ハロウィンおすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!
ハロウィンに是非見たい映画を紹介しています!

おすすめ映画はこちら

トレジャー プラネット 無料動画配信(ディズニー映画 字幕 吹替)フル視聴 9tsu Pandora anitube

トレジャー・プラネット アニメ映画

(C) 2002/Disney

Treasure planet – trailer HD HQ

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

ディズニー映画『トレジャー・プラネット』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

ディズニー映画『トレジャー・プラネット』の動画をフル視聴する方法

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ✕ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  ✕ 933円 14日間 なし
  〇 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  ✕ 500円 30日間 なし
  ✕ 500円 31日間 なし
  ✕ 800円〜 なし なし

ディズニー映画『トレジャー・プラネット』を公式動画配信サイトを視聴する方法

2020年9月現在、ディズニー映画『トレジャー・プラネット』のDVDレンタルや動画配信が視聴できるのはTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASのみです。

\期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』のお試しはこちら

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

ディズニー映画『トレジャー・プラネット』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

ディズニー映画『トレジャー・プラネット』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

ディズニー映画『トレジャー・プラネット』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』のお試しはこちら

>>期間中の解約は違約金は発生しません!

『ディズニー』の歴代作品紹介

ディズニー 作品 U-NEXT TSUTAYA TV/DISCAS hulu
トレジャー・プラネット
塔の上のラプンツェル
マレフィセント2
ズートピア
モンスターズ・ユニバーシティ
モンスターズ・インク
チキン・リトル
シュガーラッシュ:オンライン
シュガーラッシュ
トイストーリー・オブー・テラー!
ラ・ラ・ランド
ナイトメア・ビフォア・クリスマス
アリス・イン・ワンダーランド
マレフィセント
ダイナソー
ラマになった王様
ブラザーベア
くまのプーさん
プリンセスと魔法のキス
ボルト
トイストーリー1
トイストーリー2
トイストーリー3
トイストーリー4
美女と野獣
アラジン
ライオンキング
リメンバーミー
2020年9月現在、『ディズニー』シリーズは『U-NEXT』『hulu』『TSUTAYA TV /DISCAS』の3つの動画配信サイトにて視聴できます。

ディズニー映画『トレジャー・プラネット』あらすじ・ネタバレ・出演キャストなどの作品概要

『トレジャー・プラネット』は2002年に公開されたディズニーが制作したアメリカの映画です。

トレジャー・プラネットを求めてある少年が宇宙へ旅に出る物語です。

あらすじ

・ジム

モントレッサという惑星で暮らすジムは父親が突然家を出て行方不明になってからというもの非行を繰り返すようになり、母親の手を煩わせていました。

そんなある日、母親が営むレストランの前に宇宙船が墜落してきます。

ジムはその墜落した飛行船に乗るビリーと名乗った老人を救助しますが、救助の甲斐なく彼は死亡してしまいました。

死の直前ビリーはジムに謎の球体を手渡し、「サイボーグには気をつけろ」と言います。

ジムにはその意味が分かりませんでしたが、その直後突如レストランは襲撃されてしまいます。

レストランはあっという間に炎上し、跡形もなく消え去ってしまいました。

・旅立ち

その後、ジムと母親は彼らの古い友人ドップラー博士の家に匿われることになります。

その際、謎の球体から光が溢れ惑星の地図が浮かび上がってきました。

そこにはモントレッサはもちろん、本の世界に存在したトレジャー・プラネットまでもが描かれていました。

トレジャー・プラネットの存在が実在するものなのかもしれない、そう思ったジムは今までの親不孝を挽回するため、そして燃えてなくなったレストランを再建するために、ドップラー博士と共にトレジャー・プラネットを目指す旅に出ます。

・レガシー号

その後、ドップラー博士と共にレガシー号に乗り込んだジムは船長・アメリアや彼の部下であるアロー、その他の乗組員たちと出会います。

そしてレガシー号で一行はトレジャー・プラネットを目指すことになりました。

アメリアによってコック見習いを言いつけられたジムはシルバーという男に弟子入りさせられます。

なんとシルバーはサイボーグで、モーフという奇妙な生き物を連れた男でした。

ビリーの忠告を思い出したジムはシルバーを警戒します。

しかしレガシー号での生活を共にするうちにジムは次第にシルバーのことを信用するようになっていきます。

・ブラックホール

そんなある日、航行中の船は突如、星の爆発に巻き込まれそうになります。

そのあまりの威力に船員たちは必死に命綱を掴み、爆風に耐えていました。

しかし、今度はその後に発生するブラックホールによって飲み込まれそうになりました。

その後、その騒動の最中以前からアローの存在を煙たがっていた乗組員によってアローは船から落とされてしまいます。

それを自分のせいだと思い込んだジムは深く自分自身を責めます。

そんなジムをシルバーは慰めました。

・トレジャー・プラネット到達

シルバーはジムにそんなふうに接しながらも、あくまでも自分の狙いはトレジャー・プラネットにある莫大な宝にあると言い切りました。

ジムに優しく接するのはその目的を達成するために手なずけただけだという話をジムは聞いてしまいます。

ジムはショックを受け、途端にシルバーに対する信頼も薄れていきます。

ジムに本心を悟られたと感づいたシルバーは仲間以外を手にかけようと暴れだしました。

しかしシルバーはジムに手を出すことができません。

その後その船からなんとか逃げ出したジムやドップラー博士、アメリア船長はやがてトレジャー・プラネットに到達しました。

・偵察へ

逃げる途中でけがを負ったアメリア船長と彼女を介抱するためのドップラー博士をその場に残し、拠点を見つけるためにジムは偵察に出ることになりました。

その途中、ジムはベンと名乗るロボットに遭遇します。

ベンは長らくこの星に一人で住んでおり、かつてトレジャー・プラネットのフリントにも仕えたことがありました。

ですがその記憶のほとんどがどういうわけか抜け落ちていました。

ベンの住むところを拠点と決めたジムたちはベンが暮らす家に向かいます。

シルバーたちはベンの家までやってきました。

トレジャー・プラネットの地図をジムが持っているとシルバーは思っていたのです。

しかし、実際は地図はまだ船の中にありました。

シルバーはジムに自分の言うことに従うのなら、手に入れた財宝の半分をジムに渡すと持ち掛けてきましたが、ジムはその話を断ります。

その夜、船の中にある地図を再び手に入れるためにジムは船に潜入しました。

トラブルに見舞われながらも、なんとか見張り役を倒し、ジムは地図を手に入れます。

・地図の正体

ベンの家に戻ったジムでしたが、そこで待っていたドップラー博士とアメリア船長はシルバーによって捕らわれていました。

更に、ジムが持ち帰った地図もシルバーによって奪われてしまいます。

しかしその地図はジムではどうすることもできず、結局ジムでしかその球体を操作することはできず、シルバーたちと共に行くことになりました。

しかしその途中で球体は動かなくなりました。

どうしようかと思っていると目の前に球体がちょうどハマるほどのくぼみを見つけます。

くぼみに地図の球体をはめると、大きな地図が浮かび上がりました。

その球体はそこにはめることでようやく意味を成すのでした。

そしてその地図はそこからいろんな場所へ行けるものだったのです。

フリントはこの球体で様々な星へ飛び、その世界の財宝を盗み出していました。

ネタバレ

・財宝の山

トレジャー・プラネットの中心に財宝の山があると推理したジムは、皆を引き連れ地図のその場所を指し、中へ入っていきました。

するとそこには部屋いっぱいの財宝があったのです。

本の世界で見た光景は本当にあったことでした。

そのことに狂喜する一行でしたが、ベンだけは何やら浮かない様子です。

宝の山に見とれるシルバーたちをよそに、ジムはその場所を歩き始めました。

そんなジムの目の前に現れたのはフリントの遺体でした。

そしてその遺体には何やら機械の一部のようなものが握りしめられています。

その形とベンの頭のへこみからベンの記憶そのものだと推理したジムはその機械をベンの頭の中にはめ込みました。

案の定その機械はベンの頭にぴったりはまり、同時にベンも記憶を取り戻します。

そして記憶を取り戻したベンは、フリントは財宝を誰にも渡したくなく、いざ誰かがこの部屋に侵入した時に仕掛けが作動し、星自体が超新星の爆発のように吹き飛ぶよう設定されていたのです。

・結末

あっという間に状況は一変します。

ジムは絶体絶命のピンチに陥りますが、財宝を諦めたシルバーによって助けられました。

生き残った面々は船に乗り、間一髪のところでなんとかその星から脱出することができたのです。

その後、捕まるのを恐れたシルバーはこっそりジムたちの目の前から去ろうとします。

シルバーはジムを一緒に来いと誘いますが、ジムはその誘いを断りました。

二人は別れを惜しみますが、別の道を行くことに決めます。

餞別にとシルバーはレストラン再建のための少しの財宝と、モーフをジムに授けたのでした。

無事に自分たちの星に戻ったジムは母との再会を喜びます。

その後レストランは無事に再建し、皆でパーティを開き、にぎやかに過ごしたのでした。

\ 本編をチェック! 

映画『トレジャー・プラネット』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

主題歌

ジョン・レズニック 『Always Know Where You Are』

Treasure Planet OST – 02 – Always Know Where You Are

登場人物

ジム・ホーキンス (加藤晴彦)

ジョン・シルバー (若山弦蔵)

デルバート・ドップラー (稲葉実)

アメリア船長 (小林聡美)

ベン (山寺宏一)

Twitterの反応

https://twitter.com/rokevans/status/620238928671436800

こんな人におすすめ

・ディズニー作品が好きな方

・男性の方

・SFが好きな方

感想

感想はここから見れます
女性30代
女性30代

「宝島」を原作としたディズニーアニメーション作品。舞台は宇宙なので、話の内容やセリフは現代版にアレンジされているといった感じです。海賊に乗っ取られるというメインの設定は変わっていないので、原作を読んだことがある人でも違和感なく鑑賞できると思います。主人公の青年と海賊の船長との関係性は、まさにロマンを感じるの一言。小学生~中学生くらいの男子なら、間違いなく楽しめるのではないでしょうか。全体的な脚本にはメリハリがあり、超新星爆発など宇宙らしさも盛り込まれていて非常に飽きずに見る事が出来ます。恋愛要素はありますが、あくまでサブのポジションですので、濃厚な描写がないのは、いかにもディズニーらしいと思います。また、先ほどの超新星爆発や宇宙船からの脱出劇など、アクション要素は強めです。当時の最新のアニメーション技術を使っているようですので、全体的に動きのある映像になっています。臨場感も強いと思いました。吹き替えには、天下の山寺宏一がおしゃべりロボットの良い役で出演しているので、字幕と吹き替えの両方で楽しめると思います。類似した冒険もののアニメーションで、アトランティスがありますが、こちらの方がしっかりと船を使用し冒険しているので、初見でもイメージ通りの作品と思えるのではないでしょうか。

女性20代
女性20代

子供の頃にワクワクしながらみていた思い出の作品です。
ジムのヤンチャな感じ本当に大好きです。
この映画では種多様の生き物が共存しています。もちろんそんな中でもとかサイボーグ野郎とか差別言葉が飛び交う瞬間があるのも現代社会のさけられない部分を表しているようです。ですが、現代社会より優れている点といえば、女性の活躍でしょうか。この映画は2002年のものなので当時を振り返るとわりと珍しいことと感じます。ジムたちが乗り込む船で船長を務めるは女性のアメリアでした。
私はアメリアが大好きで、憧れていました。自立していて、男たちの中でもたくましく生きるその姿に。というか一番頼りになって、勇気があって、憧れないわけないですよね。
本作のいいところってヴィランに良い人間味あふれているところではないでしょうか。
ジョンシルバーは主人公のジムをあだ名で呼び、心を通わせていくところや父の愛を知らないジムのほしかった父像をジョンにかぶせるところなど、本当になんでしょう、熱いです。
さらにこの映画の醍醐味はやっぱり冒険です。
冒険心そそる音楽に本当に心揺れます。ジェームズニュートンハワードの良さがたくさんでてるサウンドトラックになっていると思いました。
ディズニー映画の中でもマイナーなのが残念なくらい良い作品です。

女性40代
女性40代

ジムという少年が「宝島」を原作とし、お宝を捜策しに行くお話です。金銀財宝は誰でも1度は夢見ますよね。

少年少女と言われる年齢の子ならなおさらです。

デルバートもそんな夢を心に秘めた一人で、お目付け役として同行します。本当に宝はあるのか?というところが見どころですね。

ジムは素行が問題で、女手一つで育ててくれている母に名誉回復したいのと、財宝を持って帰りたいようです。

しかし、やはりというか事はすんなりとは運ばず、信頼しかけていたシルバーという、船の乗組員が、宝のために自分を利用しようとしていたことにショックを受けます。

まだ完全に大人と言えない年頃だと、いいように扱われ、さぞいらいらすることでしょうね。

なんとかジムたちは、地図を頼りに宝があるらしき場所にたどり着くことができます。

ベンという、宝船の船長だったフリントと一緒にいたロボットの記憶をたどり、惑星の中心部に着きました。

本当に夢のような財宝の数々を獲得できました。よかったですね。苦労も報われるというものです。

ジムは最後には自分を助けてくれ、宝を分けてくれたシルバーに感謝し、母の元へ帰り、幸せにすることができました。デ

ルバートと船を操縦していたアメリアも結婚し、ハッピーエンドを迎えました。

まとめ

宇宙に宝探しに行くという壮大なテーマになっている作品です。

ディズニー作品の中でもよりSF色が強い作品だと感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました