ハロウィンおすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!
ハロウィンに是非見たい映画を紹介しています!

おすすめ映画はこちら

アナと雪の女王2 無料動画配信(ディズニー映画 吹替)フル視聴 9tsu anitube kissanime

アナと雪の女王2 アニメ映画

(C) 2019/Disney

「アナと雪の女王2」MovieNEX 予告編①

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

映画『アナと雪の女王2』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

映画『アナと雪の女王2』のフル動画を視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ◎ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  ✕ 933円 14日間 なし
  〇 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  △ 500円 30日間 なし
  ✕ 500円 31日間 なし
  ✕ 800円〜 なし なし

◎ ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可(大本命) 

〇 ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可 

△ 課金のみ視聴可

✕ 無配信

映画『アナと雪の女王2』のフル動画を視聴するには『U-NEXT』トライアル期間を利用するのが一番オススメです。

ディズニー映画『アナと雪の女王2』の動画をフル視聴する方法

映画『アナと雪の女王2』の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

トライアル入会特典600ptでご視聴いただけます。

\ いつでも解約OK!トライアル期間だけでもOK! /

▼映画『アナと雪の女王2』の動画をフル視聴する▼

>>トライアル入会で600pt(ポイント)もらえます。

他のディズニー作品は『U-NEXT』で配信しています。

\ 作品映像をチェック /

▼他のディズニー作品を視聴する

>>見放題作品は業界No. 1

『ディズニー』の歴代作品紹介

ディズニー 作品 U-NEXT TSUTAYA TV/DISCAS hulu
アナと雪の女王2
モアナと伝説の海
ホーンテッドマンション
ファンタジア2000
アトランティス/失われた帝国
アナと雪の女王
ベイマックス
トレジャー・プラネット
塔の上のラプンツェル
マレフィセント2
ズートピア
モンスターズ・ユニバーシティ
モンスターズ・インク
チキン・リトル
シュガーラッシュ:オンライン
シュガーラッシュ
トイストーリー・オブー・テラー!
ラ・ラ・ランド
ナイトメア・ビフォア・クリスマス
アリス・イン・ワンダーランド
マレフィセント
ダイナソー
ラマになった王様
ブラザーベア
くまのプーさん
プリンセスと魔法のキス
ボルト
トイストーリー1
トイストーリー2
トイストーリー3
トイストーリー4
美女と野獣
アラジン
ライオンキング
リメンバーミー
2020年9月現在、『ディズニー』シリーズは『U-NEXT』『hulu』『TSUTAYA TV /DISCAS』の3つの動画配信サイトにて視聴できます。

ディズニー映画『アナと雪の女王2』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

映画『アナと雪の女王2』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

映画『アナと雪の女王2』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』のお試しはこちら

>>期間中の解約は違約金は発生しません!

ディズニー映画『アナと雪の女王2』あらすじ・ネタバレ・出演キャストなどの作品概要

『アナと雪の女王2』は2019年に公開されたディズニーが制作したアメリカの映画です。

日本中にブームを巻き起こした『アナと雪の女王』の続編となる作品となっています。

あらすじ

・魔法の森

アナとエルサが幼き頃、二人で魔法の森ごっこをして遊んでいると、部屋に入ってきた父が二人に昔見たという魔法の森について語り掛けました。

その森はそれぞれ風、火、水、大地の精霊によって守られていました。

そこにはノーサルドラという民族が森の恵みを受けて暮らしていたのです。

そこへアナとエルサの祖父であるルナード国王は友情の証としてその魔法の森にダムを送りました。

その式典に国王と幼き頃のアナとエルサの父が参加していた時、突如戦争が始まってしまうのでした。

その争いに激怒した精霊たちは、深い深い霧で魔法の森を包み、決して誰も外に出られないようにしたのです。

ルナード国王はそこで死亡してしまいました。

また戦いに巻き込まれたアナとエルサの父も意識を失いますが、自身は何者かに助けられ、その日のうちにアレンデール王国の国王に就任したのでした。

・不思議な声

前作より3年が経過しました。

アナとエルサは二人仲良くアレンデール王国を治めていました。

そこにはクリストフやスヴェン、オラフも一緒です。

そんな幸せな日が続いたある日、エルサの耳にだけ不思議な声が聞こえるようになります。

最初はあまり気に留めていなかったエルサですが、その声は何度も何度もエルサの耳に届きました。

やがてエルサがその謎の声に応えると、目の前に氷の結晶が浮かび上がります。

そこにはかつて父に聞いた、風、火、水、大地の模様が刻まれていました。

魔法の森の精霊を起こしたとエルサが気づいたときにはすでに国に異変が起きていました。

この国の異変はアレンデール王国の危機の始まりであると知ったエルサはアナやクリストフらと共に手がかりになるであろう、不思議な声を求めて旅立ちました。

・風の精霊

その道中、またしてもエルサの耳にあの不思議な声が聞こえてきました。

声のした方へ向かうと、アナやエルサたちは濃い霧に包まれたあの魔法の森にたどり着いたのです。

エルサの力で魔法の森の中へ入ったアナたちの目の前には父の話に出てきたあのダムもありました。

そうしていると、はぐれたオラフが突然風の精霊に襲われます。

しかしエルサの魔法によってなんとか事なきを得たのでした。

その中でエルサたちは手がかりを得ました。

まるで過去の記憶を形にしたかのように、昔魔法の森で起こった出来事が氷の像として現れたのです。

・火の精霊

そんな中、エルサたちは深い霧のせいで外に出ることができなくなったアレンデール王国の兵士たちの生き残りとノーサルドラの民に出会います。

そんな中、火の精霊に襲われますが、またしてもエルサの魔法によって皆が無事で済んだのでした。

エルサの持つショールと氷の像の様子から二人の母はノーサルドラの民であるということにアナとエルサは気がつきました。

その事実を知ったエルサはノーサルドラの民の長にこの魔法の森とアレンデール王国を助けることを誓います。

・第五の精霊

エルサは風、火、水、大地の精霊の他に第五の精霊の存在があることを知りました。

第五の精霊は自然界の魔法と人間を繋ぐ架け橋の役割を担っているのです。

エルサは自分を呼ぶ不思議な声は第五の精霊なのではないかと思います。

その答えはアートハランにあると教えられたエルサはアートハランに向かうことを決めました。

アナも当然ついていこうとしますが、アートハランへ向かうために通るダークシーが危険であることから、エルサは魔法の力で二人を小舟に乗せて遠ざけます。

・アートハランへ

荒れる海を進もうとエルサは何度も挑戦しますが、波と馬の形をした水の精霊に何度も押し返されてしまいます。

アナはなんとか水の精霊を手なずけ、荒波の上を進んでいくのでした。

目の前にアートハランが見えてきました。

次第に不思議な声も大きくなっていきます。

ネタバレ

・上陸

アートハランへ無事に上陸することができたエルサは氷の像によって過去の真実を知ります。

アナとエルサの祖父はノーサルドラの民を全く信用していなかったのです。

それどころか、ダムが国を傷つけているという事実を知るノーサルドラのリーダーを切りかかろうとしていました。

しかしそのエルサはその事実を知った瞬間、凍り付いてしまいます。

凍り付いてしまう寸前、エルサは離れた場所にいるアナにすべての真実を知らせました。

・魔法の森を助けるために

魔法の森を助け出すためにはダムを破壊することだと気づいたアナは大地の精霊の力を借りてダムを破壊することを思いつきます。

なんとかダムを破壊することには成功しますが、ダムから溢れた水はまっすぐアレンデール王国に向っていました。

飲み込まれそうになる寸前、エルサが水の精霊に乗って現れます。

・結末

エルサの力によってアレンデール王国は救われたのでした。

それと同時に魔法の森を包んでいた濃い霧は晴れて行ったのです。

長年森の中に閉じ込められていた人や動物たちは空の美しさに感動し、喜びに沸きます。

一方アナの前に水の精霊に乗ってエルサが現れました。

エルサこそが第五の精霊だったのです。

そのことに気がついたエルサは森に残り、精霊たちと共に生きることを決めました。

アナはエルサに代わり、アレンデール王国の女王に就任、クリストフのプロポーズも受け入れ幸せに暮らしたのです。

\ 本編をチェック! 

映画『アナと雪の女王2』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

主題歌

中元みずき 『イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに』

Mizuki Nakamoto – Into the Unknown (From "Frozen 2"/Lyric Video)

登場人物

エルサ (松たか子)

アナ (神田沙也加)

クリストフ (原慎一郎)

オラフ (武内駿輔)

マティアス中尉 (松田賢二)

イドゥナ王妃 (吉田羊)

Twitterでの反応

https://twitter.com/miku__2008/status/1198084075870752770

こんな人におすすめ

・ディズニー作品の好きな方

・『アナと雪の女王』視聴済みの方

・親子で楽しめる映画を探している方

感想

感想はここから見れます

 

 

女性30代
女性30代

アナと雪の女王では明かしきれなかった、アレンデール(アナとエルサが住む国)の物語、といった印象でした。前作では描かれなかった細かい部分が丁寧に作られていました。

・歌がいい!
とにかく歌が素晴らしいです。それぞれのキャラクターにたっぷり見どころのある歌のシーンがあり、アナ雪ファンのための作品だなぁと感じました。そして、声優さんの歌がまた素晴らしいです。どの曲も、前作よりミュージカル要素が強めで、かなりしっかりとキャラクターの感情が歌に込められています。そのため、求められる歌唱力も相当なものですが、きちんとそれに応えられる実力をお持ちで流石だなぁと改めて感心しました。

・大人向けの作品。
前作より、かなり大人向けだと感じました。子どもが楽しめる要素はあるのですが、後半のストーリーを子どもが理解できるかは少し難しい気がしました。国の歴史、エルサの力の理由について掘り下げた話になっており、いろいろと考えさせられる作品でもあります。制作者サイドにいろいろ思惑があったのかな、と思うほど。心意気としては、素晴らしいなと感じました。感動できるシーンもあり、特にエルサとアナの涙の表現がとてもきれいでこだわって作られているのを感じました。

・少しもったいないクリストフ
尺的に厳しかった、物語の立ち位置的に難しかったんだろうな、と感じてしまったのが、クリストフの扱いについてです。これについては、レビューでもよく言われているな、と思います。いいシーンもいっぱいありますし、決して悪い書かれ方はされていないのですが、なんだか少しもったいない気がしてしまいました。

・前作のファンなら見てほしい。
全体的に、ファンのための作品として完成度が高いなと思いました。逆にいえば、前作が苦手な人はあまり刺さる部分はないかもしれません。ファンなら嬉しい気持ちになるシーンがたくさんあって、個人的には嬉しかったです。

 

女性30代
女性30代

サスペンス?ホラー?のような始まり方で、エルサと一緒に、みている側も不思議な歌声に引き寄せられます。
歌声の正体、エルサとアナの両親の死の謎、アレンデールの行く末、予告でもお馴染みの「なぜエルサに力は与えられたのか?」等、全ての謎を解き明かす為に旅立ちます。
エルサもアナも前作より成長はしてますが、相変わらずなところもあり、当たり前の人間らしく描かれています。

クリストフもまた、アナへの想いにケジメをつけるべく悩み、お約束のスヴェンに相談をします。スヴェンも今回は更に活躍しています。

クリストフとスヴェンの歌声には笑いを通り越して感動しました

。個人的に、一番パワーアップしたのは、オラフかと思います。すっかり人間らしく(?)知識人になっており、様々な嘘か本当か分かりづらい雑学等を披露します。本当に可愛い…。
物語が進むと、個性的な登場人(?)物が新たに加わります。これがまた重要だったり、アレンデールの過去にも触れるシーンがあったりと、休む間もないといった感じです。
クライマックスのエルサの力強い歌声や決断には感動という言葉で片付けられないくらい、こみ上げるなにかがあり、数日間ほど引きづりました。
ストーリー、キャラクター、歌、全てに於いて前作よりも2の方が見応えがありました。

 

女性30代
女性30代

まずは、主題歌のイントゥ・ジ・アンノウンが耳に残る音楽でした。公開前から話題になっていたので知っていましたが、実際に映画館で観賞してこの曲が始まると、「ここで流れるのか!」と鳥肌が立ちました。
作中でもこの曲がキーとなっているので、観賞後も当分頭から離れませんでした。
内容としては、今回はエルサの力の起源を探す冒険となっていて、エルサとアナお互いがお互いを想う気持ちからすれ違いになりますが、離れていても心は繋がっている姉妹愛もしっかり描かれていました。
エルサは自分の力について知るにつれ、両親が亡くなったのは自分のせいだと落ち込んだり、危機に見舞われますが、今回の見どころの一つでもあるたくさんの「精霊」たちの力を借りながら、乗り越えていくところに感情移入しました。
また、今回オラフの声優がピエール瀧さんから武内駿輔さんに変更されどうなるのか気になっていましたが、前作に寄せた声で全く違和感なく、作品に集中して見ることができました。さすが声優さんだなと驚きました。
結末として、アナとエルサそれぞれが国を治めることとなり、会いたい時に会いに行ける距離で、エルサも自分の力を適した場所で発揮できるようになり、ハッピーエンドで終わったのでとても満足できました。

 

女性30代
女性30代

いろんな話があり、おもしろかったです。

クリストフがアナにプロポーズをしたいっていう話は、ディズニーぽくなく、普通の恋愛ぽい話でとてもよかったと思います。

そうそう、王子さまはすぐ結婚しようとかいうけど、そんな簡単じゃないよねと共感しました。

エルサが自分の秘密がわかるかもと旅に出るところは、いろいろ安定していても飛び出さずにはいられないことがあるという人間の真理をついていたと思います。

たしかに、アナ雪の最初からエルサには力があるってことになってたけど、アナとエルサは姉妹なのに一人だけ魔法があるのも不思議ですもんね。そうか、そういう事情があったんだと納得しました。その後の展開は、それが一番だと思えるものでしたが、悲しいものでもありました。いや、きっと、二人はそれでもよく会うだろうから、悲しくはないのかもしれません。でも、一人で行くわみたいにエルサが行っちゃったから、さいごは2人で帰ってほしかったかなと思いました。でも、2人とも自分の道を見つけたのでしょう。悲しいようだけど、すごく前向きな終わりなんだと思います。あと、今回もオラフがかわいくて、それだけでも見た回がありました。オラフもまた元気になってよかったです。

 

 

 

 

 

 

女性30代
女性30代

「アナと雪の女王2」は子どもと一緒に観に行きましたが、音楽や映像が綺麗で迫力のある展開で面白かったです。

アナとエルサが両親の謎について知り、その謎を解き明かすために冒険に出掛けるのですが、その中でいろんなハプニングがありドキドキしながら結末を待つ作品です。

アナもエルサもお互いを思いあっているという姉妹の愛については前作から変わらず、それ故に孤独を選び一人で冒険に行くということも美しく描かれていました。

メインのエルサの歌声は前回よりも力強く、逞しく感じられました。女王として国を守る中での女王の貫録が今作品ではより濃く描かれていたように思います。

エルサの髪を下ろした姿や海の上を白馬に乗って駆けていく姿はとても美しいです。

また、アナのちょっとドジなところや猪突猛進なところも微笑ましく、エルサへの純粋な愛情や力強い信念が感じられます。

さらに今作品ではアナとエルサが作り上げた雪だるま、オラフが居ることの重要性をより感じました。

シリアスな状況や危機的な状況でもどこかユーモラスで、冒険をより楽しく、安心する貴重な存在として映画を盛り上げていました。

小さなお子さんでもこわがらずに見られるような展開になっていると思います。

女性30代
女性30代

アナと雪の女王では明かしきれなかった、アレンデール(アナとエルサが住む国)の物語、といった印象でした。前作では描かれなかった細かい部分が丁寧に作られていました。

・歌がいい!
とにかく歌が素晴らしいです。それぞれのキャラクターにたっぷり見どころのある歌のシーンがあり、アナ雪ファンのための作品だなぁと感じました。そして、声優さんの歌がまた素晴らしいです。どの曲も、前作よりミュージカル要素が強めで、かなりしっかりとキャラクターの感情が歌に込められています。そのため、求められる歌唱力も相当なものですが、きちんとそれに応えられる実力をお持ちで流石だなぁと改めて感心しました。

・大人向けの作品。
前作より、かなり大人向けだと感じました。子どもが楽しめる要素はあるのですが、後半のストーリーを子どもが理解できるかは少し難しい気がしました。国の歴史、エルサの力の理由について掘り下げた話になっており、いろいろと考えさせられる作品でもあります。制作者サイドにいろいろ思惑があったのかな、と思うほど。心意気としては、素晴らしいなと感じました。感動できるシーンもあり、特にエルサとアナの涙の表現がとてもきれいでこだわって作られているのを感じました。

・少しもったいないクリストフ
尺的に厳しかった、物語の立ち位置的に難しかったんだろうな、と感じてしまったのが、クリストフの扱いについてです。これについては、レビューでもよく言われているな、と思います。いいシーンもいっぱいありますし、決して悪い書かれ方はされていないのですが、なんだか少しもったいない気がしてしまいました。

・前作のファンなら見てほしい。
全体的に、ファンのための作品として完成度が高いなと思いました。逆にいえば、前作が苦手な人はあまり刺さる部分はないかもしれません。ファンなら嬉しい気持ちになるシーンがたくさんあって、個人的には嬉しかったです。

女性30代
女性30代

サスペンス?ホラー?のような始まり方で、エルサと一緒に、みている側も不思議な歌声に引き寄せられます。
歌声の正体、エルサとアナの両親の死の謎、アレンデールの行く末、予告でもお馴染みの「なぜエルサに力は与えられたのか?」等、全ての謎を解き明かす為に旅立ちます。
エルサもアナも前作より成長はしてますが、相変わらずなところもあり、当たり前の人間らしく描かれています。

クリストフもまた、アナへの想いにケジメをつけるべく悩み、お約束のスヴェンに相談をします。スヴェンも今回は更に活躍しています。

クリストフとスヴェンの歌声には笑いを通り越して感動しました

。個人的に、一番パワーアップしたのは、オラフかと思います。すっかり人間らしく(?)知識人になっており、様々な嘘か本当か分かりづらい雑学等を披露します。本当に可愛い…。
物語が進むと、個性的な登場人(?)物が新たに加わります。これがまた重要だったり、アレンデールの過去にも触れるシーンがあったりと、休む間もないといった感じです。
クライマックスのエルサの力強い歌声や決断には感動という言葉で片付けられないくらい、こみ上げるなにかがあり、数日間ほど引きづりました。
ストーリー、キャラクター、歌、全てに於いて前作よりも2の方が見応えがありました。

女性30代
女性30代

まずは、主題歌のイントゥ・ジ・アンノウンが耳に残る音楽でした。公開前から話題になっていたので知っていましたが、実際に映画館で観賞してこの曲が始まると、「ここで流れるのか!」と鳥肌が立ちました。
作中でもこの曲がキーとなっているので、観賞後も当分頭から離れませんでした。
内容としては、今回はエルサの力の起源を探す冒険となっていて、エルサとアナお互いがお互いを想う気持ちからすれ違いになりますが、離れていても心は繋がっている姉妹愛もしっかり描かれていました。
エルサは自分の力について知るにつれ、両親が亡くなったのは自分のせいだと落ち込んだり、危機に見舞われますが、今回の見どころの一つでもあるたくさんの「精霊」たちの力を借りながら、乗り越えていくところに感情移入しました。
また、今回オラフの声優がピエール瀧さんから武内駿輔さんに変更されどうなるのか気になっていましたが、前作に寄せた声で全く違和感なく、作品に集中して見ることができました。さすが声優さんだなと驚きました。
結末として、アナとエルサそれぞれが国を治めることとなり、会いたい時に会いに行ける距離で、エルサも自分の力を適した場所で発揮できるようになり、ハッピーエンドで終わったのでとても満足できました。

女性30代
女性30代

いろんな話があり、おもしろかったです。

クリストフがアナにプロポーズをしたいっていう話は、ディズニーぽくなく、普通の恋愛ぽい話でとてもよかったと思います。

そうそう、王子さまはすぐ結婚しようとかいうけど、そんな簡単じゃないよねと共感しました。

エルサが自分の秘密がわかるかもと旅に出るところは、いろいろ安定していても飛び出さずにはいられないことがあるという人間の真理をついていたと思います。

たしかに、アナ雪の最初からエルサには力があるってことになってたけど、アナとエルサは姉妹なのに一人だけ魔法があるのも不思議ですもんね。

そうか、そういう事情があったんだと納得しました。

その後の展開は、それが一番だと思えるものでしたが、悲しいものでもありました。

いや、きっと、二人はそれでもよく会うだろうから、悲しくはないのかもしれません。

でも、一人で行くわみたいにエルサが行っちゃったから、さいごは2人で帰ってほしかったかなと思いました。

でも、2人とも自分の道を見つけたのでしょう。悲しいようだけど、すごく前向きな終わりなんだと思います。

あと、今回もオラフがかわいくて、それだけでも見た回がありました。オラフもまた元気になってよかったです。

女性30代
女性30代

アナ雪として、とてもいい帰結だと思います。

でも、悲しいです。

私は結婚とかでも家族が離れちゃうのが寂しくて泣いちゃう派なので、この話は切なかったです。

その前からエルサとアナは別々に旅をしていたし、2人が一緒のところをあまり見られませんでした。

できたら、もう少し、一緒に旅をしていてほしかったなって感じです。今回、エルサがなぜ魔法を使えるのかの謎が解け、すっきりしました。観客はもちろんですが、エルサ自身そのことは知りたかったことでしょう。たしかに不思議ですもんね。

1のときからそんな裏設定があったか否かは謎ですが、矛盾ない話だったと思います。

5つのエレメントって日本ではそんなに知れ渡ってない気もしますが、そういう映画も前にあったし、有名な話なのかもしれません。

あと、今回もオラフがいい味を出していました。

いつのまにか、いなくなってたときは悲しかったけど、また出てきて、よかったです。

彼の存在は、アナ雪で一番大事といってもいいかもしれません。

日本語吹替では声が変わってしまい、どうかなと思っていましたが、全然違和感ありませんでした。

よかったです。今回で、完結したアナ雪ですが、彼女らの今後もまた見たい気もします。

それくらい魅力的なキャラだったなと思います。

女性30代
女性30代

アナと雪の女王2は、前回の続編ということですごく楽しみにしていました。

とにかく映像が美しくて映画館での迫力は素晴らしいものでした。

アナとクリストフが一緒に幸せに暮らしているところが微笑ましかったです。

エルサにだけ聞こえるようになった謎の声の正体を明かすことが今回のキーポイントで、エルサとアナやその仲間たちは一緒に旅に出かけるのですが主題歌の歌詞にもある未知の旅がどんなものになるのかドキドキしました。

水の記憶から突然失ってしまった両親の最期がわかり、水の記憶の素晴らしさに感動しました。

謎の声の正体もわかりエルサは自分の運命を知り、アデンレール王国の王女の座をアナに譲るのですが前回のお話だけではわからなかった謎が次々と明かされてスッキリしました。

エルサは自分の運命に従い自分らしく生きていくことができたのでよかったなと思います。

アナとクリストフもようやく結婚をすることができ、ハッピーエンドで終わって嬉しかったです。

オラフが変わらず姉妹と一緒に暮らしていたことも前回からのファンとしては嬉しい限りです。

エルサは重たい運命を背負ってしまったけど、それは彼女に乗り越える力があったからだと改めてわかりました。

女性30代
女性30代

前作からの続きで、エルサに魔法の力を与えられた謎を紐解いていくストーリーです。
見どころは、なんと言っても映像。前作よりバージョンアップしているエルサの魔法の描写がとても綺麗で映像だけでも何度も見たくなる作品でした。
また、音楽も前回と同様すごく力を入れていて、それぞれのキャラクターの心情がきめ細かに表現されているので素晴らしかった。

ただ、個人的にはキャッチーなメロディと歌詞の前作の方が音楽は好きでした。2の音楽は中々一般人が口ずさむには難しすぎたと思います。
他にも注目を集めたのは、オラフの声の変更。個性的なキャラクターの為イメージが変わるのではと不安視されていたが、きちんとイメージは守りつつ、更にはバージョンアップしていたのでとても良かったです。
前作から人気のキャラクターから新しく登場したキャラクターまで盛り沢山という感じで見応えがありました。
またストーリー的には謎も解けたので満足ですが、エルサが活躍しすぎていて、もう少しアナにもピントを当てて欲しかったかなーとは思いました。

エルサの人気が出たので、とりあえずエルサをめちゃくちゃカッコよく描いてみました!っという感じが少し否めないなと思いました。

そこに力を入れたぢけあって終始映像はめちゃくちゃキレイなので大人から子供まで楽しめる作品に仕上がっていると思います。

女性30代
女性30代

前作よりも、映像美がパワーアップしていて、どの場面の映像も、とてもキレイです。アナとエルサの姉妹を思いやる気持ちはもちろんのこと、エルサがどうして特別な能力を持って生まれたのか、そのルーツが解き明かされていくにつれて、とても深い事情があることに驚きました。
これについては、小さなこどもには、少し理解がしにくいところもあると思いますが、大人には、とても考えさせられるものでした。
アナとクリストフの恋も、アナの天真爛漫さにクリストフが振り回されているところが、とてもはがゆく感じ、クリストフの悲哀も共感できるところもありました。アナとクリストフの関係の変化にもワクワクしました。
アナとエルサの勇敢な姿、そして2人がより成長していく姿に圧倒させられました。
劇中歌も荘厳で、場面場面にあう曲がより、展開を盛り上げていて、あきることがなく見られました。
また、声優さんも、前回から続投の松たか子さんや神田沙也加さんの素晴らしい歌声はもちろん、吉田羊さんの落ち着いた声も、アナとエルサの母であり、今作での重要な役柄にあっており、歌声もとても素敵でした。
全体を通して、重厚な作品で、こども向けというよりも、大人にとってとても見応えのある作品だと思います。

まとめ

『アナと雪の女王』の続編にあたるこちらの映画。

本作だけでも十分楽しめますが、『アナと雪の女王』を視聴してから鑑賞することをおすすめします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました