ハロウィンおすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!
ハロウィンに是非見たい映画を紹介しています!

おすすめ映画はこちら

ドラえもん のび太と夢幻三剣士 無料動画配信(映画)フル視聴 9tsu kissanime gogoanime

ドラえもん のび太と夢幻三剣士 ドラえもん

(c) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 1994

[予告] ドラえもん のび太と夢幻三剣士

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

映画『ドラえもん のび太と夢幻三剣士』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

映画『ドラえもん のび太と夢幻三剣士』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ✕ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  ✕ 933円 14日間 なし
  〇 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  ✕ 500円 30日間 なし
  ✕ 500円 31日間 なし
  ✕ 800円〜 なし なし

映画『ドラえもん のび太と夢幻三剣士』を公式動画配信サイトを視聴する方法

2020年10月現在、映画『ドラえもん のび太と夢幻三剣士』のDVDレンタルや動画配信が視聴できるのはTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASのみです。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

映画『ドラえもん のび太と夢幻三剣士』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

映画『ドラえもん のび太と夢幻三剣士』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

映画『ドラえもん のび太と夢幻三剣士』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

映画『ドラえもん のび太と夢幻三剣士』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

ドラえもんシリーズで映画作品として15番目に当たる作品です。

あらすじ

・のび太が活躍できる世界とは

のび太は自分の活躍の場を現実ではなく夢に中に見出しドラえもんに頼んで気ままに夢見る機を貸してもらう。

その後、多くの夢を体験したのび太だったがどれも望んでいた夢ではなかった。

宿題を忘れてしまったのび太が裏山で宿題をやろうとしているとき、杖を持った人が急に出てきて知恵の木の実を渡されることになる。

食べてみるとなぜか解けなかった問題を解くことが出来るようになって、宿題が無事始業に間に合い、その後知恵の木の実を渡してきたまた再会した。

そして夢幻三剣士の世界で活躍できるといい残していくのだった。

・夢幻三剣士

ドラえもんに届いたメールの中に夢幻三剣士の文字があり、のび太は先の話から当然それを求める。

それが届くとのび太は当然、気ままに夢見る機で夢の世界へ突入する。

夢の中ののび太はしずかちゃんに似た妖精シルクに案内されながらも王国を救うノビタニヤンとして動き始める。

途中で妖霊達に襲われシルクとはバラバラになり、一人で伝説の剣である白銀の剣などを探すことになるのだがその道中でスネミスやジャイトスという夢の世界のスネ夫やジャイアンに出会い、家来にされてしまった。

日銀の剣や兜などの装備がある大木ヨラバタイジュに着いたノビタニヤンであるのび太は無事それらを手に入れる。

ネタバレ

ドラえもんも魔法使いのドラモンとして物語に入り、しずかちゃんはユミルメという国の王女としてある決まりを嫌い男剣士シズカールとして城を飛び出した。

その後、ノビタニヤンとシズカールにドラモンの三人で谷にいる竜と戦うことになる。

竜は止めを刺さない彼らに自分の汗の成分が含まれた温泉に入り死んでも蘇ることが出来るようになることを勧めた。

妖霊大帝オドロームの手下を勢いよく倒していると仕掛けられていた罠のせいでノビタニヤンは倒されてしまう。

現実でのび太のママが気ままに夢見る機を切ってしまったことから夢が終わり、ユミルメ国が危機に陥ったことを知りまた夢の世界に入る。。

オドロームにノビタニヤンは敗北しそうになったところでシズカールが現れて形勢逆転し、勝利するのだった。

その後シズカールはノビタニヤンとの婚約を決め結婚式を開こうとするがぎりぎりで夢が終わってしまいのび太としずかちゃんの夢世界での結婚は叶わずに終わる。

\ 本編をチェック! 

映画『ドラえもん』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

登場人物紹介

ドラえもん  (大山のぶ代)

のび太    (小原乃梨子)

しずか    (野村道子)

スネ夫    (肝付兼太)

ジャイアン  (たてかべ和也)

国王     (田中亮一)

シルク    (野村道子)

オドローム  (家弓家正)

トリホー   (田村錦人)

スパイドル将軍(屋良有作)

Twitterでの反応

こんな人にオススメ

・ドラえもん映画が好きな人。

・ファンタジーアニメ寄りのドラえもんが見たい人。

今作はゲームやアニメのようなファンタジー世界のドラえもん作品となっていて異例の作品です。

ドラえもんにしては恋愛要素も濃くなっていて夢世界でお互いに知らないとはいえ、のび太としずかちゃんが旅の中で恋をして最後には結婚式を開こうとします。

普段とは違うドラえもんが見たい人におすすめです。

感想

感想はここから見れます
女性30代
女性30代

ドラえもん のび太と夢幻三剣士、一番の印象は終始のび太くんとしずかちゃんをメインにストーリーが進んでいったなというもの。ドラえもん映画といえばドラえもんとのび太、しずか、スネ夫、ジャイアンの4人をメインに描かれていた印象が個人的にはとても強かったが、この作品はのび太としずかのふたりの関係性などに焦点が向けられていたイメージで最初から最後までふたりが登場していた気がします。

また、珍しく「死」というものが組み込まれていた気がする。

この二点がドラえもん映画としては珍しく、とても印象的。そういった面でも、この点が見どころに感じる。

三剣士というほど、のび太、スネ夫、ジャイアンの3人の活躍は見込めない。

もしかすると三剣士とは先の3人ではなくドラえもん、のび太、しずかなのかなとも思う。

ヒロイン枠で助けられることが多い、それでいてとても勇敢なしずかちゃんが率先として立ち向かっていく姿は割と好きだなと感じることができた作品。
ストーリーとしてはドラえもんの中でも特別優れた作品とは感じないが、今までの作品とはいい意味で違った作りでとても楽しい作品。

挿入歌がよかったというのもあるし、挿入歌が入るタイミングとしてもとてもよかった。全体を通してまた見たいと思う作品。

女性30代
女性30代

夢見る機で、夢幻三剣士の夢を見るのび太はなかなか剣士になれないからとすぐ辞めようとします。
夢には、ジャイアン、スネ夫、しずかちゃんがそれぞれの役で出てきます。
しかし、ドラえもんが夢の中で色々な道具を出すから現実世界に影響があると怒るのび太でした。
ドラえもんは反省して、夢と現実を入れ替えるボタンを押します。
妖霊大帝オドロームの配下の物を次々倒し、勝利を納めていくのび太達白金の剣士ですが、オドロームに皆殺しにされそうになる所でのび太のママが夢見る機の電源を切って夢が醒めます。
のび太達は夢があそこで終わったと信じていましたが、実際はそうではありませんでした。
夢見る国はオドロームの支配から解放されていません。
慌てて、ドラえもんとのび太は妖霊大帝オドロームと最後の決戦に挑みます。
しずかちゃんは電波を外せずまた、のび太達と同じ夢見る国の世界へ行きます。
のび太達が危ない所をしずかちゃんが助けてくれて、オドロームを倒すことに成功しました。
最後にお姫様と会う前に夢見る機の返品が来て機械を持っていっていまいます。
翌日しずかちゃんが夢の中ののび太がかっこよかったと話します。
いつもの学校が夢見る国と同じような位置にありそこで終わります。
夢幻三剣士の世界に導いた人が最後まで何者なのか分からず謎を残していくところが気になりました。
好きな夢を体験できる機械があればいいなと思っていていました。

女性30代
女性30代

私の中で内容を理解するのに時間がかかった作品でした。今までにたくさん危険な冒険をしてきたけれど、これが一番怖いと思いました。

のび太くんとドラえもん以外は自ら望んだのではなく、のび太くんがみんなを巻き込んだ形でスタートしています。

また、夢と現実を逆転させるボタンを使ってたりポケットも置いて行ったりして、そんなにしなくてもいいのにと思いました。

のび太くんのママがあの時にボタンを押してくれなかったらそこで全滅だったし、しずかちゃんがおでこのシールをはがしていたら、確実に死んでいただろうと思います。

今回は、本当にしずかちゃんにたくさん助けられた回だと思います。

自ら望んで参加したわけではないからか、なんとなくジャイアンもスネ夫くんもいまいち活躍できずに所在なさげな印象でした。

最後に気ままに夢見る機を回収にきた業者も奇妙だったし、夢幻三剣士のソフトは22世紀で作られているはずなのに、どうやって夢の世界の住人がそれに関与できたのかなどわからないことが多くあった作品でした。

敵は倒したけれど、ハッピーエンド感が少なくモヤっとしていたまま終わってしまった感じがしましたが、それに反してエンディングテーマが明るすぎるのに違和感を感じました。

敵を地下に閉じ込めて、取り寄せバックで川の水を流して倒す方法だったり、ドラえもんの道具でサクサク敵をやっつけているのは、すごく爽快で面白かったです。

女性30代
女性30代

私は小さいころからドラえもんが大好きで、アニメや映画版もたくさん観てきましたが、その中でもこちらの作品はとても大好きな作品です。

のび太は自分がヒーローとして活躍している夢をみている中いいところでママに起こされてしまう。

その時の気分が忘れられずにいい夢を見たいとドラえもんにお願いして『気ままに夢見る機』を出してもらい、夢の世界を満喫する。

ある日裏山で不思議な不気味な老人に夢幻三剣士の世界の話をきいて、ドラえもんにお願いをしてそのカセットを買ってもらい、その世界に入っていく。

やはり見どころは、のび太に夢アンテナをつけられて実際にカセットの中に入っていったジャイアン、スネ夫、しずかちゃんが活躍する様子だと思います。

悪の親玉のオドロームと、裏山で出会った老人に姿をかえていたオドロームの側近であるトリホーとの対決も見どころのひとつだと思います。

もう一つは、ドラえもんが四次元ポケットを置いていったり、隠しボタンを押したせいで夢の世界ではなく、のび太たちは現実として戦わなくてはいけなくなったこと。

途中で竜と出会い、その汗が溶け込んだ温泉に入ったことで一度は死んでも生き返る力を得るが、不死身ではないし、どうやって戦っていくのかがポイントの一つだと思いました。

女性30代
女性30代

のび太の夢の中の話という、いつもとはちょっと違う設定の話です。好きな夢を見れるひみつ道具を使ってということなんですが、その道具、私もほしいなと思いました。道具を貸した経緯もおもしろくて、なんだかんだいって、ドラえもんはのび太に甘いなと微笑ましく思いました。夢の中でのび太は西洋の剣士になってて、いつもと違う衣装でめずらしかったです。

私は三銃士ってあんまり知らないのですが、それをもじった名前でジャイアン、スネ夫、のび太が出てきておもしろかったです。

ストーリーも、ドラえもんものというよりRPGみたいな感じでした。

しずかちゃんも、女であることを隠している剣士としてでてきて、かなり活躍します。なのでしずかちゃんファンにはうれしいのではないでしょうか。

でも、その代わりにジャイアン、スネ夫が、ラストには出てこなくてそれが残念です。

映画なんだからあの5人は絶対に出ずっぱりじゃないといけなくないですか?まあ、話の都合上、出ていない方がまとまるとは思いましたが、残念でした。

とてもおもしろい作品でしたが、トリホーという鳥が不気味でした。全体的にもちょっと怖かったように思います。

ドラえもん映画ぽくはない映画でした。

映画『ドラえもん のび太と夢幻三剣士』は、基本的にのび太が見た夢の中の世界で話が進みます。

「夢の中で良い格好をしたい!」と懇願してようやくドラえもんに出してもらった道具「気ままに夢見る機」によってのび太は夢の中の世界へと入り込みます。

私はこの「気ままに夢見る機」という名前がすごく好きで、ドラえもんという作品の、いい意味で力の抜けていて、なおかつちょっぴり不思議な世界観のニュアンスをすごくよく表していると思っています。

また、この映画で面白いと思ったポイントは、夢の中で出てくるキャラクターたちの名前です。夢の中で出てくるのは、ジャイアン・スネ夫・しずかちゃん・ドラえもんといういつものメンバーで、皆見た目はいつも通りの姿なのですが、夢世界での設定に合わせて、名前も改変されています。のび太はノビタリヤン、しずかちゃんはシズカリア王女、といった具合です。仰々しい名前となった皆は何だかくすりと笑えます。

ただドラえもんは「ドラモン」という名前になっていて、その捻りのなさもまた愛らしく思えます。
この映画はラストシーンまで観ることを強くおすすめします。

夢の中の世界が実は架空の世界ではなかったのかもしれないと、ハッと気づいた瞬間鳥肌が立ってしまうかもしれません。

女性20代
女性20代

ドラえもんの映画作品の中でも、ストーリー性はピカイチだと思います。シリーズで言えば「日本誕生」や「新恐竜」のように子供にわかりやすい内容ではない為、すこし難解なところもありますが、さすがはドラえもん。

この難解なストーリーをアニメを理由して実にわかりやすく仕上げています。
ファンタジー感が強く、アニメらしいのですが、実は「死」にたいする恐怖や命の尊さを表しているシーンが散りばめられており、子供にはとても教育面で良い影響を与えるのではないかと思います。

ただ、この作品に関しては、大人が観てもかなり得られるものがりますので、このご時世、暗いニュースも多い中、この作品を観て、もう一度命について考えてみるのもいいかと思います。

漫画の原作では表しきれないファンタジーの世界が、映像と音楽で鮮明に創られており、細かい描写が凄くきれいです。

毎回ドラえもん作品には感動要素が組み込まれていますが、この映画に関しては、冒頭にも話したように、ストーリー構成が素晴らしいので、観終わった後にかなり充実感があります。

難解シーンに関する感想などを、他の方や親子で観て、言い合うのも楽しいかと思います。
人それぞれの感想がうまれるところがこの映画の最大の魅力です。

まとめ

今までとは毛色の違うドラえもん作品で、今作に関しては作者も失敗作と語るなど思うところがあったようです。

他にもファンタジーらしいといえばそうなのですがメインキャラクターの死が存在するのも今まででは決してあり得なかった内容ですよね。

そういった変わったドラえもんを一度見ておきたい人におすすめします。

ふつうのドラえもんという感覚で見るとなんか違うなと感じてしまいますので気をつけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました