おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【ぼくたちと駐在さんの700日戦争】動画を無料で(映画2008)フル配信・視聴する方法

ぼくたちと駐在さんの700日戦争 邦画

(C)2008「ぼくちゅう」PARTNERS

1970年代の田舎町で7人の男子高校生と駐在さんが繰り広げる、奇想天外なイタズラ大合戦を描いた青春コメディ映画。2008年公開。

映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

市原隼人 Hayato Ichihara- ぼくたちと駐在さんの700日戦争 1分48秒 予告編
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、他の『市原隼人』出演の作品をお試しいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

他の「市原隼人」出演の作品もお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

「市原隼人」出演作品 U-NEXT hulu
ぼくたちと駐在さんの700日戦争 視聴 ▶ ×
猿ロック THE MOVIE 視聴 ▶ ×
ボックス! 視聴 ▶ ×
ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ 視聴 ▶ 視聴 ▶
喝 風太郎!! 視聴 ▶ ×
ROOKIES-卒業- 視聴 ▶ ×

映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・イタズラ小僧

ママチャリと仲間たちは、バーバーの「-」の電飾を消し「ババー」にしてみたり、熊の着ぐるみを着て人を驚かせたりと、学生らしい可愛らしいイタズラを繰り返す日々を送っていました。

「受験という大きな壁から逃れたかったとか色々あるけど、単純にいたずらが好きだったんだと思う」と言うママチャリたちは、誰がどう見ても生粋のいたずら好きで街の中でも”イタズラ小僧”として有名でした。

・キッカケ

ある日、一つの事件が起こります。

仲間の1人西条が、原付でスピード違反で捕まり、停学処分となってしまったのです。

西条は、捕まえるためにわざわざスピードの出る坂の下に機械を設置し、待ち構えていた駐在のことを卑怯だと言い、このことがキッカケで駐在さんとの激しい戦いが始まりました。

・イタズラ①

ママチャリたちはまず、原付で西条が捕まった坂を、免許のいらない自転車なら捕まらないのでないかと考え、何度も坂を駆け下り駐在さんの前を通り抜けていました。

しかしある時、坂を駆け下りたママチャリたちの前に駐在さんが立ちふさがり、”自転車は、軽自動車扱い”ということで7人は捕まり、駐在所へ連れて行かれます。

学校の先生が迎えに来て、この一件は終わりとなりますが、実はママチャリだけは違反に値するスピードは出ていなかったと、駐在さんに言われるのでした。

・喫茶店

その後も復讐と駐在さんの悔しがる顔が見たい思いでママチャリたちはイタズラを考えますが、ことごとく駐在さんに見抜かかわされてしまいます。

そんなある日、いつも作戦を立てる場としていたグレート井上の家で集まれなくなったママチャリたちは、集まる場所を喫茶店にしますが、大人な雰囲気の喫茶店にお子ちゃまなママチャリたちは緊張してしまいます。

そこで、注文した珈琲を持ってきてくれた女性に、ママチャリたちは目を奪われ、健全な男子高校生のママチャリは、その女性に恋をしてしまいました。

・イタズラ②&真実

次に思いついたイタズラは、エロ本を駐在所に置いて、善良な市民に駐在の性癖を晒そうというものでした。

エロ本を駐在所に仕掛ける担当になったママチャリは、西条からエロ本を受け取り駐在所に向かおうとしますが、急に立ち止まり皆のいるほうに振り返ると「この任務から無事に生きて帰ってこれたら、告白する」と誓い、駐在所に向かいました。

駐在さんが不在なのを確認すると、中に入り机の上や引き出し、棚、床にエロ本を仕掛け、壁にポスターを貼っていると女性の声が聞こえ、声がした駐在所の入り口のほうを見てみると、そこにいたのは喫茶店で出会った、ママチャリが恋する相手が立っていました。

その女性は見覚えのあるママチャリの顔をみると「主人に用事?」と言い、それを聞いたママチャリが「主人・・・?」と疑問を抱いていると、そこに駐在さんが現れます。

ママチャリが恋していた女性はまさかの駐在さんの奥さんだったのです。

仕掛けたエロ漫画について聞かれたママチャリは、公園で拾ったとウソを付きますが、駐在さんはうそを見抜いており、奥さんもいる前で卑猥なタイトルを朗読させられ、恥ずかしい屈辱的的な思いをする羽目になりました。

・イタズラ③

学校で原付の教習が行われた際は、お手本を見せるために駐在さんが乗る原付の椅子の部分にトリモチを塗り付けて、座ったらズボンがくっつきパンツで帰る羽目になるというイタズラを仕掛けたものの、お手本を見せ終えた駐在さんは何事も無かったように椅子から立ち上がりました。

なぜだ、と疑問を抱くママチャリたちをしり目に駐在さんは、西条に今のお手本を参考にやってみるように言い、隠していたもう一台の原付を見せます。

その原付こそ、ママチャリたちがトリモチを付けていた原付で、乗るしかなくなってしまった西条は、その原付に乗り走行し、案の定ズボンが椅子にくっつきズボンを脱ぐことになり、可愛らしい柄の名前入りの恥ずかしいパンツ姿を晒すことになってしまいました。

恥ずかしい思いをしているのはママチャリたちだけではなく、駐在さんも落とし穴に落ちたり、奥さんと奥さんの妹と仲良くなったママチャリたちが勝手に家に上がり込んでたり、強烈なにおいを嗅がされたりと、それなりにダメージを負っていました。

・駐在さんの仕返し

数々のイタズラを仕掛けられてきた駐在さんも、ママチャリの自転車のカゴに、自身が仕掛けられたエロ漫画を入れたり、仕返しを始めます。

ある日、駐在さんはママチャリたちに和解を求め、隣町の焼鳥を食べに行こうと誘い、パトカーを走らせますが、向かう先は隣町ではなく山の中でした。

着いた先は、街が一望できる小さな高台で、パトカーを降りると駐在さんは「きれいだろ、この街。大事な高校生活もっと大切なことに力注いだらどうだ?」とママチャリたちの心に語り掛けるように話しました。

駐在は、たばこを取ってくると言ってパトカーに戻ると、そのまま乗り込みエンジンをかけると、その音にママチャリたちは振り向きます。

呆然と振り向いたママチャリたちに、駐在さんは「バーカ。お前らは歩いて帰れ」と言うと、ママチャリと置いて颯爽と帰っていきました。

7人と駐在さんの戦いはまだまだ終わりません。

・約束

駐在さんに一泡吹かせたい7人が頭をひねらせ次のイタズラを考えていたある日、下心が原因で西条が事故で入院することとなります。

そんな西条の見舞いにきたママチャリたちに、西条は夏祭りに使う花火を隣町から盗むことを提案します。

しかし、これまでのイタズラの比ではない提案に、仲間たちは「それは立派な窃盗だから、俺はやらない。無理だ。」と言って離脱していきますが、ママチャリだけは、実は根の優しい西条の言動に違和感を感じていました。

そして、自身が病室に財布を忘れたこともあり、1人病室に戻ると、病気で入院している女の子ミカちゃんと会話する西条の声が聞こえてきます。

耳を澄まして聞いてみると、「ここから花火なんて見れるはずない!」と言うミカちゃんに対して西条が「絶対に見える!見えるんだよ」と約束していたのです。

それを聞いたママチャリは、西条は駐在さんを困らせるために花火を盗むと言ったわけではなく、ミカちゃんを喜ばせるために盗む提案をしたのだと知り、花火を盗む決意をしました。

・計画、実行

ママチャリは、花火を盗むための計画を練り始め、他の仲間たちにも各々の役割を書いた手紙を渡し、西条にも必ず見せると約束すると、花火を打ち上げるための準備を始めました。

そして当日、計画した集合場所に来たママチャリが、他の仲間がこないことに、やはり無理かと苦笑いしていると、女子高生に扮したジェミニーが走って現れ、なんとか計画がスタートしようと動き出します。

するとそこに、千葉くんも現れ3人は花火を盗む計画を実行するため、花火師の親方に取材と偽って近付き、3人で協力し花火を入手することに成功しました。

取材の協力費だと言って親方に尾根を渡すと、そそくさとその場を後にしようとしますが、花火を盗む計画がバレてしまっていた駐在さんが現れ、問い詰められます。

その時、近くでケンカが起きていると声が聞こえ、駐在さんはそちらに向かうしかなく、ママチャリたちから離れるとすかさずママチャリたちはその場から逃げようとしますが、ケンカが起きている先を見ればそこにいたのは仲間の孝昭でした。

孝昭の体張った助けに感謝しつつ、打ち上げの場にママチャリたちが向かい、あと少しで打ち上げというタイミングで、パトカーの音が鳴り響き駐在さんが現れます。

駐在さんはママチャリに「お前たちがそんなことする必要ない」と言い、打ち上げを止めさせようとしますが、ママチャリの決意は揺るがず、本当に打ち上げるなら逮捕だと言われたその時、残りの仲間たちが救援に駆け付け駐在さんのパトカーを奪い逃走します。

【 ネタバレ 】

・打ち上げ

駐在さんがパトカーを奪われその場を離れた隙にママチャリたちは、約束の通り花火を打ち上げることに成功します。

そしてその打ち上げられた花火を、西条とミカちゃんも見ていました。

その後、西条の元に駐在さんとママチャリたちが来ますが、ママチャリたちの手には手錠がかけられており、窃盗の容疑で逮捕されていました。

・謎の花火

ママチャリたちが盗み、打ち上げた花火はすべて打ち上げ終わっていたにも関わらず、こんなところに上がるはずのない花火が再び打ち上がり、ママチャリたちは驚き、みんなで病院の屋上へ向かいます。

屋上から花火を眺めていると、駐在さんのもとに別の警官が現れ領収書を手渡し、金額を見た駐在さんは「花火ってこんな高いの・・」と呟きました。

なんとこの花火は、駐在さんが自らお金を払い、職人たちに打ち上げてもらった花火だったのです。

そして、駐在さんは「親方がママチャリから花火代は受け取っていると言ってる」と言い、ママチャリたちの手錠を外してくれた為、ママチャリたちは逮捕を免れました。

・戦いは…

西条の為かミカちゃんの為かわかりませんが、自腹を切ってまで花火を上げてくれたことで、和解するかに思えたが、これは7人と駐在さんの700日に渡った戦いのたったの108日目の出来事にすぎなかったのです。

そして、西条が駐在所の赤ランプを盗んだことから、戦いは第2章へと突入し、7人と駐在さんの戦いはまだまだ続くのでした。

【 登場人物紹介 】

・ママチャリ  (市原 隼人)

・駐在さん   (佐々木 蔵之介)

・西条     (石田 卓也)

・孝昭     (加治 将樹)

・グレート井上 (賀来 賢人)

・千葉くん   (脇 知弘)

・加奈子    (麻生 久美子)

【 Twitterでの反応 】

https://twitter.com/ichigo__0515/status/1269204039218020352

【 こんな人におすすめ 】

・青春映画が好きな人

・笑える映画が見たい人

・市原隼人が好きな人

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

女性20代
女性20代

みかちゃんのために犯罪すれすれの事をやってしまうママチャリが愛おしく見えてしょうがなかったです。

誰かのためにここまで熱くなれるなんて本当にかっこいいし純粋に憧れてしまいました。

ママチャリ一族は普段はバカ丸出しのどうしようもない阿呆だけど、いざという時の結束力は目を見張るほどで素晴らしかったです。

根っこの部分は凄く優しい人たちなんだなと思いました。最初は花火計画に反対していたのになんだかんだ協力してくれるのが良かったです。

井上くんなんか医者の息子なのに危ない橋をよく渡ったなと感心しました。

駐在さんが機転を利かせてくれたのがめちゃくちゃ感動しました。

大人として、ましてや警察官としてその行為は本来ダメだけれど、ママチャリ一族との間に生まれた絆みたいなものが感じられて非常に痺れました。

感想はここから見れます
女性20代
女性20代

この映画を中学生の頃の原爆記念日の日の登校日で学校の体育館で見たのがすごく記憶に残っています。

それまでがっつり戦争映画ばっかりだったので絶対戦争映画だなと思っていたのですが、すごくユーモアなおもしろい映画で驚いたのがすごく印象的で今でもみんなで話をするくらいです。

まだ中学生だったけどあんな風に警察の人にちょっかいをかけるのはダメだということくらいはわかっていたのでよくあんなことするなと思って驚いていました。

花火を自転車にさしてロケットみたいに漕いでいる姿はすごく楽しそうで、田舎だし出来ないわけじゃないしやりたいなと友達たちと話したのをすごく覚えていますが今良く考えるとやらなくてよかったなと思います。

女性20代
女性20代

ブログで連載されていた記事が原作の映画で、実話をもとにしているからなのか登場人物や映画の中で起こる出来事に妙にリアリティがあって最後まで楽しめると思います。
どのキャラクターも魅力的なんですが、私のお気に入りは佐々木蔵之介演じる駐在さんと市原隼人演じるママチャリと竹中直人演じる話の長い花火師の親方です。
物語の舞台は1970年代の日本の田舎なんですが見ていて思ったのは、(こういうやつ今の時代にもいるよな)という現在と変わらない人間模様や(これってあの時代ならではのものだよな)と感じる流行(口裂け女、ドカベン)や大らかさ(公務員なのに堂々と高校生のいたずらに反撃しちゃうところ)なんかはその時代を知らない私でもなんだかなつかしい気分になることが出来ます。
最後に笑って泣けるコメディとノスタルジックなものが好きな人にはおおすすめの映画です。

男性20代
男性20代

『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』を見て、馬鹿げた事でも本気で取り組む事で得られるものがあるのだと思いました。

7人の友情はもちろんですが、駐在さんも含めてとても心温まる内容に思えました。

花火を盗むところは、いたずらもここまでやると流石にまずいのではないかとハラハラさせられました。

ママチャリ以外のメンバーと同じ気持ちだったと思います。

しかし、最後にはみんなが協力して成し遂げたときは悪い事をしていると思ったと同時に達成感のようなものを感じる事が出来ました。

そして、ここで駐在さんが気持ちを察してくれていたのか、お金を払っているところは、高校生とやり合っていた子供っぽい人ではなく、スマートな大人の男性に見えてかっこよかったです。

女性30代
女性30代

この映画が何度見ても面白いと感じさせられる作品だと思いました。キャラクターそれぞれがいい味を出しているし、町全体が家族のような雰囲気なのもすごく癒され、羨ましくも感じました。

いたずらも全力でみんな楽しそうで、こちらまで楽しくなるようでした。

初めは仕事として対応していた駐在さんもだんだんとお返しをしてくるところが良いなと思いました。教師役の森崎さんは、とてもはまり役であの大きい演技が素敵だなと思いました。

市原隼人さんは笑顔がとても良く、ママチャリのキャラクターもとても合っていると思いました。

青春映画というのにふさわしくとても爽やかで笑いもあり、感動もあり、恋愛的な要素もありで最高でした。

最後、病院にいる女の子のために、花火を見せようと試行錯誤している成功させようと頑張っている彼らとそれを知らないふりをして見守っている母親や、粋な計らいをした花火師の親方、協力してくれた友達や、駐在さんなどそれぞれがみんな素敵だと思いました。

男性40代
男性40代

この映画の設定が1979年の高校生なのですが、この時代の実際にあった事とは思えないし、全然共感できるものではなかった。
そして、ベタな青春映画ですし、ラストもベタベタの内容なので、むしろ始まって5分である程度の展開が分かってしまう位、薄っぺらのものだったのです。
ただ、作品自体がバカバカしいけどギャグタッチの軽さはむしろ好感がもてました。
警官との子供のケンカのような戦いも漫画的かつ牧歌的でほのぼのと思えば、良い内容と理解できます。
ベタな展開で楽しませてくれればそれで良いと思うしかなく、一方で笑いのツボから外れると後は何も残らないという映画でした。
2回は見ない作品ですが、これはこれで良いのかなとも思える内容でした。

女性30代
女性30代

若い時はこんな悪さもと言いますが、いやいや犯罪でしょてこともあるので、気にはなる作品です。

でも、そんな奴らをただ捕まえるのではなく、ユーモアで返そうとする駐在さんは実はいい人だし、彼と少年たちの戦いはなかなか面白いものでした。

実際にやれば補導、そして最後には捕まるので、あまり若い子に見てほしい作品ではありませんが、フィクションとしてよくできてます。

花火にしても、まず盗むではなく、職人に頼むという手があったのかと若い子が気がつくのはいいですね。

元はブログということですが、いろいろ創作部分があるのでしょう。

でも、よくできた話で、文才があるなあと思いました。

市原隼人さんも若くて、ヤンチャ感が強くていい感じです。

【 まとめ 】

7人の高校生と駐在さんの掛け合い、イタズラのやりあいが非常に面白く、男子高校生らしい甘酸っぱい恋模様もあり、その時しかできない爽やかな青春を感じられ、学生時代をやんちゃをしていた人は懐かしさも感じるかもしれません。

終始笑い、最後はちょっと感動する、ほっこりとした作品となっています。

是非、ご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました