ハロウィンおすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!
ハロウィンに是非見たい映画を紹介しています!

おすすめ映画はこちら

ボーン アルティメイタム 無料動画フル視聴配信(吹替 映画) 9tsu openload

ボーン アルティメイタム 洋画

(c)2007 Universal Studios. All rights reserved.

ボーン・アルティメイタム- 予告編 ( 吹替版)

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

映画『ボーン・アルティメイタム』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

映画『ボーン・アルティメイタム』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ◎ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  ✕ 933円 14日間 なし
  〇 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  ✕ 500円 30日間 なし
  〇 500円 31日間 なし
  〇 800円〜 なし なし

◎ ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可(大本命) 

〇 ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可 

△ 課金のみ視聴可

✕ 無配信

映画『ボーン・アルティメイタム』のフル動画を無料で視聴するには『U-NEXT』無料トライアル期間を利用するのが一番オススメです。

映画『ボーン・アルティメイタム』の動画を無料でフル視聴する方法

映画『ボーン・アルティメイタム』の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

トライアル入会特典600ptで無料でご視聴いただけます。

\ いつでも解約OK!無料トライアル期間だけでもOK! /

▼映画『ボーン・アルティメイタム』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料トライアル入会で600pt(ポイント)もらえます。

映画『ボーン・アルティメイタム』に出演しているマット・デイモンさんの、他の作品は『U-NEXT』で配信しています。

・オーシャンズ12

・オーシャンズ13

・フォードVSフェラーリー

・ボーン・スプレマシー

\ 作品映像をチェック /

▼マット・デイモンの出演作品を視聴する

>>見放題作品は業界No. 1

映画『ボーン・アルティメイタム』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

映画『ボーン・アルティメイタム』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

ボーン・アルティメイタム

映画『ボーン・アルティメイタム』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

映画『ボーン・アルティメイタム』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

あらすじ

前作の『ボーン・スプレマシー』で、ボーンは着せられた濡れ衣を払拭し、自身が殺害してしまった男:ネスキーの家族にも謝罪をし、ニューヨークに戻ってきました。

しかしある時、ボーンに関する1枚の新聞記事が発行されます。

・新聞記事

その新聞記事には、ボーンが危険人物であるという描写、さらにマリーを殺したのではないかとまで綴られていました。

そして記事内には、市民が知るはずのない「トレッドストーン」の文字がありました。

ボーンは、この情報をどこから得たのだと新聞記事を書いた男、サイモン・ロスに接触を試みます。

またCIA本部内でも同様に、ボスであるヴォーセンを筆頭にロスの行動を監視下に入れていました。

外部のものが知るはずのない情報を知っている男という事で、ロスを怪しんでいたのです。

・ロスへのコンタクト

ボーンがロスに電話をかけた時、ロスは新聞会社のオフィスにいました。

ボーンは、自身がジェイソンボーンであること。また、場所と時間を指定した上で、ロスを1人で来るように命令しました。

ロスに話す隙を与えないまま、ボーンは電話を切ります。

電話を受け取ったロスはすぐさまオフィスを出ていきました。

一連の流れを映し出していたCIAのモニター室では、もしかしたら電話の主はロスに情報源を渡した人物かもしれないと怪しみ、すぐさまロスを追いかけます。

・怪しまれるボーンとロス

ボーンは約束の時間になり、指定場所にきたロスに次の行動を命令していきます。

CIAの人間がロスを見張っている事など、ボーンはそれぞれが見張っている場所までもお見通しでした。

それを踏まえまずはCIAの人間を巻くよう、ボーンは行動の指示を出していきます。

そして隙を見て、直接ロスに接触し、なぜとレッドストーンのことを知っているのかと問い詰めます。

するとロスは、それは言えないと口を開きません。それどころかなぜ自分がCIAの人間に

追われているのかを理解できていませんでした。

しかしそうこうしているうちにまたもやCIAの人間は近づいてきたので、2人はまたはぐれ、電話越しにボーンの指示で行動ました。

そして、危うくロスは捕まりそうになりますが、ボーンが入りすぐさま助けます。

しかし、そのせいでモニターにボーンの姿が映ってしまいました。

つまり、ロスの電話の相手はジェイソン・ボーンなのであるということがバレてしまったのです。

そして、CIAが念のために送り込んでいた狙撃手に、人混みの多い駅でしたがボーンへの射撃許可が下され、ドアから出てくるボーンに狙いを定めます。

しかし、ドアから出てきたのはボーンではなくロスでした。

そして弾はロスに命中し、ロそのまま死亡してしまいます。

呆気にとられたボーンは、それでも自分が追われている事を忘れずにすぐさま逃げますが、その際にロスのカバンに入っている手書きのメモなどを全て持ち出しました。

何かの手掛かりになると思ったからです。

・パメラ・ランディ

ヴォーゼンは、とある女性と待ち合わせをしていました。

その女性というのは、以前にボーンの捜索を担当したことのあるパメラでした。

ヴォーゼンはパメラに、今回のボーン捜索についても協力をしてほしいとお願いをしたかったのです。

パメラは沢山の人混みにもかかわらず射撃命令を出したというやり方、標的を間違えてしまったという失敗に関してヴォーゼンを非難をしました。

しかし、捜索に協力することを決めました。

・追われるボーン

ボーンは、ロスのカバンからかき集めた手書きメモを元に、手がかりを探します。

すると、スペインマドリードにある1つの会社の名前が出てきました。

ボーンはすぐさまインターネットで会社と住所を調べ、その住所へ赴くことを決めます。

そのころCIAでは、ボーンを扱ったことのあるパメラが加わったことで、捜査により緊張感が走っていました。

そしてパメラは、死亡したロスの側近の行動歴から情報源はボーンではないと推測します。

ロスの携帯歴を確認するとどうやら情報源はCIA本部内の人間であることが浮き彫りになりました。

その人物はマドリード支局長であるニール・ダニエルズという男です。

そしてヴォーゼンは、すぐさまニールの元へ捜査官を送れと命令します。

CIA捜査官が向かう目的地も、ボーンの向かっているマドリードの会社と同じ場所なのでした。

・思わぬ人物

ボーンはマドリードへ到着し、目的地へ足を運ぶと建物内には誰もいませんでした。

そして部屋を探索していると、一枚の写真を見つけます。

その写真に写る人物は、かつてボーンがCIAの計画に身を投じる事を拒否した際に、暴力をかけてきた男でした。

するとその時、CIAが送り込んだ捜査官がボーンを発見し攻防が始まりますが、もちろん勝つのはボーンでした。

こうして本部にも、ボーンの存在がバレてしまいます。

するとその時、トレッドストーン計画の参画者であったニッキーが帰ってきました。

ボーンはすぐさま、ニッキーにダニエルズの居場所や、なぜここにいるのかを問い詰めますがニッキーは答えません。

その時、CIA本部から一本の電話がかかってきました。

そしてニッキーに様子は大丈夫かと聞きますが、ニッキーは、何故だかわからないけどCIAの人間が倒れているとだけ答えます。

ボーンの存在を伝えることをせず、逆にボーンの肩を持ったのでした。

そうして2人は、その場を逃げることを決めます。

・ダニエルズを追うCIAとボーン

ニッキーに何故ダニエルズを追うのかと問われたボーンは、この男に会った事から全てが始まった。何をされたのか詳しく知りたいのだと話します。

そしてダニエルズは今モロッコにいるということをニッキーから聞き、2人はモロッコへと出発しました。

また、CIAも沢山の機密情報を持っているダニエルズにボーンが接触することを恐れ、

そしてサムに情報を渡したダニエルズ自体を始末する為に、ダニエルズのもとへ殺し屋・デッシュを送ります。

・モロッコ

2人は、モロッコにつきました。

ニッキーの権力があった為、デッシュの顔や所在を特定することのできたボーンは、モロッコでひっそりとデッシュに接触し、跡を追いました。

そして、ダニエルズの通る道に爆発物を置いたのを確認しますが、とっさに割り込みますが、爆発物が爆破し、ダニエルズは死亡しました。

助かったボーンはそのままデッシュの跡を追います。

その道中デッシュに新たな命令が下されました。

それはヴォーゼンによるボーンと、ボーンに加担したとしてニッキーの2人の殺害命令です。

そうしてデッシュはニッキーを追います。

・デッシュとボーン

元々デッシュを追っていたボーンは、デッシュがニッキーを追っていることに気づきます。

ニッキーの命が危ないと察したのでした。

しかし、デッシュをなかなか捕まえることが出来ません。

ニッキーも、追われていることに気づき必死で逃げますが、とうとうデッシュに追い込まれてしまいました。

すかさずボーンがニッキーを救出しに現れます。

デッシュとボーンの攻防は長く続きますが、僅差でボーンがデッシュを仕留めることに成功しました。

そしてデッシュの携帯を使って、ボーンとニッキーは死亡したと偽の情報をCIAに送り2人はその場を去りました。

・ダニエルズの遺品

ボーンはダニエルズの遺品管理所へ忍び込み、賄賂を渡してダニエルズの所持品を調べました。

遺品の中からは焼け焦げた書類が出てきて、ひとかけらにあるNYCIA住所が乗っていることを確認し、そこへ向かうことを決めます。

ネタバレ

・パメラとボーン

ボーンはニッキーと別れ、以前から所持はしていたが使ったことのないパスポートでアメリカへ帰ってきました。

そしてその情報はすぐさまパメラのもとへ流れていきます。

ボーンは死んではなく、生きているのではないかという希望が生まれましたが、パメラはヴォーゼンには言わないようにしておきました。

そんな時、パメラのもとへ一本の電話がかかってきます。

その正体はボーンでした。

何故まだ自分を追われているのかと聞いてきたボーンに対しパメラは、録音を残してくれてありがとうと言いたかっただけよ。と言います。

そして、ボーンの本名、出生地、誕生日を教えてくれました。

ここのシーンは、前作である『ボーン・スプレマシー』のエンディングシーンに繋がっていたのです。

そしてその会話は全て、ヴォーゼンに盗聴されていました。

そして最後にボーンは、「少し休め。疲れた顔をしてる。」とパメラに言い放ち、自分がすぐ近くにいることを知らせます。

パメラはすぐさま外に出ればボーンが見つけてくれると外に出ます。

ヴォーゼン率いるCIA捜査官たちも、パメラを怪しみすぐさま彼女を追いました。

そしてボーンはヴォーゼン達がパメラの携帯を確認できることを逆手に取り、偽の待ち合わせ場所と時間をメールで送信し、パメラとヴォーぜンをおびき寄せます。

そしてその間にヴォーゼンのオフィスに入り、ボーンに関する書類を盗んだのです。

そしてボーンは、今ヴォーゼンのオフィスに侵入しているということを、追い討ちをかけるようにヴォーゼンに電話します。

そこからCIA捜査官達は大きく動きを見せ、パメラの元にも部下が車を走らせやってきました。

何が起きたの?と問うパメラに部下は、ボーンがヴォーゼンの書斎に入り込んだということを伝えます。

そしてパメラはすぐさま、NYにあるCIAの住所のもとへ車を出すように命令します。

・パメラの暗号

CIA本部でも、ボーンがどこに向かうのか想像がつきませんでした。

しかしそこである1人の捜査官があることに気づきます。

パメラがボーンに教えた誕生日と、本当の誕生日は違ったのです。

パメラが口にしていた数字は実は、ボーンがダニエルズの遺品保管所から見つけ出したNYCIA所在地なのでした。

つまり、そこで落ち合おうという暗号だったのです。

そしてすぐさまCIAもそこへ向かいます。

・ボーンに関する書類

目的地にたどり着いたボーンはパメラに、ヴォーゼンのオフィスから奪った書類を渡しました。

その書類には、トレッドストーン計画を始めボーンに対する虐待行為などのCIAがこれまでに犯してきた様々な機密情報が載っていました。

受け取ったパメラは、それら全てをファックスで警視庁に告発し、CIAの行ってきた悲惨の行為が明らかとなりました。

・ボーンの始まりの場所

ボーンは建物内に入り、自分の全てが始まった場所・自分の全てを始めた人物のもとへ行きます。

記憶をなくしていたボーンは、次第に当時の情景が蘇ってきました。

同意したのは確かに自分であるが、もうジェイソンボーンという男ではないのだと言い放ちます。

しかしそこに、ボーンを仕留めようとヴォーゼンや仲間がやってきます。

追い込まれたボーンは、海へと飛び降り、途中でヴォーゼンに撃たれました。

・その後の変化

CIAの内部事情が明るみになり、ヴォーゼンやボーンに虐待行為を行なったとされる人物らは逮捕されたというニュースが報道されました。

そしてジェイソンボーンという男は、銃でうたれ海にも飛び降りたというのに、死体は検出されていないという報道でした。

そのニュースを見ていたニッキーはニヤリと笑います。

ボーンが死ぬわけはなく、きっとまた何処かへ逃亡しているのです。

\ 本編をチェック! 

映画『ボーン・アルティメイタム』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

登場人物

ジェイソン・ボーン (マット・デイモン)

ニッキー (ジュリア・スタイルズ)

パメラ・ランディ (ジョアン・アレン)

ノア・ヴォーゼン (デヴィッド・ストラザーン)

サイモン・ロス (パディ・コンシダイン)

Twitterでの反応

https://twitter.com/luv_leonmatilda/status/1187783744469340160?s=21

こんな人におすすめ

・マッドデイモンが好きな人

・スッキリしたい人

・テンポの良い映画を観たい人

感想

感想はここから見れます

 

まとめ

今作は、前作までの伏線回収などの内容が沢山詰め込まれているので、読めない展開にハラハラドキドキするお話です。

相変わらずかっこいいジェイソンボーンでしたが、過去や人物像などが表現されるシーンも多く、感情移入してしまいます。

ぜひ、ボーン・アルティメイタムを鑑賞して刺激を受けましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました