おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【ドラえもんのび太の日本誕生】動画を無料(映画)フル配信で視聴

ドラえもん のび太の日本誕生 ドラえもん

(c) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 1993

ドラえもん映画シリーズで第10作品目の映画になります。

【預告篇】哆啦A夢電影1989 – 大雄的日本誕生

映画『ドラえもんのび太の日本誕生』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『ドラえもんのび太の日本誕生』の動画は無料お試し期間を利用すれば『TUTAYA DISCAS』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、TSUTAYA TV/DISCAS』です。

TSUTAYA TV/DISCASのサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/DISCASの記事

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

「ドラえもん」シリーズ U-NEXT TSUTAYA TV/DISCAS
ドラえもん のび太の結婚前夜 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太のひみつ道具博物館 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の太陽王伝説 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太とふしぎ風使い × 視聴 ▶
ドラえもん のび太のわんにゃん時空伝 × 視聴 ▶
ドラえもんのび太の新魔界大冒険七人の魔法使い × 視聴 ▶
ドラえもん 新のび太の宇宙開拓史 × 視聴 ▶
ドラえもん 新のび太の大魔境ペコと五人の探検隊 × 視聴 ▶
ドラえもんのび太と奇跡の島 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の人魚大海戦 × 視聴 ▶
ドラえもん新のび太と鉄人兵団 × 視聴 ▶
ドラえもんのび太の宇宙英雄記 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太と緑の巨人伝 × 視聴 ▶
ドラえもん新のび太の日本誕生 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の宝島 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の月面探査記 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の恐竜2006 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太とロボット王国 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太と翼の勇者たち × 視聴 ▶
ドラえもんのび太と雲の王国 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の南海大冒険 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の宇宙漂流記 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太と夢幻三剣士 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太とブリキの迷宮 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の創世日記 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太と銀河超特急 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の日本誕生 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太のドラビアンナイト × 視聴 ▶
ドラえもん のび太のパラレル西遊記 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太と竜の騎士 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太のアニマル惑星 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太と鉄人兵団 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の宇宙小戦争 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の魔界大冒険 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の海底鬼岩城 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の大魔境 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の宇宙開拓史 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の新恐竜 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の恐竜 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の月面探査機 × 視聴 ▶

映画『ドラえもん のび太の日本誕生』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

映画『ドラえもん のび太の日本誕生』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

あらすじ

・のび太の家出

怒られてばかりののび太は日常に嫌気がさし家出を決意してドラえもんから借りた道具でキャンプ道具で生活する。

周りはそれを馬鹿にしていて、のび太は場所を変えつつ許される生活場所を探すがどこも使えそうになかった。

最初は彼を笑っていたジャイアンやスネ夫達も家族関係などが嫌になり家出して、二人だけでなくしずかちゃんも家出する。

更にはドラえもんまで家出をすることになって……

・いつもの皆で家出

結局全員で家出をするのだが、どこも誰かが所有している現代では家出先の土地がないため過去の人間が存在しない時間にいくことを考えた。

タイムマシンで向かう最中、時空乱流を引き起こしてしまうが無事彼らは目指していた時代に到着する。

原始生活を楽しむ彼らは役割分担をして、のび太はペット大臣に任命される。

のび太はペガサスのペガにグリフィンのグリ、竜のようなドラコを作りドラえもんの万能ペットフードで育てていく。

スネ夫の作った作物を食べたり、それぞれでやりたいことを楽しんでいた。

彼らはこうして家出を満足し現代へ戻る。

ネタバレ

彼らが最初にタイムマシンで移動した際、ククルという少年が時空乱流に巻き込まれ現代に来てしまっていた。

再度彼らは前日に行った時代へ戻り、そしてまずは彼がどの時代を生きていたのかを探り始める。

ヒカリ族のククルはクラヤミ族に襲われたのだという。

彼を元の時代に返すため、遠慮する彼にドラえもんが精霊のドラゾンビだということにして説得しつつ、のび太は自分が作ったペット三頭と再会する。

しかしククルはクラヤミ族に捕まり、ドラえもんがそこを助け出し、ヒカリ族をどこでもドアを利用し安全な場所に移動させる。

クラヤミ族のリーダー的存在のギガゾンビはドラえもんの存在を知り、手始めにヒカリ族を捕らえトコヤミの宮に来るように脅す。

ヒカリ族開放の途中、ギガゾンビは未来人であると発覚し地球の歴史を求めてこの時代にいたのだとわかる。

一人はぐれたのび太は自分が育てたペットと再会を果たし、ドラえもん達の元へ向かう。

彼はドラえもん達を救った後にギガゾンビに対し、途中でマンモスから手に入れたボタンを使い、タイムパトロールが時代改変を起こそうとしているギガゾンビを逮捕しのび太の作ったペットは未来で育てることになったのだった。

\ 本編をチェック! 

映画『のび太の日本誕生』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

登場人物紹介

ドラえもん  (水田わさび)

のび太    (大原めぐみ)

しずか    (かかずゆみ)

ジャイアン  (木村昴)

スネ夫    (関智一)

のび太ママ  (三石琴乃)

のび太パパ  (松本保典)

ドラミ    (千秋)

ジャイアン母 (竹内都子)

ククル    (白石涼子)

タジカラ   (石井康嗣)

コイヤメ   (久川綾)

ギガゾンビ  (大塚芳忠)

ツチダマ   (家中宏)

Twitterでの反応

こんな人にオススメ

・ドラえもん映画が好きな人。

・アニメや漫画版のドラえもんしか見たことがない人。

今作品は映画(大長編)にしては珍しく本編とも関りがあるという話になっています。

そのため本編をこれから見ようと思っている人には今後是非視聴していただきたい作品ですね。

感想

女性40代
女性40代

親と喧嘩して家出を決意したのび太たち。でも家出をする場所がない。それなら、日本ができる前の誰もいない時代へ行こう!から始まるストーリーです。ドラえもんとのび太たちが自分たちの力で畑を作ったり住処を建設したりといつもの団結力で楽しくやり遂げる姿がとても楽しそうです。中でものび太が誕生させたペガ、グリ、ドラコという夢がある動物たちを一生懸命お母さん代わりに育てるのび太の姿はとても素敵です。
そんな中、時空乱流で迷い込んだ原始人の少年ククルとの出会いから大変な事件に巻き込まれてしまう所はドキドキしながら見てしまいます。
ククルがいるヒカリ族がギガゾンビという悪者に支配されてしまい、ドラゾンビことドラえもんが率いるドラゾンビ軍団とギガゾンビ軍団の闘いはとても見所で迫力があり、大人である私も子供と一緒に手に汗を握り応援してしまいます。
最後の結末はギガゾンビが意外な人物で実は原始人では無かった事です。ギガゾンビの企みはやはり見破られてしまいました。クライマックスのシーンは架空の動物であるペガ、グリ、ドラコとのび太の別れの場面です。
出会いあれば別れありですが、三匹はのび太にとっては我が子同然です。なので現実世界では生活ができない故の別れは母としてとても涙を誘います。

感想はここから見れます
女性30代
女性30代

全員で家出する映画ですが、心配されないように一日何時間とか時間を決めて家出しようと相談しているところがかわいかったです。もちろんドラえもんの道具は必須なのですが、自分たちだけで衣食住をすべて一から作り上げていくのでたくましく感じたし、小学生なのにすごいなと思いました。自分の子供にもさせてみたいなと思いました。

好きなシーンは、ヒカリ族が攫われて助けに行く途中、のび太くんだけが大雪の中に取り残されていくところで、ジャイアンがすぐに助けに行こうとしてくれるところです。いつもは馬鹿にしているのに、ピンチの時には誰よりも心配してたすけてくれようとする、本当の友情を感じました。他には、ドラえもんがドラゾンビに変装し、ククルにタケコプターを渡し「風の精霊を使って飛ばさせた」と言って、スネ夫くんがいち早く機転を利かせて乗ってきたところも好きです。
リニューアルした同作品は、この作品だけではよく理解できなかった部分を丁寧に描写してくれた点はすごく良いと思いますが、この作品の方がリアルに感じました。実際に自分たちだけで解決する方が映画としては盛り上がるのはわかっていたと思いますが、あえてそうしなかったのかなと思いました。

男性30代
男性30代

まさかののび家一同が全員揃って家出をするという怒涛のオープニング設定にも驚かされてしまいましたが、何よりも誰のものでもない未踏の地である「太古の日本」へ行こうという発想がもはやフィクションアニメのなせる技だなと脱帽でした。

見どころは、戻ってきたとき、謎の渦に巻き込まれてしまった7万年前のククルが現代にタイムループしてきてしまったという展開です。もちろん、ククルを連れ戻してあげるため、再び太古の日本へと舞い戻るわけですが、ククルの所属するヒカリ族に暴利を働くクラヤミ族と呼ばれる悪の集団をちゃっかり成敗するという勧善懲悪もあり、ククルの両親との再会シーンでは涙もあり、見応え満載なストーリーとなっていました。

ドラえもんの道具も数々登場し、ほんやくコンニャクやどこでもドアがこんなにも重宝したと思えたのは、数あるドラえもん作品の中でもこの1本だと思います。ところが話は二転三転し、もしやと思ったドラえもんとのび太が再び7万年前に戻ってみると、またもやクラヤミ族の襲撃を受けたククルたちは連れ去られていたのでした。

そしてヒカリ族奪還のため、最終決戦に挑む2人の姿に思わず心の中で「がんばれ!」と応援したくなってしまい、手に汗握ること間違いありません。ドラえもんは子供だけでなく大人が見ても、幼心を思い出させてもらえたり、感情移入して熱くなれる作品ばかりなので、おすすめです。

女性20代
女性20代

のび太とペットたちの友情がよかったです。本当は怖いやつもいたけど、みんなかわいい、おだやかな顔つきをしていたし、小さいときはマジで天使みたいでした。あんまり彼らのシーンは多くはなかったけど、それでものび太が彼らをすごくかわいがっているのはわかったし、彼らの幸せを考えてるところがほんと、いい子だなと思いました。あと、のび太が彼らを作るところも面白いです。

ただの動物ではなく、なんか作ってみんなをおどろかせてやろうとか面白いなと思います。私もなんか作りたいです。それ以外にも、昔の土地での生活は楽しそうで大好きです。しずかちゃんはやっぱりかわいいものが好きなんだなと思いましたし、ジャイアンはやっぱり強いなと思いました。

一番好きなのは、だいこんのごはんです。蓋をあければ中にいろんな道具があるのに、それをそのまま食べちゃうのび太が好きです。メインの話は実は、結構きつい話だなと思いました。

村が帰ってみたらなくなっていたなんて、なんてつらい経験をしているんですか、ククルは。のび太たちと同い年くらいなのに、大人っぽいのはそういう経験をしてきたからかもしれません。ドラえもんがひみつ道具を使って、彼らの中で神様みたいになる展開もおもしろかったし、すごく好きな映画です。

女性30代
女性30代

最初の家出のところが、わかるわかるでした。たしかに、子どもの頃って窮屈なことあったなあと懐かしく思います。そして、家出をしたけど、自分で自由にできる土地などなくて…。そうか、私は子どものころ、家出とかしたことないからそのことにそんな早く気が付かなかったけど、のび太たちはそれにこんな早く気が付いたんだと感心しました。

昔に行ってからも楽しかったです。みんなで、家を作ったり、畑を耕したり、すごく楽しそうでした。

また、ここではジブリ飯ならぬドラえもん飯の代表格だいこんがでてきます。あのだいこんをぱかっとしたら料理がでてくる、あれ。食べたくてたまりません。こどものときは自分なら何味のだいこんを望むかなと話し合ったりしました。が、わかるわかるでした。

敵はなんだか何かわからないやつらで怖かったです。この映画で土偶というものを初めてしったけど、不気味なものですね。面白い映画でした。

男性50代
男性50代

記憶に残っているシーンは、ドラえもんたちが何年も前の世界で自分たちの家を作るシーンです。
たくさんのお花や食べ物を育て、ペットとして空想の新しい動物を生み出すという、子供心にとてもワクワクして本当に将来はこんなことができるようになるのかなと好奇心を非常にくすぐられる内容でした。
大人になって観てからも夢があっていいなと思うシーンです。
しかし、そうゆう楽しいだけじゃなくそこから「暗闇族」という弱い人たちを支配するというダークな部分へと展開していき、大人でも惹きつけられてしまう内容で面白いです。
またこの映画は、「日本誕生」という題名の通り、日本の昔を描いていて子供達にも見て欲しいと思える映画です。
昔は自分たちの手で槍で魚を取ったり、動物を狩ったりして自給自足で暮らしていたという現在とは全く違う生活スタイルが学べるところもいいところだと思います。
そして、今の人間ができる前の原始人のような存在も出てくるので、人間はどうゆう風に進化していったのかもわかってとても勉強にもなると思いました。
それからドラえもん映画の醍醐味である、みんなで助け合い友情がうまれるという最後は感動で終われるところもいいと思いました。

女性50代
女性50代

子供の頃、親の言うことや規則ごとに嫌気がさし、反発して家出をしたくなったことがある人もいるかと思います。この映画はのび太たち5人が家出をし、タイムマシンで7万年前の原始時代の日本へ行くことから始まります。

過去の時代に家出しに行くという発想は、ドラえもんの世界だからこそできることだと思います。誰も知らない世界で自分たちだけの空間を作れるとは、とても楽しいことです。そんなわくわくする設定から、今度は時空の乱流によって現代に来てしまった原始人のククルを助けるという友情物語に発展します。

敵がいると結束が固くなりますし、のび太たちとククルの闘いのシーンは迫力満点で見どころの1つです。敵の妖精王「ギガゾンビ」やクラヤミ族、土偶の怪物「ツチダマ」もなかなか怖い顔をしていて敵役にピッタリです。
また、この映画は親目線で見ても共感が得られるものがあるかと思います。反抗期の息子が家出をして成長して帰ってくるのと同時に、親も親としてさらに成長することになるのです。家の中で大事に育てる事だけが育児ではなく、少しの危険を承知の上、自分で冒険して成長する「育自」もあるのではないかと考えさせられる映画です。子供だけでなく、大人も一生に楽しんで見られる映画だと思います。

女性20代
女性20代

この作品の見どころをまず紹介していこうかなと思います。映画を見ての見どころだと思った部分の一つ目はやっぱり、ククルが魚を取り村に帰ったときに村の人がいなくなっておりククルは辺りを探していると突然時空乱流が起きてのび太たちの世界に移動してしまいその頃のび太たちは家出をしており、みんなが家出をしてしまったのでここじゃ家出できる場所がないとなっており偶然タイムマシーンで七万年前の日本にいって家を開拓しているところで家に帰った時にククルに出会い七万年前の日本に戻りククルが来た時代を探った時に、偶然自分たちのいる近くだということがわかるというシーンが私的には見どころです。

あとは最後のシーンのギガゾンビとの戦いシーンでドラえもんのどの道具でも勝てなかったのにドラえもんがククルの石槍を投げた後のドラえもんのセリフが二つ目の見どころのシーンです。最後に感想になりますが、ペガとグリとドラコの別れのシーンが一番の感動シーンで新しい日本誕生でも泣いたシーンです。のび太がどれだけ3匹のことを大切にしていたかわかるシーンでこっちにもそれが伝わってきて思わず泣いてしまいます。

その後のククルとのお別れのシーンも印象的です。私は他の作品も好きですが、この作品も本当におすすめなので見てしいです。

女性40代
女性40代

のび太たちがそれぞれ親に叱られ、大昔の日本へ家出をするところから物語は始まります。
好きなドラえもんの映画作品の1つですが、随所に恐怖を感じる演出はちりばめられています。例えば、「時空乱流」にククルが吸い込まれるシーンや、くらやみ族が村を襲った後のシーン、ギガゾンビやツチダマが出てくるシーンはトラウマになりそうなくらい怖いです。
見どころは、ドラえもんが「ドラゾンビ」としてツチダマに攻撃するシーンです。最初ツチダマに勝った!と思えたのですが、ドラえもんが立ち去ったあとに粉々になったツチダマが復活するシーンは鳥肌が立ちます。また、終盤の方でのび太が雪山で遭難するのですが、助けてくれたマンモスの正体に度肝を抜かれました。
個人的に好きなシーンは、育てたカブから色々な食事が出てくるシーンです。どれも美味しそうに見えるのですが、ククルを介抱するときにしずかちゃんが渡したスープがとても美味しそうに見えます。そのカブを見て、のび太が丸かじりするシーンは笑えます。
のび太がドラえもんのひみつ道具で、架空の動物であるペガサスとグリフィンとドラゴンを作るのですが、彼らがのび太になついていてとても愛らしいです。彼らとのび太の別れのシーンは、とても切ない気持ちになりました。

女性30代
女性30代

数あるドラえもん映画の中でも上位に入るほどの面白い映画だと思います。子供だけでなく大人が見てもドキドキハラハラさせられる映画です。
ドラえもん映画は、子供と付き添いで映画館にて一緒にみる親御さんが多いと思いますが、今回の旅のきっかけは、のび太たちの家出です。宿題やお手伝いに嫌気がさして、大人のいないどこか自分たちだけの秘密の基地で生活がしたい!と言う子供ならでは純粋な気持ちがテーマになっています。

その後ドラえもんとのび太たちは、予想もしない7万年前の日本に住み、そこで原始人の少数民族との戦いに巻き込まれることになります。その後、新たな友達を増やしながら数々の困難を乗り越えていくことになるのですが、食べる、寝る、遊ぶ、と言う普段通りの生活をするということが、いかに大変で、生きていくことの重さと、家族の大切さを感じて、また日常の生活に戻っていくという、壮大なテーマにとても感動しました。

この映画はぜひとも子供に見せたいな、と思わせる内容でした。今回の悪役に当たる、ギガゾンビとドラぞんびらの戦いのシーンでは、アクション映画さながらの迫力があり、いつものドラえもんアニメの印象を軽く超えていますので、幼い年齢の子供は泣いたりしてしまうかも知れませんので、十分ご注意ください。

まとめ

今作でも当然タイムマシンは登場しますが前作映画で搭載された音声機能は健在です。

そして今作では歴史改変を取り締まるタイムパトロールが出てきましたね。

こういうものを見るとのび太のような特定の人物に肩入れすることにより起こる改変などは考えない方が良いと知りつつも考えてしまいがちですよね。

因みに正しいかどうかは置いておくとして、原作では初期の方にその辺りが一応説明されていますので気になる方は是非原作をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました