おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【トランスポーター】動画を無料で(映画2002)フル配信・視聴する方法

トランスポーター 洋画

© 2002 EuropaCorp – TF1 Films Production. ALL RIGHTS RESERVED.

フランク・マーティンは三つのルールを持つ凄腕の運び屋だった。

そのルールは「契約厳守」「依頼主の名前を聞かない」「依頼品は開けない」というものだった。

しかしある依頼でフランクは荷物の中を見てしまう。

そして中には女が入っていたそれを見てしまったフランクは組織の襲撃にあってしまう。

映画『トランスポーター』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『トランスポーター』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

『トランスポーター』予告編
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、映画『トランスポーター』シリーズをお読みいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

他の「トランスポーター」シリーズもお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

映画『トランスポーター』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

運び屋

主人公フランク・マーティンは運び屋をしていた。

そして自分にある条件をかしていたそれは「契約厳守」「依頼者の名前は聞かない」「依頼品は開けない」と言う物だったそれによりフランクは信頼を置かれていた。

ある日銀行強盗を輸送する事にしかし乗ってきた人数が契約と違いフランクは指摘する。

抵抗された銀行強盗は仲間の一人を撃ち殺し出発する。

逃走に成功し報酬をもらうフランク。

しかしニュースを見ると銀行強盗は捕まっていた。

そして家に警部がやってきて「超すご腕の運び屋が逃げてる」とフランクの車を見て疑うしか疑うだけで去っていく。

そこに運び屋の仕事がやってくる内容はカバン一個の輸送だった。

失敗

輸送を開始するフランク。

しかし輸送中車がパンクしてしまう。

そしてトランクを開け荷物を目にすると動いていたフランクは驚きながらもタイヤを出し修理する。

途中休憩をはさみ食事をとるフランク。

しかしフランクは課したルールを破りバッグを開けるそこには中国人の女性が乗っていた。

飲み物を与えしまうが女性はトイレに行きたいと言う。

自分でもルールを破ってしまうのはやばいと言うしかし女性は逃げてしまう。

しかしなんとか捕まえ連れ戻すが警察が車を見ていたそれを撃退するフランク。

そして無事荷物を届ける。

そこで再びウォールという男から依頼を受け荷物を運ぶ。

しかし飲み物を買っているち車が爆発する。

怒ったフランクは依頼主の元に戻り復讐を果たすしかしそこにウォールの姿はなかった。

車を奪い戻るフランク、しかし中には中国人女性が乗っていた。

置いていこうとしたがやはりフランクは戻り女性を家に連れていく。

襲撃

女性はライと名乗りフランクの状況はやばいと言う。

ライはフランクの家を調べる。

ライは居座り料理を出すしかしそこに警部がやってくる。

警部はフランクの車が爆発された件について事情聴取する。

しかしライがフォローに入りなんとかやり過ごす。

だがそこに組織が襲撃してくるなんとか免れる二人。

後悔するフランクに誘惑するライ二人は体の関係を結ぶ。

そして警部から事情聴取を受ける二人。

ライは警部が見てないうちにパソコンを調べウォールの場所を確認する。

ライはウォールが人身売買していて父が捕まっていると言う。

【 ネタバレ 】

人身売買

そして再びウォールの元へ。

銃をウォールに突きつけ人身売買の船を聞く。

しかしライの父親がコンテナにいるというのは嘘でありライはフランクに銃を突きつける。

そこにライの父親がやってくる。

父親にも銃を突きつけるライ。

父親は隙をつきフランクに銃を突きつけライに銃を下ろさせる。

しかしそこに警察がやってくる。

フランクは気絶させられ警察に脅されたと嘘の供述をする。

そしてフランクは警察に捕まってしまう。

フランクは警部に人生売買を言い警部の作戦で警察を脱出する。

コンテナに単独で向かうフランク。

そこで次々と敵を倒しコンテナトラックを飛行機で追いかける。

上から奇襲しトラックを奪いウォールと戦いになる。

一度は敗北するが生還し勝利する。

そしてコンテナを救出するがライの父親に銃を突きつけられる。

海に連れてこられるが父親はライによって撃たれ倒れる。

そこに警部が現れ事件は解決する。

【 登場人物紹介 】

フランク・マーティン:ジェイソン・ステイサム (山路和弘)

ライ・クワイ:スー・チー (根谷美智子)

ウォール・ストリート:マット・シュルツ (西凛太郎)

タル͡コニ警部:フランソワ・ベルレアン (小島敏彦)

ミスター・クワイ:リック・ヤン (後藤哲夫)

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

・カーアクションが好きな方

・ジェイソン・ステイサムが好きな方

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

感想はここから見れます
男性50代
男性50代

リュックベッソン監督の作品で黒のBMW735iに乗る運び屋のお話です。

自分に掟を立ててこの掟を守ることでうまく仕事をこなしてきたのですがある日この掟を情に流されて破ってしまうことから始まります。

いくら非常な掟に従順でもやはり人間である面、トラブルに巻き込まれるような感じです。

依頼品を開けないという掟をやぶることからズルズルと巻き込まれていきます。

しかし主人公が特殊部隊出身ということからいろいろな物を武器に変えて相手に立ち向かっていきます。

そして見所は、主人公フランクマーチンの運転技術が、とても巧みで追ってくる警察や敵を痛快にかわしていきます。

時間厳守、相手の名を聞かない、依頼品を開けないという掟を破ったことから始まるアクション映画です。

男性40代
男性40代

この映画は、リュック・ベッソンが製作・脚本を手掛け、何でも運ぶプロの運び屋を主人公とするカーアクション映画です。

主人公のフランクを演じるのは、ジェイソン・ステイサムで、彼の出世作と言えます。

主人公フランクのキャラクター設定が好きです。

仕事においては、”契約厳守””依頼者の名前は聞かない”“依頼品は開けない”という3つのルールを自らに課し、完璧主義でストイック。だけど、女性には優しいムキムキマッチョなのです。

激しいカーアクションでも冷静なドライビングテクニックでくぐり抜け、愛車BMW735に傷ひとつつけないあたりが、彼の性格やプロフェッショナルさを表現しています。

カーアクションだけでなく、格闘シーンも圧巻です。

こんな姿を見ていたら、女性は惚れてしまうのもわかります。ハゲでもカッコいいジェイソン・ステイサムを堪能できる映画です。

男性40代
男性40代

主に、カーチェイスとアクションで、構成されている迫力満点の映画。

しかしながら、ストーリー展開も、しっかりしていて、大変素晴らしい。

手に汗握る展開で、どのシーンも、目が離せません。

中でも、素性の知れない運び屋は、何だか魅力的でしたね。やっぱり、ジェイソン・ステイサムの魅力が全開の作品です。

流石、代表作といわれるだけあります。

元軍人で、運び屋の主人公の設定が、魅惑的だったし、爆破シーンに格闘シーンと、とにかく激しかったです。

しかしながら、全体を観終わって、ストーリーの良さに、リュック・ベッソンは、監督よりも、どうやら、脚本にも向いているのかなぁと思いました。

3度観ましたが、とっても中身の詰まった最高の作品です。

女性40代
女性40代

依頼人の名前も何も聞かず、依頼品の確認もせず、契約通りに運ぶ運び屋のフランクは、シュールでかっこいいです。

が、その契約内容だと、いつかトラブルに巻き込まれるのは必至ですね。

女性を遠く離れた場所に運ぶあたり、いつかトイレや飲食がらみで確認せざるを得ないですね。

その裏に隠された陰謀である、人身売買を暴いて、警察に協力を仰いで解決に導きます。

さすがプロだと感じさせますが、一体どうなるのかとどきどきさせられます。

運ばれていた女性は、悲しい選択を迫られます。

また、離れ業ともいえるアクションの数々が大規模で、注目ポイントです。

特殊部隊に所属していたという設定のフランクは、人間業と思えないような、技を繰り広げてくれます。

女性30代
女性30代

とにかくジェイソン・ステイサムがかっこいいです。
多分彼のための映画です。ですが、美女も登場するのであきません。
それと、興奮する箇所は、やはり、カーチェイスの場面です。
早くて、店舗がいい。なのに、画面など、見失わず、状況もわかりやすく撮影されているので
とっても見やすい!

アクションもテンポよく、ぱっぱと凄いことをやってのけるので、見ていて爽快です。アクション映画!という感じで、何度みても、面白いです。
ストーリーもきちんと組まれていて、たまに冗談もクスッと笑えるところもあります。

ちょっとセクシーな場面もあるので、全てそろっている!
飽きずに見られる、スカッとする、王道の、安定感のあるアクション作品、シリーズ、だとおもいます!

女性30代
女性30代

ジェイソン・ステイサムの出世作となったこの作品ですが、見どころはやはり彼のアクションです。
寡黙でルールをきっちり守りなんでも運ぶプロの運び屋。
運び屋がなぜこんなに強いのか?と思いたくなるほど半端なく強いです。
なぜなら元軍人だからです。
仕事の仕方も戦い方もすごくスマートで、運転もめちゃくちゃうまいです。
アクションと同じくらいカーアクションも迫力があって見どころです。
難しいことは考えずにとにかくスカッとしたい。爽快なアクションが見たいという方にはぜひぜ見て欲しい作品です。
元飛込選手として鍛え上げられたジェイソン・ステイサムの肉体美もしっかり拝めるので、筋肉フェチも楽しめるのではないでしょうか(笑)

男性30代
男性30代

ジェイソンステイサム主演のアクション映画です。

その後様々な作品でキャリアを築き現在では一流俳優として確固たる地位を不動のものにしている彼の原点とも言える作品ですね。

彼の真骨頂である軽やかな身のこなしからの殴り蹴り、そこらへんに転がってる道具を利用して戦う中にも多少のコメディー要素ありというその後の彼のテンプレ的なスタイルは今作から際立っていって、2,3となるごとにアクションシーンも多彩になっていくため、1だけでなく2,3もオススメです。

トランスポーター(運び屋)とタイトルがついてますけど、その後のシリーズ含めて運ぶというよりかは敵をぶっ飛ばすことに比重が置かれています。

ただ1の冒頭のカーアクションシーンは全アクション映画の数あるシーンと比較してもかなりの出来栄えで最高のつかみです。

男性20代
男性20代

ジェイソン・ステイサムといえばザ・ワンという人もいるかもしれませんが、私はこのトランスポーターが彼の代表作と言えると思っています。

冒頭のカーアクションもこの作品の魅力の1つです。非常に臨場感あふれるものになっています。

具体的にはギア切り替え操作を行なっている手元を入れ込むことでメリハリをきかせ、車を下からのアングルで撮影することで車スピード感を表しています。

通り抜けるシーンやタイヤの動きなどです。

またこのカーアクションの中にお笑い要素があるのもまた魅力です。

冒頭、目出し帽姿の男たちを後ろに乗せカーアクションシーンに入りますが、この男たちがこの作品に入り込んでいる視聴者の気持ちをセリフで代弁したり、リアクションで笑いを誘います。

窓ガラスに顔を押し付けたり、吐いたり、誰でもわかる笑える演出が入っています。

このように様々なこだわりを入れ込んだカーアクションはこの作品の魅力の1つです。
またステイサムのアクションがもう1つの魅力です。

その中でも終盤のオイルまみれになりながら行うアクションは素晴らしいです。

ステイサムは1つのアクション動作が非常に素早く迫力をだし、自ら戦闘には不向きと思われるオイルをばら撒き、それを生かし大勢を圧倒する姿はこの作品の最大の見せ場だと思っています。

見ていない人にも必ずおすすめできる映画作品だと私は思っています。

男性30代
男性30代

レオンやニキータで有名な監督リュック・ベッソンと、今や超有名アクション俳優ジェイソン・ステイサム主演のアクション映画です。

リュック・ベッソン監督と言うこともあり、舞台はフランスのマルセイユで主人公フランクは運び屋をしています。

画面に映る色彩がややオレンジがかっており、独特な雰囲気を出しています。

どこかサンセット的で、アクションシーンも暗がりで見づらい様な事もなく、ジェイソン・ステイサムの体術が遺憾無く発揮され観ることができます。

やはりこの映画はジェイソン・ステイサムに視点を置いて観る、ある種のアイドル映画だと思います。

前半のビシッとスーツを着こなして仕事をこなすかっこよさや、格闘シーンでは何故か上半身を露室したりと、その肉体美を観れます。

【 まとめ 】

迫力満点なアクションが見どころ満載の映画となっています。

カーアクションも格闘シーンも多彩で、ドキドキの展開が続くこちらの作品を、ぜひご覧ください。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました