おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【ドラえもんのび太のねじ巻き都市冒険記】動画を無料(映画)フル配信で視聴

ドラえもん のび太のねじ巻き ドラえもん

(c) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 1997

『ドラえもんのび太のねじ巻き都市冒険記』は1997年に公開されました。

[予告] ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記

映画『ドラえもんのび太のねじ巻き都市冒険記』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『ドラえもんのび太のねじ巻き都市冒険記』の動画は無料お試し期間を利用すれば『TUTAYA DISCAS』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、TSUTAYA TV/DISCAS』です。

TSUTAYA TV/DISCASのサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/DISCASの記事

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

「ドラえもん」シリーズ U-NEXT TSUTAYA TV/DISCAS
ドラえもん のび太の結婚前夜 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太のひみつ道具博物館 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の太陽王伝説 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太とふしぎ風使い × 視聴 ▶
ドラえもん のび太のわんにゃん時空伝 × 視聴 ▶
ドラえもんのび太の新魔界大冒険七人の魔法使い × 視聴 ▶
ドラえもん 新のび太の宇宙開拓史 × 視聴 ▶
ドラえもん 新のび太の大魔境ペコと五人の探検隊 × 視聴 ▶
ドラえもんのび太と奇跡の島 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の人魚大海戦 × 視聴 ▶
ドラえもん新のび太と鉄人兵団 × 視聴 ▶
ドラえもんのび太の宇宙英雄記 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太と緑の巨人伝 × 視聴 ▶
ドラえもん新のび太の日本誕生 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の宝島 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の月面探査記 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の恐竜2006 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太とロボット王国 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太と翼の勇者たち × 視聴 ▶
ドラえもんのび太と雲の王国 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の南海大冒険 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の宇宙漂流記 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太と夢幻三剣士 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太とブリキの迷宮 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の創世日記 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太と銀河超特急 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の日本誕生 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太のドラビアンナイト × 視聴 ▶
ドラえもん のび太のパラレル西遊記 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太と竜の騎士 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太のアニマル惑星 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太と鉄人兵団 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の宇宙小戦争 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の魔界大冒険 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の海底鬼岩城 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の大魔境 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の宇宙開拓史 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の新恐竜 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の恐竜 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の月面探査機 × 視聴 ▶

劇場版『ドラえもんのび太のねじ巻き都市冒険記』は、TSUTAYA TV/DISCASで視聴可能です。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

劇場版『ドラえもんのび太のねじ巻き都市冒険記』は、TSUTAYA TV/DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

あらすじ

・生命のねじとおもちゃの国

スネ夫が馬に乗っていた経験の自慢をしてのび太は自分は牧場も持っていると言ってウソだと理解しているジャイアン達は確認に向かう。

ぬいぐるみを大きくして生命のねじを使った馬を飼っているのだが牧場のほうは完全に嘘だった。

頼りにされたドラえもんはあまりその話を気にしていない様子で22世紀で福引をするのだが帰ってきた彼はクズ星の交換券が手に入っただけだったのだ。

テキオー灯などを使いつつ実際に星を確認するとほとんどは使い道がないようなものだったが最後の星は綺麗で住みやすいところでみんなが宿題をしようと集まってきたので全員で星に向かう。

生命のねじで各自の持ち物に人形や車などに命を宿らせおもちゃの国を作ろうとする。

・ねじ巻きシティー

街をねじ巻きシティーと命名し、動物のぬいぐるみのコピーを作ることで動物を増やした。

人工衛星で星を調べる過程で金色に輝く火山のような場所を見つけ、金塊の可能性があるとして探検することになる。

道中で起こった嵐により彼らは町を心配して戻るとちょうどぬいぐるみの動物を増やすためのエッグハウスに雷が落ちた。

そしてちょうど生まれたブタはピーブと名乗るなど高い知性を持っているようだった。

そのころ、ある犯罪者の熊虎鬼五郎が脱獄しのび太の部屋に拳銃を持った状態で侵入していた。

のび太が出るタイミングで熊虎鬼五郎が入り、エッグハウスで偶然自分のコピーを作ってしまう。

そうして熊虎鬼五郎は自分のコピーを子分にして生活し始める。

後日ドラえもん達は遊園地を作って遊ぶのだが発展した動物たちは彼らに環境破壊をやめるように話すのだった。

ネタバレ

一方熊虎鬼五郎はジャイアンの落とした地図を頼りに大金塊を探すのだが謎の声に去るように求められ、嵐が発生するのだが拳銃により威嚇する。

目指していた場所に着いた彼は金色の武者に出会い、洞窟に逃げると武者は蛇となって更に迫ってきたのだった。

更に逃げた先にはドラえもん達の姿があり、監視する。

少し揉めながらも彼らはみんなで変化する金色武者からロケットで逃げたが燃料が足りなくなってしまう。

のび太の姿はそこになく、また揉めた後にドラえもんが出した宇宙ステーションに避難するが熊虎鬼五郎は宇宙ステーションを爆破した勢いでロケットを飛ばそうとした挙句ドラえもん達を拘束したのだった。

熊虎鬼五郎は動物たちの世界に戻り視聴となっていたピーブを人質にし街を支配する。

のび太は今の地球を作ったタネをまく人と話をして、星には生命が育ち始めている事と植物も意思を持っていてその植物によりのび太は救われたと話す。

のび太はその後植物の意思が自分を助けてくれるのを実感しつつ、動物の世界へと移動し動物達の今の状況を把握した。

生命のねじを持っているウッキーにドラえもんのスペアポケットを取ってくるようにお願いをしてまずはドラえもんと合流する。

その後全員で反対にスペアポケットの方へ移動し動物世界を救うために動き始める。

まずは街から熊虎鬼五郎を追い出し、翌日再度襲ってくるだろうと迎え撃つ。

熊虎鬼五郎はそれで敗北し、一体に戻されるのだが戻ったのは本物からホクロという名を貰った心の優しい熊虎鬼五郎だった。

\ 本編をチェック! 

映画『ドラえもん』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

登場人物紹介

ドラえもん  (大山のぶ代)

のび太    (小原乃梨子)

しずか    (野村道子)

ジャイアン  (たてかべ和也)

スネ夫    (肝付兼太)

のび太ママ  (千々松幸子)

のび太パパ  (中庸助)

ピーブ    (佐々木望)

プピー    (白川澄子)

アインモタイン(菅原正志)

トーマスメエージソン(塩沢兼人)

ウッキー   (よこざわけい子)

パンダ    (青木和代)

Twitterでの反応

https://twitter.com/5meg3_wrwrd/status/1215688601024921600

こんな人にオススメ

・ドラえもん映画が好きな人。

・アニメや漫画版のドラえもんしか見たことがない人。

今作はドラえもん達が生命を作り上げていく物語ですが、犯罪者がのび太の部屋に上がり込むという怖い展開もありましたね。

最後の熊虎鬼五郎がホクロになったところはハッピーエンドではあるのですが本物がコピーに上書きされたと考えると少し怖い展開でもあります。

感想

男性30代
男性30代

この映画はジャンルでわけるとほのぼの系だと思います。キャラクターもぬいぐるみたちなので、すごくかわいくて、いつものメンバーの良いところがたくさん詰まった面白い作品だと思います。

この映画も環境問題と動植物たちの共生が裏テーマになっている作品ですが、作品を邪魔しない程度に盛り込まれていると思いました。好きなシーンは、ウッキーが命のネジを使ってランダムに選んだ地球の物体を連れてきますが、それらがスペアポケットを持ってくる時に活躍してくれるところです。中でもパンダの表情が険しくなるところや勢いよく殴るところはギャップもあって、可笑しかったです。

また、のび太くんがその星の植物たちに味方されてクッションになってくれたところも素敵でした。のび太くんが葉っぱに対しても、きちんとお礼が言えてすごく良い子だなと思いました。
前科100犯の割りに大したことないと思っていた鬼五郎たちでしたが、宇宙ステーションごと爆破(ドラえもんたちはそこに残した状態)しようとしたり、子供たちに向けて容赦なくピストルを撃ちまくったりしているので、冷静に考えると今までの敵の中でもひどい部類だなと思いました。

冒険したり凶悪な敵が出てきたりしない作品ですが、飽きさせない工夫がところどころにあり、何度も観ても飽きないい良い映画だと思います。

感想はここから見れます
女性30代
女性30代

子どもの頃にみて、大人になってからまた見て、いい意味で印象の変わった作品。
ストーリーだけを見るととてもよかったとは思わないし、感動する場面もなかったように思う。
子どもの頃に観た印象としてもドラえもん映画の中ではとても薄く感じる。ぬいぐるみたちに命が与えられてとしか覚えていなかったが、大人になってから見るとまた違った。人でないけれど知識をつけて限りなく人間に近い社会を作り上げていく。ひょんなことからねじまき都市に紛れ込んだ凶悪犯、熊虎鬼五郎も何人ものクローンの中にひとつの善がある。悪の中にも善がある。ドラえもん映画ならではなのかもしれないが、今回の映画には完全なる悪がそこになかったのが面白いなと感じる。描かれた悪としても普通の人間が選ばれているのはこの作品くらいなのかなと思うと少し特別。
この映画の見どころはやっぱりぬいぐるみに生命がやどり、人間のような社会が気づかれていくということ。教えずとも自ら学習して社会を築いていく姿がとても印象的。
簡単に命を与えていいのかなど大人になってから思うことはあるものの、子供のころに観た自分にとってはただただぬいぐるみが生命を持つということが夢の世界で楽しめた作品でした。子どもが見ても楽しめ、大人が見ても考えさせられる作品。

女性30代
女性30代

藤子・F・不二雄氏が手掛ける最後のドラえもん映画です。故に思い出深い作品です。
この作品の見どころは、ドラえもんが22世紀で買ってきた小惑星の福引券を確認するところです。使い物にならない屑星ばかりの中、最後の一枚を確認するとそこは美しい大自然が広がる星だったのです。中盤あたりで、のび太が実は福引券の番号を言い間違えてたまたまどこでもドアと繋がったというエピソードが語られるところが面白いです。

もし、のび太が正しい番号を言っていたらどうなったのかと気になりました。
次に、今回の敵キャラクターにあたる熊虎鬼五郎の存在です。彼は前科百犯の凶悪なキャラなのですが、ドラえもんのひみつ道具で自分のコピーを大量に生み出します。その中に、1人だけ気弱な鬼五郎が出てくるのですが、その気弱な性格の鬼五郎が物語キーパーソンになります。今までの敵にはないパターンだと思いました。
また、ゲストキャラのウッキーにも注目してほしいです。彼はしずかちゃんが持ち込んだサルのおもちゃで、生命のねじで命を吹き込まれます。いたずらっ子で生命のねじを持ち出し、のび太の町にあるものに生命のねじを使って何体か命を吹き込んでしまいます。ウッキーも要所要所で活躍するので、物語のキーパーソンだと思います。
命を持ったぬいぐるみたちがとてもかわいい作品です。恐怖を感じる描写が割と少ないので、小さい子供とも安心して観れる映画です。

女性20代
女性20代

ドラえもんの映画で唯一記憶があるのはこの映画です!
この映画は怖い場面や可愛い場面がたくさん入り混じっています。子供の時に見ていたので、意味がわからなかった部分もありますが今思い返せばさらに恐ろしく感じる場面もあります。
子どものときは、前科百般の意味が全くわからなかってのですが、ドラえもんたちが驚いてるのは見てすごいことなんだと言うことは理解しました。熊虎鬼五郎の顔がとても怖くて、鬼五郎が増えてしまったときは毎回怖すぎて目を瞑ったりしていました!
見どころは、はじめのシーンのかわいいぬいぐるみの動物たちが魔法のネジによって命が宿り動き出すシーンです!あのシーンはこの映画で1番可愛くて子どもの頃から唯一ほっこりできる場面でもありました!
他のシーンは子どもが見る映画の割にはドキドキする場面が多かったり、凶悪犯など普段の日常では子供にとって耳にすることのない言葉が出てくるのでとても不思議に感じると思います!
子どものときもそれなりに楽しんで見れていたけど、大人になった今も昔とは少し違って、全てを理解できた状態で見るとさらに面白さを感じられるのではないかと思います!
思い出しただけで不思議な世界で、子どもの頃は現実とドラえもんの世界がごちゃごちゃになりがちで、実際に起こることと起こらないことの違いもあやふやだったからこそ楽しめたということも多くあったと思います!

まとめ

先ほどの項目で書いた実はホラー展開にもなりうる部分もあるのですが今作の途中で原作者がなくなってしまっており最後の原作者が関係する映画作品となっています。

そのため、コンセプトが少し崩れたように見える展開があるのは事実ですがこれまでのドラえもんが好きだった人は必ず見ておくべき作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました