ハロウィンおすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!
ハロウィンに是非見たい映画を紹介しています!

おすすめ映画はこちら

TENET テネット無料動画配信(映画上映中)フル視聴できるサイトやDVDレンタル以外の方法は!?

TENET テネット おすすめ映画

(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

映画『TENET テネット』予告 2020年9月18日(金)公開

映画『TENET テネット』の作品情報

この映画の一番の見どころは時間という概念を吹き飛ばすところです!

そこにサスペンス要素も盛り込まれており、息のつく暇さえ与えてくれない作品となっております。

基本情報

公開日 2020年9月18日
登場人物/声優 監督・脚本:クリストファー・ノーラン

出演:ジョン・デビィッド・ワシントン ロバート・パティンソン

映画『TENET テネット』の動画をフル視聴する方法

映画『TENET テネット』のフル動画を視聴する方法をまとめてました。

フル動画を見る方法
動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ✕ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  ✕ 933円 14日間 なし
  ✕ 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  ✕ 500円 30日間 なし
  ✕ 500円 31日間 なし
  ✕ 800円〜 なし なし

◎ ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可(大本命) 

〇 ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可 

△ 課金のみ視聴可

✕ 無配信

映画『TENET テネット』を視聴できる動画配信サイトは現在ございませんが、

歴代作品の視聴可能な動画配信サイトをまとめてみました。

作品名から各作品の詳細記事が見れるようになっております。

映画『TENET テネット』シリーズの過去作品・スピンオフ・関連作品

準備中

映画『TENET テネット』の感想やあらすじ・ネタバレ

女性30代
女性30代

今まで「メメント」や「インセプション」などで時間をテーマに扱い、さらにその扱い方が他者とは一線を画すクリストファー・ノーラン監督の新作です。全世界が注目していたと言っても過言ではありません。
もちろん「TENET」でも時間がテーマとなっていますが、「時間を逆行する」という私たちには少し馴染みのないテクニックが使われているため、ノーラン監督の過去の作品よりもさらに輪をかけて難解な映画になってます。
しかしながら順行の時は青、逆行の時は赤と色分けされていたり、逆行時には空気を吸うことができないため酸素マスクをつけているなど把握していればこの映画がわかりやすくなるルールも存在します。
何よりすごいと思うのは、CG嫌いで知られるノーラン監督らしく今回の映画も巻き戻しをほぼ使っていない点です。そのため、俳優さんたちは逆行のシーンでは後ろ向きに歩くなど非常に難度の高い演技をしています。順行の人物と逆行の人物が入り乱れるアクションシーンは特に必見です!

女性20代
女性20代

感想を述べるときに何という言葉を使えば適切な感想なのかをとても考え込んでしまうような面白さの映画です。最初から最後まで主人公の言動を見逃すことができないハラハラドキドキをずっと感じることができました。ストーリー全体に関しては、映画を見ている中で疑問に思っていたことが物語の終わりにかけて少しずつ解明されていくのでとてもスッキリしましたし、納得のいく結末でした。全てのストーリーをきちんと理解するには一度見ただけでは難しいので、またもう一度みてもっとスッキリしたいな、と思いました。映画を見れば見るほど、また見た回数によって感じるものや結末に対する感想が変わってくるとても複雑な映画です。ストーリーの組み立てが難しいからこそ、こちらも真剣に真実を知りたくなり、いつの間にか見入ってしまっていました。二時間半という映画の中でも長編に入るものだと思いますが、ずっと考えさせられるので飽きることなく、お手洗いに立つこともなく集中することができました。

男性30代
男性30代

クリストファーノーラン監督の最新作である今回の映画は素晴らしい出来になっていました。前作がダンケルクでいわゆる戦争物の映画だったのに対し、今回の映画はSFチックな話になっていて、ノーラン監督の真骨頂であるSFを映画で見ることができ感激しました。映画の内容は正直かなり難しいです。サスペンスや推理ものの、謎解きものであれば内容が濃いケースがありますが、それの何十倍も内容が詰まっていて1回見ただけでは内容が理解できないはずです。ただ、設定は非常にしっかりと考えられていて論理に基づき製作されています。なので、ネットなどの考察サイトなんかを見たあと2回目をみることでようやく楽しめるというかなり凝った出来になっています。こうして体験できるこの映画はかなり面白く、理解すると素晴らしい映画だと分かるはずです。特に伏線を回収するのがすごく上手で華麗で上質です。音楽や映像も素晴らしくほぼCGを使っていないところもすごいと感じました。

女性20代
女性20代

とにかく、凡人には一回見ただけでは完璧に理解ができません!笑
なのに面白い、もう一回見直したいと思える作品です。時間を逆行しながら話が進んでいく、というのは前もって映画の紹介を見てわかってはいたものの、今は逆行なのか順行なのか、一旦停止しながら見たいと何度も思いました。
ロバート・パティンソンが出演していますが、今までかっこいいなと思いつつもトワイライトのイメージしかありませんでした。今回TENETで、主人公をサポートする役でしたが、とにかくなんとも言えないおしゃれ感があったり、アクションもこなしたり、思っていた以上のロバート・パティンソンを見れて、年下ですが、いい年の取り方をしているなと感じました笑
時間の逆行以外の情報を前もって入れなかったので、主演がデンゼル・ワシントンの息子だったり、今回ヒロインとも言える女優がめちゃめちゃ綺麗だったり、悪役がどこかで見たことあると思ったらハリーポッターに出てくるロックハート先生だったりと、あとから解説を見直してもずっとワクワクが止まりませんでした。
誰かと一緒に見て、終わったあとめちゃめちゃ話ができて久々に映画を見た、というよりは体験した、というような作品でした。

男性50代
男性50代

「インセプション」や「インターステラー」を手掛けた、クリストファー・ノーラン監督の新作「TENET」は時間を逆行する新世代アクションです。
時間を逆行するとは、過去のある部分に戻るタイムリープとは違い、ビデオの逆再生のような形で過去に戻っていきます。
映画の始まりから、オペラ劇場でのテロが発生し、激しい銃撃戦や爆破シーンが続き、映画に引き込まれていきます。
話の中盤では、ある目的のために空港に主人公たちが侵入します。侵入方法に用いる飛行機の衝突の映像は圧巻です。空港の中にある、時間逆行装置の回転ドアから送り込まれてくる未来からの敵との戦いは敵が逆再生のような動きをしているのでどのように撮影がおこなわれたのか気になります。
終盤ではアルゴリズムを奪取すべく、10分後と10分前から攻撃を開始する。「時間の挟撃作戦」が行われます。10分後から攻撃するブルーチームは10分前から攻撃をするレッドチームに敵の攻撃を教え、戦いを有利に進めていきます。時間が逆行している軍と進行している軍で映像が重なりあい、収束していく爆風や瓦礫から復元していく壁という見たことのない映像が心に残りました。

男性30代
男性30代

コロナショックによってハリウッド映画の新作が途絶えた今、待望の大型娯楽作です。ぜひとも大きなスクリーン(できればIMAX)で楽しんで欲しいです。オープニングのアクションシーンから一気に引き込まれ、予告編でも話題になったジャンボジェット機1台を丸々破壊するスペクタクルに圧倒されます。これぞ映画館で映画を見る楽しみでしょう。グラミー、アカデミー賞ホルダーの気鋭ルートヴィッヒ・ヨーランソンのスコアもズンズン内臓に響いて最高です。一方でプロットは非常に複雑なので頭をスッキリさせて見て下さい。僕は初見ではサッパリ理解できず、続けて2度目を見て大体(なんとなく)理解できたくらいです。但し、この「2回目」というのも作品の性質上、大きな仕掛けになっていて、2度見る事で物語が完成すると言っても過言ではありません。その他、いくつも隠された要素があり、リピート必至。そういった意味でも劇場に観客を呼び戻す重要な1本です。クリストファー・ノーラン監督ファンならずとも、ぜひ映画館で!

女性20代
女性20代

クリストファーノーラン監督の作品はいつも「時間」という概念について、根本から覆させられる作品ばかりです。今回のテネットも同様に、逆行する世界と行き来しながらのストーリーは、1度では理解できないほどでした。敵だと思っていた相手が、実は逆行していた自分であったり、数々の違和感が逆行する世界で回収されていく様子は、本当にお見事です。実はクリストファーノーラン監督が、未来から逆行しているのでは、と思わせるぐらい、「時間の常識」をはるかに超えてきました。
大まかにいうと、現代人と未来人の戦争、というテーマなのですが、未来人を操っているのは主人公だったというラストに気づいた時には、感じていた違和感がすっきりと解けていきます。この映画は、何度も何度も見ることで理解ができ、どんどん面白さが深みを帯びる映画だと感じました。また、主人公の相棒として出てきたロバート・パティンソンがバットマンの演技力や、マイケル・ケインのキングスマンを彷彿させる台詞など、映画ファンであれば思わずニヤリとするような演出にも心が踊る作品でした。

男性30代
男性30代

2020年公開のクリストファー・ノーラン監督の映画です。

出演はジョン・デビッド・ワシントン、ロバート・パティンソンなどです。「インセプション」「インターステラー」などを撮ったノーラン監督の最新作で、最近は夢や宇宙などを扱った映画を撮りましたが、本作では時間の逆行を扱っています。
あらすじ:主人公の工作員の男(ジョン・デビッド・ワシントン)は、テネットという組織に銃身に戻っていく弾丸を見せられて、未来に開発された技術の一部であり、それによって世界が滅ぼされるのを止めることに協力することを提案されます。
それを使って何かを企んでいるのが武器商人アンドレイ(ケネス・ブラナー)というのが解ったので、テネットの同僚のニール(ロバート・パティンソン)と共に、アンドレイの妻キャットに接近します。
感想:普通の映画のように何かを企てる相手を探りますが、途中から銃身に戻っていく弾の跡を見つけて、そこでこれから銃撃戦が起きることを予想し、立ち回ったりするために、現在と未来がいろいろなシーンで混じりあってきます。
大きな強襲作戦となると、時間を巡行して襲撃する部隊と、逆行して襲撃する部隊が両方画面に出てくるので、何かと付いていくのが大変な映画でした。

女性10代
女性10代

オペラハウスでのテロ事件から物語はスタート。
今まで観たことないような、全く新しい斬新な映画でした。
物語が始まり、次々と展開が変わり物理や時間の話…難解すぎて頭の理解が追いついていきません。
逆行弾の話をしている時のセリフ、『頭で考えるな、感じろ。』。まるで観客へ言っているように思えました。
一番好きなシーンはカーチェイスシーンです。
4台の車で挟み撃ちにして、消防車から主人公の名もなき男がプルトニウムを盗む作戦に思わず圧倒されます。
しかし、飛行機場のシーンも魅力的です。飛行機を使った爆発のシーンは映画館を振動で揺らすほど迫力があり、その後主人公とニールが10秒以内に扉から次の扉へ移らないと生命の危機に陥るのでハラハラドキドキしました。逆行と順行の主人公同士で戦うという伏線もあり、最後には伏線回収されスッキリします。
何よりこの映画の魅力は映画を見終わったら”二度目”が見たくなることです。
映画を見終わって、後から気づくことが沢山あるのです。例えばTENNETの意味や、ニールが主人公を助けに逆行していたという真実。
それからもう一度体験したくなるようなくらい、映像効果の技巧が緻密で素晴らしいです。
迫力のあるこの音楽は実は逆再生と再生が折り合わされて製作されていたり、赤と青で逆行と順行を視覚効果で表現されていたり。
さすがクリストファー・ノーラン監督の映画だと感じます。
最後に余談ですが、映画『ハリー・ポッター』に出ているキャストさんが3人も出ていました。
ロバート・パティンソンさんにクレマンス・ポエジーさんにケネス・ブラナーさんです。
俳優陣が豪華なのも見どころです。

女性20代
女性20代

時間を巻き戻して過ごす人と、通常の時間軸で過ごす人との間で物語が進んでいくのですが、どっちがどっちかわからなくなってしまって私は1回ではちゃんと理解できなかった部分も多数ありました。
この監督の作品は、インターステラーやインセプションなど複雑で巧妙に伏線をはりめぐらせているものが多く最後までしっかり考えられているものが多く大好きです。
結構2回目ですとんと心に落ちるような映画が多いのですが、この映画も期待を裏切らずその通りでした。
大まかな設定自体は悪者といい人たちが戦ういたって単純なアメリカンムービーですが、タイムスリップという時間軸を捉えづらい設定に加えてかなりスピーディーに展開が進んでいくので見ながら頭をフル回転させるように見ていました。
最後まで気が抜けない映画で、最後に主人公とずっとサポートしてくれていた相棒が時を超えたどこかですでにあっていて、映画冒頭の出会ったときから相棒は主人公の事を知っていたというオチから何点かの伏線回収はさすがだなと思いましたが自分な中で回収できなかった伏線もたくさんあったんだなと思います。
ネットでネタバレをググってもう一度映画館に行ってすっきりしてきます。

女性20代
女性20代

今を進む現実の時間と逆行する時間との、はさみうち作戦というのがとても面白く感じました。逆行する時間と現実の時間の中で少々、混乱をしてしまいますが、あのシーンは逆行していた登場人物が起こした行動を表したものだったのかと気付かされる部分が多く、じっくりと考えることで面白さが増す作品です。戦闘シーンでは、現実の時間で戦う者と逆行する時間で戦う者の行動が組み重なり、迫力満点の映像が楽しめます。
最後のシーンでは、主人公は、今までの行動が全て、未来の自分自身によって指示されていたものだと知らされます。また、相棒となったニールは現在の主人公と出会う前に未来の主人公と出会っており、出会うべくして現在の主人公に出会った人物であったことが示されます。主人公とニールの時間を超えた友情が魅力的であり、時間の進む向きが異なる運命に寂しさを感じました。物語の全体を通して、全てが作戦の一部だったと考えると時間の流れを利用した壮大な作品であると感じました。

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

映画『映画名』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました