おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【ドラえもんのび太と竜の騎士】動画を無料(映画)フル配信で視聴

ドラえもん のび太と竜の騎士 ドラえもん

(c) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 1987

ドラえもん映画シリーズで第7作品目です。

ドラえもん のび太と竜の騎士【予告編】

映画『ドラえもんのび太と竜の騎士』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『ドラえもんのび太と竜の騎士』の動画は無料お試し期間を利用すれば『TUTAYA DISCAS』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、TSUTAYA TV/DISCAS』です。

TSUTAYA TV/DISCASのサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/DISCASの記事

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

「ドラえもん」シリーズ U-NEXT TSUTAYA TV/DISCAS
ドラえもん のび太の結婚前夜 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太のひみつ道具博物館 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の太陽王伝説 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太とふしぎ風使い × 視聴 ▶
ドラえもん のび太のわんにゃん時空伝 × 視聴 ▶
ドラえもんのび太の新魔界大冒険七人の魔法使い × 視聴 ▶
ドラえもん 新のび太の宇宙開拓史 × 視聴 ▶
ドラえもん 新のび太の大魔境ペコと五人の探検隊 × 視聴 ▶
ドラえもんのび太と奇跡の島 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の人魚大海戦 × 視聴 ▶
ドラえもん新のび太と鉄人兵団 × 視聴 ▶
ドラえもんのび太の宇宙英雄記 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太と緑の巨人伝 × 視聴 ▶
ドラえもん新のび太の日本誕生 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の宝島 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の月面探査記 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の恐竜2006 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太とロボット王国 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太と翼の勇者たち × 視聴 ▶
ドラえもんのび太と雲の王国 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の南海大冒険 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の宇宙漂流記 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太と夢幻三剣士 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太とブリキの迷宮 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の創世日記 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太と銀河超特急 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の日本誕生 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太のドラビアンナイト × 視聴 ▶
ドラえもん のび太のパラレル西遊記 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太と竜の騎士 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太のアニマル惑星 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太と鉄人兵団 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の宇宙小戦争 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の魔界大冒険 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の海底鬼岩城 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の大魔境 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の宇宙開拓史 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の新恐竜 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の恐竜 × 視聴 ▶
ドラえもん のび太の月面探査機 × 視聴 ▶

映画『ドラえもん のび太と竜の騎士』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

映画『ドラえもん のび太と竜の騎士』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

あらすじ

・プレシオサウルスの生き残り、ネッシー

発見報告は古来から存在していながら未だに捕まえられずにいるネッシーの存在だがのび太はこの噂を信じていた。

スネ夫やジャイアンはこれを信じておらず、のび太は捕まえると豪語しドラえもんを頼る。

〇×占いを利用して恐竜が生き残っているかどうかをまず調べるところから始めるのだが残念ながら存在しなかった。

お使いついでにのび太は悪い結果だったテスト用紙を隠そうとした結果地下空洞を発見する。

一方で恐竜を実際に二度見たスネ夫は出木杉に恐竜の存在の確認を取るが当然否定され体調を崩すほどに考え込んでしまう。

・地下空洞

地下空洞へいつもの五人で向かうことになり、スネ夫はそこでも恐竜を確認するが他の四人には見つけられず信用を得られなかった。

また遊びに来ようということでそれぞれ荷物をそこに置き翌日また集まるのだがスネ夫は証拠を取るためにカメラを持ってきている。

のび太とジャイアンは互いに家で勉強するというウソをついて出かけていたためそれが発覚したせいで戻る必要が出て、スネ夫がいないまま戻ってしまう。

あとで地下空洞に向かうためのホールが壊れ、地下空洞が多奈川と繋がっている推測を立てる。

空洞を探す過程でドラえもんは〇×占いのことを思い出し、地球上と指定していなければ、もしも地底に存在するならばという可能性に気付いた。

ネタバレ

一人帰れていないスネ夫を探しているとナンジャ族という地底の民族に捕まり、騎士に救われる。

彼に話を聞けばスネ夫を知っているそうで名はバンホーという。

バンホーの住居では確かな文明があり、そこで取り調べを受け地底を見回る許可をもらった。

スネ夫と再会し、ローというバンホーの妹に案内され彼らの歴史を聞いていく。

恐竜の子孫でもある彼らは地上進出を考えているそうで、彼らは逃げたところでナンジャ族に出会う。

そうして分かったのはタイムマシンを使い恐竜人達が攻撃しようとしていたのは過去の地上だったということだ。

地球人の先祖を倒そうとしている彼らを見過ごすことは出来ず、ドラえもんはやけで城を作るのだが彗星落下による恐竜の死滅するという歴史がちょうどその時間だった。

ドラえもんの出した城が現在聖域と呼んでいる場所だと理解し、歴史に気付いた恐竜人とドラえもん達は協力し保護のために動き始める。

そうして恐竜人達は地上に対する進行をやめ、のび太達が忘れた物を郵便物を送り0点のテストが送られてきたのび太は当然怒られるのだった。

\ 本編をチェック! 

映画『ドラえもん』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

登場人物紹介

ドラえもん (大山のぶ代)

のび太   (小原乃梨子)

しずか   (野村道子)

ジャイアン (たてかべ和也)

スネ夫   (肝付兼太)

のび太ママ (千々松幸子)

ジャイアンママ(青木和代)

スネ夫ママ (横尾まり)

バンホー  (堀秀行)

ロー    (神代智恵)

祭司長   (大塚周夫)

軍団長   (田中信夫)

法王    (巖金四郎)

部長    (北村弘一)

訊問官   (加藤正之)

Twitterでの反応

https://twitter.com/hutohogaraka/status/1312007365030412297
https://twitter.com/meganekozou3/status/1231575155157024768
https://twitter.com/SiNoAinCatWorld/status/897790003299794944
https://twitter.com/imsoyman/status/1260575806847361028

こんな人にオススメ

・ドラえもん映画が好きな人。

・アニメや漫画のドラえもんしか見たことがない人。

前作と比べて比較的軽めの雰囲気で描かれている今作は恐竜好きな人にもおすすめできる作品です。

前作のような重めな雰囲気が苦手な人でもこの作品は問題ないため是非一度確認してみてください。

感想

女性30代
女性30代

スネ夫が結構目立っていて好きな作品です。

のび太が、ドラえもんと地下の空洞を見つけて、そこが地下世界とつながっていたみたいな話です。

ドラえもん映画では、友達がいなくなったりとかがよくありますが、本作ではスネ夫が迷子になります。

ここで、いつもしずかちゃんがいなくなるとしないところがドラえもんのいいところだなと思います。

恐竜が普通にいて、人間も恐竜が進化した姿であり、地上の人間とはちがっていておもしろかったです。

そこの説明も博物館を訪れて手短にしてくれたし、ほんとドラえもん映画はよくできてるなと思います。

恐竜世界も好きですが、それまでのドラえもんの道具で楽しく遊ぶ日常シーンも好きです。

地下だから、誰に文句言われることもなくゴーカートしたりしてて、うらやましいなと思いました。

私も地下に隠れ家が欲しいなと思いました。

お話の帰結は、謎だと思っていたものが実はドラえもんの作ったものだったというもので、伏線回収がきいてました。

また、哺乳類は生き残れたけど、恐竜が滅びてしまったのは、なんとも悲しい話だなと思いました。

そりゃあ、今でも恐竜がいたら人間なんてひとたまりもないから怖いけど、恐竜たちからしたら納得いかないよねと切なく思いました。

感想はここから見れます
女性30代
女性30代

絶滅したと思われた恐竜たちがもしも地底で独自の進化を遂げていたら…?というのがテーマの作品です。
ひょんなことから地底で暮らす恐竜から進化を遂げた恐竜人に会います。彼らは一見優しくていい印象でしたが、恐竜が滅亡する前にタイムマシンで戻り哺乳類の祖先を駆逐することで地球上を自分たちの天下にしようとしていることが分かったシーンはとても怖かったです。

人(これは恐竜人ですが)は見かけによらないなと感じました。
また、映画の最初から中盤にかけてドラえもんたちがやってきた数々の出来事がラストでつながっていく様はすごい伏線回収だと思いました。特にドラえもんたちが6500万年前に連れてこられたとき、恐竜人たちと戦うことになりました。

風雲ドラえもん城を作り籠城していたらいきなり彗星が落ちてきて、ドラえもんはとっさにひみつ道具で地下に空間を作りました。

その行為こそ恐竜が絶滅しなかった理由であり、ドラえもんが恐竜を絶滅から守り恐竜人が誕生するきっかけを作ったという流れはすごい考えられていると感銘しました。

恐竜が絶滅することになったのは哺乳類の祖先ではなく、彗星のせいだと説明すると恐竜人たちも納得して和解できたのは円満な終わりだと思います。
メインキャラクターのバンホーは真面目でかっこいい恐竜人だという印象が強い作品です。

女性30代
女性30代

のび太くん達がみんなでゆっくりできる秘密基地を地底に作ります。
なんでも揃ってて羨ましいなと思って見てました。
スネ夫はいるはずのない恐竜を何度か目撃してノイローゼ気味になっています。
地底でも恐竜の大群を見つけて大慌てしますが、みんなを呼びに行った時には何もありませんでした。
証拠を抑えるためにビデオカメラを持って行くと川で無くしたはずのラジコンを発見して逃げだしそのまま行方不明になってしまいます。
地底の秘密基地に行けなくなってしまったので、スネ夫のビデオカメラから川の底が地底に繋がっている可能性を信じて捜索に向かいます。
無事地底に着くとそこには地上では絶滅したはずの恐竜たちが生きていました。
そこで地底人のバンホーさんに会います。
首都まで連れて行ってもらいスネ夫に会うことが出来一安心しました。
バンホーさんの話しでは時々地底の恐竜達が地上に出て人間に目撃されていると話しています。
ネッシーとはこれだったんだ!と納得するドラえもん達を見て夢があるとかんじました。
本当にそうなのではないかと信じたいです。
地底人達は地上世界を取り戻すためにタイムマシンを作り、過去に行き目に見えない敵と戦おうとします。
恐竜絶滅の理由が彗星だとまだ知らなかったのです。
敵が彗星だと知り、今後恐竜が辿る運命を聞き悲しみにくれる地底人達にドラえもんが、今いる出来る限りの恐竜を救出して地底に暮らせるようにします。
これが地底世界の始まりだったのです。
地底人達はドラえもんに感謝します。
本当にドラえもんのように恐竜を助けてくれた人が居て今も地底世界のどこかで恐竜が生きていたらいいのにと思わせてくれる映画でした。

女性30代
女性30代

恐竜人間の思いが伝わってきて切ない話でした。

たしかになんで恐竜が地上で絶滅したのかと思うと、納得できないかもしれません。

その理由もわからないし、哺乳類さえ潰せばという考えに至っちゃうかもなと思いました。

お話は、のび太が地下に秘密基地を持つことで始まります。

短編集でも地下に遊び場を持つ話があった気がします。

みんなで部屋を決めたり、ゴーカートのようなことをしたりとても楽しそうです。

映画版を見ると、ジャイアンも友達なんだなと改めて気がつきますね。

その後、スネ夫が迷子になり、彼を探して恐竜人間のいる地下世界にたどりつきます。

恐竜の世界には恐竜もいれば、恐竜から進化した人間のようなのもいておもしろかったです。

見た目はなんか不気味だなと思っていたけど、見ているうちに気にならなくなりました。

のび太たちは女の子の恐竜人間にポオーとなってたけど、いや恐竜にしか見えないけどと違和感がありました。

きっとのび太たちのほうが私よりずっと純粋で、見た目の違いを気にしないのでしょうね。

反省します。恐竜は昔から好きだったので、ドラえもん映画の中で、本作とのび太な恐竜がずば抜けて好きです。

最初の方の日常シーンも楽しいし、恐竜世界に行ってからはハラハラする展開があり、いい映画だと思います。

男性40代
男性40代

「恐竜は今も地球上に生き残っている」という野比のび太の壮大な疑問がこの話のきっかけを作っていると考えるとすごいなあと思いますね。
こんな壮大なテーマがあったかと思いきやまた一方で物語が動き出すきっかけが「0点のテスト用紙をどこに隠すか?」というのも印象的でしたね。
0点のテスト用紙を隠すために「どこでもマンホール」で地底世界に行きそこでいつものメンバーが自由な生活を謳歌している中ノイローゼ気味のスネ夫が地底世界で迷子になってしまうわけです。
迷子になったスネ夫を救うべく地底世界を捜索していると何と恐竜を発見。またそこで「バンホーさん」という人(?)と会います。そこから「そもそもなぜ恐竜は絶滅したのか?」という壮大なテーマを解き明かしていくことになります。
バンホーさんたち恐竜族の人々は恐竜絶滅の理由を「神の思し召し」と考えているのですがドラえもんたちは「彗星が地球に衝突したこと」が原因と突き止めます。
そしてまだ残っている恐竜を救えるだけ救いたいと恐竜族たちに伝えて「ポップ地下室」で作った地下室に避難させます。
そのポップ地下室で作った地下室が以前ドラえもんたちが地底世界の博物館で見た「聖域」にあたるということが分かった時
私は「あ!あの時の聖域はこのポップ地下室で作った地下室のことなんだ!」と分かって感動しましたね。

女性30代
女性30代

かつて地上で栄えていた恐竜たちは隕石によって絶滅したが、実際には地底で未だに生きていたという内容の映画です。

題材が魔法などとは違い、本当にあるかもしれないと思えるようなテーマだと思います。

悪役はいないですが、十分楽しめる内容だと思います。

ただ子供が見るには、結構説明的なシーンが多く、意味がよくわからないのもあって飽きてしまいそうだなと思います。

実際、自分が子供の時に見ていた時はそうでした。

しかし、町を案内してもらう時に説明をしているシーンは、意味もなく付け加えているわけではなく、後にドラえもんが聖域を作ったということがわかった時に初めてこのシーンは絶対必要だなと思いました。
個人的に好きなシーンは、100パーセント信用できる〇×占いの道具がでてくるところです。

のび太くんのママの質問に対して、勝手に〇と×が答えて、それを必死で隠しているのび太君の様子がとても面白く、毎回笑ってしまいます。

最後のエンドロールのところで、のび太くんが隠していた0点の答案はなぜ郵便で届いたのでしょうか?

というところとなぜスネ夫だけが恐竜を目撃したのかが疑問でした。

結末は、友情が芽生えて涙ながらに別れることが多いですが、この作品に限ってはとてもさらっとした終わりで、これはこれでいい終わり方だと思いました。

まとめ

映画シリーズにしては珍しくスネ夫の主張が強い作品です。

今回の一人が消える展開は今後の作品にて活かされることがあるためドラえもんの変化点とも言える作品になりますね。

是非一度視聴することをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました