おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【レミーのおいしいレストラン】動画を無料で(映画2007)フル配信・視聴する方法

レミーのおいしいレストラン アニメ映画

(C)Disney/Pixar. All rights reserved.

『レミーのおいしいレストラン』は2007年に公開されたピクサーが制作したアメリカの映画です。

料理人に憧れるネズミのレミーがパリのレストランで料理人見習いのリングイニに出会い…?

映画『レミーのおいしいレストラン』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『レミーのおいしいレストラン』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

レミーのおいしいレストラン(予告編).jp
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、他の『ピクサー映画』をお読みいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

他の「ピクサー映画」もお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

『ディズニー』の歴代作品紹介

ディズニー 作品 U-NEXT TSUTAYA TV/DISCAS hulu
レミーのおいしいレストラン 視聴 ▶ 視聴 ▶
Mr.インクレディブル 視聴 ▶ 視聴 ▶
ウォーリー 視聴 ▶ 視聴 ▶
ファインディング・ニモ 視聴 ▶ 視聴 ▶
アナと雪の女王2
視聴 ▶ 視聴 ▶
モアナと伝説の海
視聴 ▶ 視聴 ▶
ホーンテッドマンション
視聴 ▶ 視聴 ▶
ファンタジア2000
視聴 ▶ 視聴 ▶
アトランティス/失われた帝国
視聴 ▶ 視聴 ▶
アナと雪の女王 視聴 ▶ 視聴 ▶
ベイマックス
視聴 ▶ 視聴 ▶
トレジャー・プラネット 視聴 ▶
塔の上のラプンツェル
視聴 ▶ 視聴 ▶
マレフィセント2
視聴 ▶ 視聴 ▶
ズートピア
視聴 ▶ 視聴 ▶
モンスターズ・ユニバーシティ 視聴 ▶ 視聴 ▶
モンスターズ・インク 視聴 ▶
チキン・リトル 視聴 ▶
シュガーラッシュ:オンライン
視聴 ▶ 視聴 ▶
シュガーラッシュ
視聴 ▶ 視聴 ▶
トイストーリー・オブー・テラー!
視聴 ▶ 視聴 ▶
ラ・ラ・ランド 視聴 ▶ 視聴 ▶ 視聴 ▶
ナイトメア・ビフォア・クリスマス 視聴 ▶ 視聴 ▶
アリス・イン・ワンダーランド 視聴 ▶ 視聴 ▶
マレフィセント 視聴 ▶ 視聴 ▶
ダイナソー 視聴 ▶
ラマになった王様 視聴 ▶
ブラザーベア 視聴 ▶
くまのプーさん 視聴 ▶
プリンセスと魔法のキス 視聴 ▶
ボルト 視聴 ▶
トイストーリー1 視聴 ▶ 視聴 ▶
トイストーリー2 視聴 ▶ 視聴 ▶
トイストーリー3 視聴 ▶ 視聴 ▶
トイストーリー4 視聴 ▶ 視聴 ▶
美女と野獣 視聴 ▶ 視聴 ▶
アラジン 視聴 ▶ 視聴 ▶
ライオンキング 視聴 ▶ 視聴 ▶
リメンバーミー 視聴 ▶ 視聴 ▶
『ディズニー』シリーズは『U-NEXT』『hulu』『TSUTAYA TV/DISCAS』の3つの動画配信サイトにて視聴できます。

映画『レミーのおいしいレストラン』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・レミー

レミーはネズミではありますが、ネズミの中でも並外れた嗅覚と味覚を持っていました。

その才能から、集団のボスであるレミーの父から毒味係を言いつけられていました。

そんなレミーはかつてフランスで一番の料理人と言われたグストーに憧れを抱いていたのです。

レミーたちはその日、いつものように自分たちの食糧を確保するべく、とある老婦人の家に忍び込みましたが、途中で老婦人に見つかってしまい、駆除されそうになってしまいます。

そこからなんとか逃げ出すことができたレミーですが、その最中にレミーはひとり集団からはぐれてしまうのでした。

・グストーのレストラン

偶然にもパリにたどり着いたレミーは家族たちとはぐれ、失意の中にいました

そんなレミーの前にグストーの亡霊が現れます。

グストーの亡霊に導かれ、レミーは気がつけばグストーのレストランに居ました。

憧れの本当のレストランの厨房を見たレミーはその光景に見とれています。

そんな中レミーは視界の端で見習いの男・リングイニが何やら、スープに味を足しているのを目撃します。

そのリングイニがスープに投入しているものは見るからにひどいものばかりで、レミーは見ていられなくなり、思わず走り出していました。

そしてリングイニのいない隙を見計らって自らの嗅覚を駆使して、味を調えるのでした。

・二人で一人

見習いがスープの味を勝手に変えてしまったことで、当然シェフたちの怒りを買いますが、レミーが作り替えたスープは好評で、すぐになくなってしまいました。

これにより、見習い男・リングイニはレストランのスタッフとして雇われることになったのです。

自分の力で作り上げたスープではないことからリングイニは明日からどうしようかと悩みますが、リングイニは目の前に現れたネズミ・レミーがスープの味を調えたことに気がついたのです。

レミーがリングイニの髪の毛を引っ張ることでレミーの体を操れることに気がついたレミーは二人で一人のシェフを目指すことを決めました。

・スキナーの陰謀

一方、料理長・スキナーにはある陰謀がありました。

実はスキナーは前オーナー・グストーの跡取りがいなかったために暫定的に料理長の座に居座っただけであり、跡取りが見つかった場合はその跡取りにオーナーの座を譲らなければならなかったのです。

そしてその跡取りこそ、リングイニだったのです。

この事実をスキナーは信じることができず、またバレてしまっては計画が台無しだとリングイニを追い出そうとしますが、評判の料理を作るようになり、人気も出ていたリングイニをクビにすることができなくなっていたのです。

さらにはリングイニがグストーの息子であるということがDNA鑑定によって証明され、この事実によってスキナーはグストーの店を追い出されてしまいました。

・評論家・イーゴ

たまに見かけるネズミの影から、スキナーは保健所にレストランにネズミが出没すると通報しますが、保健所は全く相手にしませんでした。

一方、最近落ち込みかけていた評判がリングイニの手によって持ち返したことを知った、評論家・イーゴは再びグストーの店に訪れることを決めます。

グストーの店はイーゴの酷評によって評判を下げられてしまった過去がありました。

イーゴは再び訪問すること、そして再び酷評することを予告して去っていきました。

【 ネタバレ 】

・イーゴがやって来た

そして迎えた当日、ひょんなことから見つかってしまい駆除されそうになったレミーを助けたリングイニは同僚たちに今まで自分が作っていた料理は、すべてレミーの力を借りてできたものだったと打ち明けますが、そんな話が信じられるわけがありませんでした。

それどころか、リングイニのその発言から現在はリングイニの恋人となった女性シェフのコレットも含め、シェフたちは皆店を後にしてしまうのでした。

逃げるわけにもいかず、リングイニはレミーとその家族たちの力を借りて、一人でレストランを回していたのです。

そんな中、リングイニを忘れられなかったコレットが戻ってきました。

コレットの力も借り、イーゴに提供するおすすめの料理・ラタトゥユを完成させました。

一口食べ、その味に魅せられたイーゴはシェフに感謝を述べたいと言いますが、他のお客様が帰ってからなら、と応じることにします。

・シェフの正体

他のお客様が帰った後、リングイニとコレットは正直にシェフの正体がネズミのレミーだということを打ち明けました。

最初は全く信じなかったイーゴですが、リングイニとコレットの説明を聞くうちに次第に真剣に話を聞くようになり、そして帰って行ったのです。

翌日、新聞には大絶賛の評が書かれていました。

しかし、レミーがいることをスキナーや保健所の職員に見られていたため、厨房にネズミがいるという噂があっという間に広まり、グストーのレストランはあっという間に閉店に追い込まれたのです。

・結末

リングイニとコレット、そしてレミーたちは新しいレストランをオープンし、忙しい毎日を過ごしていました。

そこには評論家を引退したイーゴの姿もあります。

イーゴは毎日のようにレストランにやってきてはレミーの料理を口にしていました。

そしてその日リングイニにデザートは何にするか尋ねられたイーゴは厨房にいるレミーに向って「驚かせてくれたまえ!」と言いました。

【 登場人物紹介 】

レミー (岸尾だいすけ)

アルフレッド・リングイニ (佐藤隆太)

スキナー (浦山迅)

コレット (甲斐田裕子)

アントン・イーゴ (家弓家正)

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

・ピクサー映画が好きな方

・パリが舞台の映画を見たい方

・アニメが好きな方

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

感想はここから見れます
女性40代
女性40代

ネズミのレミーがフランス料理を作る斬新なお話に大変興味がありましたが、想像以上に幸せな気持ちになる作品です。
初めはネズミが料理を作るシーンに少し抵抗がありましたが、楽しそうに料理をするレミーの姿や美味しそうに食事をするお客さんの笑顔に心が和みました。
料理の才能がないリングイニの帽子に隠れて髪をひっぱって操作していたレミーが、実際厨房に出て仲間達と料理をするシーンはまさにプロの料理人の姿で感動です。

リングイニとレミーがお互いを認めあって、お店とお客様のためにおもてなしをするシーンもとてもかっこ良かったです。

またネズミ達が手洗い等衛生面に気を使っている点もユーモアがあって面白かったです。
もちろんふたりを邪魔する悪役が出てきて、とてもハラハラします。

ふたりの夢は叶うのかどうかがとても気になる大変楽しい作品です。

女性30代
女性30代

私がディズニー映画で一番好きな映画です!定期的に見てしまうほっこりとした内容のディズニー映画です。

不潔な印象で料理やキッチンとは無縁のイメージであるネズミが、生まれ持った味覚センスで料理センス皆無の青年とともに、星付きレストランまで上り詰める感動的な話です。

映画の中で出てくる「ラタトゥイユ」は、自分でも実際に試しに作ってみたほど、映画の中で出てくる料理はアニメとは思えないほど綺麗で美味しそうで、食欲をそそるリアルな映像でした!ネズミというだけで敬遠され、自分の料理を作るという夢を諦めてしまいそうになりますが、青年と互いの持っていない部分を補い合い、協力していくところが応援したくなるようなもので、ただのシェフを目指すアニメとは一味違った内容でした。

また、作中のパリの風景もとても綺麗で、行きたくなる気持ちにしてくれました!

女性40代
女性40代

ただのアニメ作品だと思っておりましたが、私は画像の素晴らしさにびっくり感心してみいってしまいました。

ストーリーはネズミのレミーたちの奮闘記であり、奥深い秘めたるエンディングではありませんでしたが・・テンポの良いストーリーで画像も楽しく飽きませんでした。
あまりピクサーやディズニーアニメは見ない方なのですがこれは、素敵な映画です。

一度見始めると止まらなくなりワクワクしました。

冴えない主人公の青年が台無しにしてしまった料理を、人間の言葉が分かるネズミのレミーがコントロールして、見事に復活を遂げるいうところからぐっと映画に惹き込まれました。

そしてクライマックスシーンはまさかのネズミばかりで運営するレストランこれがまた、賑やかで楽しい!

これまで食品とネズミの関係は決していい表現はされていませんでしたが、それが良い面にでたのか、悪い面にでたのかは個人差があると思いますが、現実的で無いファンタジーが癒してくれている気がします。

忘れていた感覚を感情を思い出させて頂いた映画です。

ネズミが作った料理なのに美味しそうに見えたのも画像の素晴らしいお陰ですね。

女性30代
女性30代

レミーの…とつく時点で始めはレミー視点のみの物語かと思いました。

しかし、そうではなく様々な人物の思いが交差する素晴らしい作品でした。レミーには作る才能がありましたが、ネズミでは活躍することができず周囲にも理解されません。

リングイニ青年はレストランで働いているものの才能がなく孤独です。

2人が足りないものを補い合って戦っていく姿はとても熱い気持ちになります。

また、一番この作品で孤独をかかえ、もっとも救われたのは評論家イーゴでしょう。

おいしいものを追求するということはイーゴのように冷たい側面も持っています。

おいしいものの根底にあるのは美食の最高峰パリであっても家庭料理であることをレミーはイーゴに料理を通じて伝えたことが最も感動した場面でした。

よっぽどラタトゥユとはすごいものだと思っていましたが、調べると日本の筑前煮のようなものだと聞いてますます感動しました。

心を込めた料理に勝るものはない、当たり前で最も大切なことをこの作品に改めて教わりました。

女性30代
女性30代

レミーというねずみが、おっちょこちょいのシェフのコック帽子の中に入り、髪の毛を引っ張ってシェフの動きを操縦して素敵でおいしい料理を作っていきます。

でもねずみがキッチンに居ると知られたら大変なのでそのドキドキもあり、どんな風に操縦されて料理が出来上がるのだろうというわくわくもある映画です。

そのおっちょこちょいのシェフの声が佐藤隆太さんで、自信のなさそうな話し方とかかなりハマっているとおもいます。

でも実際にあんなにねずみがたくさんいるレストランは絶対に行きたくないので、ファンタジーというかアニメだから成り立っている物語だと思います。

でも最後ねずみがいると追い出されて、そのシェフも操縦してくれるねずみがいなくても自分なりに料理を作ったり、ねずみたちはねずみたちでレストランを作ったりと面白い展開でした。

女性30代
女性30代

食通を唸らせるパリの一流レストランという舞台に対し、主人公がネズミという、アブノーマルな設定がとても活かされている作品です。

ここでは、嗅覚と味覚において抜群のセンスを持ち、料理を得意とするネズミ、レミーに対し、「人間は恐ろしいもの、自分たちを見つけると退治しようとしてくる」というレミー以外のネズミたちや、「ネズミは不潔で汚い」と駆除しようとする人間たちといった、固定観念による壁が立ちはだかります。
それに対し、雑用係のリングイニや、後に彼の恋人となる女性料理人のコレットらは、最初こそ困惑するものの、レミーの実力を認め、彼の「料理をしたい」という思いを応援する姿勢は、固定観念や偏見を打ち破り、相手を対等に評価する姿勢の大切さを教えている素晴らしい作品だと思います。

女性30代
女性30代

レミーはネブミだけど、料理の才能に長けていて、手を汚さないように二足歩行で歩くようにしたりしていて、グスタフの料理本まで人間から手にいれてしまうほどで驚かされました。

レミーのつくる料理で一番驚かされたのは、リングイニという料理の才能がまったくない人間が、レストランで掃除雑用をしていてうっかりスープに余計な材料を投入してしまいスープをまずくしてしまうところです。

それをみていた、レミーは香りをかいですぐに何を足していれたらいいか判断をして踊るように華麗に味付けをして、画面越しでもおいしい香りがただよってくるような描写でした。

ラタトゥユを作ったときも懐かしいあじだけど作り方は、斬新で見映えもうつくしい出来映えでほんとにおいしそうでした。

女性30代
女性30代

自分の才能を発揮できず集団生活の中でくすぶっているレミー姿も仕事をいくつもクビになって今度こそは上手くやりたいと思っているリングイニが現代の日本人を表しているようだと思います。

でも女性シェフコレットが皆大変で頑張ってシェフとして働いている事を教えてくれて、自分だけじゃなく皆苦労して生きているんだなと考えさせられました。

実はレミーが美味しい料理を作っていると発覚した時、伝説のシェフグストーの言葉を忘れて皆出て行ってしまったけど、誰でも名シェフという言葉を信じてパリ中を感動させる素晴らしい料理を作ったレミーの実力を認めていたダメダメ人間のリングイニが一番グストーの信念を理解していたのではないかと思う。

ここが見所です!

力を合わせて料理を作るシーンも感動ですが、ラストシーンは何度観ても自然と笑顔になってしまう程ほっこり優しい気持ちになります。

何十回も観ています!本当におすすめです!

女性30代
女性30代

レストランの大敵のネズミなのに、料理が好きでコックになりたいレミーがかわいいです。

そして、そんなレミーと利害が一致してしまったため、レミーに協力することになったリングイニも、等身大の新人って感じで共感の持てるキャラでした。

本作の見どころは、言葉も通じないもの同士がどうやって協力して料理をするのかってところと、その料理のおいしそうなところだと思います。

やっぱり、なんだかんだいって、グルメ映画ですから、そこが大事です。

レミーは、残飯とかを食べる仲間を尻目に、料理本とか見てて、まじで料理がうまいし、盛り付けも素敵です。

映画を見ていると、お腹が減ってきます。

料理の才能がないのに、リングイニがなんでコックになろうと思ったのかってところもなかなか深い話でよかったです。

男性40代
男性40代

料理が得意というネズミのレミー。ほかのネズミ達は食べられれば何でも良いという中、レミーはおいしい料理を作りたくて仕方がありません。

そんなレミーはパリで一番有名なレストランにたどりつきます。

そこでシェフ見習いの人間のリングイニと出会い二人は協力し有名なシェフになる事を目指します。

最初はうまく行きますが、リングイニが料理が得意になったのはレミーがいたからという事がバレてしまいます。

なにより正体がネズミという事もあってみんなが驚きます。

ですが、最終的に、料理を愛し得意としているものが例えネズミであったとしても良いじゃないかと皆がレミーを認めます。

そしてレミーはパリで一番有名なネズミのシェフとして夢を叶えるという面白い映画でした。

【 まとめ 】

劇中に出てくる料理の数々が本当にリアルでおいしそうに描かれています。

見ているだけで食欲をそそられる作品です。

またおいしい料理を作るために奮闘するネズミのレミーの姿がとても愛らしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました