おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【Mr.インクレディブル】動画を無料で(映画2004)フル配信・視聴する方法

Mr.インクレティブル アニメ映画

(C)DISNEY/PIXAR

『Mr.インクレディブル』は2004年に公開されたピクサーが制作したアメリカの映画です。

かつてスーパーヒーローだったMr.インクレディブルは、現在引退し、その正体を隠して会社員として働いていた…。

映画『Mr.インクレディブル』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『Mr.インクレディブル』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

Mr.インクレディブル (吹き替え) – 予告編
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、他の『ピクサー映画』をお読みいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

他の「ピクサー映画」もお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

『ディズニー』の歴代作品紹介

ディズニー 作品 U-NEXT TSUTAYA TV/DISCAS hulu
Mr.インクレディブル 視聴 ▶ 視聴 ▶
ウォーリー 視聴 ▶ 視聴 ▶
ファインディング・ニモ 視聴 ▶ 視聴 ▶
アナと雪の女王2
視聴 ▶ 視聴 ▶
モアナと伝説の海
視聴 ▶ 視聴 ▶
ホーンテッドマンション
視聴 ▶ 視聴 ▶
ファンタジア2000
視聴 ▶ 視聴 ▶
アトランティス/失われた帝国
視聴 ▶ 視聴 ▶
アナと雪の女王 視聴 ▶ 視聴 ▶
ベイマックス
視聴 ▶ 視聴 ▶
トレジャー・プラネット 視聴 ▶
塔の上のラプンツェル
視聴 ▶ 視聴 ▶
マレフィセント2
視聴 ▶ 視聴 ▶
ズートピア
視聴 ▶ 視聴 ▶
モンスターズ・ユニバーシティ 視聴 ▶ 視聴 ▶
モンスターズ・インク 視聴 ▶
チキン・リトル 視聴 ▶
シュガーラッシュ:オンライン
視聴 ▶ 視聴 ▶
シュガーラッシュ
視聴 ▶ 視聴 ▶
トイストーリー・オブー・テラー!
視聴 ▶ 視聴 ▶
ラ・ラ・ランド 視聴 ▶ 視聴 ▶ 視聴 ▶
ナイトメア・ビフォア・クリスマス 視聴 ▶ 視聴 ▶
アリス・イン・ワンダーランド 視聴 ▶ 視聴 ▶
マレフィセント 視聴 ▶ 視聴 ▶
ダイナソー 視聴 ▶
ラマになった王様 視聴 ▶
ブラザーベア 視聴 ▶
くまのプーさん 視聴 ▶
プリンセスと魔法のキス 視聴 ▶
ボルト 視聴 ▶
トイストーリー1 視聴 ▶ 視聴 ▶
トイストーリー2 視聴 ▶ 視聴 ▶
トイストーリー3 視聴 ▶ 視聴 ▶
トイストーリー4 視聴 ▶ 視聴 ▶
美女と野獣 視聴 ▶ 視聴 ▶
アラジン 視聴 ▶ 視聴 ▶
ライオンキング 視聴 ▶ 視聴 ▶
リメンバーミー 視聴 ▶ 視聴 ▶
『ディズニー』シリーズは『U-NEXT』『hulu』『TSUTAYA TV/DISCAS』の3つの動画配信サイトにて視聴できます。

映画『Mr.インクレディブル』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・Mr.インクレディブル

かつて世界の平和を守るスーパーヒーローが世界に存在していました。

彼らはその超人的な力を、平和を守るために使っていたのです。

Mr.インクレディブルもその一人でした。

ある時、彼は自殺願望者の命を助けますが、救助した際にその青年に怪我を負わせてしまいます。

この一件が発端となり、Mr.インクレディブルは訴えられることになってしまい、「スーパーヒーロー保護プログラム」が発動したのです。

このプログラムによって、スーパーヒーローたちはかつての行いを一切咎められない代わりに引退しなければならなくなったのです。

・会社員・ボブ・パー

スーパーヒーローを引退したMr.インクレディブルことボブ・パーは、かつて同じくスーパーヒーローだったイラスティガールことヘレンと結婚し、ヴァイオレット、ダッシュ、ジャックジャックという三人の子どもをもうけていました。

そして現在は保険会社の会社員として働き、他の人たちと同様日常生活を送っていました。

そんなボブはヒーロー時代の栄光が忘れられず、かつての同僚・フロゾンと共に家族に内緒で人助けをしていたのです。

・再びスーパーヒーローに

ある日ボブは上司に重傷を負わせてしまったことで会社をクビになってしまうのでした。

そんなボブの元へミラージュと名乗る女が接触してきます。

ミラージュはボブのスーパーヒーローとしての力が必要だと言うのです。

ミラージュの依頼はとある孤島内にある政府の研究施設から脱走した危険なロボットを捕まえてほしいということでした。

ヒーローとしての活躍が恋しいボブは家族には秘密にして、その提案に乗り、スーパーヒーローとして再び活動を開始させたのです。

・次の任務へ

手間取りながらもなんとかロボットを捕獲することに成功したボブですが、現役時代から比べると体力の衰えや体形の変化を感じざるを得ませんでした。

ですがこの活動で自信を取り戻したボブは、必死にダイエットやトレーニングに励み、現役時代の体形に近づけ、かつての仕事仲間であるエドナにスーツの修理を依頼します。

そんなボブの元へ次なる依頼が入ってきました。

一方で、最近の妙に浮ついた態度からボブの浮気を疑っていたヘレンは、ボブの部屋にあるスーツを見て、エドナが一枚噛んでいることに気がついたのです。

・シンドローム

ボブに任された次なる仕事は、前回倒したロボットが更に強力になったものを捕獲することでした。

果敢にもロボットに挑んでいくボブですが、高性能ロボットの強大な力に太刀打ちできません。

そんなボブの前に現れたのはシンドロームという男でした。

彼はボブが現役時代に活躍していた際、相棒を志願したのですが断られた過去がありました。

そのせいでボブを恨みに思っていたのです。

シンドロームの本当の目的は強化した手に負えないロボットを倒し、ヒーローになることでした。

・ボブの元へ

一方エドナの話から事情を察したヘレンは自身もスーツを新調し、家族に内緒でボブの元へ向かおうとします。

しかし、そんな母の様子がおかしいと思ったヴァイオレットとダッシュはジャックジャックをベビーシッターに預け、母の操縦するジェット機に乗り込んでいました。

ボブの捕らわれている島になんとか上陸したヘレンはヴァイオレットとダッシュとは別行動でボブの元へ向かうのでした。

ヘレンと別行動になったヴァイオレットとダッシュはシンドロームの手下に襲われますが、それぞれの力によってなんとか退けることに成功します。

その後、ヴァイオレットたちはヘレンやボブと再会しますが、ボブ共々シンドロームによって捕らえられてしまうのでした。

【 ネタバレ 】

・街の中での攻防戦

なんとかその場所を脱出したボブたちはシンドロームによって街に解き放たれたロボットを止めるために街へ戻ります。

一方、街で暴れるロボットの姿を見たフロゾンは、ロボットを止めるべく街へ飛び出していくのでした。

その後、街に到着したボブたちはフロゾンと協力し、なんとかロボットを止めることに成功します。

皆の活躍によって街は無事救われました。

しかしシンドロームは諦めません。

シッターに預けていたジャックジャックをさらい、ジェット機で逃げようとしていました。

その時でした。

ジャックジャックがスーパーヒーローとしての力を覚醒させたおかげで、シンドロームに一瞬の隙ができます。

その隙をついてボブたちはジャックジャックをなんとか助け出すことができたのです。

・結末

その一件から三か月がたったある日、家族で穏やかな日を過ごすボブたちの前にまたしても悪人が登場しました。

ボブたちはコスチュームを身にまとい、悪人を捕らえるべく立ち向かっていきました。

【 登場人物紹介 】

ボブ・パー (三浦友和)

ヘレン・パー (黒木瞳)

ヴァイオレット (綾瀬はるか)

ダッシュ (海鋒拓也)

シンドローム (宮迫博之)

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

・ピクサー作品が好きな方

・ヒーロー物が好きな方

・スカッとした話が好きな方

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

感想はここから見れます
女性40代
女性40代

Mr.インクレディブルは能力者一家のお話です。

私はエドナという研究者が大好きで、この映画の重要なキャラだと思っています。

このエドナが作るインクレディブル一家にピッタリのコスチュームが本当にカッコよかったです。

ストーリーの中で重要となるのが、囚われてしまったお父さんを救出しに家族で戦う場面です。

バイオレットの能力もいいのですが、ダッシュの能力が戦いの中では一番光っていたと思います。

一家揃ってのポージングはまるでアベンジャーズみたいで素敵でした。

とにかく、色々な能力のキャラクターが出てくるので、子どもから大人まで幅広く楽しめる映画になっています。

ちょっと結末は気になる形で終わりますが、インクレディブルファミリーを見れば、理解できるのでぜひそちらもおすすめです。

女性40代
女性40代

映像のスピード感も圧巻でしたが、私にとっての最大の見どころはインクレディブル一家の結束の強さでした。
はじめのうちの一家は、なるべく自分の能力を人に見せないように、目立たないように、なるたけ静かに暮らしていました。

でも、パパのMr.インクレディブルが騙されて捕まると、一致団結して助けに向かって、それぞれに失敗したり励まされたりしながら能力を使い、成長していく。そんな姿に感動を覚えました。
特にヴァイオレットが自信が持てず、尻込みしている時に、ママのインクレディブル夫人が「大丈夫よ、あなたならできる…」と励ます姿は、子どもを信じる親の姿として、今も私の印象に強く残っています。
緊急事態宣言が解除されたとはいえ、お出かけには気が引けて、家族と家で過ごすという人もまだ多いと思います。

こそんなときだからこそオススメする映画です。

女性20代
女性20代

初めて見た時におもしろいってなってから何度も見返した作品でした。

家族ぐるみでヒーローをしているなんてすごくかっこいいし、私もあんな風に誰かを助けたり能力をもってうまれたかったとか小さい頃に見た時は思っていました。

家族で危険な思いをしながらも街を救っているところがかっこよすぎて、そして家族でみんな能力が違うから協力プレイで救っている感じなのが絆を感じました。

ダッシュとかは学校とかでもあの技を出してしまっていてそれはせこいなと思っていました。

個人的にはスーパーヒーローであるフロゾンの存在がすごく好きで、もっともっと出番を増やしてほしいなと思っていましたし主人公の作品があってもいいのではないかなと思っていました。

男性40代
男性40代

ピクサー社の作品らしい、見ていて安定したクオリティのあるものでした。
CGを実写に近づけようとすると違和感が出てしまうものですが、この作品はCGの特性を生かしたキャラデザインと、そのキャラの特性がよく出しているので、全体的に良い雰囲気となっています。
また、ストーリーとしては、本作での特徴的な面として、悪役のあり方ではないかと思います。
ヒーロー一家は殊能力を持った超人の設定なのは普通ですが、悪役を、かつてヒーローにあこがれていた普通の少年だった人物。

更に、そんな普通の人がテクノロジーの力でヒーロー一家に対抗しようとする。
この正義と悪の構図の設定を悪役にする時点で、日本映画には出来ないことだなと思いました。

男性20代
男性20代

今作ではディズニーピクサー初の人間を題材にした作品でヒーローの苦悩や葛藤やあるあるが盛り込まれて、家族愛もちゃんと含まれている完成度が高い作品だなと個人的に思います。

私のMrインクレディブルの中で一番好きなキャラクターはフロゾンことルシアス・ベストで彼は主人公のMrインクレディブルことロバート・パーに協力してひっそりと自警団活動したりヒーロー時代の回想を話し合ったりとして良き友人であり終盤ピンチになったら颯爽と駆けつけ「氷」の超能力でインクレディブル・ファミリーに協力する所がかなり魅力的です。

英語版では有名俳優であるサミュエル・L・ジャクソンが吹き替えしているのも良いなと思います。

この作品はディズニーピクサーの中でも特に好きな映画作品です。

女性30代
女性30代

超人的な能力を持つスーパーヒーローは全ての人々や社会において尊敬されて喜ばれる存在ということは実は間違いで、「元」ヒーローたちの肩身の狭い生活の描写が面白かったです。
その能力を引き継いでしまった子供たちも窮屈な思いをしていて、一家の関係は破綻しかけていました。

異能の人々という点を除いては、序盤の家族関係のギクシャクはどこの家庭でも起こりうる内容だったので、「あるある」と思える点も多々ありました。
そして、敵が街を襲う中で、一家は今こそ団結する時だと立ち上がります。
そこからは、家族が一つとなり、力を合わせて敵に立ち向かう姿は爽快で、興奮しました。
アクションあり、家族愛ありの老若男女に見てもらいたい作品です。

女性30代
女性30代

Mr.インクレディブルの栄光輝かしいスーパーヒーロー大活躍から始まって家庭に落ちつくことの大変さを作品を通して面白おかしく痛感しました。

ヒーローはいつまでもヒーローでいたい想いの強さが、大切な家族を危険に巻き込んでしまう結果になり悔やむ姿がすごく父親の存在を感じました。

妻であるイラスティガールは、夫とはちがい、普通の生活を望んでいる、子供をしかったり普通の親にみえるが、体がゴムのように伸縮自在で我が子を必死でまもる姿にはハラハラもしますが愛の深さを感じます。

子供たちはダッシュの走りは水の上も爽快にかけぬけてみていて気持ちが良いです。

ジャックジャックは無邪気で可愛いけどパワーは未知数でちょっとすごい存在感でした。

女性20代
女性20代

私の大好きなピクサー作品の一つです。日本語吹き替え版には、主人公ボブ(Mr.インクレディブル)に三浦友和さん、その妻のヘレンに黒木瞳さん、娘のヴァイオレットに綾瀬はるかさんと声優陣も豪華で、みなさんお上手で違和感なく映画をみることができました。

よくあるスーパーヒーローが世界を救う、という映画では無く、スーパーヒーローが廃止された世界の話という設定も独特でおもしろいです。

主人公のボブだけではなく、妻、娘、息子たちにもスーパーヒーロー能力があり、それぞれ力を抑えて暮らしていましたが、悪と立ち向かう時にその力を発揮する様子やアクションは観ていてとてもワクワクし、スカッとした気持ちになります。
家族愛も描かれており、子供から大人まで楽しめる作品になっています。

女性40代
女性40代

最初から最後まで見ごたえたっぷりの作品です。
スーパーヒーローをテーマにした内容で、能力を使って敵に立ち向かうヒーローの姿がかっこ良くて、憧れを抱いてしまう程です。
また市民を守るヒーローが犯罪者になって、力を隠して生活しているところに斬新さを感じます。

ヒーローに完璧なイメージを描きがちな私達にとって、この映画に出てくるヒーローは良い意味で親近感のある面白かっこ良いヒーローです。

例えば潜在能力に悩まされて社会に溶け込めない主人公ボブは、かつての栄光を取り戻したくて必死にもがいている姿が、人間ぽくて良い味が出ています。
そして何よりの見どころはやっぱり家族愛です。

家族みんなで一致団結して、悪者と懸命に戦うインクレディブル一家は本当に素敵な家族です。

またパワーを使ってはいけないと教わったボブの子供達がパワーを使って悪者に立ち向かうことで、大きく成長するシーンは特に印象に残ります。

女性20代
女性20代

この作品の最大の魅力は、実は音楽にあるのではないかと思います。

ファンタジックな超能力を持ったヒーロー一家のCGアニメをかっこよくてはらはらするスパイアクションに仕上げているのは、間違いなく巨匠マイケル・ジアッチーノによる、007やミッションインポッシブルを意識したオーケストラ音楽の力です。

チャーミングで現実味のない造形の主人公たちを、ワクワクする楽曲によってクールでスタイリッシュに演出しているピクサーのセンスには、思わず拍手をしたくなります。

前半はぱっとしないお父さんの家庭内での憂鬱を強めに描いていて子どもウケが悪いかもしれませんが、後半の一致団結して凶悪な敵に立ち向かっていくクライマックスには本当にワクワクしました。

【 まとめ 】

ヒーロー時代の栄光が忘れられず、奮闘する中年サラリーマン。

彼が再びヒーローとして奮闘する姿には目が離せません!

家族一緒に楽しめるおすすめの映画です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました