おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【カールじいさんの空飛ぶ家】動画を無料で(映画2009)フル配信・視聴する方法

カールじいさんの空飛ぶ家 アニメ映画

(C) WALT DISNEY PICTURES/PIXAR ANIMATION STUDIOS.ALL RIGHTS RESERVED.(C)DISNEY /PIXAR

『カールじいさんの空飛ぶ家』は2009年に公開されたピクサーが制作したアメリカの映画です。

映画『カールじいさんの空飛ぶ家』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

カールじいさんの空飛ぶ家 最新予告
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、他の『ピクサー映画』をお読みいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

他の「ピクサー映画」もお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

映画『カールじいさんの空飛ぶ家』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・カールとエリー

チャールズ・マンツという冒険家に憧れているカール少年はその日も一人でマンツの真似をして遊んでいました。

そんな時、とある空き家からマンツの有名なセリフは聞こえてきます。

驚いたカールがその空き家に忍び込むと一人の少女が冒険家のいで立ちをして、カールと同じくマンツの真似をして遊んでいました。

少女の名前はエリーといいました。

マンツという冒険家に憧れる二人はその日以来すっかり仲良くなり、やがて成人した二人は結婚したのでした。

新居を二人の出会いの場所に建てて新生活をスタートさせた二人は、マンツの冒険譚の話に花を咲かせながら幸せな日々を過ごしていました。

二人は子どもの頃に約束したマンツが消えた場所とされる伝説の滝に行くべく、貯金を始めましたが、パンクに事故といった思わぬ出費のせいでなかなか思うように貯金ができません。

ようやく貯金が目標に達しそうになった時には、エリーは病に倒れ帰らぬ人になっていました。

・進む都市開発

一人になったカールは自分の家の周りが、都市開発のために建物建設する光景を目の当たりにし、悪態をついていました。

高齢の男性が一人になったことで、高齢者施設から入居をすすめる資料が何度となく届いていましたが、カールがそれを受け入れることはありませんでした。

そんな時、カールに工事現場の男性が話しかけてきます。

工事現場を取り仕切るボスは都市開発を進めるためにカールの家に目をつけていました。

そしてカールに家を売るように何度も打診をしていましたが、断られていたのでした。

ですがカールの家の立つ土地を諦めきれない工事関係者は再度カールに家を売るように持ち掛けます。

しかし何度言ってもカールの心は変わることはありませんでした。

それどころか拒否する最中に相手の頭を殴ってしまったのです。

・空飛ぶ家

この一件によりカールは危険人物と認知されてしまい、強制的に高齢者施設へ行かされる羽目になってしまいます。

エリートの思い出の家を諦めきれないカールは家ごと空へ飛び立つことを思いつき、無数の風船を家につけて飛んで行ったのです。

そしてエリーとかつて約束した伝説の滝を目指すために旅を開始しました。

順調に空高く飛びあがったカールの家でしたが、飛び上がってしばらくした頃に自然探検隊員を名乗る少年・ラッセルが乗り込んでいたことに気がつきます。

ラッセルはカールの役に立ちたいとしつこくカールに付きまとっていました。

・パラダイス・フォール

仕方なくラッセルを家の中に招き入れたカールはその後、伝説の滝があるというパラダイス・フォールにたどり着きました。

しかしカールたちがたどり着いたのは伝説の滝の正反対のところでした。

なんとか滝にたどり着くため、カールとラッセルは道中、ケヴィンという大きな鳥やケヴィンを追っていた人の言葉を操れる首輪をつけたダグという犬と共に家を引いて滝を目指すことにします。

・チャールズ・マンツ

しかしその後、ケヴィンとダグを追いかけてきた犬の集団に襲われそうになっていたカールとラッセルの前に、あのチャールズ・マンツが現れます。

憧れのマンツに出会えた上に、マンツの飛行船・アドベンチャー号に乗せてもらえたカールは感動の連続です。

マンツもカールを快く迎えてくれているようでした。

しかし、ラッセルがケヴィンの話をしてしまったことで状況が一変します。

ケヴィンはマンツがずっと探し求めていた種類の鳥だったのです。

ケヴィンを手に入れようとするマンツに身の危険を感じたカールとラッセルはマンツの家から逃げ出しました。

・さらわれたケヴィン

ダグのおかげでなんとかその場から逃げることができましたが、その途中でケヴィンが足にけがをしてしまいます。

必死に介抱するラッセルですが、そんなラッセルやカールの前にマンツが現れます。

マンツはカールの家に火を放ちました。

それを止めようとするカールの隙をついてマンツはケヴィンを連れ去っていきました。

加えて助けてくれたダグにカールは暴言を吐き、ダグはその場から姿を消してしまいました。

なんとかカールの家は燃えずに済みましたが、ラッセルはケヴィンよりも家を優先したカールに怒りをぶつけます。

一方のカールも怒りに震え、自分の目的である滝を目指そうと再び歩き始めるのでした。

・思い出のその先に

ようやく目的の場所にまでたどり着いたカールはエリーの「わたしの冒険ブック」を開きます。

そこにはエリーの生きた痕跡と思い出と「新たな冒険を始めて」というエリーからのメッセージが綴られていました。

エリーの言葉に意を決したカールでしたが、それよりも先にラッセルがたくさんの風船を身にまとい、一人でケヴィンを助けるためにマンツの飛行船に向って飛んで行ってしまいました。

【 ネタバレ 】

・アドベンチャー号へ侵入

慌てたカールは戻ってきたダグと共にラッセルを助けるためにマンツの飛行船を追います。

なんとかラッセルを助け出したカールは自身の家にラッセルを保護し、ダグと共にアドベンチャー号に侵入するのでした。

なんとかケヴィンを助け出したカールでしたが、そんなカールの前にまたしてもマンツが現れます。

絶体絶命のピンチに陥ったカールたちでしたが、カールの家に残っていたラッセルによって助けられました。

執拗にケヴィンを狙うマンツはついに銃を取り出し、ラッセルたちを狙います。

・結末

カールはなんとかラッセルたちを助け出し、マンツを撃退することには成功しましたが、その代償としてエリーと過ごした思い出の家も失ってしまいました。

しかしカールはただの家だと思い出の家に別れを告げて、ラッセルたちが無事であったことにただただ喜ぶのでした。

後日、アドベンチャー号でアメリカに戻ったカールは、ラッセルやダグたちと共に新しい生活を始めたのです。

一方、思い出の家はなんとか形を保ったまま伝説の滝のほとりでひっそりと佇んでいました。

【 登場人物紹介 】

・カール  (飯塚昭三)

・マンツ  (大木民夫)

・ラッセル (立川大樹)

・ダグ   (松本保典)

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

・ピクサー作品が好きな方
・大人向けの映画をお探しの方
・ファンタジーが好きな方

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

感想はここから見れます

 

【 まとめ 】

偏屈な老人の物語と思いきや、そこには亡き最愛の妻との夢や思い出の家を守るために奮闘する老人の姿が描かれたファンタジー色の強いラブストーリーでした。

子どもが見るよりは大人の方が見る方が感じるところがたくさんある映画だと思います。

一度は見てほしい良作です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました