おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【インセプション】動画を無料で(映画2010)フル配信・視聴する方法

インセプション 洋画

(C) Warner Bros. Entertainment

主人公のドムは夢の中に入りこみサイトーの機密を奪おうとしていた。

しかしそこで亡き妻に出会うがなんとか脱出しかしサイトーに追いつかれ仕事を依頼される。

それはライバル会社の息子をインセプションしろと言う物だった。

それを解決すれば子供と再会できると言われ準備するドムしかし夢の中には亡き妻がいた。

映画『インセプション』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『インセプション』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

映画『インセプション』予告編
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、インセプションに出演している

『レオナルドディカプリオ』出演の作品をお楽しみいただけます。

 

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

他の「レオナルドディカプリオ」出演作品もお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

映画『インセプション』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

夢の中

海岸で目覚めるドム・コブそこに兵士がやってきて捕らえられる。

そして老いたサイトーと出会うその場所で前に若いサイトーと仲間とアイデアの寄生について話していた。

しかしそこに揺れが起き現実の外では爆発が起きていた。

そこで亡き妻と出会う。

ロープで侵入するしある物を奪おうとするドム。

すり替えるが仲間が捕まり妻に銃を突きつけられる。

夢の中なら殺しても目覚めるだけだと隙をつき仲間を殺す。

夢が崩れるなか起こされるドムそこにサイトーも目覚めてしまう。

隙をついてサイトーを捕らえる。

しかしそこも夢の中で電車に乗らされていた。

サイトーより先に目覚め京都で降りるドム達。

ホテルで子供たちと電話するドムヘリコプターで脱出しようとするがサイト-の姿があった仲間の一人が裏切ったのだ。

インセプション

ドムがサイトーに「何が望みだ」と聞くと「インセプションだ」と答える。

仲間が「不可能だ」と答えるだがサイトーは「アイデアを盗めるなら植え付けも可能では」と言う。

サイトーのライバル企業の息子、ロバートをインセプションし会社を解体させる案を植え付けろそうしたら家に帰してやると言われながらヘリコプターを降りるドム達。

設計士を探すためパリに向かうドム。

そして設計士で恩師である人に完遂したら犯罪歴を抹殺して家に帰れるんだと説得する。

そこで代わりにアリアドネを紹介される地図を書かせ合格させるドム。

実際アリアドネに夢の中に入らせ勉強させる。

アリアドネは夢を使いこなすしかしドムの妻に刺されて目が覚めてしまう。

アリアドネはドムは「滞在意識に問題を抱えている、そんな人に心を開けない」と言う。

ドムは偽造師のイームスという人物に会いにモンバサに向かう。

イームスと出会うが尾行されていた。

裏をかきなんとか逃げるドムしかしそこにサイトー現れ助けられる。

一方アリアドネは仲間のアーサーの元へ戻り夢の世界の魅力に魅入られていた。

ドムはイームスとサイトーと共に調合師のユスフと出会う。

そしてそこで12人の人間が繋がれて夢の共有をされているのを見る。

ドム達も夢を体験する。

しかしやはりドムは滞在意識の妻に悩まされるのだった。

作戦

サイトーのライバル会社の社長フィッシャーをベットで病に伏せていた。

作戦会議をするドム、アーサー、サイトー、イームス、ユスフ。

アリアドネはドムになせ帰れないかと聞くするとドムは「妻殺しだ」と答えた。

作戦では夢の第一層では父との関係、第二層では自分で何かを作りたいそして第三層では自分の道を進めと植え付けると作戦を立てた。

そして脱出は音楽を合図とキックで起きる事に。

アリアドネはドムが夢に入っているのを見て侵入を試みる。

そこでドムは夢の中で妻を生かし続けていた。

入ってはいけないと言われた階層でアリアドネは妻と出会い襲われかけ目覚める。

そこでフィッシャーが死んだと情報が入り作戦を開始するそしてアリアドネもついていくと言う。

そして飛行機の中で夢に侵入するドム達。

夢でタクシーを奪いサイトー達はロバートを乗せるしかしそこにロバートを狙う襲撃者が。

ドムには設計していない電車が現れる。

ロバートを守りながら脱出しようとするしかしサイトーが撃たれてしまう。

ロバートは夢を守る為に武装化していたのだ。

サイトーは普通死んだら起きるはずが鎮静剤が強すぎるため虚無に落ちてしまう事になる。

ドムは金庫の番号を教えろとロバートを脅す。

イームスはフィッシャーの右腕だった人物に化け嘘の情報を植え付ける事に成功する。

アリアドネは電車はドムの仕業と言うそして「私達はあなたに入る込んでいる」と指摘する。

そしてドムは過去妻と共に夢へ深く深く入り込んでいたと説明する、そして何年も過ごし現実に上がった時何が現実かわからなくなっていたと。

そして妻のモルは現実を忘れる事を選び目が覚めた時「ここは現実じゃない目覚めて現実に戻らないと」と言い出す。

二人の記念日の日モルは自分を信じて飛んでと言うがドムは子供がいるから無理だと言う。

しかしモルは弁護士に相談し「夫に殺される」と言っていたのだ。

そしてモルは自殺する、三人の医師はモルは正常と判断しドムは逃げなければならなかった。

第二層

そこに襲撃者が来る、車で逃走し運転しているユスフ以外は第二層のホテルに侵入する。

イームスは美女に化け財布を抜き取りドムはチャールズと言う名で接触し覚えていないかと問う。

そしてあえてここが夢だと教え重力がおかしくなっていく。

ロバートを守る事になるドムそしてロバートに第一層の事を思い出させる。

アリアドネとアーサーは爆弾を仕掛ける。

ピーターを黒幕と言う事にし彼の潜在意識に潜り込む事にしかし実際はロバートの潜在意識に潜り込む。

そこは雪山病院だった。

アーサーは一人残り襲撃者と戦う。

ユスフの車が転倒し重力がおかしくなったところでアーサーは戦いなんとか勝利するアーサー。

ユスフは第一層で音楽を鳴らし皆を起こそうとする。

【 ネタバレ 】

キック

イームスが囮として引きつけその間にサイトーがロバートと共に侵入しアリアドネとドムが護衛する。

ユスフの車は川に落ち雪崩が起きる。

その次の着水の間になんとか侵入しようとする。

ロバートは何とか金庫室に着く。

しかしそこに妻のモルが現れドムが動揺している間撃たれてしまう。

イームスとドム達は急いで向かうがロバートは虚無に落ちてしまう。

しかしアリアドネは虚無に落ちたロバートを救うと言うそしてドムとアリアドネは虚無へとロバートを追いかける。

目覚めたそこは海岸だった

進んでいくとモルとの思い出の場が現れる。

そしてモルと出会う。

決別

モルはドムを引き留めようとするがドムは否定する。

そしてドムはモルにインセプションをしたと告白する。

そう夢から出る事を拒んだからだ。

ロバートはドムと引き換えだと気づくが残らないと言う。

アリアドネはロバートを落とし起こすそしてロバートは金庫を開け遺言状と手にした所でキックの爆破。

アリアドネは先に第一層で目覚める。

そしてドムは冒頭の場面に、年老いたサイトーと出会うそしてサイトーに自殺を進め戻る。

目覚めると全員が目を覚ましていた。

ドムの作戦は成功し子どもに会いにいくが夢なのか現実なのか分からなかった。

【 登場人物紹介 】

ドム・コブ:レオナルド・ディカプリオ (内田夕夜)

サイトー:渡辺謙 (渡辺謙)

アーサー:ジョセフ・ゴードン=レヴィット (土田大)

モル・コブ:マリオン・コティヤール (五十嵐麗)

アリアドネ:エレン・ペイジ (冠野智美)

イームス:トム・ハーディ (咲野俊介)

ユスフ:ディリープ・ラオ (木村雅史)

ロバート・フィッシャー:キリアン・マーフィー (三木眞一郎)

ピーター・ブラウニング:トム・べレンジャー (石塚運昇)

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

・SFが好きな方

・レオナルド・ディカプリオが好きな方

・難解な話が好きな方

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

感想はここから見れます
女性50代
女性50代

『インセプション』は2010年公開のクリストファー・ノーラン監督によるSF映画で、主演はレオナルド・ディカプリオです。
2010年のアカデミー賞で視覚効果賞他多数の賞を受賞しており、渡辺謙さんも出演されています。
レオナルド・ディカプリオ演じるコブは偽物の夢を見せることで大切な情報を盗む企業スパイです。
夢というだけあって、あり得ないことが起こります。
夢の中でこれは夢だと言われたり、夢のまた夢のさらに夢の中であったり。
夢から覚める方法にも様々なルールがあることや、夢の中での時間の過ぎ方が現実の世界とは違っていたりもするので難解です。
夢を構築する専門家など、この企業スパイのグループには様々な専門家がいて、プロ集団の仕事っぷりは最高にクール!
しかしアクシデントも当然起こります。
夢にリアリティーを持たせるために、夢の中の建造物を設計する専門家によって、綿密に設計された世界が折り畳まれたりする映像の迫力といったら、それはもう圧巻の一言に尽きます。
この映画の見どころはコブが何のためにこの仕事をしているかという点です。
コブには妻モリーの殺害容疑がかけられており、そのために愛するこども達に会うことができません。
亡くなったモリーがコブの夢の中に何度も現れてコブの仕事を妨害します。
その度にコブは後悔の念に苛まれ苦しむのですが、結末はコブにとって夢だったのか現実だったのか、それで良かったのかどうかを私達に任せているのがニクいところです。
私としてはモリーの混乱がよくわかります。
モリーのとった行動の是非はともかく、気持ちはよくわかるのです。
自殺する人が多いのも、もしかしたら現実の世界を夢の世界だと勘違いして目覚めようとしただけなのかもしれませんね。
そして私達が現実の世界だと思っている世界が、本当にそうだと言いきれる”トーテム”を私達は持って生きているでしょうか。
そこを考えるとたちまち自信がなくなってきます。
たとえばVRの世界だったり、何らかの宗教に依存していたり、詐欺などのマインドコントロール下だったり、実は自分は昏睡状態だったり、あるいは死んでいたり…。
何が現実なのか判断に迷った時に、何が真実を教えてくれるのか、あるいはモリーのようになってしまうのか、生きるとはどういうことなのかという究極の選択を迫られる映画です。

男性30代
男性30代

クリストファーノーラン監督の作品で、CGをあまり利用せず実写にこだわった撮影をしており迫力満点で非常に驚きました。

クリストファーノーラン監督の想像していることがぶっ飛んでいてついていくのが大変でしたが、ノーラン監督の作品の中ではまだ割と莉やいしやすい内容になっている映画かとおもいます。

夢の中に入って情報を入手するというSFなんですが、実際にありそうな内容なのがすごいと感じました。

夢の中であればなんでもできるというわけではなく複数のルールがありそれを守りつついろいろとミッションに挑戦するのが面白かったです。

マトリックスに近いものも感じましたがそれよりも複雑で深い映画でした。

この映画が楽しめるのであれば他の作品を見てみることおすすめします。

男性30代
男性30代

クリストファーノーラン監督の代表作とも言える作品です。

主演がレオナルド・ディカプリオ、出演者には渡辺謙、マイケル・ケインなど有名な俳優陣なのでそれだけでも見る前からワクワクしました。

映画の序論からノーラン作品の音楽担当ハンス・ジマー作曲の重低音が映画を盛り上げます。

突然夢の中からストーリーが始まっていきますが、初めは夢なのか現実なのか見ている方も分からず混乱します。

でも、映画が進むにつれ、主人公たちが夢の中で何をするのか、誰の夢に入り込むかなどが分かってくるようになってどんどん映画の世界にのめり込んでいく感覚でした。

映画の本筋となる部分では、初めは一人の人の夢の中に入りますが、夢の中の他人の夢に入り、さらに夢の中の夢の中の夢に入る、つまり夢が三層の状態でストーリーが進んでいくので頭をフル回転しながら見るのは個人的には新感覚でノーラン監督が天才と言われる理由がよく分かりました。
常人では思いつかないようなストーリーやアイデアをノーラン監督は様々な作品で生み出していますが、特にインセプションではその天才ぶりが発揮されていると思います。
ディカプリオやその他の俳優陣も演技が抜群なので、ぜひ多くの方に観ていただきたい作品です。

 

男性20代
男性20代

この作品は言わば実写映画が突き詰めるべき領域を明確に提示してくれたような映画だと感じました。

特に私がそう感じた場面はテレビで見たときその場面での階層つまりどのエリアでの戦いが行われているかをテロップで表示したのです。

通常映画、特にアニメではキャラクターのセリフや文字を入れることで場所を表示しますが、実写のドラマや映画は意外と戦闘シーンにおける場所の情報は表示されず視聴者の任せることも多いです。

そして虚無でのストーリーは同時多発しているシーンをつなぐという驚きの手法が使われています。

これらを踏まえてこの映画はストーリーも細かいですが映像においても近年の実写映画の中でも異次元だと思います。

鳥肌が立ちっぱなしになること間違いない映画です。

女性40代
女性40代

夢の潜入について詳しい説明があまり無いので、初見だと混乱する人が多いのではないでしょうか。

最初の説明が長いと飽きられるので省略したのか、この世界では普通のこと、という雰囲気を出したかったのか。

とにかく理解が追い付かなくて、映画の世界に入り込むのに最初ちょっと手間取りました。
一旦入り込んでしまえば、常に何らかのアクションや駆け引きが行われるストーリーにぐいぐい引っ張られていきます。
夢ならではのリアルとファンタジーが入り混じった世界観も見事でした。

特に虚無の世界の徐々に崩壊してゆく廃墟の映像美といったら!この監督はあまりCGを使わない主義らしいのでどこまでセットなのかは不明ですが、本物だからこそ役者陣も熱を込めて演じられるのでしょう。
ラストは観る人によって意見が分かれると思うので、いろいろな人の考察を聞くのも楽しいです。

男性40代
男性40代

映画『インセプション』の他人の夢の中に入って情報を盗むという設定が非現実的だけど、いつか現実になってしまうかもしれないと見ていて思いました。

ストーリー的にはかなり複雑で、どの場面が夢の世界でどの場面が現実世界での出来事なのか、注意して見ていても分からなくなりました。

夢の世界に侵入された人物が防衛の為に夢の世界に入って来た外部の人間を攻撃するように出来たり、その場の重力やら天気やらを自由に操作できるという設定も面白かったです。

現実的に夢を自由に操作するのはかなり難しいと思いますが、訓練すればそれも可能になるのかもしれないなと思いました。

夢の世界で死ぬと「虚無の世界」へ落ちてしまうという設定も面白いです。

そうでもしなければ夢の世界ではやりたい放題になってしまうので、そういう縛りを作って作品自体を面白くしているのだと思いました。

また、主演のレオナルド・ディカプリオと渡辺謙さんが共演している姿も新鮮でした。特に渡辺謙さんがこの作品で一番重要な人物を演じているのも意外でした。

それほど渡辺謙さんの演技力が外国の監督にも買われているのだと思いました。

ストーリーが進む中で年を取っていく様子も自然で、海外のメイク技術も凄いなと感心しました。

ラストの現実が夢かを判断するトーテムが完全に止まらないで終わったのも意味深で、気になります。

女性40代
女性40代

まず、この映画を視聴しようとしたきっかけは、メメントやダークナイトなど、数々の名作を制作してきた、クリストファー・ノーランが監督していること、主演として、レオナルド・ディカプリオ(役名コブ)、渡辺謙などが出演していることです。

映画の設定として、主人公のコブは相手の夢の中に侵入し、アイデアを盗む仕事をしています。

そこに渡辺謙が登場し、アイデアを盗むのではなく、アイデアを植え付けて、敵対会社を倒産させるという困難な仕事を持ち掛けるところから話が始まります。

世界観や設定が綿密に作りこまれており、SFファンでなくてもワクワクしながら視聴できるはずです。

正直、1度視聴しただけでは理解しきらず、2度、3度視聴しました。見れば見るほど発見があり、その都度楽しめました。CGも費用がかけられており、街全体が折りたたまれてしまうシーンは圧巻です。ラストシーンはノーラン監督らしく、視聴者に問題を投げかけるような終わり方になっていて、好きな終わり方でした。

男性20代
男性20代

クリストファー・ノーラン監督が映画で時間を操るとなると、その面白さは本当に異常です。
ノーラン監督は、『メメント』や『TENET』など、言うまでもなく時間という概念に強い意識を持つ監督です。
私はクリストファー・ノーラン監督の大ファンのため、それら過去作品も交えて感想を綴りたいと思います。

最新作『TENET』では「現在から未来へ進行する時間軸と、現在から過去へ進行する時間軸」が同時に存在する世界線。
『メメント』では、事件の結末から物語が始まり、時間を逆行しながら真相を明らかにしていく物語の構成。
と、いずれの作品でも時間の既存概念を覆すような監督ですが、『インセプション』では、時間の進み方が違う世界が同時並行的に存在する物語の構成となっています。
これら全てに共通して言えるのは主題が「時間」を考えさせるものになっていますが、読み取れる副題にそれぞれ特徴があります。
『TENET』では使命や友情、『メメント』では病気への理解、そして『インセプション』では家族や愛について深く描かれていることが伺えます。
したがって、前述2作については割愛しますが、『インセプション』を語るうえでは、「なんか夢の中を行ったり来たりして不思議な感覚のアクション映画だった」で済ますことなく、その副題に触れることが重要だといえます。

私が大好きな見どころは2点。
1点目は、主人公コブと、その妻モルとの関係を描いたシーン。これは夢で現実ではないと言い張るモルをコブは説得しますが、その説得もむなしく悲惨な結末を迎えるあのシーンですね。これがすべてのきっかけとなり、コブの中に深いトラウマが刻み込まれます。
そして2点目はラストシーンのこまが回り続ける描写。このたった10秒の描写のために、私は何度インセプションを見返したことでしょう。コブが最後に居た世界は現実なのか、それとも夢の世界のままなのか。お酒と一緒にそれを語るだけで3時間は話せてしまいそうな、視聴者の心をつかんで離さない大切なシーンです。

【 まとめ 】

レオナルドディカプリオ主演のインセプションいかがだったでしょうか?

時間の概念を吹っ飛ばす斬新な映画になっています。

複雑な話ですがすごく面白いです。

まだ見てない方は是非ご視聴ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました