おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

ドラえもん のび太と銀河超特急 無料動画配信(映画)フル視聴 kissanime gogoanime anitube

ドラえもん のび太と銀河超特急 ドラえもん

(c) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 1996

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

映画『ドラえもん のび太と銀河超特急』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

映画『ドラえもん のび太と銀河超特急』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ✕ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  ✕ 933円 14日間 なし
  〇 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  ✕ 500円 30日間 なし
  ✕ 500円 31日間 なし
  ✕ 800円〜 なし なし

映画『ドラえもん のび太と銀河超特急』を公式動画配信サイトを視聴する方法

2020年10月現在、映画『ドラえもん のび太と銀河超特急』のDVDレンタルや動画配信が視聴できるのはTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASのみです。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

映画『ドラえもん のび太と銀河超特急』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

映画『ドラえもん のび太と銀河超特急』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

映画『ドラえもん のび太と銀河超特急』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

映画『ドラえもん のび太と銀河超特急』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

ドラえもん映画シリーズで第17作品目に当たる作品になります。

あらすじ

・大人気列車の切符

スネ夫は行先のわからない大人気列車ミストリートレインの切符を三枚手に入れジャイアンとしずかちゃんを誘う。

スネ夫はいつものように切符は三枚しかないというのだがのび太は三日家に帰っていないドラえもんを心配していてそれどころではなかった。

のび太が家に戻るとドラえもんは既に帰っていて彼は未来の22世紀で大人気の列車に乗るための皆のための切符を入手したのだという。

しかしスネ夫の誘っていたミステリートレインと日程が被っており、二人で列車に乗ることに。

・ドリーマーズランド

列車には500人以上乗客がいるという話だったが、どこでもドアか既に寝ていることもあり車掌以外の存在を見かけることはなかった。

のび太は朝どこでもドアで一度帰り、学校に行きジャイアンやしずかちゃんは素直に羨ましがるがスネ夫は最初素直ではなかったものの、最後にはドラえもんが入手した切符の電車に乗りたいという。

列車はシャドー団に襲われどこでもドアも使えないピンチに陥るがそれはアトラクションの一環だった。

ドリーマーズランドに到着し、そこには多くの冒険が体験できる施設がありどのコースに参加するも自由で未来の子供たちのアストンにドン、ジェーンの三人組に服や生まれた時代を馬鹿にされる。

それぞれバラバラの星へ遊びに向かいのび太が参加するのは西部の星で射的の命中率次第で保安官になれるといいそこに来ていた未来の三人組のアストンは六発中、五発も命中させる。

のび太の得意分野は射的で無事保安官になり、その後強盗団を退治したことから正保安官になることも出来たのだった。

ネタバレ

未来の三人組はある宇宙船に襲われ、アストンにヤドリという生物が取り付き彼女を支配する。

ヤドリには意識があり、数も多いのでドリーマーズランドにいる人間に取り付くことを考えていた。

その後恐竜が動かなくなり暴走するなどの事故が起こりそれらはヤドリの仕業でスネ夫も取り付かれてしまう。

しずかちゃんは勘違いで撃退したが列車が入るべきではない禁断の星に着陸しただけでなく機関車が壊れる。

スネ夫に取り付いたヤドリはのび太に移り、しずかちゃんはヤドリについて知り、自分が一度撃退したものがヤドリだと気付く。

のび太はシャボン水により正気に戻り、一方ジャイアンは忍者の里で教わった壁抜けの術を使うことでドンとジェーンを救っていた。

ヤドリ側もこの動きに気付き始め反撃してくるのだがのび太にやったようにシャボン水を使い撃退するとヤドリのリーダーがロボットに乗り攻撃を仕掛けてくる。

のび太は自らを囮としてヤドリが自分に乗り移ろうと出てきたタイミングでシャボン水の水鉄砲を素早く打ち撃退した。

この出来事から未来の22世紀のアストン達とも仲良くなることが出来た。

\ 本編をチェック! 

映画『ドラえもん』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

登場人物紹介

ドラえもん  (大山のぶ代)

のび太    (小原乃梨子)

しずか    (野村道子)

ジャイアン  (たてかべ和也)

スネ夫    (肝付兼太)

のび太ママ  (千々松幸子)

銀河超特急車掌(伊倉一恵)

ボーム    (塩沢兼人)

アストン   (真殿光昭)

ドン     (菅原淳一)

ジェーン   (丹下桜)

Twitterでの反応

こんな人にオススメ

・ドラえもん映画が好きな人。

・アニメや漫画版のドラえもんしか見たことがない人。

今作品はこれまでのドラえもん原作者が最後まで作り上げた最後の映画作品となっています。

これまでのドラえもん映画の雰囲気が好きな人には是非この最後の作品を視聴していただきたいです。

感想

感想はここから見れます
女性30代
女性30代

蒸気機関車型の宇宙船での旅というのがロマンチックで素敵でした。

学校の裏山が停車駅になっていて、そこに向かってきたシーンがとてもわくわくしました。

それぞれの星がアミューズメントパークになっていて面白そうでしたが、メルヘンの星は人気があったとしても一気に白雪姫を終わらせようとしているところを観て、それはないだろうと思いました。忍者の星では最終試験でお城に忍び込んだジャイアンとスネ夫くんがネズミに化けるのが可愛かったです。

それぞれの星ではただ遊んだり、習得するというだけでなく、物語を構成する上で必要な部分が多く、とても考えられている作品だと思いました。

例えば、ジャイアンが忍者の星で習得した壁抜けの術を使って炭鉱のところにある動力車を運んでくるところは伏線が効いてて面白かったです。

この作品に限らないですが、皆死を受け入れるのが早すぎるなと思います。

今回はすごく小さくて寄生していくタイプの敵だったので、しずかちゃんが偶然とはいえ、お風呂で倒していなかったら攻略方法がわからず苦労しただろうと思いました。

ラストのところで、のび太が親玉を誘き寄せるために逃げ遅れた振りをしてたちむかっていくところがとてもかっこよかったです。

のび太くんの射的の腕が随所に光る作品だと思いました。

女性40代
女性40代

今回もスネ夫がのび太だけミステリートレインを仲間はずれにしたことから始まります。
そして、ドラえもんが22世紀げ人気のミステリー列車の切符を手に入れて行先がわからない宇宙の旅に出ます。

最終的にスネ夫やジャイアン、しずかちゃんも一緒に行きみんなでドリーマーランドの遊園地を楽しんでいた時に侵略者に襲われて
のび太たちが戦うと言う内容の映画です。

この遊園地は惑星一つ一つがいろんな星になっていて、ジャイアンとスネ夫は忍者の星。しずかちゃんはメルヘンの星、のび太達は西部の星へ。

しずかちゃんが行ったメルヘンの星は、お姫様役が多くて王子様がお姫様一人を選ぶなんて全然メルヘンでもなんでもないなと思いました。
しずかちゃんも呆れていました。
漫画としては面白かったですが、初めて見た時選ばれたのがしずかちゃんで、ほかの子達はそんなにかわいく無かったので、
「やっぱりかわいい子しかお姫様になれないんだな」と思ってしまいました。
仮にあたしが行くとしたらきっとメルヘンの星にはいかないと思います。

ジャイアンとスネ夫が行った忍者の星は人気が無くすぐに免許皆伝のテストをしたのですが、この人気がなかったお陰で逃げる為の列車が手に入ったので
ジャイアンが巻物を加えて登場した時は「あの時のッ!!」と大人ながらにワクワクしてしまいました。

この宇宙人に侵略されるということが無かったら乗ってみたいと思いました。

女性30代
女性30代

ミステリートレインの切符を自慢するスネ夫が羨ましいのび太はドラえもんにダメ元で頼むと、未来の銀河超特急の切符を購入してくれていました。
嬉しいのび太はみんなに自慢します。
結局みんなで銀河超特急に乗り込みます。
ほとんどが未来の人達が乗っているので、のび太達は昔者とからかわれます。
特急列車は遊園地に着きます。色々な星がありみんな楽しく遊んでいますが、人が次々とヤドリに取り憑かれてしまいます。
ヤドリは実体を持たず人に取り憑いて操ります。
ほとんどの人がヤドリに取り憑かれてしまいましたが、のび太達が打開策を見つけやっつけました。
昔者と言われたのび太達ですが、未来の人にとってはご先祖様です。
彼らが居たから今の私達(未来)の生活があるのだと諭すシーンがあり子供に見せて意味を分かってもらいたいと思いました。
未来の子ども達はこの映画の中で何度も、のび太達を「ダサい、こんなのも知らないのか?昔者だもんな。」と馬鹿にするシーンがあります。しかし、本当に困った時勇敢に問題を解決する為に動くのは散々馬鹿にされていたのび太達でした。
のび太達の行動を見て申し訳ないと思った未来の子どもたちが未来の大人に諭されるシーンが見所です。

女性30代
女性30代

まず、銀河超特急が宇宙に飛び出すシーンにすごくワクワクします。

客車だけじゃなく、宇宙を眺めるスペースや、宇宙を見ながら入るお風呂。

そして辿り着く場所は、まさに未来の世界であり、思うだけでビューンと進める道や、忍者、恐竜、西部劇、メルヘンの世界など、子供が大好きな各アトラクションなど、本当にいつか乗ってみたいと、子供の頃から夢見ています。

今作は間違いなく、のび太がカッコイイ作品で、その射的の腕前がいかんなく発揮されます。

ですが、個人的にはジャイアンの道具を使いこなす能力がいかんなく発揮されています。

途中、ある場所に閉じ込められることになるのですが、強さや、逆境でも前を向ける、前にすすめるだけの男じゃないんだなと、脱出時に改めて思います。

また、この作品で言われる多少のメタ的な要素も、個人的には、子供ながらにあるあると思っていたので、そんなに気になりませんでした。

「おじいちゃんのおじいちゃんの」のくだりも、ドラえもん映画好きとしては、くすっとしてしまいます。

最後の「間もなく、地球、地球。」のセリフの後にかかるエンディングの『私のなかの銀河』。

これがまた、楽しかった度を優しく思い出すようで、とても好きで、物語の余韻を感じながら見終えることが出来ます。

女性40代
女性40代

のび太のドラえもん頼みで列車旅に行くことになりますが、元々スネ夫が予約していたミステリーツアーがドタキャンのようになり、これはちょっと可愛そうだなと思いました。
それでも、裏山に来たときの列車の凄さがたまりませんでした。

しかも、外側は普通の列車なのに中側は広すぎてびっくりしました。

歩いて移動するなんてもってのほか状態は開いた口がふさがらなかったです。
旅の途中で敵の来襲や、ガンマンで活躍するのび太がとても格好良かったです。さすが、射的名人だなと思いました。
なんちゃってガンマンの時は、ドラえもんがネズミに驚いて敵に捕まった時に、とっさの機転でのび太の圧勝!気持ち良かったです。
けれども、メインシステムをやられてスネ夫が敵に乗っ取られてしまい、口車に乗せられて一度は捕まってしまいが、なんとか脱出してのび太達の快進撃が始まるところにワクワクしました。
たまたましずかちゃんがお風呂に入っていた時に、敵ロボットをやっつけてしまいます。まさか、石鹸でやられるなんて…と思いました。
ジャイアンの頑張りから、22世紀の子供達とも仲良くなり、闘っていく姿がとても格好良かったです。

最後に22世紀の子供達がのび太達に言った台詞に感動しました。

女性30代
女性30代

この作品では、未来のミステリートレインに乗ったのび太たちと宇宙人の戦いが描かれているのですが、最後まで諦めないのび太たちの姿に勇気や元気をもらいました。

この映画の1番の見どころは、のび太の射撃シーンです。

未来のミステリートレインでの射撃シーン、カウボーイになったのび太の射撃シーン、そして極めつけはラストの敵との一騎討ちシーンなど、どれものび太の動きが滑らかでとても格好よく見えます。

また、列車内で吸血鬼や恐竜、忍者などが現れては、消えるといった怪現象が起きたり、強盗団に襲われ絶体絶命の状況になったり、宇宙人たちに乗っ取られたドリーマーズランドから逃げるシーンなど、ハラハラドキドキするシーンが満載で最後まで夢中になって見てしまいました。

子供の頃、初めてこの映画を見た時は、空から蒸気機関車が裏山に到着するシーンにとても感動し、ドリーマーズランドでの大勢の白雪姫シーンや、ジャイアンたちが忍者になるシーンなどで思わず笑ってしまったのを覚えています。

子供ながらに、宇宙を走る蒸気機関車に乗ることや、ドリーマーズランドで遊ぶことを想像したりと、ワクワクしたものです。

そして今、大人になって今度は我が子と一緒に見て楽しんでいます。長く楽しめる本当に素敵な作品です。

まとめ

上にもある通り、今回が藤子F不二雄さんにより完成させられた最後の作品になります。

次回作は執筆中に亡くなってしまっているため、これまでのドラえもんが好きだった人は次作と合わせて是非ご視聴してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました