ハロウィンおすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!
ハロウィンに是非見たい映画を紹介しています!

おすすめ映画はこちら

ピンポン 無料動画配信(映画 アニメ原作)フル視聴 9tsu Dailymotion

ピンポン アニメ映画

(c)2002 「ピンポン」製作委員会

ピンポン Ping Pong

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

映画『ピンポン』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

映画『ピンポン』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ◎ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  ✕ 933円 14日間 なし
  〇 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  △ 500円 30日間 なし
  〇 500円 31日間 なし
  〇 800円〜 なし なし

◎ ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可(大本命) 

〇 ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可 

△ 課金のみ視聴可

✕ 無配信

映画『ピンポン』のフル動画を無料で視聴するには『U-NEXT』無料トライアル期間を利用するのが一番オススメです。

映画『ピンポン』の動画を無料でフル視聴する方法

映画『ピンポン』の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

トライアル入会特典600ptで無料でご視聴いただけます。

\ いつでも解約OK!無料トライアル期間だけでもOK! /

▼映画『ピンポン』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料トライアル入会で600pt(ポイント)もらえます。

映画『ピンポン』に出演している窪塚洋介さんの、他の作品は『U-NEXT』で配信しています。

・ヘルタースケルター

・最後の晩餐

・GO

\ 作品映像をチェック /

▼窪塚洋介の出演作品を視聴する

>>見放題作品は業界No. 1

映画『ピンポン』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

映画『ピンポン』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

映画『ピンポン』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

映画『ピンポン』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

同名の人気コミックを実写映画化し2002年公開。

幼い頃、ペコがいじめられっ子のスマイルに教えた卓球。スマイルにとってペコはヒーロー的存在に。

卓球に青春をかけた2人が挑む、インターハイで待ち受ける試練とは・・・

あらすじ

・出会い

いじめられっ子だったスマイルは、ある日神社でいじめられていたところをペコに助けられます。

境内で俯くスマイルに「ヒーロー、見参!俺が卓球教えてやる」と言い、その日からスマイルにとってペコは、ヒーローのような存在になっていました。

・高校生になった2人

成長し、高校生になった2人は当然のように卓球部へ入部しますが、ペコは部活をサボり、スマイルもペコがいない部活には興味を示さずサボっていました。

2人は行動を共にし、卓球が好きなペコに対しスマイルが時折「なぜサボるの?」と質問をしますが、ペコはいつもはぐらかします。

そんなある日、卓球雑誌を見ていたペコは、高校卓球界で有名な”ドラゴン”対策に他校が中国からの留学生を受け入れたことを知り、スマイルと共に部活をサボり視察という名の試合を挑みにいきます。

・留学生、孔

雑誌で取り上げられていた留学生の孔は、世界的に見ればエリートの上海ジュニア出身であるが、その中で落ちこぼれとなり、再び世界を目指すべく再起をかけて日本にやってきていました。

視察に行った学校の誰もいない卓球場で、ペコとスマイルは勝手にラリーを始め、そのラリー音を聞いた孔は、卓球場に現れると「彼と試合をしたい」とスマイルを指名します。

しかし、卓にはペコがつき「俺が怖いのか」と孔を挑発しますが、一点も取れず敗れてしまいました。

負けたペコは帰りの電車で泣き、スマイルに「負けるとすぐ泣くのは悪い癖」と言われてしまいますが、ペコは負けたからといって練習するわけでもなく今まで通り部活をサボります。

・スマイルの才能

孔がスマイルに何かを感じ、試合がしたいと言ったのと同じように、部活のコーチである小泉もスマイルの秘めた才能に惹かれていました。

そんな小泉に「特別なトレーニングをしてやるから、明日朝5時に来るように」と言われますが、興味のないスマイルは当然その誘いを無視し、翌日朝5時の卓球場には小泉の1人寂しい姿がありました。

・インターハイ

ペコとスマイルは順調に勝ち上がり迎えた三回戦、ペコは幼少期共に卓球場タムラで汗を流した幼馴染のアクマ(佐久間)と、スマイルはペコがまったく歯が立たなかった孔との対戦となりました。

スマイルは、この試合の直前に小泉から「勝ったらもう干渉しない。負けたら絶対服従の犬になれ」とかけを持ち掛けられていました。

そして始まった孔との勝負は、序盤孔有利の展開で進みますが次第にスマイルにもエンジンがかかり中盤で形勢逆転します。

しかし、孔のコーチが孔に対し大声で怒鳴る姿をみたスマイルは、自分と彼では背負うものが違い、彼が負けるとどうなってしまうかという同情に近い感情を抱き、スマイルは手を抜いていまい、当然敗れてしまいました。

一方ペコとアクマの勝負は、ほぼ負けたことのない相手であるアクマに対し絶対に勝つと自信たっぷりのペコでしたが、卓球の強豪校に入学し練習を積み、尚且つペコの戦略を知るアクマが優位に立ち、ペコも敗れてしまいます。

孔も、その後の決勝で”ドラゴン”と呼ばれる、強豪海王高校の風間に敗れることとなりました。

・敗戦後

ペコとスマイルは、互いに負けた状況は違うが「惰性で打つなら辞めてしまえ」と同じ言葉を掛けられてしまいます。

ペコはこの敗戦で酷く落ち込み卓球から逃げてしまい、スマイルは小泉との賭けに従い、過酷な特訓を受けていました。

・アクマの葛藤

インターハイで優勝したドラゴンは雑誌のインタビューに「片瀬高校の月本くんのような選手が海王には必要」と答えていました。

それをみたアクマは、ドラゴンが自分よりスマイルに一目置くことを認めたくなく、スマイルを倒すために単身片瀬高校に乗り込み、海王高校としてはご法度である勝手な対外試合を申し込みます。

結果として、スマイルに完敗したアクマは「卓球の才能がない」とスマイルに言われてしまいます。

そしてその言葉をたまたま卓球場の近くにいたペコが聞き、ペコは自分のラケットを焼却炉で燃やしてしまいました。

スマイルに負けたアクマは、繁華街で絡まれ、行き場のない悔しさや怒りといった思いをぶつけるように暴力事件を起こしてしまい、退学処分となってしまいました。

・ペコとアクマ

アクマに敗戦して以来、卓球から逃げていたペコをはタムラでアクマと再会します。

行き場のない、やりきれない思いを抱えた2人は橋の上で語り合い、その会話の中でアクマはペコに「一度しか言わない。血反吐吐くまで走り込め。血便出るまで素振りしろ。そしたら今より楽になるだろ。でないと、お前に憧れたスマイルや俺が浮かばれない」と言い、その場を去って行きました。

アクマの言葉を聞き、1人になったペコは橋げたに足をかけ、川に飛び込みました。

そして、タムラに戻ったペコは1枚の写真を見て「スマイルが唯一笑ったの、このときだ」と思い出したように呟くと、ボサボサの伸び切った髪をハサミで切り、オババに「握り方から教えてくれ」と、もう一度卓球と向き合う決意をしました。

・スマイルと小泉

そしてスマイルも、アクマとの対戦後に何か思うことがあり、小泉との特訓のランニングをそのまま抜け出し、小泉はスマイルを探しにタムラを訪れます。

スマイルは来ていなかったが、かつての戦友であるタムラとの会話で、コーチとしてスマイルと真剣に心から向き合うことを決意しました。

・トレーニング

ペコはオババと、スマイルは小泉とインターハイに向けて別々の環境で、過酷なトレーニングを重ね才能と実力を高めていく中で、互いに「バタフライジョー」の話を聞きました。

そして迎えたインターハイ初戦、ペコの相手はペコ達同様力をつけてきた孔でした。

・インターハイでの決戦

以前対戦したときは1点も取れなかった孔相手に、確実に腕を上げたペコは優勢に試合を進め、孔もそれを認めると「風間によろしく」と託し、ペコは勝ち上がります。

スマイルも順当に勝ち上がり、決勝を勝ち取っていました。

ペコは準決勝でドラゴンとの対戦を控えていたが、トレーニングの際に痛めた膝が悲鳴をあげており、今後の選手生命を考えると棄権するべきとオババが説得します。

しかし、ペコは「スマイルが待っている」と言って試合会場へ向かいます。

・ペコvsドラゴン

ペコの膝の状態を察しながらも、真っ向から勝負し、1球1球に魂を込めた戦いが始まります。

ドラゴンの打つ打球に必死に食らいつくペコですが、うまく打ち返せず、1ゲーム落としてしまい、さらに膝の痛みが悪化してしまいます。

それでも続く激しいラリーに、1セット目同様2セット目もドラゴンが取ると思われ、ペコの心も砕かれそうになるその時、ペコは幼い頃にあこがれたヒーローを思い出し、心中話しかけてくるスマイルに救われます。

そしてそれは、スマイルが信じて待ち望んだ、ペコというヒーローが戻ってきたことを示していました。

ネタバレ

・自分の卓球

覚醒したペコは、ドラゴンのペースを崩しにかかり、2セット目はペコに軍配があがります。

その後の2人の戦いは、互いに食らいつきながらも自分の卓球を心から楽しみながらやっているように見え、孔同様にドラゴンも「またこの場につれてきてくれ」と思いをペコに託し、白熱した試合の結果はペコが勝利となり、スマイルの待つ決勝の舞台へと進みました。

・決勝戦

決勝はペコとスマイルとなり、奇しくも2人が聞いた「バタフライジョー」と同じ状況でした。

膝を痛めているペコに対し、また手を抜いて打つのではないかと危惧する小泉ですが、スマイルは「あなたとは違います。バタフライジョー」と言い、ペコに全力で立ち向かうことを誓います。

卓を挟んで向かい合った2人の戦いが始まると、スマイルは「おかえり、ヒーロー」と小さくつぶやきサーブを放ちました。

・その後

数年後のタムラで、サーブの練習をする1人の少年に打ち方を教えるスマイルの姿がありました。

そしてそのスマイルの後ろの壁には、あのインターハイの表彰台の1位のところで笑うペコと、2位のところで微笑むスマイルの写真が飾られており、ペコはプロの卓球選手となり、世界で活躍するようになっていました。

ドイツで試合に臨むペコは「ヒーロー、見参!」と言い、試合会場に入っていきました。

\ 本編をチェック! 

映画『ピンポン』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

登場人物

・ペコ/星野 裕    (窪塚 洋介)

・スマイル/月本 誠  (井浦 新)

・ドラゴン/風間 竜一 (中村 獅童)

・チャイナ/孔文革   (サム・リー)

・アクマ/佐久間 学  (大倉 孝二)

・オババ       (夏木 マリ)

・太田キャプテン   (荒川 良々)

主題歌

YUMEGIWA LAST BOY/スーパーカー

[LIVE] Supercar – YUMEGIWA LAST BOY (Live Ver. from MORRIC)

こんな人にオススメ

・卓球が好きな人

・青春映画の好きな人

・窪塚洋介が好きな人

感想

感想はここから見れます

 

まとめ

恋愛模様の一切ない、ザ・スーポツ映画!といった感じの作品ですが、暑苦しさはなく爽やかな青春と友情、そして自分自身と向き合う成長模様を描いた作品となっています。

今、部活や仕事の壁にぶつかり悩んでいる人は、これをみれば何か発見があったりスッキリするものがあると思います。

是非、ご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました