ハロウィンおすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!
ハロウィンに是非見たい映画を紹介しています!

おすすめ映画はこちら

コンフィデンスマンJP プリンセス編 無料動画配信(上映中映画) フル視聴

コンフィデンスマンJP プリンセス編 上映中映画

(C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』予告【7月23日(木・祝)公開】

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の作品情報

息を止めて集中してしまうこと間違いなし!

誰も予想することが出来なかった世界最大級の騙しあいがここに始まる!

基本情報

公開日 2020年7月23日
登場人物/声優 監督:田中亮

出演:長澤まさみ 東出昌大 小手伸也 小日向文世

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の動画をフル視聴する方法

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』のフル動画を視聴する方法をまとめてました。

フル動画を見る方法
動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ✕ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  ✕ 933円 14日間 なし
  ✕ 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  ✕ 500円 30日間 なし
  ✕ 500円 31日間 なし
  ✕ 800円〜 なし なし

◎ ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可(大本命) 

〇 ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可 

△ 課金のみ視聴可

✕ 無配信

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』を視聴できる動画配信サイトは現在ございませんが、

歴代作品の視聴可能な動画配信サイトをまとめてみました。

作品名から各作品の詳細記事が見れるようになっております。

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』シリーズの過去作品・スピンオフ・関連作品

作品名
コンフィデンスマンJP ドラマ
コンフィデンスマンJP ロマンス編 映画
コンフィデンスマンJP プリンセス編 映画

ドラマ『コンフィデンスマンJP プリンセス編』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の感想やあらすじ・ネタバレ

女性40代
女性40代

長澤まさみさん演じるダー子が相変わらずのはっちゃけっぷりで、まさか今回は母親役でだましにかかるとはびっくりでした。隠し子としてのミシェルを演じる関水渚さんも、可愛らしくてチャーミング!そして人々の思いをしっかりと受け止めることができる人物だったので、フウ家の執事、トニーにも隠し子ではないことがばれながらもミシェルとして生きる道が開けたのだと思います!毎回、スタアとしての竹内結子さん、赤星としての江口洋介さんなどと豪華キャストが見事にだましあいを繰り広げ、最後までしっかりと見ないと大どんでん返しが待っているコンフィデンスマンの映画!展開を予想しながら見ても、毎回裏切られるというとても楽しい映画です。今回のフウ家の一族の家族愛が、ミシェルを通じて再度確認することができて、本当の隠し子ではないけれどフウ家としてはとてもハッピーな展開になったと思っています。そして映画の後半、レイモンド・フウまでもそれを見越していたことがわかり・・・まさか、そんな展開になるとは!といい意味で裏切ってくれる映画で、大好きなシリーズです!

女性20代
女性20代

大豪邸の三兄弟、執事がおり三兄弟にはもう1人の妹が行方不明で多くの人が候補として来るが、誰1人信用されず家の中にも入ることができなかったのです。
しかし、暴力や暴言を吐かれて暗くなっていた女の子をダー子が声をかけてその女の子を妹の候補を出し、ダー子は母親役として信じさせ家の中で生活することになったが、三兄弟全員から何一つ信用されずいじめられるばかりで可哀想に思えてきました。女の子は三兄弟のことをよく観察をして、だんだんと三兄弟に信用してもらうことが出来て、お金も取ることが出来てダー子達と一緒に日本に帰ると思いきや女の子はもう楽しそうに三兄弟と豪邸で生活するようになり、このままプリンセスになりな!とダー子の優しさがすごく感動しました。
また、ジェシーとダー子のダンスシーンがリズムとセリフがすごくマッチしていて観ているだけですごく笑顔になれて、赤星に近づけさせようとお互いさせている時もドキドキハラハラもしましたが、笑えて楽しい気持ちになれました。

男性20代
男性20代

はじめは自信がなく、仕事も鈍臭いため詐欺師には到底及ばないこっくり(関水渚)でしたがダー子、ぼくちゃん、リチャードと出会ったことで世界でも最大級の財産を持ったレイモンド家を騙すという大きい仕事に挑むことになる。レイモンド氏が亡くなったあと、執事はミシェル・フウという兄弟も誰も知らない隠し子がいると知らされその子に遺産を相続させるというのです。こっくりはミシェルになりきりレイモンド家に潜入します。その中でこっくりはどんどんレイモンド家にもまれ成長していきます。詐欺師としての人を欺くという性格には程遠い性格で優しいこっくりのため、色々な人たちと関わっていく中でみんながこっくりの優しさに惹かれていく(騙されていく)シーンに感動しました。最終的にはミシェル・フウというのはまったく架空の人物という衝撃の事実でしたが、人に愛される才能を持ったこっくりがレイモンド家を継ぎます。『本物も偽物もない』というダー子の言葉が、こっくりを本物にしてしまうというコンフィデンスマンらしい終わり方がとても面白かったです。

女性20代
女性20代

自粛中の再放送で全シリーズ一気に見てから劇場で見ました。いつものように騙されに行きましたが、おけらで終わりコックリが本当のプリンセスになる、という今までの話とは全く違った新しい結末で、そこにまた騙されました。歴代のキャストに加え、どんどんキャストが豪華になり増えていくので伏線回収をしていくのが大変でした。作品の中で三浦春馬さんや竹内結子さんの存在感を再び感じることができたし、江口洋介さんが今回もまんまと騙されながらも嬉しそうな顔を見ることができて、嬉しくなりました。今回の主役と言ってもいいコックリ役の関水渚ちゃんがとても魅力的でした。他の作品でも見たことがある女優さんでしたがあまり印象には残っていませんでした。しかし今回のコックリがぴったりハマっていて、一気に引き込まれてしまいました。コックリからプリンセスへ成長していくなかで移り変わる演技がいきいきとしていて、とても可愛らしかったです。ラストの浜辺で笑顔で振り返るシーンがとても綺麗で女性なのに思わず一目惚れしてしまいそうでした。同じ浜辺のシーンでのダー子も母のような表情をしていて、とても美しくて涙が溢れそうになりました。あのシーンと主題歌のLaughterの世界観がぴったりとハマっていて、さらに感動を誘いました。

女性30代
女性30代

今回のプリンセス編では、亡くなったレイモンド・フウの資産を誰も存在を知らなかった4番目の子供、ミシェル・フウに相続するという遺言から様々な騙し合いが行われます。
前回のロマンス編では新たにモナコという弟子が加わりましたが、今回のプリンセス編ではコックリというこの物語のキーマンとなる女の子が登場です。

このコックリをフウ家の誰も存在を知らなかった4番目の子供ミシェルとして送り込みます。
今回はダー子はミシェルの母親として、ボクちゃんもフウ家のコックとして潜入、リチャードは日本大使館の人物としてダー子やコックリを見守っていきます。

今回の見所は、親子の愛、豪華な出演者です。

レイモンドの子供3人は、本当の自分を殺して生きていましたが、ダー子やミシェルと出会い触れ合う中で本当の自分を知り優しさを知り、ダー子とコックリも本当の親子ではないのに、コックリを思うダー子の姿が母親に見えてきます。

また今回の出演者についても、赤星、ジェシー、スタア、波子など今までのシリーズでも大活躍をした詐欺師が勢揃いです。

登場時間は短いですが、物語の重要なシーンになる場所に
お亡くなりになった三浦春馬さん演じるジェシー、竹内結子さん演じるスタアが登場します。

「なりたいものになれる、嘘も本当もない、信じればそれが真実。」コンフィデンスで登場する言葉にもたくさん救われる映画です。

女性30代
女性30代

とにかくテンポがよく、最後まで飽きず、クライマックスで今までを振り返って謎を解いていく過程も面白かったです。

ギャグシーンが多用されていますが、そのなかで感動させられるシーンもあり、主演の長澤まさみはもちろん、柴田恭兵など豪華な俳優陣の演技が光ります。

フウ一族の3姉弟とコックリの性格がきちんと描かれ、お金でなくそれぞれが本当に大切にしているものが分かり、幸せになれるような最後のまとめはよかったです。

きれいにまとめられたストーリーですが、どうしてもダー子たちが詐欺師で、偽物である以上、素直に喜べないポイントもありました。

コックリがいい子で素質があるとはいえ、別に本当のミシェルがいるかもしれないのにミシェルとして後継者になって良いのだろうかという疑問は、実はミシェルは実在しなかったことが分かり、問題はなくなります。

ただ、フウ一族の3姉弟への父からの手紙には、3人は救われたけれど、実際は偽物なので少し腑に落ちないところがありました。

執事のトニーがどこまでダー子たちの嘘に気付いているのかわからないけれど、一族を守ろうと覚悟をする姿はとても格好良かったです。

女性40代
女性40代

『コンフィデンスマンJP』はドラマからチェックしていたので、今回も楽しみにしていました。

しかしながら、三浦春馬くんの哀しいニュースが飛び込んできて、今回はなんとも複雑な心境で映画館に足を運びました。

でも私は、ダー子もボクちゃんもリチャードも大好きなんです。

絶対に映画館で観るって決めてたから。もちろん、一番のお目当ては春馬くんでしたが。
あ~もう思い出しただけでドキドキしちゃう。

ダー子とジェシーのダンスシーンは本当に格好よかった!あんなに色気ムンムンで、キレッキレの社交ダンス踊れる俳優いますか!?春馬くんみたいな俳優、もう現れないんじゃないのかな…ダー子との絡みがもう見れないと思うと、本当に心の底から哀しくなる。
今回のプリンセス編は、ドラマ『知らなくていいコト』で魔性の女を演じきってみせた、関水渚ちゃんがプリンセス役として登場します。
このプリンセスがまた良いんです!ダー子にも負けない存在感で頑張っていました。

毎回キャラ設定が濃いコンフィデンスマンJPですが、いい塩梅に溶け込んでた。
今後注目の女優さんかもしれません。
女優といえばこの人、竹内結子も今回良い役してるんです。おいしいところ、もっていってくれてます。
ああ、やっぱり大好き。コンフィデンスマンJP!
ずっと続いて欲しかったけど、今回いろいろな事件がありすぎて、今後また観たいかどうかは正直複雑です。

女性20代
女性20代

今回もドラマや映画同様、赤星英介さんがダー子達に騙されていたことが分かり、度肝を抜かれました。
コンフィデンスマンの展開の特徴は、一見ダー子達が危ない状況に陥ったように見せて、実はそれすらダー子達の計算であり、見ている側も最後まで騙されます。
その後の真相が理解出来た時の快感は、スカッとして心地良いです。
プリンセス編の最大の見どころは、なんといってもランカウイ島の雄大で美しい景色と、豪華なホテルのパーティー会場です。
今は亡き三浦春馬君と長澤まさみさんのダンスシーンは、美男美女で本当に見とれました。
海辺のシーンでダー子がコックリに「自分の道を行きなさい」と言って別れ、その後にコックリがダー子に抱き着く姿も感動しました。
最後の最後で、実はミシェルという隠し子の存在も嘘で、ダー子の気まぐれな言葉をたまたま聞いたレイモンド・フウが、隠し子の存在をでっち上げたことにも驚きました。
エンドロールで流れるLaughterは、コックリに対しての「自由に羽ばたき空を飛びなさい」というメッセージにも感じました。
個人的には急逝した三浦春馬君へのレクイエムにも感じて、映画が終わった時は涙が止まりませんでした。

女性30代
女性30代

とにかくテンポがよく、最後まで飽きず、クライマックスで今までを振り返って謎を解いていく過程も面白かったです。

ギャグシーンが多用されていますが、そのなかで感動させられるシーンもあり、主演の長澤まさみはもちろん、柴田恭兵など豪華な俳優陣の演技が光ります。

フウ一族の3姉弟とコックリの性格がきちんと描かれ、お金でなくそれぞれが本当に大切にしているものが分かり、幸せになれるような最後のまとめはよかったです。

きれいにまとめられたストーリーですが、どうしてもダー子たちが詐欺師で、偽物である以上、素直に喜べないポイントもありました。

コックリがいい子で素質があるとはいえ、別に本当のミシェルがいるかもしれないのにミシェルとして後継者になって良いのだろうかという疑問は、実はミシェルは実在しなかったことが分かり、問題はなくなります。

ただ、フウ一族の3姉弟への父からの手紙には、3人は救われたけれど、実際は偽物なので少し腑に落ちないところがありました。

執事のトニーがどこまでダー子たちの嘘に気付いているのかわからないけれど、一族を守ろうと覚悟をする姿はとても格好良かったです。

女性40代
女性40代

『コンフィデンスマンJP』はドラマからチェックしていたので、今回も楽しみにしていました。

しかしながら、三浦春馬くんの哀しいニュースが飛び込んできて、今回はなんとも複雑な心境で映画館に足を運びました。

でも私は、ダー子もボクちゃんもリチャードも大好きなんです。

絶対に映画館で観るって決めてたから。もちろん、一番のお目当ては春馬くんでしたが。
あ~もう思い出しただけでドキドキしちゃう。

ダー子とジェシーのダンスシーンは本当に格好よかった!あんなに色気ムンムンで、キレッキレの社交ダンス踊れる俳優いますか!?春馬くんみたいな俳優、もう現れないんじゃないのかな…ダー子との絡みがもう見れないと思うと、本当に心の底から哀しくなる。
今回のプリンセス編は、ドラマ『知らなくていいコト』で魔性の女を演じきってみせた、関水渚ちゃんがプリンセス役として登場します。
このプリンセスがまた良いんです!ダー子にも負けない存在感で頑張っていました。

毎回キャラ設定が濃いコンフィデンスマンJPですが、いい塩梅に溶け込んでた。
今後注目の女優さんかもしれません。
女優といえばこの人、竹内結子も今回良い役してるんです。おいしいところ、もっていってくれてます。
ああ、やっぱり大好き。コンフィデンスマンJP!
ずっと続いて欲しかったけど、今回いろいろな事件がありすぎて、今後また観たいかどうかは正直複雑です。

女性20代
女性20代

世界という舞台がとても大きい中で次と次と騙し騙されていく攻防戦が面白かったです。
そのあとの展開が読むことが全くできないところも面白いところの一つです。
見どころは、いつもちゃらんぽらんで人に関しては無関心な長澤まさみ演じるダー子が関水渚演じるコックリに対して母性が芽生え、人の為に人を騙すところです。
コックリも最初は、どうしようもない平凡な女の子でしたがみんなの気持ちを汲み取り成長していく姿は、特に感動しました。
伏線があってもなかなか真実を映画に中で見極めることは難しいのですが、最後には全ての答え合わせをしてくれるのでとてもスッキリします。
結末もみんなが幸せな結果となり、自分自身のようにホッとしました。
豪華な俳優陣と個性豊かなキャラクターが勢ぞろいでドキドキワクワクが止まりません。
ドラマなどで一度登場した人物たちが良い場面で登場してくるのでそれも楽しみの一つとなっています。
最後になるまで本当の真実が分からないそんあ不思議な感覚を味わえる映画はこれだけです。

女性20代
女性20代

コンフィデンスマンJP プリンセス編はひとことでいうと「シンデレラストーリー」です。身寄りのないコックリと呼ばれる少女が天才詐欺師集団のダー子・リチャード・ボクちゃんと出会うことによって、財閥フウ家の跡取りになるというお話。財閥フウ家の跡取りになるべく、詐欺師たちが巧妙に嘘をつき、周りを騙していくところが、最高に痛快かつ面白く描いています。脚本家の古沢良太さんはテレビドラマ「リーガルハイ」や大泉洋さんが所属する演劇集団「TEAM NACS」で「悪童」という作品を執筆するなど、多彩な才能を持っています。今回も、古沢さん特有の「テンポの良いギャグ」「読者を驚かせる怒涛の展開」「最後にうるっとくる」の三拍子が揃っており、古沢ファンとしては、これだよ!見たかったのは!と大興奮でした。なかでも、今作品では「最後にうるっとくる」の部分が強かったと感じました。前作のコンフィデンスマンJPロマンス編は、「読者を驚かせる怒涛の展開」の色が強かったので、大どんでん返しをみてスカッとしたい方は、前作の視聴をお勧めします。
コンフィデンスマンJPという作品の続編ではありますが、作品ホームページをみてキャラクターさえ押さえれば、初見の方でも楽しめると思います。(私もドラマは全話見ていませんが楽しめました。)ただ、前作の伏線があること、これまで出てきたキャストが勢揃いしていることを踏まえると、できればテレビドラマとコンフィデンスマンJPロマンス編をみてからのほうが良いです。
キャストの演技力に関しても申し分なく、上演時間ずっとコンフィデンスマンワールドに引き込まれっぱなしでした。特にキャラクターの個性が強く、このキャストじゃなきゃこのキャラクターは演じれない、キャスト変更はあり得ないと思わせるほど、しっかり個性を主張していました。
どの点に関しても、申し分ない映画なのでぜひご視聴ください。

女性50代
女性50代

マレーシアのランカウイ島の豪華リゾート地で、とにかく華やかさがあってすごかったです。

長澤まさみさん演じるダー子の可愛くて元気のある安定の演技が、とても良かったと思いました。

宿敵の江口洋介さん演じる赤星との、豪快なやり取りがすごく面白かったです。

三浦春馬さんが、ジェシーをとてもセクシーにキュートに演じていてカッコ良くて素敵でした。

東出昌大さんのぼくちゃんは、いつも通りにどこか優柔不断ポンコツ感があって、でついちょっかいを出したくなる存在感が、とても良かったです。

小日向文世さんが、安定した演技力でとてもいい味を出していて良かったです。

関水渚さんが、キラキラしていて可愛くてすごく良かったと思いました。

展開が爽快感があって、目を離すことができず最後までワクワクしながら見ることが出来ました。

あっという間に終わってしまった感じがしました。どんどんパワーアップしていっている感じがしました。

今回は、家族の絆や感動があってほんとに面白かったです。

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました