おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【ファインディング・ニモ】動画を無料で(映画2003)フル配信・視聴する方法

ファインディング・ニモ アニメ映画

©T.C.D / VISUAL Press Agency

『ファインディング・ニモ』は2003年に公開されたピクサーとディズニーが共同制作したアメリカの映画です。

ある日行方不明になった息子・ニモを探すために広大な海を探し回る父の姿を描いた映画です。

映画『ファインディング・ニモ』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『ファインディング・ニモ』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

ファインディングニモ予告
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では他の『ピクサー映画』をお読みいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

他の「ピクサー映画」もお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

『ディズニー』の歴代作品紹介

ディズニー 作品 U-NEXT TSUTAYA TV/DISCAS hulu
ファインディング・ニモ 視聴 ▶ 視聴 ▶
アナと雪の女王2
視聴 ▶ 視聴 ▶
モアナと伝説の海
視聴 ▶ 視聴 ▶
ホーンテッドマンション
視聴 ▶ 視聴 ▶
ファンタジア2000
視聴 ▶ 視聴 ▶
アトランティス/失われた帝国
視聴 ▶ 視聴 ▶
アナと雪の女王 視聴 ▶ 視聴 ▶
ベイマックス
視聴 ▶ 視聴 ▶
トレジャー・プラネット 視聴 ▶
塔の上のラプンツェル
視聴 ▶ 視聴 ▶
マレフィセント2
視聴 ▶ 視聴 ▶
ズートピア
視聴 ▶ 視聴 ▶
モンスターズ・ユニバーシティ 視聴 ▶ 視聴 ▶
モンスターズ・インク 視聴 ▶
チキン・リトル 視聴 ▶
シュガーラッシュ:オンライン
視聴 ▶ 視聴 ▶
シュガーラッシュ
視聴 ▶ 視聴 ▶
トイストーリー・オブー・テラー!
視聴 ▶ 視聴 ▶
ラ・ラ・ランド 視聴 ▶ 視聴 ▶ 視聴 ▶
ナイトメア・ビフォア・クリスマス 視聴 ▶ 視聴 ▶
アリス・イン・ワンダーランド 視聴 ▶ 視聴 ▶
マレフィセント 視聴 ▶ 視聴 ▶
ダイナソー 視聴 ▶
ラマになった王様 視聴 ▶
ブラザーベア 視聴 ▶
くまのプーさん 視聴 ▶
プリンセスと魔法のキス 視聴 ▶
ボルト 視聴 ▶
トイストーリー1 視聴 ▶ 視聴 ▶
トイストーリー2 視聴 ▶ 視聴 ▶
トイストーリー3 視聴 ▶ 視聴 ▶
トイストーリー4 視聴 ▶ 視聴 ▶
美女と野獣 視聴 ▶ 視聴 ▶
アラジン 視聴 ▶ 視聴 ▶
ライオンキング 視聴 ▶ 視聴 ▶
リメンバーミー 視聴 ▶ 視聴 ▶
『ディズニー』シリーズは『U-NEXT』『hulu』『TSUTAYA TV/DISCAS』の3つの動画配信サイトにて視聴できます。

映画『ファインディング・ニモ』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・ニモ

オーストラリア・グレートバリアリーフの海の中。

カクレクマノミのマーリンとコーラルの夫婦は二日後控えた子どもたちの誕生を心待ちにしていました。

しかしそんな幸せなひとときは一瞬にして地獄へと変わってしまいます。

マーリンとコーラルはオニカマスに襲われてしまい、コーラルとほとんどの子どもたちはオニカマスのエサになってしまったのでした。

唯一生き残ったひとつの卵をマーリンは何があっても守ると決め、大切に育てました。

その卵から生まれた子どもは妻の遺志を継ぎ、”ニモ”と名付けられます。

・六歳になったニモ

やがて成長し六歳になったニモは小学校への入学を控えていました。

しかしオニカマスの一件があってからすっかり心配性で過保護になったマーリンはニモの入学を先延ばしにしようとします。

ニモはそんな父にうんざりしながらも学校生活に飛び込んでいきました。

入学したその日に遠足に行くことになったニモですが、その遠足に心配したマーリンがついてきたのです。

そのことでニモはマーリンと言い争ってしまい、一人海上付近まで泳いでいってしまうのでした。

・連れ去られたニモ

しかしそんなニモはダイビングをしにきていた人間によって連れ去られてしまうのでした。

すぐに助けに行こうとダイバーたちが乗ってきた船に近づくマーリンでしたが、エンジンによって起きる水流に押し戻され船を見失ってしまうのでした。

慌てて探すマーリンの前にドリーと名乗るナンヨウハギが現れました。

マーリンは船を見たというドリーについていくことにしますがドリーは物忘れがひどく、ついさっき自分で発言したことすら忘れてしまうほどなのでした。

・手がかり

ドリーと共に海の中を進んでいたマーリンは途中で、サメたちに遭遇します。

ひょんなことからサメたちとのミーティングに参加することになったマーリンは、その途中でニモをさらって行った人間が付けていたダイビングゴーグルを発見します。

そこには何か書いてあるようですが、マーリンには解読できる文字ではありませんでした。

しかしなんとその文字をドリーが解読できるというのです。

・歯科医院の水槽の中

一方、人間に連れ去られたニモは気がつくと歯科医院の水槽の中にいました。

そこですでに水槽の中で暮らしていた魚たち、タンク・ギャングと知り合います。

そこへ歯科医・フィリップが何やら写真を抱えてニモに見せつけてきます。

どうやらニモはその写真の少女・ダーラへの誕生日プレゼントとして連れて帰ってこられたのでした。

ダーラがいかに乱暴に魚を扱うかを聞いたニモはこんなところにはいられないと逃げ出そうと試みますが、できるわけもありませんでした。

・脱出作戦

その頃、アンコウの光を借りてドリーに文字を解読してもらい、マーリンはダイバーがシドニーのワラビー通りにいることを突き止め、そこに向かっていくことを決めます。

一方のニモはタンク・ギャングと共に水槽からの脱出計画を練っていました。

その計画とは機械の故障を狙って水槽を汚し、フィリップに掃除させる隙を狙って海へ逃げるというものでした。

しかしそううまくいくわけもなく、その計画は失敗に終わってしまうのです。

・カメのクラッシュ

はたまたニモを探す途中でクラゲに刺され気を失っていたマーリンはウミガメのクラッシュの甲羅の上で目を覚ましました。

クラッシュたちはマーリンとドリーがクラゲとやりあうところを見ていたのです。

マーリンがシドニーに向かうために海流に乗らなければならないことをクラッシュに伝えると、クラッシュはその海流に乗せてくれたのでした。

【 ネタバレ 】

・ダーラ登場

ペリカンのナイジェルにマーリンがいろんなことを乗り越えながら、海中ニモのことを探し回っているということを聞いたニモはマーリンに対しての態度を改め、タンク・ギャングが企てたあの計画に再び挑戦します。

ようやくシドニー港に到着したマーリンたちはナイジェルの手を借り、ニモが捕らわれている歯科医院に連れて行ってもらうのでした。

ですがナイジェルたちが到着するより前に、歯科医院にダーラがやってきてしまいます。

意地でもダーラに連れていかれるわけにはいかないと、ニモは死んだふりをします。

しかしタイミング悪く、ニモが死んだふりをしている最中にマーリンがニモの元へやってきたのです。

その後、ニモはタンク・ギャングのギルの手によって排水溝に流され、海へ戻されたのです。

・結末

海に戻ってきたニモはドリーに出会います。

しかしすでにドリーはマーリンとは別れた後で、よりにもよってその物忘れのひどさから自分が何をしにここにやってきたのかが分からなくなっていたのです。

そんなドリーでしたが、ニモの名前と模様を見てすべてを思い出しました。

その後マーリンとニモは無事に再会し、三人で共にグレートバリアリーフまで帰って行くのでした。

【 登場人物紹介 】

マーリン (木梨憲武)

ドリー  (室井滋)

ニモ   (宮谷恵多)

ギル   (山路和弘)

ガーグル (津田寛治)

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

・ピクサー映画が好きな方
・海が好きな方
・親子で楽しめる映画を探している方

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

感想はここから見れます
女性20代
女性20代

子供の頃に映画館に連れて行ってもらって見た映画でした。

小さい頃にはあまり内容をしっかり分かることが出来なかったのですが、大人になってから改めてみるとすごくきれいな家族愛が描かれていてあんな風に大切にしてもらっているニモがすごく幸せそうでいいなと思いました。

子供の頃は迷子になったらこんな風に、お母さんたちと離れ離れになってもう会えないのかもしれないと思っていた気がするので、年齢が違っていくとこんなにとらえ方が違うようになるんだなと思いました。

また大人になってというか親になると違う気持ちが芽生えるのかなと思うのでその時になったらみるのがまた楽しみだなと思っていますしすごく素敵な映画で大好きな作品です。

男性40代
男性40代

生まれつき片側のひれが小さい雄のカクレクマノミのニモがダイバーに捕獲されてしまい、父親のマーリンが息子を探す途中で様々な個性的な面々と繰り広げるやり取りが面白ろかったです。

その中でも忘れっぽいナンヨウハギのドリーや、魚を食べないことをポリシーとしているホホジロザメのブルース、ヒラシュモクザメののアンカー、アオザメのチャムの3匹サメトリオと、マーリンとのコントのようなやりとりが物語を盛り上げてくれます。

最後に捕まって水槽に入れられたニモを、水槽にいる海の仲間たちが助け出そうと力を貸して脱出に成功したところは感動しました。

無事にニモがマーリンと再会できて、ハッピーエンドになって良かったなと思いました。

女性20代
女性20代

危険を顧みず我が子を探す父親ってこんなにかっこいいんだなと思いました。つくづくニモが羨ましくなりました。

あんなに小さい体で大冒険をして何回も災難に見舞われたのに、それでも諦めずにニモを助けようとする姿が感動的で胸が熱くなりました。

ドリーの性格はちょっと面倒だなと思ったけれど、根は凄く優しいというのは観ていてちゃんと伝わってきて憎めないなと思いました。

見ず知らずのニモを一緒に探してくれたわけだし、そう考えると本当に凄いなと思いました。

ニモが歯医者の水槽から脱出する場面が印象に残りました。

まだまだ子供だと思っていたニモが懸命にその身を使っているのを観て、親でもなんでもないのに私が泣きそうになりました。

そして、無事に親子が再会できて良かったなと心の底から安堵しました。

女性40代
女性40代

一人息子となってしまったニモを必死に守ったり探し回る父、マーリンに好感がもてます。

物忘れの激しいドリーもキャラクターが立っていて、「ファインディング・ドリー」で、主人公になるだけありますね。

シングル・ファーザーになってしまったマーリン。

お母さん役も頑張ってこなそうとするところが素晴らしい。
きれいなグレート・バリアリーフの海も印象的です。亀やクラゲの群れや、サメのバックに映る海はとても美しいですね。
ニモは歯医者に捕まりながらも、水槽の中で、仲間を増やして、協力してもらいます。

マーリンも、道中の魚たちに協力を仰ぎます。

仲間や家族を大切にする姿が魚といえども、訴えかけてきますね。

離れている間も、親子らしさを見せてくれますね。

女性30代
女性30代

ニモが元気で可愛かったです。

人間に捕まえられてしまったニモを探すニモの父のマーリンの必死さが伝わってきて、親子愛を感じました。

ニモを探す途中で出会う数々の魚や海の生き物達がリアルで、たくさん出てきて楽しめました。

ドリーは何でもすぐ忘れてしまうけれど、元気で素直なドリーのキャラクターが良かったです。

サメやクラゲから必死に逃げたりするマーリンに対して、知らず知らずのうちにピンチを切り抜けていたり、マイペースなドリーに癒されました。

一見頼りにならなそうなドリーだけど、すぐパニックになるマーリンと、どんな状況でもマイペースなドリーのバランスが良かったから、最後まで進めたんだと思います。

アニメーションの映像も綺麗な作品でした。

女性30代
女性30代

主人公のニモは、カクレクマノミの男の子。
片方のヒレが少し小さくて、上手く泳げないこともあります。
そんなニモを心配して、どこに行くにも後をついて来る父親のマーリン。
そんな2人が海の大冒険へ!?
色んな仲間、色んなハプニングを乗り越えて、親子の絆が深まる…そんなお話です。
父親のマーリンは、「自分一人でやりたいのに、どうして邪魔するの!」と反発したくなっちゃうようなお父さん。
大切な一人息子。心配な気持ちはわかるけど…ちょっとやりすぎでは?と思うこともたくさん。
そんなマーリンが、仲間たちとの大冒険のなかでどんどん変わっていく姿に、心を打たれました。
「心配性のお父さん」だったマーリンが嘘のよう!
本来の明るい性格に戻って、ニモとの関係も良好に!
マーリン、よかったね…と最後はうるっときてしましました。

女性30代
女性30代

熱帯魚が好きな方なら、魚がたくさん出てきてとても楽しめると思います。

海の生き物達や海草など、とにかく色彩が豊かにリアルに表現されていて、全ての生き物が可愛いです。

まるで水族館に行ったような気分にさせてくれます。ストーリーの方もニモと父親の心温まる内容で、親子で楽しく笑いながら見れる作品です。

親子のコミュニケーションにももってこいです。大人にも説得力のあるセリフがあったりして、子供以上に子を持つ親に響くものがあると思います。

あと意外だったのが、吹替えで声を担当している木梨憲武さんです。

予想以上に上手くて、見ていて違和感を感じなかったです。

あと、個人的には室井滋さんのドリーがお気に入りですが、どのキャラクターも個性があり何度見ても飽きないです。

女性20代
女性20代

とにかく絵が綺麗で、本当に海の中を泳いでいるような気分になることができる映画です。
主演のキャストもよく役にはまっていたと思います。特にドリーの声は、聞いてるだけでも面白い声で、キャラにぴったりだと思いました。
作品の見どころは、シドニーに着いた後に歯医者の娘に捕まってしまうところです。そこから頑張って脱出するところが見どころだと思いました。
でも見どころはここだけではなく終始ドキドキワクワクできる映画でした。
全体を通した感想は親子は堅い絆で結ばれているんだなというところです。子供がいなくなってしまったら親は子供を一生懸命探すし、子供も探します。
キャラクターもそれぞれ個性が強くて、面白かったです。

女性20代
女性20代

「ファインディング・ニモ」は2003年に公開された、ディズニー・ピクサーの5作目となる映画です。
舞台となるのはグレートバリアリーフの広大な海。昔サメに妻と子供たちが襲われた経験から過保護になりすぎているカクレクマノミのマーリンが、人間に攫われたニモを救うために海を冒険するストーリーです。
私はファインディング・ニモを見て、「この映画は子どもと一緒に見に来た親の方が号泣してしまう映画ではないだろうか」という感想を抱きました。
この映画はマーリンの子離れを描いています。子どもを育てたことのある親なら、マーリンの様に子どもが心配で過干渉になってしまった経験を1回はしているのではないでしょうか。
マーリンはニモに何か起きたらどうしようと常に不安です。ニモ自身はそんな父親にうんざりしている様子。
ニモのことが大事だからこそ心配しているのですが、この心配性は反対に子どもの自信を失わせてしまう要因の一つです。
劇中マーリンは「自分にはできるつもりでも無理なんだよ、ニモ!」と叫んでしまいます。実際にはドリーに思わず言ってしまった台詞なのですが、親にお前にはできないと言われたら子どもはさぞかしショックを受けるでしょう。
ですがニモ探しの旅を通してマーリンは、自分の息子を信じてあげる大切さを学んでいきます。心配するだけではなく、時には見守ってあげることも親の大事な役割なのかもしれません。
そしてこの映画に欠かせないのはナンヨウハギのドリーの存在です。ドリーはマーリンと違って考える前に行動に移すタイプで、かなりのマイペース。ですがそんなドリーがいたからこそ、マーリンはいくつものピンチを乗り越えニモと再会することができたのです。
相手を信じること。家族や友人と関係を築く上でとっても大切なことを、「ファインディング・ニモ」は教えてくれます。

【 まとめ 】

心配性で過保護な父親がはぐれた子どもを探すために広大な海を旅する姿には心打たれます。

ぜひ親子で一緒に鑑賞してほしい映画です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました