お金という価値観が変わる 映画『億男』3億円当選した男の結末はいかに!?

邦画

「お金って?」どういうものなのだろうと考えることってあんまりないですよね。

私もそうです。ただ毎日仕事をして買い物、たまに旅行などをしてあまり何も考えずにお金を使っています。

年齢を重ねていく中でお金の価値についての考え方は少しずつ変わってきたとしてもお金のことが好きか?なんて考えることはほとんどないようです。

「億男」と聞いたときに「え?どういう意味?」と衝撃を受けた人もいるはずです。

そこで「億男」の動画視聴することでお金に興味が持てるかどうかを調べていきます。

 映画『億男』のあらすじ

みるからに人生に疲れた感じのする大倉一男は借金の肩代わりをしたことから妻と娘と離れて暮らすことになります。

借金返済のために図書館司書として働きながら夜はパン工場で働いていました。

ある日、娘と一緒にいる時に通りがかりのご婦人から商店街の福引をもらって引いてみたら、娘の望みの自転車は当たらなかったけど4等の宝くじが当たりました。

その宝くじは偶然にも3億円当選したので一男は借金返済以外にも夢を膨らませていたけれど、ネットなどを覗いていると、急に大金を手にすることで悲劇が起こると書かれているのもあり不安感が広がってしまいます。

そんな時にふと親友の古河九十九に相談してみようと訪ねていきます。

九十九の「お金は好きかい?」の問いかけに一男は借金があることで家族と離れて暮らしていることなどから決してお金は好きとは言えない自分がいることに気づきます。

その後、九十九との再会ですっかり酔いつぶれてしまった一男は翌朝、現金化した3億円のカバンが九十九とともに姿を消してしまったこと気づきます。

その時に「お金の正体とは?お金の幸せとは?」などを話していて「人間には自分の意思でコントロールできないことが3つある。」「死ぬこと、恋すること、そしてお金。その中でもお金だけは別物でその理由は?それはまた今後するよ。」といわれていたことも思い出しながら消えた3億円と九十九を探していきます。

九十九が何を言おうとしていたのか?ヒントを得るために「バイカム」で一緒に働いていた百瀬栄一、千住清人、安田十和子を訪ねていきます。

そこで、それぞれの「お金とは?」お金に対する向き合い方などを知っていきます。

自分なりに「お金とは?」の答えを導き出せたときに3億円を持った九十九が目の前に現れます。

https://www.youtube.com/watch?v=gw_G8IKw6dA

 映画『億男』のスタッフ、登場人物紹介

監督(大友啓史):「るろうに剣心」シリーズ、「ミュージアム」「3月のライオン」などの映画他に「ハゲタカ」「秀吉」などのドラマの監督でもあります。

原作(川村元気):「電車男」「告白」「モテキ」「君の名は」「天気の子」などの企画・プロデュースをしているだけでなく、「世界から猫が消えたなら」「億男」「百花」などの小説家でもあります。

脚本:渡部辰城

キャスト

大倉一男(佐藤健)

古河九十九(高橋一生)

大倉万佐子(黒木華)

あきら(池田エライザ)

安田十和子(沢尻エリカ)

百瀬栄一(北村一輝)

千住清人(藤原竜也)

 映画『億男』の主題歌

「億男」の主題歌は

BUMP OF CHICKENの「話がしたいよ」

です。

https://www.youtube.com/watch?v=G6s8HF1WsJY

歌詞の中で「ああ、君がここにいたら話がしたいよ」というフレーズに一男と九十九の気持ちを考えると切ない気持ちになります。

 映画『億男』の口コミ

⭐️⭐️⭐️ お金を手にした人たちの行く末は?

「億男」に描かれているようにみんな駄目になってしまうのかな?と思いましたがお金に対する考え方はいろいろあるものだと感動しました。

⭐️⭐️⭐️⭐️ 川村元気は小説家としてもすごい

「世界から猫が消えたなら」や「モテキ」などの映画をみて演出でも脚本でもおもしろく観ることができたのもあり、今回の「億男」も期待して観ました。お金とは?などの投げかけにそうだねと思えたのもあり川村元気は本当にすごいと思いました。

 映画『億男』の感想

男性
男性
お金について、色々と考えさせられた映画で時間が流れるのがとても早く感じられた作品でした。
友人にお金を持ち逃げされて、なんの為に友人が持ち去ったのかを考え、行方を追っていく中で様々な事に、気づいていく事が面白かったです。
主演の、佐藤健さんは、お金があれば家庭がうまくいくと思っていましたが、お金がないときとある時では、家族から思われる事が違かったのが印象的でした。
私も裕福ではない家庭で育ち、お金があれば周りを幸せに、できると考えていたので、特に思うことがありました。
他にも印象的だったシーンは、多く佐藤健さんが子供のバレエの発表会を観て泣いたシーンや高橋一生さんが旅行先で語っていた内容などが印象に残っており、とても良い作品だと思います。

女性
女性
奥が深い映画です。特に主人公の大倉一男のように家庭を持つ年代もしくはその上の年代の方にとっては自らの境遇と照らし合わせ、この作品に込められたメッセージが手にとるように伝わってくると思います。
お金では買えないもの、お金が変わるのではなく、お金を持つ人が変わる、私も頭ではわかっているのかもしれませんが、こうしてストーリーとして改めて観ると考えさせられるものがあります。
私も大倉一男と同じくらいの子どもがいるので、習い事にお金がかかることや働いても働いてもお金に満足することはないんです。
お金に縛られていると目の前にある幸せに感謝していない自分がいたり、周りの家族に無駄な心配をかけさせたりしてしまっています。億男からのメッセージ、多くの皆さんに受け取っていただきたいです。

女性
女性
佐藤健さん、高橋一生さん、北村一輝さん、藤原竜也さん等、そうそうたるメンバーが出演されていました。
億万長者の役はとても濃いキャラクターの人が多く、北村一輝さんや藤原竜也さんはとてもキャスティングが合っていたと思います。
ストーリーとしては、盗まれたお金と消えた友人を探す話で、先が読めずに面白かったです。
藤原竜也さんが出ているので、もっと事件が起きると思っていましたが、良くも悪くも思っていた映画とは異なり、お金というものについて深く考えさせられる余韻を持たせる映画だったと思います。
砂漠でのシーンが少し長く感じ、中だるみする感覚はあったのですが、全体的な話としてはまとまっていたと思います。
また、BUMP OF CHIKENの曲も作品の映像にとても合っていて更に感動しました。

女性
女性
結構低めのレビューが多いと感じたのですが、自分は面白いなとおもいました。
なかなか体験できることが無いことが題材になってますから、現実味がどうかという点ではどうかと思ったのですが、話のテンポも悪くなく、お金の使い方やお金への価値観、考えは人それぞれであるということを改めて感じました。
佐藤健さんの「お金に振り回されず、お金を使える人間になりたい」という言葉が自分には結構響きました。
そして高橋一生さんのどもる演技が本当に凄いなと思いました。それ以外に他の作品などではお金=悪という風に描かれていることが多いのですが、この作品はそのように描かれていなく、それがとても良いと思いました。
以上のことを踏まえてとてもいい作品だと思います。

女性
女性
映画プロデューサー・川島元気の同名ベストセラー小説の映画化とだけあって期待はかなり高く、キャストも今をときめく佐藤健、高橋一生の共演ということで、そこだけでもこの映画の見どころと言ってよいと思います。
作品自体は、「お金」について良くも悪くも考えられる、そんな作品でした。お金で買えないものはない、お金があればどんなことも解決できるなんて幻想なのか。お金をもった人々は苦悩なく、みな幸せなのか。私たちの普段の生活とはかけ離れた世界の話なので、全く現実味はありませんが、人がそれぞれ「お金」に対して思っていることや考え方の違いを改めて学ぶことができました。
佐藤健の「お金に振り回されず、お金を使える人間になりたい。」という言葉、私は一生忘れることはありません。

女性
女性
主演の佐藤健さんと高橋一生さんの、いつもとはどこか違う地に足のついていないような、こちらをじりじりそわそわさせる演技が素晴らしかったです。
映画をよく見る人であれば、おそらく途中でストーリー展開は読めてしまうのですが、それでも最後に二人がどうなってしまうのか見届けたい!という気持ちにさせられました。
お金というもののおそろしさや儚さもしっかりと描かれていて、自分に宝くじが当たったらどうなるだろう…と想像したくなるだけでなく、今自分が大切にしているものをもっと大事にしていきたいなと思いました。
もちろん佐藤健さんはどんなに酔っぱらっていても途方に暮れていても最高にかっこよく、思う存分イケメンを堪能できます。

女性
女性
映画億男の感想は、お金の怖さや存在の価値感がとても上手に興味深く描かれている作品だと思いました。お金は、欲しいけど簡単に手に入るものではないし、大切によく考えてお金と関わっていかなければいけないと思いました。
もし、映画のように宝くじが当たったら、どうなるのか。億円を持つ人間になったら、どうなるのか。とても考えさせられました。お金は、大好きだけど怖さもあるし、稼ぎ方も持ち方も様々だと思いました。
また、お金の回り方もとても勉強になりました。最後は、少し思っていた結末とは違いましたが、何となく、ほんのりと、温かい気持ちになりました。はじめと最後で観ている方の感情が変わるような作品でした。結構驚いたことですが、感動できる作品だと思います。

女性
女性
お金に困っていた男が宝くじで1億当てたものの、学生時代の友人がそのお金とともに消えてしまい、主人公の一男は友人の九十九を追うのですが、その過程で「お金」というものにさまざまな角度から向き合っていくという展開がなかなか興味深く、そして面白かったです。
「お金」とはいったいどういったものなのか。大金を実際に手にした人と出会うことで見えてくる事から、一男が徐々に九十九の真意へとたどり着く流れが自然で、説得力がありました。
また、2人の学生時代の落研や卒業旅行のエピソードも無駄がないのが良いですね。
人となりも十分見えますし、冒頭の久しぶりの再会という形で登場する九十九がどこか挙動不審に映るのですが、彼の行動という謎を解くヒントの役割も担っているので、見返してみると二倍楽しいです。
惜しむらくは、落語を知らない人にはピンときにくいのではないかなという若干の懸念がないではないという点が挙げられる程度でしょうか。有名なタイトルなので、もし知らない人もこれを期に一席聴いてみるのもいいかもしれませんね。

女性
女性
主演の佐藤健さんをはじめ、高橋一生さん、藤原竜也さん、沢尻エリカさん、北村一輝さん、黒木華さんなど、個性豊かで豪華な役者揃いで皆さんはまり役でした。
個人的に北村一輝さんが演じる百瀬がとてもいい味を出していて好きでした。話の展開もわかりやすく、原作を未読でも楽しむことができました。3億円当たったときの主人公の行動が見どころです。
自分自身が3億円当たったらどう使うかを考えながら観て欲しい映画です。
また、主人公の親友である九十九がなぜお金を持ち去り消えてしまったのかに注目です。お金や人生についてよく考えさせられる、深いストーリーとなっており、結末も納得できるものでした。
お金は時には人を変えてしまうこともあり、お金の怖さも感じました。お金=幸せというわけでもないことを改めて感じた映画です。

男性
男性
とても面白い映画でした。
アクションシーンがある訳でもない。空けえ像がとりわけ美しい訳でもない。ただお金とはなんなのか?それを考えさせられる映画でした。
主人公は奥さんと子供とは別居中で図書館勤務の男性。収入が少ないせいもありダブルワークで必死に働いています。そんな主人公がひょんなことから大金を手に入れます。
その使い道をどうするか、大学の同級生で会社経営者の友人を訪ねそのことを相談するのですが、その友人はお金と共に消えてしまいます。お金とともに消えてしまった友人を探すため繋がりのありそうな人を当っていくのですが…。
辿って行く間には様々なお金観の持ち主に出会います。豪遊する人、詐欺まがいのことをしている人、大金をもってはいても使わないで隠している人。それぞれに主張があり考え方がある。
よく思うか悪く思うかも見た人次第なのではないかと思ってしまいます。別居中の奥さんにもうすぐ大金が入ると伝えた歳もたまらない男になったと離婚届を突きつけられたり。
お金ってなんなんだろうと考えさせられ、消えた友人の真意はなんなのかとても気になる、そんな映画でした。内容が内容なのである程度の大人に是非見てもらいたい映画だと思います。

女性
女性
佐藤健が出るのでみました。とても話の流れが良く心地よいテンポでした。
やはり、お金ってこわいなぁーと言うイメージ。一男はお金で我を失ってましたね。働きずめで、体調も悪くなるわ家族とも離れるわで。お金がないと心の余裕もないし。夜な夜なお金をばら撒いて遊んで、競馬で大金をすって愕然とするも、お金なんてかけてなかった。滑稽だなーっと。人間はお金に振り回されてるな、自分をしっかり持たなければ!とも思う映画でした。
九十九は、ずっとお金とは、幸せとはを考えて大事なことを一男にゆっくりと教えていったのだな、男同士の友情も良かったです。旅先あるあるで、物壊すし、倒れるし、情けない役も似合ってるなーと思いました。

男性
男性
映画館で観させて頂きました。「お金」という世の中に溢れるモノをテーマに、そのお金に翻弄される様々な人々を描いた笑いあり涙あり考えさせらる映画となってます。
まずこの映画は、高橋一生と佐藤健の組み合わせが最高です。なんでこんなかっこいい2人を揃えたんだろうかと思います。
高橋一生は吃音のちょっと変わった役者を上手く演じており、佐藤健はちょっと情けない男を演じています。その演技力はやはり感服です。観ているだけで目の保養です。
ストーリーも上手く練られており、2人で海外に向かうシーンは圧巻で泣きそうになりました。また、藤原竜也の存在も素晴らしいです。異色なキャラクターですが、彼だからこそ演じられる役柄ですね。全体を通しても本当に面白い映画です。

男性
男性
もしも3億円当たったら?私だったら?と考える機会を与えてくれるのが「億男」でした。
「お金と幸せの答えを見つけてくるよ」との言葉を聞いたときにあまりお金について深く考えたこともありませんでした。
1万円札は縦76ミリ横60ミリ重さ1gでその重さは1円と同じということも全く知りませんでした。
特に貯金通帳に3億円の数字を見ていてもお金があることを実感できないことやクレジットカードは魔法のカードではなく信用でお金自体が信用であることも知るきっかけとなり自分自身を見直すきっかけとなりました。

映画『億男』のまとめ

「億男」ではチャップリンの「人生に必要なもの、それは勇気と想像力とほんの少しのお金さ」からもいえるように「お金とは?」を考える機会を与えてくれる映画です。

3億円と聞くと大金でそれを得ることで人生が変化して悲惨な人生を送る人が多くいるという記事を目にした一男が親友の九十九に相談して豪遊のあと3億円とともに消えていった九十九の行方を求めてお金と幸せをめぐる冒険を描いている映画です。

この「億男」を動画視聴して「お金とは何か?」について一緒に考えていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました