【無料フル視聴動画】映画『バトルランナー』を動画配信サービスで無料フル視聴する方法は!無料動画配信サイトを紹介!『ランニング・マン』

洋画
『バトルランナー』日本版劇場予告編

映画『バトルランナー』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

映画『バトルランナー』の動画を無料でフル視聴する方法

 

映画『バトルランナー』の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

映画『バトルランナー』は

若かりしアーノルド・シュワルツェネッガーが

殺人ゲームに挑むアクション映画!

動画配信は U-NEXTで配信中ですので、ぜひ御視聴ください。

映画『バトルランナー』はトライアル入会特典600ptで

無料でご視聴いただけます。

“31日間無料で視聴する

無料トライアル入会でポイント600ptもらえます。

U-NEXTがなぜオススメなのか⁉︎

・映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある。

1400000本以上の見放題作品に加え、雑誌も読み放題

・ニッチな作品まで取り扱いがあるので、見逃し配信や昔の古い作品も見つかる

・画質選択が出来る

映画『バトルランナー』の視聴はU-NEXT

 U-NEXTの特徴 メリットは⁉︎

・動画配信サービスはもちろん、電子書籍、雑誌の読み放題の種類が豊富。

31日間はトライアル期間で完全無料

1つの契約で4回線を無料で利用できる。

・最新作品は解禁日に配信される(例外あり)

・大河ドラマはNHKオンデマンドで対応済み。

U-NEXT公式

無料トライアル申し込みページ

男性
男性
映画やドラマやアニメはもちろんの事、漫画や雑誌といった電子書籍まで手広くカバーしているところが惹かれ入会しました。
31日間無料お試し期間の利用するだけでも、大変お得だと思います。
解約手数料はかかりませんので、お気軽に使える動画配信サービスだと思います。
画像も大変綺麗で外出先のスマホでも気軽に視聴できて、もうU-NEXT無しの生活には戻れません。
女性
女性
ファミリーアカウントで四つの端末で見放題というのが魅力です。
三人の子供がいるのですが、各々見たい作品が違うので各々の端末で見れて非常に重宝しております。
毎月1200ポイントもらえるのも、とてもお得ですね。
少し前までレンタルでDVDを借りてたのが信じられないです。
新作映画のラインナップのリリースも非常に早いのに、驚かされました。
U-NEXTは非常に充実した動画配信サービスだと思います。

若かりしアーノルド・シュワルツェネッガーが殺人ゲームに挑む!

数々の大ヒットホラー映画の生みの親、スティーヴン・キングが手掛ける、珍しくも新鮮なアクション映画超大作!

映画『バトルランナー』あらすじ

世界経済が完全に破綻してしまった2017年。

独裁政権下で混沌とするアメリカでは、反対派の一部は地下に潜伏する一方で、他の多くの国民大多数はテレビ番組に熱狂していた。

そう、彼らの唯一の娯楽であり、共通の話題は“テレビ”だったのだ。

ある日、多くのアメリカ国民が不満を募らせる中、政府はある秘策を打ち出した。

民衆に刺激を与えると同時に、フラストレーションを抑えるべく、「殺人ゲーム」をテーマにした番組が企画されたのだ。

番組名は、『ランニング・マン』。

番組内で実際に殺し合いが行われる、過酷かつ残忍な内容である。

その頃、主人公である警察官のベン・リチャーズは、武器を持たない一般市民を殺害しなければならない状況下で謀反を起こし、無実の罪で投獄されてしまっていた。

強靭な肉体と精神力を併せ持つベンは、牢獄の仲間と共に脱獄を企て、見事に成功。

しかし、難攻不落の牢獄を抜け出したベンを、『ランニング・マン』の放送スタッフが目をつけた。

番組をより一層盛り上げるため、ベンを凶悪脱獄犯として出演させようと企てたのだ。

元警察官として正義感の強いベンは国外逃亡を図るものの、番組からの追手から逃れることができず、結局捕まってしまう。

そのままテレビ局へ連行されてしまったベンは、『ランニング・マン』の司会者であるキリアンに、番組に出演してほしいとスカウトされる。

出演すれば命を落としかねない、まさに死と隣り合わせのこのゲームに、ベンは強く出演を拒否する。

しかし、なんとベンの仲間がキリアンによって人質にとられていたのだ。

ベンが出演を断ると、ベンの仲間がこの殺人ゲームに代役で出演させられるー。

ベンは不条理な脅迫に、仲間の命を危険に晒せないと出演を決意したのだった。

凶悪犯罪者としてハンターに追われる身となってしまったベン。

自分を殺そうと、ハンターたちは死に物狂いで追い詰めようとするのだった。

果たしてベンは、この残虐なゲームで生き残ることができるのか!?

映画『バトルランナー』の登場人物紹介

ベン・リチャーズ   (アーノルド・シュワルツェネッガー)

アンバー・メンデス  (マリア・コンチータ・アロンゾ)

ウィリアム・ローリン (ヤフェット・コットー)

デイモン・キリアン  (リチャード・ドーソン)

ファイヤーボール   (ジム・ブラウン)

キャプテン・フリーダム(ジェシー・ヴェンチュラ)

ダイナモ       (アーランド・ヴァン・リドス)

映画『バトルランナー』Twitterでの反応

映画『バトルランナー』ネットの声

・シュワルツェネッガーの映画やっぱり期待を裏切りません!筋肉でゴリ押しする感じが、たまらなく好きです。

・殺人ゲームショーのお手本的な内容でした。主人公がシュワルツェネッガーなので、成り行きを安心して観ることができました。

・近未来が近未来でない世界。何しろ設定が2017年。仮装バトルが激アツでした!

映画『バトルランナー』はこんな人にオススメ

・スティーヴン・キング原作にしては珍しいテイストのアクション映画。昔の映画ながら、スティーヴン・キングの新しいサスペンス色濃厚なアクションを楽しみたい方。

・シュワルツェネッガーのアクション映画の原点。シュワちゃんの若かりし姿を楽しみたい方。

映画『バトルランナー』の感想

男性
男性
「ターミネーター」、「コマンドー」、「プレデター」と80年代後半から90年代にかけて活躍したアーノルド・シュワルツェネッガー主演のSF映画が本作です。
また希代のヒットメイカー、スティーブン・キング原作ということも話題になりました。
ただ残念ながらキングの原作とは内容がかけ離れており、映画版の本作は純粋にエンタメ作品として楽しめる内容になっています。
ストーリーは、近未来のディストピアで市民の楽しみは人間狩りをショー化したTV番組、「ランニングマン」だけが娯楽となっていました。
無実の囚人ベンはこの番組に参加させられ、無事に生き延びることが出来るかというストーリーです。
劇中は2017年の世界となっており、1987年公開当時の人々は2017年はこういう世界になっていると空想したんだなと楽しめます。
また、奇怪で個性的なマンハンターたちも愉快です。テーマ性はあまりなく、「コマンドー」を見るようなつもりで気楽に見れるエンタメの秀作と言えます。
男性
男性
アーノルドシュワルツネガー×近未来×アクションと定番でハズレがない作品のジャンルだと思います。
それめかなり古い時期にしてあれだけのアクションをCGで再現する設定はすごいと思います。
また、地下に潜む反社会派の活動などもなかなか面白いところ。
もちろん、主役が超人的な強さをもちながら、悪役を倒していくというサクセスストーリーがなんとなく先がわかってしまっても映画を見終わって爽快な気分になる作品です。
また、テレビがほんとうに当時のアメリカでは影響力が強く、社会的にも力を持っていることもよくわかると思います。
ある意味、社会風刺ではないかと思います。
もちろん、アーノルドシュワルツネガーのアクションありきですが。
女性
女性
この物語は 近未来。今 多くの人が携帯やオンラインゲームにハマっているのと同じように バトルゲームを人間で行い ゲームの戦いに送り込まれる主人公がアーノルド シュワルツェネッガーです。
このゲームは本当に戦い 命を落とし2度と戻って来られない様子を 大勢の観客が興奮しながら観戦するというあり得ない設定だが I’ll be back…とどこかで聞いたような台詞を吐き 主人公は送り込まれます。
アメリカの映画にありがちなド派手なアクション ハラハラ ドキドキする展開が面白いし 主人公がシュワちゃんということもあり見ごたえがあります。
こんな近未来があるとしたら恐ろしい…ストレス社会を乗り切るにはバーチャルゲームでは物足りなくなり 本物で観覧し興奮し満足感を得るのです。
主人公は勝利し生きて戻って来ます。最後にはこのゲームを考えて主宰した本当の悪投を主人公がある方法で仕返しをします。
やっぱりそうきたかぁ。その方法で仕返しをするかと 私の思い通りの展開でしたが アクション好きのシュワルツェネッガーファンには見ごたえのある映画です。
男性
男性
スティーヴン・キング原作による、近未来の過激なエンターテイメントを描いた作品です。
犯罪者が制限時間内に追っ手から逃げ切れば無罪放免され多額の賞金を獲得できる一方で、失敗すれば死が待ち受けるというリアリティ・ショーが作品の舞台です。
人の生死をテレビが追い続け、それに人々が熱狂するという、人々の心が荒んだ状態を描くキングの世界観に、どこか現代人の心の嫌な部分を見透かされているような気分にさせられ、目が離せなくなります。
さらに無実の罪でショーへ送り込まれた主人公をアーノルド・シュワルツネッガーが演じているのですが、絶対的な強さによって荒んだ世界に正義をもたらす彼の活躍に、何とかして理不尽な世界を変えてほしいという願いを投影してしまいます。
シュワルツネッガーはまさに期待通りの活躍をしてくれるのですが、世の中を根底から変えてしまうヒーローという役柄は彼にピッタリのはまり役だと感じました。
男性
男性
「ランニングマン」という殺人ゲームを扱ったテレビ番組を政府が公認しているという架空の設定が面白かったですね。
アーノルド・シュワルツェネッガー演じる「ベン・リチャーズ」が無実の罪でこの番組に出演させらてしまいます。
「サブゼロ」や「ファイヤーボール」などさまざまなハンターに立ち向かう訳ですがやはりベン・リチャーズが一枚上手なのが面白いですね。多くの聴衆が最初は番組側が用意したハンターが勝つ方に賭けるのですがそのうちベン・リチャーズに賭けだすのが痛快でしたね。
一番印象的だったのがこの「ランニングマン」の司会者「デイモン・キリアン」ですね。
強い個性を持っているインパクトのある実在しそうな司会者でしたね。
女性
女性
昔作られた作品。描かれているのはその時代に未来とされた年のこと、現代の我々にとっては過去となる2017年です。
こうならなくて本当に良かったというくらい悲惨です。
でも大昔にはコロッセオで奴隷たちを戦わせていたといいますし、残虐性を楽しむ心というのは多くの人間が持っているのかもしれません。
未来にもこのような世界が来ないことを願うまでです。
ゲームのルールは簡単、正にコロッセオでの過去を思い出させます。
奴隷ではなくここでは犯罪者ですが、戦わせて生き残ることが出来たら無罪に・しかも大金も手に入れることが出来るのです。
でも大抵は美味しい餌をちらつかせながらも上手くはいかないように出来ているもの、何しろ犯罪者が生き延びて世の中に放たれたら困ります。
お金も持っているのですから何をやらかすか分かりません。
それでも戦わなければならないのですから可哀そう、特に彼は冤罪でそのゲームに参加させられてととても悲惨でした。
男性
男性
近未来に世界が崩壊し食料品や資源が枯渇し警察が権力を強く持つようになった世界が背景になった映画です。
ヘリコプターで警察官がデモ隊に向かって発砲し虐殺をした事実を主人公のベン・リチャーズが濡れ衣を着せられて刑務所に入所させられるのですが、ここの話が現代でも良くある話でよくデモの話題としてあります。
昔からこういう話はあるのだと思えるところです。
しかし、主人公ベン・リチャーズが反政府と結託しバトルランナーというテレビ番組に政府の陰謀で出演させられるのですがこの番組を利用して自分の濡れ衣を晴らして物語が終わるのですが、バトルランナーに出てくる敵側のキャラがいかにもその場限りで作られたキャラというのがとても滑稽で単純に敵と味方で話を見れるのが何も考えなくていいので単純に楽しめます。
男性
男性
若かりし頃のシュワちゃんの最高傑作のうちの一つだと思います。
小学校の頃日曜洋画劇場で見たのが今でも懐かしく感じられます。個人的には若干「カイジ」にも似ているようなストーリーだと想像するとイメージがつきやすいかもしれません。
SFアクション映画というカテゴリーに属するのだそうですが、昔流行ったファイナルファイト的なノリも感じられます。
80年代の特撮技術がふんだんに用いられており、現代のCG作品に見飽きてしまった方には最高の作品だと思います。
ストーリー展開はいたって単調ですが敵キャラクターも個性的なキャラクターが多いのでストーリーが展開されていくにしたがい見所がどんどん増えていきます。
ボブスレーみたいなのに強制的にシュワちゃんが乗っけられて金網に激突するシーンは笑えます。
この作品突っ込みどころ多いけど結構面白いです。

映画『バトルランナー』のまとめ

今回は映画『バトルランナー』をご紹介させていただきました。

いかがでしたか!?

確かに古い映画ではありますが、例えばリメイクしても良いほどに面白い内容構成と設定だと思いました。個人的な見解ではありますが、現代にも通用する内容と言えます。

現在の映像技術をもってのアクションシーンのリメイクともあれば、是非また鑑賞したいと共感してくれる方もいるのではないでしょうか?

シュワルツェネッガーの無敵っぷりはこの映画から既に健在です!

安心して、リラックスして観ることをオススメしますよ。

U-NEXTを31日間無料で視聴してみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました