おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【猿ロック THE MOVIE】動画を無料で(映画2010)フル配信・視聴する方法

猿ロック THE MOVIE 邦画

(C)2010「猿ロック」製作委員会

天才鍵師を描いた、人気コミックをTVドラマ化した作品の劇場版。2010年公開。

どんな鍵でも巧みな技術で開けてしまう、下ネタ大好きの天才鍵師サルは、銀行強盗事件を皮切りに謎の女マユミの依頼を受け、あるスポーツクラブの金庫の鍵を開けることになるが、その後警察に追われることになってしまう。

映画『猿ロック THE MOVIE』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『猿ロック THE MOVIE』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

映画『猿ロック THE MOVIE』予告編
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、他の『市原隼人』出演の作品をお試しいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

他の「市原隼人」出演の作品もお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

「市原隼人」出演作品 U-NEXT hulu
猿ロック THE MOVIE 視聴 ▶ ×
ボックス! 視聴 ▶ ×
ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ 視聴 ▶ 視聴 ▶
喝 風太郎!! 視聴 ▶ ×
ROOKIES-卒業- 視聴 ▶ ×

映画『猿ロック THE MOVIE』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・銀行強盗、現場の鍵開け

ある銀行に強盗が入り、その場に居合わせた市民と女性警察官の水樹が人質となっていました。

犯人が水樹を人質に外に出ると、人質の解放と引き換えに逃走用の車を用意するように水樹に言わせ、中へ戻っていきます。

その頃銀行の裏口では、交番勤務から刑事になっていた山田が特殊部隊突入の為、サルを呼び、鍵を開けてもらっていました。

鍵が開いたころ、逃走用の車が銀行前に到着し、水樹1人人質として残ることを条件に人質になっていた市民は解放され、特殊部隊も突入し被害者も被害額もゼロとなりましたが、主犯を取り逃がしてしまいました。

・マユミの依頼

犯人逮捕、人質解放の際に水樹と共に外に出てきた山田と、鍵開けとして活躍したことでインタビューを受けたサルがいつ映るのかと商店街の人たちとTVを見ていたとき、サルの元に、1人の美女が訪れます。

その女は”篠崎マユミ”と名乗り、銀行強盗の際に人質として捕らわれていた1人だったのです。

マユミは、自身には記憶に障害があることを告白し、勤め先で金庫の管理を任されているが、番号を忘れてしまったから鍵を開けてほしいと依頼してきました。

・スポーツクラブ

金庫を開けるため、マユミの勤め先であるスポーツクラブを訪れたサルは、たくさんの女性がトレーニングに励んでいる様子に浮かれっぱなしでした。

そしてなぜか一緒に来ていた山本も浮かれ、その様子を写真に撮とり、銀行強盗の主犯逮捕に向けての捜査をしていた山田に送ります。

送られてきた写真を見た山田は、最初は羨ましいと思いますが、その写真に写るスポーツクラブのマークが、捜査中の犯人の使用していた薬物のマークと一致することに気付きました。

・金庫の鍵

金庫のある部屋にマユミとやってきたサルは、鍵屋の掟としてマユミに作業を見ていてほしいと頼み、金庫を開ける作業に取り掛かりはじめます。

ダイヤル式の金庫の開錠に挑んでいたサルは、鳴り響いた電話の音に集中力を欠かれながらも作業を進めていきますが、その鳴り響いた電話の持ち主はその場にいたマユミのものではなく、ソファーの後ろに横たわる男性の所持品でした。

その携帯の音が合図かのように、マユミが着替えを始めたその時、金庫の鍵が開きます。

中から黒いトランクを取り出すと、サルに運ぶように指示しスポーツクラブを出ようとしますが、クラブの職員や悪い人たちに追われることとなってしまいます。

なんとか逃げ切りクラブから出ることが出来たサルとマユミでしたが、トランクを持って走り去るサルの様子を、マークを調べにやってきていた山田に目撃されていました。

・真実

クラブから出た後も悪い人たちが追ってくる中、必死にトランクを守り、トラックに荷台に潜り込んだり、マンホールの中を移動したりしてなんとか逃げ切り、2人はホテルに向かいます。

マユミと2人でホテル=童貞卒業だと喜ぶサルがシャワーをして出てくると、マユミは寝ており卒業することはできませんでした。

ホテルを出た2人の前に、山田が現れマユミは捕まり、車に乗せられてしまいます。

必死で阻止しようとマユミから聞いた話を山田にするサルですが、山田は「こいつは悪党だ」と言い、マユミも山田の言う通りでサルに話したことは全部嘘だったと言います。

真実を知りショックを受けるサルも乗せて山田は車を走らせますが、そこにサルとマユミを追ってきていた男たちが車で接近すると、そのまま山田の車にぶつかってきて、山田の車は横転し、マユミはトランクと共に男たちに連れて行かれてしまいました。

・スポーツクラブに潜入

山田やリツコにマユミは悪い人間だからもう諦めて忘れろと宥められるサルでしたが、「絶対守る」とマユミと約束したことが頭に残り気にかかっており、マユミを助けるためにスポーツクラブに潜入することを決意します。

潜入するためにスポーツクラブにやってきたサルのもとに、山本とリツコも現れ潜入を手助けすると言い、リツコはクラブの利用者になり中へ入り、サルと山本は一度クラブを利用して顔が知れているためコソコソと屋上に上がり、建物内に潜入を試みます。

屋上から無事潜入に成功したサルと山本は、トランクのある部屋を見つけるとそこには藤山がUSBメモリーを片手に誰かと電話していました。

そのUSBをトランクの中に隠し、そのトランクを金庫に入れた藤山が部屋を出ていくと、去ると山本は部屋に潜入し、金庫を開けるようとしますがなかなか開かず苦戦します。

その頃リツコは事務の内部からマユミの居所を探っており、1人の怪しい男を見つけると、その男を追跡し始めます。

なんとか金庫を開けることに成功したサルはトランクを持ち出しますが、そのとき既にマユミは他の場所に連れ去られていました。

【 ネタバレ 】

・マユミの救出

スポーツクラブから出たサルはバイクで、山本とリツコは山田に連絡し車でマユミの救出に向かいます。

ようやく居場所を突き止め、港にサルが到着したときマユミは車に乗せられハンドルに鎖で繋がれた状態で、車は海に落とされてしまいました。

サルは迷わず海に飛び込むと、水中で必死にドアを開け、鎖につけられた南京錠をを外しにいかかりますが、息も苦しくなりなかなかうまくいきません。

どんどん沈む車の中でなんとか南京錠を開け、鎖を外しマユミとともに海中から生還し、藤山たちも山田や水樹の手によって逮捕されていました。

ずぶ濡れで寒さに震えるサルとマユミは、水樹の車に乗せられ、どこかわからない道の途中で降ろされると、USBを渡すように言いながら拳銃を突き付けられます。

トランクから抜き取っていたUSBを水樹に渡すと、水樹は2人を置いて去って行き、残された2人は冷えた体を温めるためホテルへ向かい、サルは再度やってきた童貞卒業のチャンスに1人興奮していました。

・別れ、マユミからの手紙

シャワーを浴びているマユミを待っている間に寝てしまっていたサルが、目を覚ますとマユミはそこにはおらず、再びショックを受けてしまいます。

マユミは、逃げるかのように海外へ旅立とうとしていましたが、空港で警備員につかまり持っていたトランクを調べられますがそこには、マユミが思っていた本来入っている物とは違う、サルからの贈り物が入っていました。

一方サルは、「鍵屋の掟を破ったから看板を下ろすしかない、それがプライドだ」と言って、看板を取り外していました。

山本から合コンの誘いに、いつもならノリノリで返事するのに「俺はどうせ一生童貞だ」と言って反抗するサルのもとに一通の手紙が届きます。

それは海外に旅立ったマユミからで、そこには感謝の言葉と、今マユミが幸せに暮らしていることが書かれており、それを読んだサルは号泣し喜びました。

【 登場人物紹介 】

・サル/猿丸 耶太郎 (市原 隼人)

・篠崎マユミ    (比嘉 愛未)

・山田       (高岡 蒼佑)

・リツコ      (芦名 星)

・山本       (渡部 豪太)

・藤山       (光石 研)

・水樹 瑛子    (小西 真奈美)

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

・笑って泣ける映画が好きな人

・市原隼人が好きな人

・ドラマを見ていた人

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

女性30代
女性30代

ドラマはコミカルな部分が多かったですが、映画は全然違っていて、予想外に良い意味で期待を裏切ってくれるような感じです。

アクションもストーリーも素晴らしくて、最後までハラハラしながら見れます。

主演の市原隼人さんの男らしい雰囲気が魅力満載でやっぱりカッコ良かったです。

ルーキーズとかもそうですけど、熱い役どころが彼にはぴったりだなぁっと思います。

あと、猿が鍵をカチャンと開けるシーンが個人的には気持ちよくて、爽快感すら感じられます。

ストーリーを通じて、人と人との信頼関係が大切なことに気づかされる部分も多かった印象があります。

猿を取り囲む個性溢れるユニークな仲間達とのやりとりが面白くて、そこもこの作品の魅力でもあります。

感想はここから見れます
女性40代
女性40代

原作はコミックで実写ドラマ化して今回の『猿ロック THE MOVIE』となったそうなのですが、原作もドラマも見ないまま見ました。

なんか主人公のサル(猿丸耶太郎)が、美女に会うとふらふらっとなってしまうキャラクターで、AVにもガン見的で青(むしろ性)春の真っ只中だと思いました。

つか妄想が凄すぎて無自覚で鼻血出すとか草が生えまくりました(大笑いした)。

なんかTBS「日曜劇場」で放送中の『危険なビーナス』と言うドラマも、主人公の妄想がひどいですが、こっちの方がはるかに妄想のレベルが上でそんな事あるのかい!とびっくりしました。

話はサルが指名手配になってて、キャッチコピーのそれだなーと展開を見てました。

あと後半で『星の王子様』に出るセリフが出てくるのですが、今回の美女マユミが別れを伝える文にも出てきてこれは大事な事なので二回だしましたと言ういやつかと感心しました。

シリアスの中にドタバタお色気風を何回も差し込んでいるので、あっという間に見終わって面白かったです。

【 まとめ 】

鍵師としての真面目なサルと童貞エロ青年な下心丸出しのサルが美女に振り回され警察に追われるドタバタ劇が最高に面白くて、見所満載の作品です。

登場キャラを理解し、ストーリーに入り込むためにも、TVドラマ作品から見ることをオススメします!

是非、ご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました