ハロウィンおすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!
ハロウィンに是非見たい映画を紹介しています!

おすすめ映画はこちら

ズートピア 無料動画配信(ディズニー映画 字幕 吹替)フル視聴 9tsu Dailymotion anitube

ズートピア アニメ映画

(c) 2016 Disney/Pixar

『ズートピア』予告編

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

映画『ズートピア』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

映画『ズートピア』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ◎ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  ✕ 933円 14日間 なし
  〇 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  ✕ 500円 30日間 なし
  △ 500円 31日間 なし
  ✕ 800円〜 なし なし

◎ ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可(大本命) 

〇 ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可 

△ 課金のみ視聴可

✕ 無配信

映画『ズートピア』のフル動画を無料で視聴するには『U-NEXT』無料トライアル期間を利用するのが一番オススメです。

映画『ズートピア』の動画を無料でフル視聴する方法

映画『ズートピア』の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

トライアル入会特典600ptで無料でご視聴いただけます。

\ いつでも解約OK!無料トライアル期間だけでもOK! /

▼映画『ズートピア』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料トライアル入会で600pt(ポイント)もらえます。

他のディズニー作品は『U-NEXT』で配信しています。

\ 作品映像をチェック /

▼他のディズニー作品を視聴する

>>見放題作品は業界No. 1

映画『ズートピア』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

映画『ズートピア』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

映画『ズートピア』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

『ディズニー』の歴代作品紹介

ディズニー 作品 U-NEXT TSUTAYA TV/DISCAS hulu
ズートピア
モンスターズ・ユニバーシティ
モンスターズ・インク
チキン・リトル
シュガーラッシュ:オンライン
シュガーラッシュ
トイストーリー・オブー・テラー!
ラ・ラ・ランド
ナイトメア・ビフォア・クリスマス
アリス・イン・ワンダーランド
マレフィセント
ダイナソー
ラマになった王様
ブラザーベア
くまのプーさん
プリンセスと魔法のキス
ボルト
トイストーリー1
トイストーリー2
トイストーリー3
トイストーリー4
美女と野獣
アラジン
ライオンキング
リメンバーミー
2020年9月現在、『ディズニー』シリーズは『U-NEXT』『hulu』『TSUTAYA TV /DISCAS』の3つの動画配信サイトにて視聴できます。

映画『ズートピア』あらすじ・ネタバレ・出演キャストなどの作品概要

『ズートピア』は2016年に公開されたディズニーが制作したアメリカの映画です。

警察官になることを夢見るウサギ・ジュディは様々な動物が共存する楽園、ズートピアにやってきました。

あらすじ

・ジュディ

警察官になるという幼き頃からの夢をかなえるべく、警察学校を首席で卒業したウサギのジュディは、配属された先で世界をよりよくしようと燃えていました。

しかし初出勤したその日、目の前で動物たちの行方不明事件が起こっているにも関わらず、実際に言い渡された仕事は街の交通違反の取り締まりでした。

その最中ジュディはキツネの親子を見かけます。

その親子は自分たちがキツネであるという理由から、アイスキャンディを手に入れられずにいました。

そんな親子を見かねたジュディは機転を利かせてその親子を助けます。

・ニック

深く感謝する親子に充実さを感じていたジュディでしたが、午後の交通違反を取り締まっていると、ジュディの視界に先ほど助けた親子の姿が映りました。

声をかけようとしたジュディですが、何やらそこには不穏な動きをする親子がいました。

実はキツネの親子は親子でもなんでもなく、詐欺師だったのです。

詐欺師のキツネはニックと名乗りました。

ジュディは当然その行動を指摘し捕まえようとしますが、その道のプロであるそのニックを捕まえることはできませんでした。

それどころか自身の生い立ちを否定するような言葉を浴びせられてしまいました。

・ジュディ、クビ?!

翌日、ジュディが再び交通違反の取り締まりをしていると、目の前で強盗事件が起きました。

ジュディは途端にやる気を出し、轢かれそうになった動物を助けたり、犯人を捕まえたりしましたが、自身の持ち場を離れたことや、街中の人々を危険にさらしたことを署長から咎められてしまいます。

そんな時、行方不明事件の被害者家族であるカワウソが署長の元を訪ねてきました。

全く相手にしない署長を見かねたジュディは思わず、自分が見つけ出すと啖呵を切ってしまいます。

この発言が完全に署長の逆鱗に触れてしまいました。

ジュディは48時間以内に被害者のカワウソを見つけられなければ、警察官を辞めろと言われてしまうのでした。

・捜査開始

早速捜査に取り掛かったジュディは調査報告書から、あのニックが何か事情を知っているかもしれないと思い、彼に接触を図ります。

当然ニックはジュディの申し出を断りますが、ジュディはニックの脱税疑惑を指摘し、ほぼ強制的に仲間に引き入れたのでした。

こうしてジュディは捜査を開始しました。

ニックの協力でやがて”29THD03”というナンバーのツンドラタウンの車に手がかりがあると掴んだジュディはその車がある場所に潜入し、「夜の遠吠え」という言葉が動物たちを凶暴化させているかもしれないという手がかりを得ます。

そしてジュディとニックはベルウェザー副市長の協力を得て、やがて行方不明になった動物たちが捕らえられている檻のある場所にたどり着き、その動物たちの様子を見に来たライオンハート市長の姿を目撃しました。

・自信喪失

ライオンハート市長は一連の事件の黒幕として逮捕されました。

そしてこの一件を解決に導いたとして、ジュディは一躍時の人となったのです。

しかしその記者会見でジュディは「凶暴化したのは肉食獣のみである」という真実を伝えたものの、それは却って市民の不安を煽るだけの結果になってしまい、更にはニックのことを傷つけ、仲違いをする結果になってしまいました。

そのことにすっかり自信を喪失したジュディは警察官としての職を辞し、実家に帰って人参売りの仕事を始めました。

そんなある日、両親と同郷のいじめっ子・ギデオンとの会話からジュディは「夜の遠吠え」は虫よけの花であることを突き止めます。

ネタバレ

・再び相棒に

すっかりやる気を取り戻したジュディはニックに心から謝罪し、和解した二人は再びタッグを組んで「夜の遠吠え」の捜査に乗り出しました。

「夜の遠吠え」を羊のダグという男が買い占めていることに気がついたジュディとニックはその研究所に潜り込みます。

そして決定的な証拠を掴んだのです。

ジュディとニックはその証拠を警察に持ち帰ろうとします。

しかしそんな二人を阻止しようと目の前に立ちはだかったのはなんと、今は市長となったベルウェザーでした。

なんと本当の黒幕はベルウェザーだったのです。

・結末

ベルウェザーによって絶体絶命のピンチに陥ったジュディでしたが、機転を利かせて銃の中の弾丸をブルーベリーに差し替えていたニックによって助けられたのでした。

そして本当の黒幕・ベルウェザーは逮捕されたのです。

その後ジュディは警察官に復職し、ニックはキツネ初の警察官になりました。

警察官になってもタッグを組む二人は今日も交通違反の取り締まりに向かうのでした。

\ 本編をチェック! 

映画『ズートピア』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

主題歌

Dream Ami 『トライ・エヴリシング』

Dream Ami / トライ・エヴリシング (Dream Ami version)

登場人物

 

ジュディ・ホップス (上戸彩)

ニック・ワイルド (森川智之)

ボゴ署長 (三宅健太)

ライオンハート市長 (玄田哲章)

ベルウェザー副市長 (竹内順子)

 

Twitterの反応

https://twitter.com/strawberry628/status/1007625625824186371
https://twitter.com/koyuF1209/status/724128893184053248

こんな人におすすめ

・ディズニー映画が好きな方

・動物が出てくる話が好きな方

・アドベンチャーが好きな方

感想

感想はここから見れます
女性30代
女性30代

弱肉強食の動物界で、「弱」とされるウサギの女の子が警察官となって活躍するというストーリーです。ウサギのジュディ・ホップスは、田舎町で育ち、幼い頃から警察官になろうと夢見ていました。父親からも母親からも警察官になることは反対されていましたが勤勉さが実って警察官学校を首席し、ウサギのなかではじめての警察官が誕生しました。入学式ではさっそく、草食動物のウサギを下に見た署長から駐車違反の取り締まりに任命され、ポップス巡査は不満に思いながら懸命に取り組みます。取締り中に、キツネのニックに出会い手助けしますが、ニックが詐欺師だと知りショックを受けます。警察官として希望の任務にはつけず、助けたはずのキツネには裏切られショックを受けていましたが、両親とのテレビ電話には気丈にふるまい警察官を続けます。そんな時、行方不明の夫エミットを探して欲しいと警察署にやってきたオッタートン夫人の信頼を買い、署長の逆鱗には触れたものの、48時間以内にエミットを探し出せという条件下でようやく駐車違反以外の任務を任命されました。一度は騙されたニックの力をかり、ホップス巡査は懸命にエミットを探します。結果的にエミットを見つけ、ようやく実力を認められたホップス巡査。相棒となったニックを警察官に推薦し、自身も「諦めなければ夢は叶う」と講演して映画は終わります。

女性20代
女性20代

私は流行りモノを避けるタイプの人間だったので、かなり流行っていたこの作品のことは正直、最初から期待できないという目で見ていました。ところがいざ見始めてみると、動物たちのメルヘンで可愛らしい(あるいはシュールな)見た目とは裏腹に、ストーリーはドラマで良く見るような刑事ドラマに近く、刑事ドラマ好きな私は見事に見入ってしまいました。「バディ物」というのがまた、ドラマ好きの心を惹きつけます。ジュディとニックの見た目、性別、正義のために働く警察官と詐欺師という相反する性質、また肉食動物と草食動物という根底にある性質など、このバディにはあらゆる面でギャップが生み出されており、「これで魅力を感じないわけがない」と思いました。「最初はお互いを良く思っていないけれど、だんだんとお互いの良さが分かってきて良き”相棒”になっていくんでしょ?」と展開が読めてしまう点が逆に素敵です。なぜなら、前半で繰り広げられるふたりの刺々しいやり取りも、嫌な気持ちにならずに楽しめるからです。ストーリー自体は「やや良い」といった印象を受けましたが、とにかく主人公ふたりのバディが魅力的だったため、最後まで楽しく見ることができました。

女性20代
女性20代

とにかくストーリーがとても面白いです。主人公は夢をバカにされても諦めなかったウサギのジュディで、その相棒が夢をバカにされて諦めたキツネのニックなのですが、ジュディと出会った頃は諦めていたニックが、事件解決に巻き込まれていくにつれて夢を諦めなくていいということに気付かされていき、夢を叶えるという全体を通してのストーリーが、特に面白いと思いました。2人の関係性だけではなく、他のキャラクターとの関係性や個性もとても面白く、ニックと元仲間のフィニックもとてもいい味を出していると思います。彼は、ニックの過去を知っていて、警察を毛嫌いしているけれど、ジュディにニックの居場所を聞かれた時には教えてあげる一面もあり、ストーリーに欠かせないいいアクセントを与えています。免許センター職員のフラッシュもとても面白いキャラクターで、行動や話し方、笑うのまで超スローなのですが、最後のオチでニックが警察官になり、ジュディと共にパトロールをしている時、かなりのスピードで速度違反をしている車を見つけて追うと、止まった車の運転席にはフラッシュがいて、ニックが声をかけると少し間があいてからやっと判断出来るというシーンがとても面白かったです。

 

 

女性20代
女性20代

主人公のジュディ・ホップスが簡単には折れない強い心を持っていて憧れを抱きました。自分の職に誇りを持っている様は可愛らしい見た目に反して本当にかっこよかったです。これからも色々な現場でたくさん活躍してくれると思います。この映画を観て思ったのは、「現代社会に通じる」ということでした。人種差別や偏見について改めて深く考えさせられました。昔この動物はこんな酷いことをしたから低い身分に置いておかなければいけない、みたいな考えがいかに恐ろしいのか身に染みてわかりました。確かに、昔酷いことをしたかもしれなくても、今はそんなことないかもしれないわけだし、それを理由に差別をするのはやはり間違っていると思いました。大人も子供もセクシャルマイノリティも関係なくみんな平等で平和な世界というのは難しいと思います。でも、少しでもそれに近づけるように努力することは出来るはずで、私も自分に出来ることはやっていきたいと強く思いました。差別によって自分の好きな職業につけないのはあまりにも残酷であってはならないと思います。この作品はアニメーションということもあって、子供たちの目に止まりやすいので、そういった理不尽を今後起こさないようにどうすればいいのか、この作品を観て考えて欲しいなと切実に思いました。大人達が犯してしまった過ちを今の子供達が大人になった時に正しい方向に戻せるように。

 

女性20代
女性20代

ズートピアのみどころは登場している動物たちの生い立ち、関係性が魅力的なところです。主人公のうさぎのジュディや、キツネのニックの現在だけでなく、過去のシーンも多く出てくるので感情移入しやすいです。肉食動物と草食動物という本来なら相容れない動物が親しくなっていく過程もとても素敵です。この肉食動物と草食動物の関係は我々の人種差別などの問題などにも通ずるところがあり、私たちも人種問題などにどう対応すべきか考えさせられました。ただ単に面白いと言うだけではなく、学ぶことも出来る映画だと思います。さらに、さすがディズニーということもあり、映像がとても綺麗です。動物なので、毛が生えているのですが、毛のいっぽんいっぽんまで動いているようでした。また、表情も豊かで感情がよく伝わりました。人間ではなく動物なのに表情が伝わるのは凄いと思います。日本語吹き替えの声優さんは国民的人気を誇る上戸彩さん、有名声優の森川智之さん、三宅健太さんなどが担当しているのでとても臨場感があります。演技が下手だと、映画を集中して見れないこともあるので、ストレスもなく楽しく見れて良かったです。特に森川智之さんのニックは声も、喋り方もかっこよく素敵でした。

 

女性30代
女性30代

主人公であるウサギのジュディ。「諦めない」というコンセプトは予告や歌でも出ていると思いますが、ストーリーの中で理由が明らかになってきます。とても共感できると思います。ウサギとして生まれ、夢を追い続けるも両親からは「無理」と言われ、諦めるよう仕向けられますが、諦めないジュディの姿勢。夢に近づきながらもひどい仕打ちを受ける日もありましたが、それでも「諦めない」という姿勢。一方物語のキーパーソンの一匹となる、フォックス。キツネだからと虐められた過去を持ち、人を信じる事が出来なくなっていました。この双方がどのように関わっていくのかは、見どころの一つと思います。しかし、挑戦し続ける主人公には大人も子供も勇気をもらいました。世界観も動物たちの世界なので、大きな動物から小さな動物までの特性に沿った日常が描かれているので、楽しいです。近未来的な世界観の描写は、現代とは違う空間の描写で、とても綺麗で引き込まれました。物語のキーパーソンとなるフォックスはとジュディの絆が強くなっていく過程は何度も見返したいです。黒幕は、まさか!と思っていた展開となりますが、一通り見たあとに振り返ると伏線はたくさんあったと思うので、なるほど!と思う展開となっています。

 

女性40代
女性40代

主人公ジュディとニックを通じて、見た目ではなく内面を見つめて助け合う大切さを学べる作品です。
ジュディは誰がなんと言おうと夢を追いかける情熱が強いウサギの女の子で、ニックはかつてはジュディと同じ境遇でしたが、辛い現実にあきらめてしまったキツネの男の子です。そしてどちらかというとニックに共感を感じる方が多いのではと思います。また肉食動物と草食動物の格差が描かれていて、色々な意味でリアルな現実感を感じる内容が印象的です。
作品の見どころは正反対なジュディとニックが少しずつお互いを認め、助け合うシーンが素敵なところです。また正反対だった二人は実は似た者同士だったところも微笑ましい気持ちがします。
結末は最後まで分からないです。とても意外性のある展開が待ち受けていますが、ジュディとニックのコンビネーション力がとてもかっこ良くて爽快感があります。
最後になりますが、声優を務めた上戸彩さんと森川智之さんの声の表現がとてもキャラクターに合っていて魅力的です。特に印象に残ったのはジュディとニックが仲直りするシーンが、お二人とも表現力が素晴らしかったです。私は映像もそうですが、どちらかというと声の方に意識が行ってしまいました。
ズートピアは夢を見る場所です。キャラクター達がここで何を経験し学ぶのかを楽しんで観て頂きたいです。

 

 

 

 

 

 

男性30代
男性30代

ディズニーアニメですが見る人にとってはかなり社会的な作品だと思います。テーマはずばり肉食動物と草食動物の共存です。本来両者は捕食者、被捕食者の関係なのでありえない話なのですが、この作品では動物を擬人化し両者の共存への道を描いています。主人公ジュディは草食動物アナウサギでありながらズートピアの治安を守る新米警官です。しかし、本来弱者であるアナウサギである為、両親からは警官の夢を否定されます。ジュディはさしずめ田舎暮らしの継承を拒否して飛び出してきた若者です。一方、ジュディの相棒となるのがアカギツネのニックです。肉食動物であることから恐れられ、詐欺師でもある彼は社会的信用は皆無です。それ故に夢も希望もなく、ひたすらシニカルな態度を取ります。さしずめこちらは社会で辛い経験を重ね心が沈んでしまった中年です。この両者が世代や生き方の違いで衝突しながら事件を解決していく際の化学反応が今作の見どころと言えます。また、ズートピアの市長と副市長も魅力的です。ライオンであり最強者の自信に満ち溢れ、理想主義者であるレオドア。いつもレオドアにこき使われていながら必死に仕事をこなすやり手副市長ドーン。しかし、このドーンは最終的には悪役に転じてしまいます。その理由が少数者でありながら君臨する肉食動物(特にレオドア)への怒りと恐怖であり、主に恐怖にかられた事から自分も他者を恐怖でねじふせようとする姿とても悲しいです。さしずめ、ブラック企業でこき使われながらもパワハラ社長には逆らえず恨みを貯め込んだ中間管理職といった所でしょうか。これらの人間社会の矛盾を彷彿させる問題を内包したズートピアが描き出したかったものは人種問題だと思います。それが動物の姿を取る事により描き出され、心に刺さる社会的な作品とったわけです。この社会性を見所と取るか取らないかは視聴者の年齢層や立場によって様々でしょうが、数あるディズニー作品の中でも異色の作品であることは間違いなく、見終わった後、複雑な余韻を感じました。

女性20代
女性20代

主人公のジュディ・ホップスが簡単には折れない強い心を持っていて憧れを抱きました。自分の職に誇りを持っている様は可愛らしい見た目に反して本当にかっこよかったです。これからも色々な現場でたくさん活躍してくれると思います。この映画を観て思ったのは、「現代社会に通じる」ということでした。人種差別や偏見について改めて深く考えさせられました。昔この動物はこんな酷いことをしたから低い身分に置いておかなければいけない、みたいな考えがいかに恐ろしいのか身に染みてわかりました。確かに、昔酷いことをしたかもしれなくても、今はそんなことないかもしれないわけだし、それを理由に差別をするのはやはり間違っていると思いました。大人も子供もセクシャルマイノリティも関係なくみんな平等で平和な世界というのは難しいと思います。でも、少しでもそれに近づけるように努力することは出来るはずで、私も自分に出来ることはやっていきたいと強く思いました。差別によって自分の好きな職業につけないのはあまりにも残酷であってはならないと思います。この作品はアニメーションということもあって、子供たちの目に止まりやすいので、そういった理不尽を今後起こさないようにどうすればいいのか、この作品を観て考えて欲しいなと切実に思いました。大人達が犯してしまった過ちを今の子供達が大人になった時に正しい方向に戻せるように。

女性20代
女性20代

ズートピアのみどころは登場している動物たちの生い立ち、関係性が魅力的なところです。主人公のうさぎのジュディや、キツネのニックの現在だけでなく、過去のシーンも多く出てくるので感情移入しやすいです。肉食動物と草食動物という本来なら相容れない動物が親しくなっていく過程もとても素敵です。この肉食動物と草食動物の関係は我々の人種差別などの問題などにも通ずるところがあり、私たちも人種問題などにどう対応すべきか考えさせられました。ただ単に面白いと言うだけではなく、学ぶことも出来る映画だと思います。さらに、さすがディズニーということもあり、映像がとても綺麗です。動物なので、毛が生えているのですが、毛のいっぽんいっぽんまで動いているようでした。また、表情も豊かで感情がよく伝わりました。人間ではなく動物なのに表情が伝わるのは凄いと思います。日本語吹き替えの声優さんは国民的人気を誇る上戸彩さん、有名声優の森川智之さん、三宅健太さんなどが担当しているのでとても臨場感があります。演技が下手だと、映画を集中して見れないこともあるので、ストレスもなく楽しく見れて良かったです。特に森川智之さんのニックは声も、喋り方もかっこよく素敵でした。

女性30代
女性30代

主人公であるウサギのジュディ。「諦めない」というコンセプトは予告や歌でも出ていると思いますが、ストーリーの中で理由が明らかになってきます。とても共感できると思います。ウサギとして生まれ、夢を追い続けるも両親からは「無理」と言われ、諦めるよう仕向けられますが、諦めないジュディの姿勢。夢に近づきながらもひどい仕打ちを受ける日もありましたが、それでも「諦めない」という姿勢。一方物語のキーパーソンの一匹となる、フォックス。キツネだからと虐められた過去を持ち、人を信じる事が出来なくなっていました。この双方がどのように関わっていくのかは、見どころの一つと思います。しかし、挑戦し続ける主人公には大人も子供も勇気をもらいました。世界観も動物たちの世界なので、大きな動物から小さな動物までの特性に沿った日常が描かれているので、楽しいです。近未来的な世界観の描写は、現代とは違う空間の描写で、とても綺麗で引き込まれました。物語のキーパーソンとなるフォックスはとジュディの絆が強くなっていく過程は何度も見返したいです。黒幕は、まさか!と思っていた展開となりますが、一通り見たあとに振り返ると伏線はたくさんあったと思うので、なるほど!と思う展開となっています。

女性40代
女性40代

主人公ジュディとニックを通じて、見た目ではなく内面を見つめて助け合う大切さを学べる作品です。
ジュディは誰がなんと言おうと夢を追いかける情熱が強いウサギの女の子で、ニックはかつてはジュディと同じ境遇でしたが、辛い現実にあきらめてしまったキツネの男の子です。そしてどちらかというとニックに共感を感じる方が多いのではと思います。また肉食動物と草食動物の格差が描かれていて、色々な意味でリアルな現実感を感じる内容が印象的です。
作品の見どころは正反対なジュディとニックが少しずつお互いを認め、助け合うシーンが素敵なところです。また正反対だった二人は実は似た者同士だったところも微笑ましい気持ちがします。
結末は最後まで分からないです。とても意外性のある展開が待ち受けていますが、ジュディとニックのコンビネーション力がとてもかっこ良くて爽快感があります。
最後になりますが、声優を務めた上戸彩さんと森川智之さんの声の表現がとてもキャラクターに合っていて魅力的です。特に印象に残ったのはジュディとニックが仲直りするシーンが、お二人とも表現力が素晴らしかったです。私は映像もそうですが、どちらかというと声の方に意識が行ってしまいました。
ズートピアは夢を見る場所です。キャラクター達がここで何を経験し学ぶのかを楽しんで観て頂きたいです。

女性30代
女性30代

さまざまな動物たちが人間のように暮らしている楽園ズートピア、という世界観がとても素敵な映画です。
現代の人間社会同様の文明がありながらも、動物それぞれの特徴や個性が大切にされながらみんなで共生している街が舞台なので、動物好きは思わずくすっと笑ってしまうような、たまらない描写が溢れています。
ただし、すべてが平和なユートピア、という設定なわけでもなく、もちろん犯罪はありますし、また肉食動物だから、草食動物だから、〇〇だから、と動物たちの特徴をふまえた差別などの描写もあり、暗い面もそのまま人間社会を写しているようで考えさせられることも多いです。
そんなズートピアで、田舎のにんじん農家から都会へ出てきた主人公のジュディが、うさぎ初の警察官として奮闘する様がカッコよく、見ていて応援したくなります。
強い正義感をもって悪を許さないジュディの姿はもちろんですが、なによりかわいらしい顔の草食動物でありながら警察官といういかつい業界に飛び込んだために、同僚や街の人から、うさぎのくせに、などいろいろ言われるなか、それでもへこたれないよう自分を奮い立たせながらがんばるジュディがとても愛おしく勇気をもらえます。
最後には、思いがけない登場人物が実は悪役だった、というどんでん返しもあり、ハラハラドキドキの逮捕劇が一番の見どころです!

女性20代
女性20代

ズートピアは前向きな気持ちになれる心が浄化される映画です。映像も細かくてきれいでさすがディズニー映画だな、と思わせてくれます。物語の内容も深くてとても面白い映画です。動物が人間みたいに暮らしている映画なのですが、その中でも差別が存在しています。草食動物だから警察官として危ない仕事から外されていたり、キツネだからという理由だけで差別されてしまったりなど、私達人間社会でも問題になっていることが動物世界で表現されています。差別や偏見はこんなに世界が発展してきても根強く残っています。簡単に解決できる問題ではありませんが、主人公のうさぎのジュディの差別に立ち向かう勇敢な姿を観ていると、勇気がわいてきます。小さい体で頑張るシーンはとてもかわいくて大好きです。登場人物の中で1番好きなのは、キツネのニックです。初めは詐欺師として出てきて印象は最悪でしたが、ジュディと一緒に行動するうちに心に変化がでてきます。つらい過去を乗り越え、ジュディを助けるシーンはとても感動しました。アニメ映画で子ども向けかな、と思って観始めましたが大人でも楽しめ、考えてさせられる映画です。子どもが生まれたらぜひまた一緒に観たいと思います。

まとめ

夢に向かって不遇な扱いを受けながらもひたむきにまっすぐに頑張る主人公・ジュディには感動させられますし、応援したくなります。

映像も美しく、最初から最後まで全く飽きることなく楽しめる素敵な映画です。

未視聴の方には一度でもいいので見てもらいたい作品です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました