていたことや、ドリーに「あなたなら出来る」という自信を与えていたところが印象に残ります。ドリーの両親を通じて、子供を信じる大切さを教えてもらいました。
そして結末は水族館に連れていかれそうになるマーリンとニモを救うシーンに緊張感が漂いますが、ディズニーらしいユーモアもあって、 爽快感のある最高のエンディングです。
もちろん「ファインディングニモ」を観なくても話の内容わかります。笑いあり、涙ありのとても素敵な作品です。

女性30代
女性30代

前作より私はこちらの方が好きです。映画の内容も面白いですが、ドリーの個性的な性格や行動力のすばらしさが、観ていて勇気づけられるからだと思いました。

あんなに幼い時に両親と離れ離れになってしまったのも関わらず、一人でずっと生きてきてすごくたくましいと尊敬しますし、その姿を観て切なくも感じました。

すぐ忘れてしまうというハンディを持っているけれど、それを感じさせない前向きさや行動力は本当にすごいです。

自分で経験して失敗を繰り返しながら、たくさん学んできた末に身についた自信もあるだろうし、親からの絶対的な愛情もあってすごく自分を信じる能力が高いと思いました。

自分の両親を探す冒険に出ている時も、きっとドリーなら何とかなるだろうな思いますし、次はどんなことをしでかしてくれるんだろうというのも楽しみながら観ることができます。

自分の子供に対して失敗させないように前もって注意してしまったり、長所を伸ばすよりも短所を指摘してしまったりしまうので、これを観る度に、かえって能力を邪魔してしまっていると反省させられます。

好きなシーンは、ラッコがトラックの前に出てくるところです。

ぎゅっと抱き合っているのがすごくかわいくて癒されます。
ラストはみんなが幸せでこちらも心から良かったという気持ちになりました。

女性40代
女性40代

ファインディング・ニモの続きが見られてうれしいです。

カクレクマノミの二モと父のマーリンが出会うのを手助けしたドリーは、自分にも家族がいたことを思い出し、探しに行くことが本作のテーマです。

ドリーはなんでもすぐ忘れてしまうので、両親も、自分たちを探してもらうのに工夫していたようですね。

再会に一縷の望みを懸けていたことが伝わり、魚なのにえらいなあと思いました。

ニモたちや、友達だったディステニーと共に、場所や家族を探すドリーの様子に心温まりますね。

小さな魚にとっては、人間から見ると大したことはなくても、大冒険なのでしょうね。

そのアングルから見ると、ニモの時もなんでもすごく大きく見えたり、通るだけでも自分に襲い掛かってくるように見えました。

「スイミー」でも群れになることで、自分たちを大きく見せたり、生きるために必死な様子が伝わり、いじらしいです。

周りの協力を勝ち取り、家族に会うことができたドリー。

その過程で出会えた仲間も、彼女にとっては大きな財産であり、家族同様の存在になっていました。

みんなで暮らすことができるようになり、本当によかったですね。

どこかに出かけても、帰り道を忘れたりしないといいですね。

女性40代
女性40代

第1作目となる「ファインティングニモ」に続くストーリーの始まりは、最初からワクワク感漂う雰囲気ですぐに作品に見入ってしまう演出でした。

なんでもすぐに忘れてしまうドリー。

ニモやマーリンと出会い、一緒に長い旅をしたことでずっと忘れかけていた大切な「家族の絆」を思い出したこと。

今度は自分が忘れかけていた「家族への愛」を、ニモとマーリンの協力で両親と再会したことすることができたこと。

様々な雑踏の中で暮らす私たちにむけた温かいメッセージ性を感じた。

所々で入るユーモア溢れる部分も見所の一つ。タコの「ハンク」とのリズム感ある掛け合いや、日本人なら誰でも知っていてアニメからは少し縁遠い印象だった「八代亜紀」が出てくる部分も自分にはツボにハマる部分だった。

映像全体の色彩感も青やオレンジ、赤など原色が多いためかすごく色鮮やかに感じるとともに、海という世界観のためヒーリングの要素も兼ね備えた心地よい印象だった。

子供も大人もわかりやすく感情移入しやすいこと、笑いと喜び、楽しみ、期待感と全てが好転的に繋がり、最初から最後まで飽きることなく観ることができ、数あるディズニー映画の中でも最もファンタジー感のある映画であると思った。

女性30代
女性30代

今回、ドリーも、ニモもマリーンも出てきて、豪華だったなと思います。水族館の仲間たちがいろいろ出ていて、前と違う感じでおもしろかったです。

イルカとか超音波みたいなのを使えてそれが伏線になっていたり、ただ、ただ、かわいいだけのキャラも出てきたりしたし、それにすごく大きな水族館だから、そこをドリーがいろいろ移動しているだけでおもしろかったです。

私は水族館に行くのも好きなので、オーストラリアの水族館ってこんな感じなのかと興味深く見れました。

ドリーは、前のときからすごく明るいし、よくお礼をいう魚だなと思っていたけど、それはドリーの親がドリーが健忘症だからこその教えだったんだなとわかって、ああ深いと思いました。

ドリーの子どもの頃の話はすごくいい話でそして別れはすごく悲しいものでした。ああいうふうに親とわかれてしまうなんて悲しいです。

ドリーの声がとてもかわいらしいことも相まって泣けてしまいました。

ドリーは今何歳かよくわからないけど、今回、結局親には会えないんじゃないかな、悲しい終わりなのかなと思っていたので、思いのほか、ハッピーな終わりでよかったです。

水族館の仲間たちもみんな幸せになっているって感じで、いい映画でした。

男性20代
男性20代

ファインディングドリーは大人気シリーズファインディングニモもシリーズです。

とにもが好きだった自分ものすごく影響を受けた映画になります。

海の中の世界に憧れたことを今でも忘れません。

また、ニモの映画でキャラクターがたくさん出てきますが全キャラクターが個性的にあり魅力的な映画となっています。

そんなキャラクターでドジでおっちょこちょいで愛されているキャラクターが主役となる映画です。

ドリーの生き様を見ることができます。

なぜ、このような生活になっているのかこれまでの生き方を忠実に再現されているので魅力的な映画になっています。

特に、家族との絆を感じることができる映画です。

海ならではの生活や環境をうまく演出しているので海の世界に自分が入ったような感覚になりました。

自分たちが知らない世界を鮮明に描いているので憧れや夢が詰まっている物語です。

年代を問わず楽しく見ることができますので多くの人が見る映画となっています。

家族だけではなく、友達との友情を感じることができます。ニモとドリーの絆は世界一のような絆です。

涙あり、笑いありの映画となっています。

ディズニーの技術が詰まっている映画となっています。

ドリーの虜になること間違いなしの映画です。

女性30代
女性30代

ファインディング・ニモの続編で、今度はドリーが両親を探しに水族館に行き、ドリーを探しにマリーンらが追いかける話です。

新たな場所、水族館が登場するので、新キャラがたくさん出てきて、ちょっとわちゃわちゃしているなという印象です。

でも、おもしろいキャラもたくさんいました。

私は、タコのハンクが好きです。

実はタコって水の外をひょこひょこ歩いたりできるんですね。

なんかSPとか忍者っぽくておもしろかったです。

ドリーの過去については謎でしたが、そうか、そういう理由で一人だったんだと思うと切なくなります。

また、子どもドリーがかわいすぎました。

形もさることながら、声が反則級でした。

あれは、あのシーンだけで、ある程度の年齢の人間を泣かすことができると思います。

マリーンたちのシーンはちょっと余計だったかなとは思いますが、ドリーを大切に思っているんだなと思うとほんわかします。

最後にはハッピーエンドになって、ほんとよかったです。前回に続き、海の中のシーンがすごくきれいで、これがCGだなんて信じられないくらいです。

グレートバリアリーフに行きたくなります。

不満な点と言えば、なぜか、日本語吹替え版に八代亜紀さんナレーションを使ってて、そこが意味不明でした。

そんなことしなくても、どうにかできたと思いました。

女性30代
女性30代

前作では、ニモを探すためにマーリンと共に海を冒険して大活躍したドリーが、今作品では主役の話です。

すぐに忘れてしまうドリーの小さい頃の話も盛り込まれていて見所があります。

特にドリーの小さいときの口調や表情はお目目がぱっちりしてとても可愛いです。

「あたちね、なんでもすぐわすれちゃうの」という台詞すごくかわいすぎてはまります。

ドリーの両親もとてもやさしい夫婦で、ドリーの忘れてしまう性格をいつも心配しています。

親心がひしひしと感じるシーンです。

そんな両親をみて必死にお母さんの好きな貝殻をとろうとするドリーの一生懸命な姿に手に汗にぎりながら物語にひきつけられていきます。

ドリーの友達のベイリーやデステニー、ラッコちゃんたちとユーモアあふれる仲間も新に登場します。

新キャラクターで一番おもしろいのは、怠け者の岩でひなたぼっこをしている2頭のアシカです。

フルークとラダーは、ほかのアシカが自分たちのお気に入りの岩にあがろうとするとすごく怒って追い返します。

その光景が何度も繰り返しされるのが滑稽でおもしろいです。

マーリンとニモを助けてくれる新キャラクターのベッキーという鳥との鳴き声コンタクトも鳥と魚で食べられないで助けてくれたり、うまくコミュニケーションがとれなかったりでバタバタするシーンも面白いので見所です。

女性30代
女性30代

ドリーの声が最初は合っていないと思いましたが、見ているうちにドリーにぴったりだと感じるようになりました。

木梨さんのマーリンの声も変に変えてなくて木梨さんの声そのままな感じがお父さんぽくてマーリンが身近に感じられました。

個人的にはデスティニーの声がとても心地よくて優しい声で好きでした。

それがテレビでよく見ていた中村アンさんの声だと知ったときには驚きました。
忘れんぼうのドリーが思いもよらない行動に出て見ていて次はどうなるのかと想像ができなくてわくわくしました。

マーリンがまるでドリーの保護者みたいでドリーの行動にハラハラさせられっぱなしなのが面白かったです。
たくさんの魅力的なキャラクターたちも見どころです。

ドリーの誰にでも親しく話しかけられる人懐こい性格で、色々な種類の生物たちがドリーに協力してくれて、力を合わせてついにドリーの両親に会うことが出来たときには感動しました。

そのキャラクターたちの状況がポジティブなドリーに会ったことで良い方向に変わっていく様子も見どころです。
アシカが3匹出てくるのですが出るたびにクスッと笑えて、1匹が仲間外れみたいでちょっと可哀想でしたが、結構図太さがあるみたいなのが最後に分かりスッキリして良かったです。

これは短いシーンでしたが、一瞬一瞬が面白くて目が離せない作品でした。

女性30代
女性30代

ちょっと変わった魚のドリーが主人公の本作ですが、前作と通じて一匹として所謂健常者がいないというのが、強いメッセージ性だなと思います。

それを押し付けてくるのではなくさりげなく持ってくるのが流石ディズニーといった感じです。

前作からのファンとして、門外漢の夫が言うような「魚が喋る。魚が道の上にいても平気、魚に歯がある」等は乗り越えたのでただの雑音程度にしか思えず、無視できます。

ただ、タコの万能差はどうなんだろう?あいつ陸上でも最強じゃないか?一見頭のおかしそうな鳥が意外と大活躍してくれて、見た目アレでも思いは通じ合えたんだなと思います。

タッチプールに連れて行きずらくなりました。

魚たちにあんなひどい思いをさせているんじゃないかと思うと、私は罪悪感に苛まれそうです。

両親の子への深い深い愛情を感じることができる作品だと思います。親の目線で見ると感動します。

前作のなぜドリーはクジラ語が喋れるのかという伏線を回収しに来る見事な手さばきに流石ディズニーと感嘆のため息が出ました。

後半の脱出大作戦の盛り上がりに純真な子供でなくなってしまった一人の大人としてはどうしても人間に同情心が沸いてしまいます。

流石に続編はもうないかな

こんな人におすすめ

・ピクサー映画が好きな方

・『ファインディング・ニモ』を視聴した方

・魚/海好きの方

まとめ

『ファインディング・ニモ』の続編となる作品で、ナンヨウハギ・ドリーが主人公の映画です。

これだけでも十分楽しめますが、前作『ファインディング・ニモ』の視聴後に本作を見ることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました