おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【ボーン・レガシー】動画を無料で(映画)フル配信・視聴する方法

ボーン・レガシー 洋画

©2012 Universal City Studios Productions LLLP

大人気アクション映画・ボーンシリーズの三部作に続き、今作はCIAによって計画に参画されていたもう1人の男を描いた物語となっています。

時は前作の『ボーン・アルティメイタム』と同時進行していて、その頃こちら側では何が起こっていたのか。といった内容です。

ジェイソンボーンと同じように仕立て上げられたある1人の男は、アラスカにある訓練所で厳しい寒さの中を過ごしていました。

しかし、前作でパメラやボーンによってトレッドストーン企画・ブラックブライアーや、それに関わったCIAの人間の悪事が公になったことで、別の計画を施工中のCIA捜査官リックは頭を悩ませます。

自分の計画である、「アウトカム」も公になっては困るからです。

そうしてリックは、泣く泣く計画中止を決断することとなりました。

映画『ボーン・レガシー』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『ボーン・レガシー』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

『ボーン・レガシー』予告編
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、他の『ボーン』シリーズをお試しいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

他の「ボーン」シリーズもお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

「ボーン」シリーズ U-NEXT hulu
ボーン・レガシー 視聴 ▶ ×
ジェイソン・ボーン 視聴 ▶ ×
ボーン アルティメイタム 視聴 ▶ ×
ボーン アイデンティティ 視聴 ▶ ×
ボーン スプレマシー 視聴 ▶ ×

映画『ボーン・レガシー』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・抹消される工作員

「アウトカム」計画中止に沿って、世界中で工作員として派遣された計画参画者たちが、次々とCIAによって殺されていきます。

それらの人物たちは、もう必要がないからです。

そしてそのうちの1人が、アラスカの訓練所に派遣されていたアーロンでした。

・逃げ切るアーロン

ほとんどの工作員は、常服指定た薬に加え、新たに指定された薬を服用することで倒れ死二させるという方法でしたが、アーロンに限ってはアラスカにいたために違う方法を取りました。

無人機をアラスカに送り、位置情報からアーロンの位置を読み取り爆撃するというものでした。

しかし、何かがおかしいと思ったアーロンは逃げ切り、最終的には自分のGPSを野生の狼に装着することで、標的を狼に変換させました。

こうしてCIAは遠隔操作で無人機を使い狼を襲撃しますが、そんなことは知らないのでアーロンの殺害も無事に完了されたと思い込んでいました。

そうしてアーロンはアラスカを抜け出します。

・研究所での事件

「アウトカム」作戦に参画させられていた工作員たちが常服している薬を与えたり、定期的に工作員たちの体のチェックを行なっていた研究所がありました。

そしてある日、いつものように研究を行っていた研究員の中に1人だけいつもと様子のおかしい者がいました。

その男は部屋をロックし、次々と仲間たちを銃殺していったのです。

そんな悲劇が起きた中でただ1人生き残ったのがマルタでした。

・マルタを襲うCIA

次々と仲間が仲間を殺す現場にいてトラウマとなってしまったマルタのもとに、ある日同じ博士を名乗る人物が3人やってきます。

マルタに次々と質問をした挙句に、襲いかかります。

生き残るはずがなかった人物を抹消しようとしているのです。

その時、アルタの家に知らぬ間に侵入していたアーロンがマルタを救います。

マルタの家中には銃声が鳴り響き、アーロンは怪しい3人組を銃殺することができました。

何がなんだかわからないマルタは混乱してしまいましたが、まずはここから逃げようとアーロンは言います。

・アーロンとマルタ

車に乗った2人は、今の状況について話します。

アーロンによるとあれはCIAの人物で、作戦に関わる研究員までも狙っていたのです。

先日銃乱射をして同僚を殺した男も、CIAによって操られていたんだと話します。

そして、どうやらアーロンは常時服用していた薬を切らしてしまい、身の危険を感じたために、いつも検診を行なってくれたマルタの自宅に訪れたようでした。

マルタの家に行けば薬があると思っていたのです。

しかし、マルタは家にも研究所にもなく、薬を製造しているのはフィリピンのマニラだということを伝えます。

そしてアーロンは、マルタに自分とフィリピンに行くように頼みます。

こうして2人はフィリピンのマニラへ行くことを決めました。

・狙われる2

その頃CIAでは、捜査官を送り込んだにも関わらずマルタに逃げられた事態にあたふたしていました。

この時点では、まだアーロンの存在はバレていないので彼女1人の力でここまでできるわけないと誰かの存在を疑っていました。

街に設置されてあるFBIの監視カメラなどを全て洗い出し彼女の居場所を突き止めようとします。

ついに、彼女がアウトカム作戦の参画者であるアーロンとともに国を出て、フィリピンに降り立ったことを突き止めました。

すぐさま2人を殺すべくCIAもフィリインへと向かいます。

そしてそれだけでなく、別作戦のために作られた、人間の感情を捨てた殺し屋であるNo.3と呼ばれる男も送り込みます。

【 ネタバレ 】

・マニラ

フィリピンのマニラに到着した2人は、早速薬を作っている工場に潜入することができました。

そして、アーロンが切らしていた薬を投与することにも成功します。

しかしすでにCIAから連絡がいっていた工場員は2人を拘束するよう準備をしていました。

自分たちがもう見つかり、追われているということに気づいたアーロンとマルタはなんとか足早に工場を抜け出します。

そして次の日の朝、アーロンが目を覚ますとマルタは薬局に行くと置き手紙を残していました。

薬局で会計を済ましているマルタでしたが、次第に次々とパトカーや警察官がやってきて、自分たちの宿を囲っているのを目の当たりにします。

そして、アーロン逃げて!と大きな声で叫びアーロンへ危険を喚起させます。

それを聞いたアーロンはすぐさま身の危険を感じ、窓から屋根をつたい逃亡しました。

大声を出したマルタも追いかけられてしまいますが、のちにアーロンと合流することができ他ので2人は共に逃げ出しました。

No.3

そして逃げ回る2人に、警察官とは別の男が追ってきているのをアーロンは確認します。

CIAが送り込んだNo.3でした。

これ以上はもう追いつけられてしまうと感じたアーロンは、市民のバイクを盗み後ろにマルタを乗せて走り出しました。

そしてNo.3も、市民のバイクを奪いアーロンとマルタを追います。

バイクに乗りながら発泡などをしてくるNo.3は人間の心を捨てただけあり、街をめちゃめちゃにして走り回ります。

そして銃弾がアーロンの肩に命中しますが、アーロンは辛うじて走り続けます。

最終的にはマルタの協力などもありついにNo.3はバイクから転がり落ちて死亡しました。

しかし、銃弾のせいで意識を失ってしまったアーロンは運転ができなくなり、2人もそのままバイクから落ちてしまいます。

・救出者

その現場をたまたま見ていた現地の親子に、マルタは助けを求めます。

そして、所持しているものやお金などを渡し2人は救出されました。

その親子は、船乗りの家族であったため、アーロンとマルタも船旅についていかせてもらうことにしました。

そうして身を隠しながら、フィリピンを抜け出したのでした。

【 登場人物紹介 】

・ジェレミー・レナー  (アーロン)

・レイチェル・ワイズ  (マルタ)

・エドワード・ノートン (リック)

・ルイ・オザワ     (No.3

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

・ボーンシリーズが好きな人

・内容解読が好きな人

・美女を拝みたい人

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

女性30代
女性30代

ボーンシリーズだけど、ボーンが主役じゃありません。

そこは残念ですが、今まで見てきたボーンシリーズの色は受け継いでいましたし、彼らがこういう訓練を受けているということは、ボーンもこれを受けたのねってのが知れるからおもしろいです。

また、肉体改造されてすごい力のあるものが出てくるので、アクションもよかったですし、作戦に参加させられて(最初は自分から進んで参加したことかもしれませんが)、自分らに不利になったら、人ごと消そうとか鬼畜で面白いなと思いました。

あと、今回、訓練先で狼が狙ってるみたいな話があって、狼との戦いも見どころになってます。

動物好きの身としてはなんかかわいそうだなと思っちゃうのですが、なかなか味のある戦いでした。

感想はここから見れます
男性50代
男性50代

あのジェイソンボーンシリーズのスピンオフ。ボーンの名前は必要だったのかとも思います。別物で作ってもよかったのでは?と感じました。
主演はどこかで見たことのあるジェレミー・レナー。
少し探してみました。そうそうミッションインポッシブルにも出ていましたね。気になる脇役でした。
レナーが演じるのはアーロン・クロス。ボーンシリーズで聞き慣れたあの計画「トレットストーン計画」。
更にその上を行く「アウトカム計画」というのがあってその参加者。
スパイものの性。他の参加者同様に計画隠匿のために暗殺のターゲットにされる。
彼にはアップグレートさせられた能力がありそれを駆使して危機を逃れ、ボーン同様に孤独な闘いに身を置くことになる。
数々の刺客を逃れ計画を阻止してどのように隠匿を暴くのかという物語。
ボーンシリーズの知識がなくても普通にアクションサスペンス作品として楽しめます。ボーンを知ってる人には突然出てきた人物なので何故感が残ります。
ジェレミー・レナーは思い入れが大きかったのかな。少し空回りしている感のある演技です。
ここはもっと肩の荷を降ろして楽に演じてくれたらと思います。追われる身のスパイ特有の悲壮感とか孤独感が出ていなかった感じです。
ただ物語的には面白かった。アクションシーンも派手で息をのむシーンも満載です。独立した作品として観れば楽しめます。

男性40代
男性40代

大学の教授職として平穏な生活を送っているところで、再び追われる身となったボーンはアンラッキーと言うべきか、今風に言うと「持っていない」人だなぁと感じてしまいます。

そんな緊迫したアクション満載の作品をマット・ディモンがカッコよく演じています。「ジェイソン・ボーン」のシリーズで共通することですが、彼が窮地に追い込まれ、絶体絶命のピンチになり、ハラハラドキドキしてしまいますが、どんな状況でも希望をを捨てず、驚異的な精神力で局面を打開して、犯人を突き止め、形勢を逆転するシーンがスカッとします。

本当の意味で、ボーンはアメリカのみならず、世界の平和を守っている、「正義のヒーロー」であると言えると思います。

個人的にアクション映画のオススメ作品の1つです。

女性60代
女性60代

ジェイソン・ボーンシリーズの第4作目。

ボーン役のマット・デイモンは今回は出てこないのを知らないで観た人は多かったのではないでしょうか。

シリーズを通して話の背景は同じです。

CAIが極秘に進めている計画のひとつ、アウトカム計画の被験者であるアーロンが4作目の主人公です。

人間兵器プログラムを埋め込まれたボーンと違い、アーロンは、定期的に検査を受け、緑の薬を定期的に飲み、過酷な訓練によって超人的な肉体能力を得ていました。

よくある話ですが、そんなアウトカム計画をなかったものにしようとする大きな力が動き、関わった人間が次々消されていきます。

生き残った女性研究者と共に、スリリングな展開が続き、最後までノンストップで観てしまいました。

どうしてもボーンと比較してしまいますが、アーロン演じるジェレミー・レナーもアクションの切れはボーンに劣るかもしれませんが人間味があって、いいです。

アクション、スパイものが好きな人なら、ジェイソン・ボーン抜きでも十分楽しめる映画です。

女性30代
女性30代

マットデイモンのボーンシリーズが最高過ぎたとゆう人に今作がどう映るかわからないが正直今までの3作品と比べて楽しすぎました。

アクション苦手なはずの私ですが、今作のアクションは最高すぎた。ガンアクションに始まり、バイクアクション。

物語の絡め方が自然だから、手に汗握るスリルを味わえた。

ジェレミーレナーのバイクを乗りこなすかっこよさは凄すぎます。

絵になりすぎて食いいるように見てました。

どんな時もマットデイモンは裸眼のままで、目で表情を訴えてた男だったけど今作はジェレミーレナーがサングラス掛けてた時、痺れたね。

バイクの後ろに乗せてほしいです。

今回の音楽の差し込み方は、改めてニヤけた。

作ってる側も、どこで音楽差し込むか考えるの楽しいはずです。

音楽はシリーズ通して変わらないし最高でした。

【 まとめ 】

今作は、前回までの三部作での中心人物であるジェイソン・ボーンと同じように、計画のためにCIAによって仕立て上げられたもう1人の人物の物語です。

そしてボーンだけでなく同じように辛い思いをしている人物としての葛藤を描いています。

また、トレッドストーンやブラックブライアーに続く新たな作戦など、今までのボーンシリーズを鑑賞してきた人にとってはとても興奮すること間違いなしのないようになっています。

そして、今作のヒロインであるレイチェル・ワイズがとっても美人です。

ぜひ、一風違ったボーンシリーズも手にとって観てみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました