おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【カーズ】動画を無料で(映画2006)フル配信・視聴する方法

カーズ アニメ映画

(C)DISNEY/PIXAR

『カーズ』は2006年に公開されたピクサーが制作したアメリカの映画です。

映画『カーズ』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『カーズ』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

Official Trailer: Cars (2006)
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、映画『カーズ』シリーズをお読みいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

他の「カーズ」もおシリーズもお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

映画『カーズ』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・ライトニング・マックィーン

新人レーサー・ライトニング・マックィーンは「ピストン・カップ」の最終レース・ダイナコ400に参戦しています。

そのシーズンのピストン・カップでは最終レースに至るまでに三台の車が同じスコアという珍しい現象が起きていました。

そう、つまりこのレースを制したものがチャンピオンになれるのでした。

その中の一台がライトニング・マックィーン。

他の二台はこのシーズンで引退を表明しているキングと二番手のチックです。

そのレースの中でタイヤ交換を渋ったライトニングはおかげで圧倒的に優位な状況にいましたが、レース終盤でタイヤがバーストするという不幸に見舞われます。

そのせいで後続との距離をどんどん縮められ、最終的には三台共に同着になるという珍しい状況になってしまいました。

結果、チャンピオンを決めるべく一週間後にカリフォルニアで史上初の三台によるチャンピオンレースが行われることになったのです。

・ライトニング、行方不明に

その祝勝会での最中、ライトニングはチックにカリフォルニアにより早く到着したものが大手のスポンサーを得られるという言葉を真に受け、その日の晩のうちにカリフォルニアに向けて出発してしまいます。

ライトニングを運ぶトレーラーのマックが途中休憩を申し出ますが、ライトニングがそれを許しませんでした。

おかげでマックは居眠り運転をしてしまい、ライトニングとはぐれてしまうのでした。

気がついた時、ライトニングはルート66号線沿いにあるラジエーター・スプリングスに迷い込み、おまけにそれまでのスピード超過を咎められ、パトカーに捕まってしまいます。

一方、大人気レーサーが行方不明になった事実はカリフォルニアを大きく騒がせていました。

・裁判に

ラジエーター・スプリングスは田舎で有名であるはずのライトニングを知るものはいませんでした。

それどころか大幅なスピード超過と道路を破壊した罪で裁判にかけられることになってしまいます。

裁判長・ドックの判断でレーシングカーであるライトニングは街から出て行くように命じられますが、そんな時ライトニングの前にポルシェのサリーが現れます。

サリーはライトニングの壊した道路を自分で直すようにいい、皆もそれに乗せられる形で判決が覆ってしまいました。

・VSドック

ライトニングは渋々道路の修理を始めました。

そんなライトニングの耳にチックがカリフォルニアに到着したという知らせが入ります。

負けられないライトニングは心を奮い立たせ修理活動を開始させますが、却って道路をめちゃめちゃにしてしまいます。

一刻も早く出て行きたいライトニングを見かねたドックはライトニングにレースを持ち掛けます。

ライトニングが勝利すれば街を出て行っても構わないとドックは言います。

ライトニングはレーサーである自分の勝利を信じて疑いませんでした。

しかし結果は負けてしまい、再び道路の修理活動を開始すると同時にレースの敗因となったどんな道のコーナーでも走れるように自主的に練習するようになりました。

そして街の人々と打ち解けるようになります。

・ドックの秘密

翌日、ひょんなことからドックの部屋に入り込んだライトニングは衝撃の事実を知ることになります。

ドックの正体はライトニングの憧れる「ピストン・カップ」を三回も制覇した伝説のレーサーだったのです。

そのことに驚いたライトニングはドックにいろんな教えを乞おうとしますが、自主練習の時に相手にしなかったことを恨みに思われ、相手にされません。

おまけに街の人にその事実を知らせようとしますが、街の人たちは信じてくれることはありませんでした。

ドックはレーサーとしての全盛期に故障した過去があり、修理している最中に次々と現れた新人レーサーによって居場所をなくしてしまったのでした。

そしてその過去を街中の人々には秘密にして生きていたのです。

更にはその事実を知ったライトニングに早々に道路の修理を終えて出て行くように言いました。

・ライトニング発見される

街の人々に触れるうちにすっかり心を入れ替えたライトニングは、その日の夜の間に残りの道路の修理を終わらせて、街に活気を取り戻すべく動き始めました。

そしてライトニングのおかげでラジエーター・スプリングスにはかつての活気のような明るさが戻ってきたのです。

街中の人が喜び、楽しんでいると、街に来客が現れました。

それは行方不明になったライトニングを探し求めていたマスコミやマックたちでした。

彼らに言われるがまま、ライトニングは碌なお別れの言葉も言えず、ラジエーター・スプリングスを去ることになってしまうのでした。

【 ネタバレ 】

・チャンピオンシップ開幕

いよいよカリフォルニアでチャンピオンシップが開幕しました。

たくさんのファンやマスコミに囲まれながら、いよいよレースが始まろうとしていますがライトニングはラジエーター・スプリングスにいる皆の顔が浮かんでは離れません。

それはレースが始まっても同じことでした。

おかげでキングとチックから大きく離されてしまいます。

そんなライトニングの姿を鼓舞する声がありました。

その声にはっとしたライトニングは声のした方へ視線を向けます。

するとそこにはドックやメーターがいました。

彼らの応援と補助のおかげでライトニングは本来の力を取り戻し、一気にトップ争いに食い込んでいくのでした。

・結末

残り一周となったとき、ライトニングの勝利を誰もが疑いませんでした。

そんな中意地でも負けたくないチックはキングに乱暴に体当たりし、彼をクラッシュさせ、ライトニングに迫ろうとします。

おかげでキングは飛ばされ動けなくなってしまいました。

その姿がかつてのドックと重なったライトニングは思わずゴール直前でブレーキを踏み、キングを助けに向かいました。

その間にチックがゴールラインを越えて優勝したのです。

しかし誰もチックに喝采を送ることはありませんでした。

それよりもキングの背中を押すライトニングに喝采が送られたのです。

そのレースが評価されたライトニングは大手スポンサーから勧誘を受けますが、それを断り、ラジエーター・スプリングスに自身の本拠地を構えることに決めたのでした。

【 登場人物紹介 】

ライトニング・マックィーン (土田大)

メーター (山口智充)

サリー (戸田恵子)

ドック・ハドソン (浦山迅)

マック (立木文彦)

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

・ピクサー映画が好きな方
・家族で見る映画を探している方
・車が好きな方

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

感想はここから見れます
女性40代
女性40代

この作品は息子が2~3歳の頃、一緒に何度も何度も観ました。私は女性なのでこの映画が公開されるときに「車のアニメ?」と興味を持てずにいましたが、2歳の息子にとっては男の子だからか、DVDを買ってあげるととても喜び、唯一集中して最後まで観られる作品でした。

マックィーンが舌を出してゴールするシーンは顔マネするなどとても興奮!他、次々と登場するキャラクター、特にメーターの陽気な性格は愛らしく、しゃべり方も特徴的で気に入っていました。

私としてはオシャレなフォルクスワーゲンの車体がかわいくてフィルモアも大好き。

キャラクター全てに個性があってとても楽しく見ることができました。

マックィーンの自信過剰な性格が、仲間たちとの出会いによって変わっていく様がとても素敵な映画です

女性40代
女性40代

冒頭では、ライトニング・マックイーンのわざとらしいくらいの嫌なヤツ加減に「おいおい。」と思いつつ、レースのカッコ良さにくぎ付けになります。
そして、テンポの良いセリフ回しや、レース会場の華やさ、個性のある車たちを楽しみ、マックイーンの心の奥の寂しさにも少し触れました。
華やかなカーレースの世界の表と裏。私達はそんな世界にすっかり入り込んでしまいます。

マックイーンは本当に嫌なヤツだけど、憎めない。自分に尽くしてくれるクルーたちを蔑む態度に辟易しますが、大人は何となく自分と重ねてしまう部分があると思います。

マックイーンがラジエーター・スプリングスに迷い込んでしまい、メーターやサリー、ドック達と仲良くなっていくシーンでは、自分の事のようにホッとしました。
そしてマックイーンが、自分以外の人(車?)の為に走る事ができるようになった時は、本当にうれしかった。同時に、錆びれた町に住む車たちが、マックイーンの出現で、生き生きとし始めるのもまた、嬉しかった。
人が人に何かしてあげるという事は、一方的な事ではないのだと感じました。

仲間たちがマックイーンをラジエータースプリングス仕様にしてくれて、レースにも駆けつけてくれる。まるで家族のように。もう感動です。
そんな仲間たちの為に走るマックイーンですが、彼は仲間の為に走る事のほかに、誰かを尊敬する心を得ることもできました。
だからこそ、レースの途中で倒れたキングをほおっておくことができなかった。

自分を大切にしてくれる仲間がどんなに大切なのか、その仲間のために、何ができるのか。
そんな事を考えさせてくれる映画でした。

もちろん、ノリが良くて、軽快で、テンションが上がってしまう映画でもあります。
子供と一緒に、セリフを覚えてしまうくらい何度も観ましたが、観客の車一台一台にも細かな設定があるなど、見るたびに新たな発見が沢山ある映画です。

女性30代
女性30代

主人公のマックイーンは、稲妻のようにコースをかけぬけるかっこいい走りをしていましたが、レースではちょっとぎりぎりかっこ悪く最初はゴールします。

それから、移動しているときに、マックイーンは眠ってしまい、相棒の運んでくれていた車は、眠気と戦っていて、ほかの車にからかわれてマックイーンが外にでてしまったことに気が付きませんでした。

マックイーンはなんとかラジエータ・スプリングスに行くがそこでは、道路の修理をまかされたりして、なかなかレースの練習が出来ないことや、レースの場所にいけないことにやきもきしてしまいます。

そこで判事を務めるドックにカーブを曲がる術の特訓が必要な事を気づかされます。

そこで何度も何度も闇雲に走り続け自分で頭をつかってコースを曲がる術を見つけ、更にそれだけでなく周りへの配慮や仲間の大切さをそこで学ぶことになります。

メーターの特訓も一見意味のないように見えてレースに役立つのも見どころです。

女性20代
女性20代

自分勝手でプライドの高い、でも傲慢になってしまうだけの能力やポテンシャルを持った主人公が、挫折や素晴らしい先輩との出会い、友達との出会いによって少しずつ変わっていく過程がいとおしくなります。

劣等生の成長物語ではなく、「たまたま人よりも勉強や運動が得意な子」が陥りがちな落とし穴をしっかり描いているところが斬新なように思います。

日本の成人女性から見ると、正直あまりキャラクターが可愛いとは思えないのですが、小さい子どもたちは大興奮していて、ピクサー作品ならではのマジックを感じました。

ラストのレースシーンでは思わず大人もマックィーンの勝利を祈って固唾をのんでしまいますし、CGのクオリティはもちろん完璧なので、それなりに見ごたえがあります。

女性30代
女性30代

高慢ちきで独りよがりな新人レーサーのマックウィーンが、ひょんなことから寂れた田舎町に迷い込み、そこの住民たちとの触れ合いを通していくうちに、レーサーとして勝つことよりも大事なことに気が付いていく、という大人にも子供にも受け入れやすいストーリー設定がとてもいいです。

ラストのレースシーンで、マックウィーンが取るある行動が、彼が友情や仲間たちの支えというものがどれだけ大切であるかを学び、ともに立ち向かっていくという流れは、今の子供たちの成長や、ともすると自己中心的になりがちな私達大人に対しても、とても大切なメッセージだと思いました。

小さなお子さんのいるご家庭では、是非家族全員でご覧になって、この映画で大切なことがなんだったのか一緒に語り合ってほしい作品としてお勧めです。

男性30代
男性30代

カーズの面白いところは、やはり少年心をくすぐるワクワクさがあるところです。

車がしゃべるという何ともピクサーらしい作品ですが、それを意識させないぐらいの安定したストーリー力はすごいと感じました。

レーサーとして、仲間を信じ自分を信じ突き進むところが良かったです。

もともとは慢心のこころがあったマックイーンでしたが、仲間たちと出会い、かれらの仕事にかける思いや仲間を信じる心を持つことでよりよいレーサーになりました。

子供に見せることで勉強にもなる作品だと思います。

マックイーンもいいのですが、メーターやカレラなどのサブキャラクターも人情あふれるキャラクターでいいです。

現実の関係の話も盛り込んでいるので大人でも楽しめる作品になっています。

女性30代
女性30代

Racing CarのLightning Macqueenが主人公。Piston Cupというレースで3台同時ゴールになった為、Californiaで行われる最終レース会場へ向かう途中に配送車Mackと離れ迷子になってしまう。Rout66にあるRadiator Springsへたどり着いたMcqueenはそこで沢山の仲間に出会い、自分勝手に行動していたMcqueenの考えが変わっていく。
私は、廃車となってしまった以前Racing CarだったHadson Hornetの渋いカッコよさにハマりました。
つっけんどんな態度でRacing Carを嫌っていたけれど、仲間想いのSarryやMaterなどに影響され変わっていくMcqueenを見て手を差し伸べ始めた。
一人、いや、一台でRacing tyreに履き替えて走っていた姿はとってもカッコよくて鳥肌が立ちました。
最後にMcqueenはどのようなレースを見せるのか見ものです!!!

女性30代
女性30代

私も、3人の息子たちもピクサーの中でもTOP3に入る大好きな映画の1つです。

何度観たか数え切れません。

何度涙したか数え切れません。

まず映画の冒頭部分から目が離せません。

エンジン音、臨場感、マックイーンの自信満々なカッコ良さ、最高です!会場の熱気もビンビン伝わります!マックイーンは優秀なレーサーだけど、天狗になってしまっていました。

ラジエータースプリングスのみんなと出会って大切なことに気づいていき、外見だけではなく内面もカッコイイマックイーンになっていく姿はとても良かったです。

さいごの3台で行ったレースでは、涙涙です。

ただ1位を取ることが勝者じゃないんだ、ゴールの時に後ろから押してあげたところは、子どもにとってもいいシーンだったと思います。

女性30代
女性30代

マックイーンが足止めを喰らう街が、いい感じに廃れていて、みごたえがあります。

日本はそんなにだけど、アメリカはすごい長い距離を車で旅する人がいただろうから、ああいう街がいろんなところにあるのかもなとアメリカに想いを馳せれました。

また、そこの車たちも、またこの街にみんなが来てくれたらなって期待を持っていたり、代わり映えのしない毎日の中、みんな知り合いだったりして、見ていてほっこりします。

その中でもメーターはちょっと天然だけど、だからちょっと天狗だったマックイーンとも気が合ったのかななんて思いました。

レースの表現もすごくよかったです。

結構迫力があったし、その後の表彰式みたいなのとかも、勝った車が嬉しそうで、たしかに実際に勝った車は輝いて見えるもんなと思いました。

おもしろい作品です。

【 まとめ 】

意志を持った車たちの物語ですので、人間は一切出てきません。

ですが様々な種類の車がたくさん出てくるので、車好きにはたまらない作品になっていると思います。

子どもから大人まで楽しめる作品ですので、是非家族一緒に楽しんでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました