ハロウィンおすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!
ハロウィンに是非見たい映画を紹介しています!

おすすめ映画はこちら

ベイマックス 無料動画配信(ディズニー映画 吹替)フル視聴 anitube kissanime 9tsu

ベイマックス アニメ映画

(C) 2014/Disney

映画『ベイマックス』予告編

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

映画『ベイマックス』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

映画『ベイマックス』のフル動画を視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ◎ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  ✕ 933円 14日間 なし
  〇 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  ✕ 500円 30日間 なし
  △ 500円 31日間 なし
  ✕ 800円〜 なし なし

◎ ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可(大本命) 

〇 ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可 

△ 課金のみ視聴可

✕ 無配信

映画『ベイマックス』のフル動画を視聴するには『U-NEXT』トライアル期間を利用するのが一番オススメです。

映画『ベイマックス』の動画をフル視聴する方法

映画『ベイマックス』の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

トライアル入会特典600ptでご視聴いただけます。

\ いつでも解約OK!トライアル期間だけでもOK! /

▼映画『ベイマックス』の動画をフル視聴する▼

>>トライアル入会で600pt(ポイント)もらえます。

他のディズニー作品は『U-NEXT』で配信しています。

\ 作品映像をチェック /

▼他のディズニー作品を視聴する

>>見放題作品は業界No. 1

『ディズニー』の歴代作品紹介

ディズニー 作品 U-NEXT TSUTAYA TV/DISCAS hulu
ベイマックス
トレジャー・プラネット
塔の上のラプンツェル
マレフィセント2
ズートピア
モンスターズ・ユニバーシティ
モンスターズ・インク
チキン・リトル
シュガーラッシュ:オンライン
シュガーラッシュ
トイストーリー・オブー・テラー!
ラ・ラ・ランド
ナイトメア・ビフォア・クリスマス
アリス・イン・ワンダーランド
マレフィセント
ダイナソー
ラマになった王様
ブラザーベア
くまのプーさん
プリンセスと魔法のキス
ボルト
トイストーリー1
トイストーリー2
トイストーリー3
トイストーリー4
美女と野獣
アラジン
ライオンキング
リメンバーミー
2020年9月現在、『ディズニー』シリーズは『U-NEXT』『hulu』『TSUTAYA TV /DISCAS』の3つの動画配信サイトにて視聴できます。

映画『ベイマックス』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

映画『ベイマックス』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

映画『ベイマックス』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』のお試しはこちら

>>期間中の解約は違約金は発生しません!

ディズニー映画『ベイマックス』あらすじ・ネタバレ・出演キャストなどの作品概要

『ベイマックス』は2014年に公開されたディズニーが制作したアメリカの映画です。

事故で兄を失った主人公の前に兄が完成させたロボット、ベイマックスが起動して…?

あらすじ

・ヒロ

サンフランソウキョウで暮らすヒロは14歳の少年ですが、実際は大学に入学できるほどの頭脳を持った天才少年でした。

しかし当の本人は学校には行かず、違法とされるロボットファイトに夢中になっていました。

そんなヒロを見かねた兄・タダシは自身が通う大学にヒロを連れて行きます。

ヒロはそこで兄が作り出したケアロボット・ベイマックスと研究仲間たち、そして彼らの師であり、ロボット工学の第一人者でもあるキャラバン教授と出会います。

そこでの環境や空間にすっかり魅了されたヒロはその日のうちに大学に入る決意をしました。

しかしそのためには発表会でキャラバン教授を唸らせる発明をしなければならなかったのです。

・火事

苦労の末、マイクロボットを開発したヒロは居合わせたクレイテックの社長であるクレイにその素晴らしい才能と能力を買われ、マイクロボットを買い取りたいと打診されますがヒロはその申し出を断ります。

しかしキャラバン教授によって大学への入学は認められたのでした。

これから明るい未来が待っている、ヒロはそう思いました。

しかし悲劇は突然やってきます。

その日の夜、大学で火事が起き、その中で取り残されたキャラバン博士を助け出すために、炎の中にタダシが飛び込んでいってしまったのです。

その直後、大きな爆発が起きタダシとキャラバン博士は帰らぬ人となってしまいました。

・ベイマックス起動

最愛の兄を失ったヒロはその日以来、すっかり意気消沈し部屋に閉じこもる生活をしていました。

そんなある日、兄が作ったケアロボットのベイマックスが突如起動したのです。

ベイマックスは偶然ヒロの部屋に残っていたマイクロボットが動いているのを見て、どこかに行きたがっているのだと判断しました。

ヒロは淡々と話しかけるベイマックスに適当に返事をしていましたが、ベイマックスは本気にし、外に出て行ってしまいました。
慌ててベイマックスを追いかけたヒロはやがて工場にたどり着きました。

妙な気配がすると思ったヒロが向上に侵入すると、そこにはなぜかヒロが開発したはずのマイクロボットが大量生産されていたのです。

更におかしなことにマイクロボットは巨大化し、ヒロたちに襲い掛かります。

二人は慌てて逃げ出しました。

・疑念を持ったヒロ

その日の夜、家に帰ったヒロはあの日の火事ですべて失ったはずのマイクロボットが残っていたことから、火事が無理やり引き起こされたものなのでは?と疑念を抱きます。

そしてヒロは鍵を握るであろうマスクの男を捕まえる決心をしました。

ケアロボットであるベイマックスが戦闘もできるように改造したヒロは、再び昼間の工場へ向かいました。

しかし再び大量のマイクロボットによって襲われてしまいます。

ですが今度は、マイクロボットを操る謎の男の姿を確認したのでした。

そこへタダシの研究仲間たちが現れ、再びマイクロボットに襲われました。

ヒロたちは慌てて車から逃げ出します。

なんとか助かったヒロたちはマスクの男を捕らえるために動き出しました。

・ビックヒーロー6

ヒロはその後、ベイマックスや仲間たちとビックヒーロー6を結成します。

ビックヒーロー6はマスクの男の反応があった島に向かいました。

ベイマックスがマスクの男とニアミスした際に男の生態系をスキャニングしていたのです。

その島の中にある謎の研究所の中でビックヒーロー6たちはある記録映像を目にしました。

そこには瞬間移動装置の実験を行うクレイの姿が収められており、その実験中にミスが起こり実験に協力していた女性が帰ってきていないことが判明したのです。

このことからヒロはマスクの男がクレイなのではないかと疑い始めました。

そんな時でした。

再びマスクの男がヒロたちを襲撃してきたのです。

ネタバレ

・マスクの男の正体

隙を見てヒロはマスクの男のマスクをはがすことに成功しました。

しかしその下から現れたのはクレイではなく、なんと例の火事で死んだと思われていたキャラハン博士だったのです。

ヒロはその事実に驚愕し、同時に兄も生きているのではないかと思いますが、キャラハンによってその可能性は否定されました。

なんと例の火事の中でタダシはキャラハン博士によって見捨てられたのです。

その事実を知ったヒロは激怒し、ベイマックスにキャラハン博士を殺害するように命じました。

しかし、肝心のベイマックスは人を守るために作られたロボットなので、攻撃することはありません。

どうにもキャラハン博士を許すことができないヒロは、ベイマックスを戦闘モードに切り替え、教授を攻撃するように命じますが、ヒロの仲間たちによって阻止されたのです。

・衝撃の事実

その後、ヒロの元へやってきた仲間たちによって、例の実験記録映像の続きを見せられたヒロは衝撃の事実を知ることになりました。

なんとその実験にはキャラハン博士も参加していたのです。

そして、実験に協力し行方不明になっていた女性はキャラハン博士の実の娘でした。

危険な実験だと知りながら、その実験を強行したクレイをキャラハン博士はずっと恨みに思っていたのです。

そのクレイに復讐するために、キャラハン博士はクレイを襲撃しようとします。

それを止めるため、ビックヒーロー6は再び出動しました。

・結末

なんとかキャラハン博士の目論見を危険ながらも阻止することに成功しました。

しかしその最中で例の瞬間移動装置が暴走を始めます。

ベイマックスは暴走する瞬間移動装置から人間の生体反応を感知しました。

キャラハン博士の娘だと直感したヒロはベイマックスと共に助けに向かいます。

なんとかキャラハン博士の娘の救出には成功しましたが、瞬間移動装置に吸い込まれた破片にベイマックスがぶつかってしまったことで、彼のロケットエンジンが大破してしまいます。

ベイマックスは自身を犠牲にしてヒロたちを助けようとします。

最初は拒否していたヒロですが、ベイマックスに説得される形で作戦を強行、ヒロたちは元の世界に無事に帰ることができました。

こうして事件は無事に解決したのです。

その後タダシだけでなくベイマックスを失ったヒロは再び悲しみに打ちひしがれますが、そんな中、残ったベイマックスの部品の中からヒロはベイマックスのマイクロチップでした。

ヒロはそのマイクロチップを使ってベイマックスを復活させたのです。

\ 本編をチェック! 

映画『ベイマックス』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

主題歌

AI 『Story』

AI ~ Story ~ English Lyrics Video Disney's Big Hero 6 Japanese Main Theme

登場人物

ヒロ・ハマダ (本城雄太郎)

ベイマックス (川島得愛)

タダシ・ハマダ (小泉孝太郎)

ロバート・キャラハン (金田明夫)

アリステア・クレイ (森田順平)

キャス・ハマダ (菅野美穂)

Twitterの反応

https://twitter.com/KswHiro/status/1129976526890385408

こんな人におすすめ

・ディズニー映画が好きな方

・感動する映画が好きな方

・親子で楽しめる映画をお探しの方

感想

感想はここから見れます
女性20代
女性20代

私は中学3年生の頃、母親と一緒に「ベイマックス」の映画を観に行きました。
「ベイマックス」の原作は”Big hero 6″であり、確かに日本が舞台となったアメコミでした。
あれはMABELヒーローのうち入るのかなぁと疑問に思いました。
なぜ、邦題が”ベイマックス”なのかというと、見どころは白くて柔らかそうなフワフワとしたケアーロボットがベイマックスであります。
そのベイマックスは結構キャラクター的には人気があると思います。
あれは元はヒロの兄貴であるタダシがベイマックスというケアロボットを作りました。
タダシは大学で事故に遭って亡くなり、弟であるヒロがタダシが行っていた大学へ入学し、ロボットを作る理工学部?に所属しました。
そんなヒロがタダシが作っていたベイマックスと出会い、そんなケアロボットがヒーローへと変身しました。
フワフワとした柔らかいロボットのベイマックスがヒーローに変身して、敵と戦うなんて思いもしなかったです。
タダシが作ったケアロボットがアイアンマンのようなスーパーヒーローにしたのはヒロです。
まるで、アベンジャーズのような戦い方でした。
ラストの部分は凄く泣けました。
あれはディズニーやピクサー作品の中で一番感動する物語でした。

女性20代
女性20代

ディズニー映画を見るのが趣味なので、いつも気になる新作は必ず映画館に行って見に行きます。

この作品もその中の1つです。内容自体に興味はあったもののどんな話なのだろう、と疑問に思いながら母と一緒に映画を視聴しました。

話が進んでいく中で時に悲しく切ない場面や怒りを覚えたり、歌に励まされたり、とどれをとっても後悔のない仕上がりだったので何度も見に行きたい、と強く思いました。

この作品を通じて家族の大切さを学んだことは一生の宝物です。母も普段映画やドラマで泣くことはないのですが、途中で何度も涙を拭っていましたし、私もつい感極まって泣いてしまいました。

それでも最後にハッピーエンドを迎えた時はフィクションなのにホッと胸を撫で下ろしました。

映画を見終わって帰る道中も母とずっと作品の話題で盛り上がりました。

私も後日友人に映画の話をすると興味を示してくれたのでとても嬉しかったです。

作品は残念ながら終わってしまいましたが、愛と勇気を大切にしながら生きていこう、と思いました。

感動するぐらい素晴らしい最高傑作に出合えて本当に良かったです。またいつかきっと続編で帰ってきてほしいです。

密かに希望していますので、待ち遠しいです。

女性20代
女性20代

全然興味がなかった作品だったのですが友達がかわいいとか欲しいと言っているのが気になったので観たのですが、確かに思っていた感じとは違ったので私も欲しいなと思いました。

白い大きな機械だと思っていたのであんな大きいのがいたらただ邪魔だし怖いし目立つなと思っていたのですが、実際には柔らかくなっていると聞いてすごくかわいいしあんな大きな抱き枕あったら最高だなと思わされました。

高いところから落ちたとしてもクッションになってくれたりするところがすごくかわいくて、ドラえもんの次に欲しいロボットだなと思いました。

そんなベイマックスは大好きだったおにいちゃんが残していったものというところがすごく感動的だし、戦ったら絶対に勝てそうな大きさがあるのに人を傷つけないことになっていることが素晴らしいなと思いました。

一家に一台ベイマックスを持っている世界になったら誰も死んだりすることはないだろうし、世界中に平和が訪れるんだろうなと思うくらいいいロボットだなと思いました。

わたしのなかで好きなディズニーキャラの好きなキャラの1人になったくらいに好きになれるキャラクターだったなと思いましたし心が穏やかになるのでみんなに見てほしいです。

女性30代
女性30代

ベイマックスがかわいかったです。

あの見た目でしかも膨らむ系でボヨンボヨンしているなんて、抱きつく一択じゃないですか。

お話は思った以上に、スーパーヒーローものっぽくておもしろかったです。

兄の仲間たちが、弟ヒロの仲間になるわけですが、みんな頭いいし、それぞれ得意分野も違うので、そこがまたおもしろいなと思いました。

ちょっと変人(いい意味です)と思ってた人が大金持ちだったりして、その設定も好きでした。ヒーローといっても宇宙人とか天から与えられし力とかじゃなくて、自分で装備を作るってところがいいです。

私は理系では全然ないのですが、ロボット大会とか好きなのでめちゃくちゃ気に入りました。

こう言うのを見ると、私も理系に進めばよかったなあと思います。

そして、本作は泣けます。

まず兄が亡くなっているし、亡くなっている兄の声が聞けるだなんて、それは泣くしかありません。

ふとした瞬間に、亡くなった人の思いを知るのってきますよね。

まして」、ヒロはまだまだ子どもです。

ほんとすごく辛かっただろうなと思えて、涙が倍増しました。

また、敵も悲しい経験をしていて、切なかったです。

全体的におもしろく、そして泣ける、いい映画でした。

女性30代
女性30代

ベイマックスはあらすじで、亡き兄の残したベイマックスって言ってたので、兄が死ぬのはわかっていたのですが、やはり兄がなくなるところは泣きました。

しかも、結構な死に方で、驚きました。

あれはトラウマになります。立ち直れなくて当たり前です。

兄の研究仲間たちは、兄がどれだね、ヒロのことを彼らに自慢していたかを伝えてくれ、仲間として迎え入れてていいなと思いました。

やはり、年下だから舐められたら、ヒロも心を開ませんよね。

ベイマックスはプログラミングされているからだろうけど、いいところでいいことを言ってくれ、欲しいと思ってしまいます。

それに造詣も抱きつきたくなる仕様ですしね。

しかも、それは兄が入れたものなんです。それがわかるところがあるのですが、そこもボロ泣きでした。

思った以上に泣いてしまったなって感じです。

でも、感動巨編って話ではなく、ヒーローものとしての戦いも謎解きもありました。

最初に公開されたポスターからはわからない内容でしたが、うれしいサプライズでした。敵もかわいそうな人で、ちょっと同情しちゃいます。

最後に、タイトルが出るという、今流行りのスタイルでしたが、それに見合う内容でした。

もう一度見たいなと思わせてくれる映画でした。

女性30代
女性30代

「ベイマックス」はディズニー映画の中でもロボットと人間といった新しい感覚のアニメ映画です。

主人公の天才児ヒロが唯一の肉親である兄・タダシを亡くしてから、兄が生前に造ったロボットベイマックスと出会い、兄の死について不信な点を見つけその謎をベイマックスと共に解明する物語です。

ベイマックスは苦しんだ人を癒し、回復するために造られたケアロボットであり、そこに亡くなった兄の様々な想いが感じられ、感情移入できる場面が多々あり、ラストはとても感動します。

ベイマックスの真っ白い雪だるまのようなフォルムがまたシンプルでなおかつ親しみやすく、子どもも好きな映画です。

主人公のヒロがだんだんとベイマックスを友達のように思い、いろんな出来事を通して絆が生まれていく様子には心打たれます。

人間対ロボットではありますが、だんだん人間対人間のような感情が芽生えてくる瞬間というのが見どころな作品でもあります。

そしてヒロとタダシの親代わりでもあるキャス・ハマダがとても愛情深く、時にうっとうしがられながらも実の子どものようにヒロとタダシを愛す姿も素敵です。

ヒロが真相を解明するにあたってはハラハラする場面もありますが、全体を通して温かい物語であり、親子で楽しめるストーリー展開となっていて面白いです。

男性40代
男性40代

ディズニーの作った戦隊ヒーローもの映画って、どこか楽しめるものがあります。
日本人的な観点からすると、「マジンガーZ」や「鉄人28号」みたいな感じがしました。
そして、ストーリーの要素はアンパンマン的な雰囲気もありました。
この作品は、脚本が素晴らしいので、それに合わせて映像も引き上げられています。
特に良いと思った点として、主人公のヒロを14歳の天才少年にした事と、ベイマックスをケアロボットにしたところです。
設定としては、この架空の都市、サンフランスウキョウが舞台。ちなみに、このサンフランスウキョウとは東京とサンフランシスコの融合都市だそうです。
そして、主人公が理系の兄弟、14才のヒロ・ヤマダと兄のタダシ。二人共ロボット開発に精を出している。兄と同じ大学の進学を決めたヒロが、不運にもその大学の校内の火災事故で、兄を失ってしまう。こんなところに深く悲しい設定もしています。
そして、喪心の日々を過ごしていたヒロが、ある日兄が開発したロボット「ベイマックス」が起動し、ヒロの癒やしの為に一緒に活動してくれる。
設定の深さが、一見子供染みていると思うような話を奥の深いものにしてくれています。
全体的なストーリーも波があることで、飽きる事なくラストまで進んでいく良い作品でした。

女性30代
女性30代

主人公ヒロが火災で最愛の兄タダシを亡くしたのは観ていてとても悲しかったですが、ロボットのベイマックスと出会った彼が兄の死からだんだんと立ち直っていき成長するストーリーに感動しました。

ヒロの成長はこの作品の大きな見どころになっています。ベイマックスは兄が残したものという設定には大切な弟を一人にしないという兄の思いがこもっているようで、素敵な設定が胸に沁みます。

ヒロをすっぽりと包み込めるくらいに大きな体で優しい心を持ったベイマックスにはかなり癒されます。

作品を観ているとベイマックスと生活するヒロが羨ましく思えてきました。作中ではベイマックスがいなくなる前、ベイマックスがヒロに「私はいつも一緒です」と言うシーンがとても印象的でした。

最後までヒロに寄り添うベイマックスは本当に優しいロボットなんだと思いました。ベイマックスがいなくなった後も見どころです。

ヒロは新しいベイマックスを作って仲間たちと人助けに励みます。

最初は兄の死の悲しみのあまり部屋に引きこもってふさぎ込んでいたヒロですが、兄の死から立ち直って人助けをするようにまでなる姿には彼の成長が感じられ、涙がこみ上げてきました。

涙あり、感動ありで親しみやすい作品でした。

女性20代
女性20代

東京ディズニーランドに新しくベイマックスのアトラクションが登場したことで映画も再び注目されていると思います。
2歳の息子も大好きな映画の1つです。
天才兄弟のタダシとヒロの絆の深さに母親目線からみて序盤から涙してしまいます。
両親を亡くし、叔母に育てられたタダシとヒロ、苦労してきているはずなのに苦労を感じさせないこの3人の凄さを想像してまた泣けます。
大学生で勉強や研究が大変なのに弟の面倒もしっかりみて叱るときは叱る、励ますときはさりげなく励ますタダシの人間性のすばらしさは何回見ても感心します。
タダシの研究室の仲間たちもぶっとんでいますが心が本当に優しい人たちばかりで仲間って素敵だな、と思わずにはいられません。
タダシが残したケアロボット、ベイマックスの癒し効果は登場人物に対してだけではなく、画面を通して視聴者にまで届くと思います。
日本をモチーフに作られた映画なのでいたるところに日本テイストが織り交ぜられており、その発見も面白いです。
AIさんのStoryが主題歌になっていますがエンディングで流れ出した瞬間、本当に心に沁みます。
ベイマックスを見始める前はロボット系のお話しだから男の子が好きな感じなのかな~と思っていましたが、それだけではなく大人の心に深く沁みる映画です。
こんなに泣ける映画だなんて思っていなかったです。

女性40代
女性40代

ディズニーのアニメ映画で初めて、マーベル・コミックのキャラクターが主人公になった作品です。
舞台はサンフランシスコと東京をミックスさせた「サンフランソウキョウ」。東京の風景がちりばめられた未来都市の中、爽快で、ちょっと笑えるアクションが繰り広げられます。
兄弟愛あり、友情あり、感動あり、大人から子供まで楽しめる映画です。
主人公のヒロ・ハマダは天才ゆえに夢もなく、高校を卒業後に自堕落な生活を送っています。そんなヒロを心配した兄が連れて行ったのが、自らが通う大学です。
そこで兄の個性的な仲間たちに出会い、憧れのキャラハン教授と会話をしたことで科学への情熱を取り戻します。そしてキャラハン教授に認めてもらうため、努力して教授を唸らせる発明をし、発表会で大成功を収めます。
しかしその会場で謎の大爆発が起こり、兄とキャラハン教授がその爆発に飲み込まれてしまいます。
絶望から自らの殻に閉じこもってしまうヒロですが、ふと漏らした言葉から、ベイマックスが起動。そして犯人にたどり着く手がかりを発見し、兄の死の真相を知るために立ち上がります。
ヒロを手伝ってくれるのは、兄の大切な友人ゴー・ゴー、ワサビ、ハニー・レモン、フレッド。
どこか抜けていたり、あわてんぼうだったり、完璧ではない彼らが、個性的な武器を携えて、ヒロとベイマックスと共にサンフランソウキョウを暴れまわります。
その様子はどこか日本の戦隊ものを思わせ、わくわくさせてくれます。映像の中から、日本らしい風景や看板などを探すのも、楽しみの一つです。
敵のあっと驚く正体や、その動機にドキドキさせられ、爽快なアクションに目を奪われること間違いありません。
ラスト近く、ヒロと犯人の娘を守るため、暗黒の中に消えていくベイマックスには、涙を禁じえません。
そしてベイマックスがロボットだからこそのハッピーエンドに、さらなる涙が溢れてきます。
ベイマックスの可愛さにほっこりさせられ、間の抜けたやり取りに笑わせられたり、大人も子供も楽しめる作品です。
作品の一番最後には、マーベルではおなじみのスタン・リー氏がカメオ出演されています。そこもぜひ、お見逃しなく。

まとめ

最愛の兄を失った主人公が、兄の形見とも言えるロボット・ベイマックスとの友情を育んでいく姿は何度見ても感動します。

大人から子どもまで楽しめる素敵な映画ですので、ぜひ一度は視聴してもらいたい作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました