おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【ワールド・ウォーZ】動画を無料で(映画2013)フル配信・視聴する方法

ワールド・ウォーZ 洋画

(C)2012 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

2013年公開のアメリカ映画。

2007年にブラッド・ピットの制作会社であるプランBエンターテイメントが映画化権を獲得しブラッド・ピット本人が主演で出演している。

映画『ワールド・ウォーZ』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『ワールド・ウォーZ』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

『ワールド・ウォー Z』予告編
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、他の『ブラッド・ピット』出演の作品をお試しいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

他の「ブラッド・ピット」出演作品もお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

「ブラッド・ピット」出演作品 U-NEXT hulu
ワールド・ウォーZ 視聴 ▶ 視聴 ▶
オーシャンズ12 視聴 ▶ 視聴 ▶
オーシャンズ13 視聴 ▶ 視聴 ▶
オーシャンズ11 視聴 ▶ 視聴 ▶
ワンス アポンアタイムインハリウッド 視聴 ▶ ×

映画『ワールド・ウォーZ』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・謎のウィルス出現

テレビのニュースでは、鳥インフルエンザの流行やイルカの大量死など世界各国の異常現象の報道がされていた。

そして、謎のウィルスに感染した人々が異常な行動をしているという現状。

ウィルスの感染拡大によってWHOが警戒レベルを6に引き上げたという報道もされていた。

元国連職員のジェリーは、妻・カリンと二人の娘と一緒に暮らしていた。

ある日、登校する妻と子供を送るため車に乗っていたジェリーは大渋滞に巻き込まれる。

前方の事態を把握できていないジェリーだったが、上空に飛んでいるヘリの様子や、白バイが通り過ぎる姿を見て、異変を感じる。

尋常ではないと感じたジェリーが、車を降りてみると突然前方で大爆発が起きてしまう。

そして暴走するトラックや逃げ惑う人々であふれかえる中、何が起きているのかジェリーは呆然とする。

そんなジェリーの横で、女性が車のフロントガラスに自分の頭を何度もぶつけるという不思議な行動をしていた。

そしてその女性が近くの男性に噛みつくと、次の瞬間その男性は狂暴化し始めたのだった。

・ウィルスの正体

狂暴化する人々が増え始め、ジェリーは大きな車を奪い家族を乗せ車で逃げる。

逃げ続けていたジェリーに、国連事務長のティエリーから電話が入る。

ボストンが壊滅状態になってしまったことで、ジェリーに現場へ復帰するように頼んできたのだった。

ティエリーと合流するため、集合場所であるアパートに向かうジェリーと家族。

アパートの屋上へと向かう途中に、ある部屋で一時避難する。

そしてその部屋の住人が聞いていたのラジオから、世界の感染拡大についての情報が流れていた。

謎のウィルスの感染が世界的に拡大し、ウィルスによって人々は「ゾンビ」に変わってしまうという。

そして、通称『Z』と呼ばれるウィルスに世界が混乱していたのだ。

内容を知ったジェリーは家族を連れて急いで集合場所の屋上へと向かう。

【 ネタバレ 】

・家族を守るために

無事にティエリーと合流できたジェリー家族は、アメリカの感染の深刻さを知る。

そして、ジェリーは家族を守るため感染の発生源へと向かい原因を突き止めに行くことを決意する。

発生源である韓国に到着したジェリーは、「ゾンビ」は頭を打つか、焼き払うかすればよいという情報と「ゾンビ」が音に反応するという情報を得ることができる。

「ゾンビ」からにへつつ次にエルサレムに向かったジェリーは、そこである光景を目にする。

それはスキンヘッドの少年に対して「ゾンビ」がまったく興味を示さず、避けて通っている姿だった。

そして、エルサレムを飛び立ったジェリー。

ティエリーに「ゾンビ」は老人やケガ人、健康ではない者には反応しないのではないかと電話で伝える。

「ゾンビ」に襲われながらも無事ティエリーの元へと戻ったジェリーはWHOへ得た情報を提供しワクチンの開発を手伝う。

それは健康な人間病気に見せかける、ワクチンだった。

「ゾンビ」から逃げるため自分自身に開発途中のワクチンを打ったジェリー。

見事、ゾンビ達から見れば「透明人間」のような存在になることに成功した。

そして安全地帯へと避難していた家族との再会をはたす。

その後WHOは「偽造効果」のあるワクチンを開発し、そのワクチンの投与により人間たちは「ゾンビ」にとっての透明人間になることに成功する。

最後まで、ウィルスの発生原因は分からないままだったがここから人間の反撃が始まるのだった。

【 登場人物紹介 】

ジェリー (ブロッド・ピット/堀内賢雄)

カリン (ミレイユ・イーノス/篠原涼子)

ティエリー (ファナ・モコエナ/玄田哲章)

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

仲間同士で見たい人

カップルで見たい人

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

男性30代
男性30代

他の映画を借りてきた際に予告で出てきて、ブラットピットのかっこよさが目に残り見てみたいと思い見ることにしました。

実際に見てみるととてもかっこよく見とれてしまいました。ゾンビから必死に逃げるもすぐに見つけられてしまうし出てくる数が半端ないのできりがないと思いながらもドキドキが止まりませんでした。

内容としては少しありきたりな内容となっている感じはしますが主人公の影響力が強すぎて作品がとてもよくなっているようにも感じさせられました。

ゾンビが壁を登ってくる瞬間もほかの映画で見たことがあるような気もしなくもないのですがなぜか初めて見たかのような演出に感じてしまうのはなぜでしょうか。

ここまではまってみてしまった映画は久しぶりです。

感想はここから見れます
男性30代
男性30代

まさにブラピ版バイオハザードというゾンビ映画です。

感染性のゾンビウイルスが地域に蔓延してパニックになるとか噛まれたらアウトとか基本的な設定はバイオハザードを踏襲していますが、差別化のためかゾンビがまるで意思を持っているかのように標的を襲ってくるのはもちろん、本来ゆっくり近づいてくるはずのゾンビが全力ダッシュで追っかけてきたり、跳んでいる飛行機の中でゾンビパニックが起きたりとエンターテイメント作品としての娯楽性をアップさせつつも据え置きの緊張感というバランスが絶妙。

またゾンビエキストラの数も半端じゃなくセット、人件費含め手抜かりはなくゴージャス感があるため見応えがあります。

最後にゾンビウイルスをどうやって消滅させるのかも見どころ。

最後まで面白いゾンビ映画です。

男性50代
男性50代

劇場公開時に観ました感想となります。

新宿からの移動で空き時間が有り、タイトルのみでワールドな戦いのアクション映画のつもりで観ました。

Zがゾンビのことだったとは知りませんでした。

新型コロナ感染の今となっては、フラッシュバックするシーンも多くあります。

病原菌の研究施設からの感染者拡大(ゾンビ)さらに隔離され軍隊に輸送される作戦では、体温測定がありました。

病原菌には以外な弱点もあり結末を迎えるのですが、シェルター内へ生き延びた人々がどうなっていくのか気になるラストでした。

日本のアニメにもあったような気もしますが、初見の作品はこちらなので両方を比べてみるのも面白いかもしれません。

ゲーム化もされていますので今後も楽しみな作品です。

女性20代
女性20代

未知のウイルスと戦う主人公が本当にかっこよいです。

主人公が調査をしている限り家族は安全の場所にいて主人公と連絡が取れなくなった瞬間に軍の人が家族を追い出そうとしたのが本当に悔しかったですし人間の残酷さもわかる映画でした。

それでも、家族のためだけじゃなくて世界中の人を救うために一生懸命戦っている姿が本当に素敵でした。

ウイルスの特徴を少しの間で見極めたり考えて動いたりたまには勘で修羅場を切り抜けたりと面白い展開ばかりです。

ウイルスが病気を持っている人を襲わないのは本当に驚きましたが今までにない設定だったので魅入ってしまいました。

たくさんの人と協力し仲間を失っても諦めないみんなが素敵で楽しく見れる映画でした。

男性30代
男性30代

今特にコロナ禍で未知数なウイルスが世界に多大な経済影響や生活習慣への考え方、暮らし方を改変しましたけれども、この映画「ワールド・ウォーZ」はまさに現代社会に対する問題提起のような作品です。

ウイルス感染が世界的な規模で拡大していく様を非感染者・感染者の視点で描かれていて、まさに今のコロナ禍にリンクするものがあります。

今年夏に見ましたけれども、現代社会との違いは感染者はゾンビのような死に体になるということ。

非感染者を襲ってくるため、恐怖感があります。現代社会と比較すると、今は非感染者がコロナ感染者、感染者がコロナ非感染者のようなイメージを持っていますが。

主人公がその謎のウイルスを防ぐために考えた手立てがウイルス研究所でした。

詳細は言えませんが、そこでヒントを得て、ウイルスを打破する方法を見つけるのか、見つけられないのか。

現代社会とリンクしながら考えるとより一層恐怖感も増して映画を楽しめるのではないかと思います。

ぜひご視聴お勧めします。

男性40代
男性40代

この映画の見どころは、他のゾンビ映画とは違い、弱点が頭部以外にもあることです。

通常ゾンビといえば、あらゆる場面において雑魚ゾンビを大量し始末するシーンであるとか、知能を持ったゾンビがボス役として立ちはだかるものが多く、結果、解決案がなく、続編へとつながるものとなるのか、曖昧に終わってしまうものです。

比べて映画では解決する方法を人間が考え、愛する人を守り、世界を守ることを実行できるリアルと明るい未来が開ける希望に満ちた映画です。

世界の終わりと思っても、未来を変える道は隠されており、ブラッドピットの深みある演技とともに、あらゆる場面での人間の生き抜こうとする努力と知恵が詰まったものです。

爽快感よりもしみじみと考えさせられる映画です。

男性30代
男性30代

ゾンビ系の映画らしくゾンビ怖すぎでした。特に人にかみつくシーンとかは見ものでした。

苦手な人は苦手かもしれませんが。

ホラー系が好きな人には十分楽しめる作品だと思います。

主人公の家族を守ろうとする家族愛やアクションシーンなんかは圧巻でした。

個人的には主人公は昔は特殊部隊にいた人間だったかもしれませんが今は一般字です。

半強制的にウイルスを抑えるプロジェクトに参加されられているところはかわいそうだと思いましたけどね。
今回のゾンビは物音に反応するタイプでした。

音立てるなよ、音立てるなよと思いながら見てましたが、予想ぞおりみんなやらかしてましたね。

もう暴れまくってます。
終始ハラハラドキドキ、自分が現場にいるようなスリルが味わえるいい作品に仕上がっています。

男性50代
男性50代

「ワールド・ウォーZ」は、未知とのウイルスとの戦いを描いた作品です。

主演はブラッドピットです。

医学者として、ウイルスの撲滅をめざして、たちあがります。

発生したウイルスは感染力がとてつもなく強いウイルスであり、感染すると凶悪化(いわゆるゾンビ化)してしまうウイルスです。ゾンビ化したものは、次から次へと生身の人間を襲う形となり、結果的に人類を滅亡へと導いてしまいます。

ブラピはこのウイルスの根源(宿主)を見つけることからスタートし、そしてワクチン開発へ自分の生命をかけ、また、家族を離ればなれになりながらも、原因究明、ワクチン開発をすすめます。

あるとき、その宿主となる根源をつきとめます。一刻の猶予もないため、ワクチンの副作用など、明確な検証もないまま、ブラピは自身に投与します。

このワクチン投与により世界が変わっていきます。

【 まとめ 】

今の時代に何か通じるものがある本作は、ウィルスの怖さや、人間の強さを改めて感じることができる。ぜひ大切な人と見ていただきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました