ハロウィンおすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!
ハロウィンに是非見たい映画を紹介しています!

おすすめ映画はこちら

メン イン ブラック 無料動画配信(映画 字幕 吹替)フル視聴 9tsu Openload Pandora

メン イン ブラック 洋画

(c)1997 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画 メン・イン・ブラック 予告編

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

映画『メン・イン・ブラック』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

映画『メン・イン・ブラック』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ◎ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  ✕ 933円 14日間 なし
  〇 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  △ 500円 30日間 なし
  〇 500円 31日間 なし
  〇 800円〜 なし なし

◎ ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可(大本命) 

〇 ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可 

△ 課金のみ視聴可

✕ 無配信

映画『メン・イン・ブラック』のフル動画を無料で視聴するには『U-NEXT』無料トライアル期間を利用するのが一番オススメです。

映画『メン・イン・ブラック』の動画を無料でフル視聴する方法

映画『メン・イン・ブラック』の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

トライアル入会特典600ptで無料でご視聴いただけます。

\ いつでも解約OK!無料トライアル期間だけでもOK! /

▼映画『メン・イン・ブラック』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料トライアル入会で600pt(ポイント)もらえます。

映画『メン・イン・ブラック』に出演しているウィル・スミスさんの、他の作品は『U-NEXT』で配信しています。

・バッドボーイズ

・アラジン

・スーサイドスクワッド

・バッドボーイズフォーライフ

・メンインブラック

\ 作品映像をチェック /

▼ウィル・スミスの出演作品を視聴する

>>見放題作品は業界No. 1

映画『メン・イン・ブラック』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

映画『メン・イン・ブラック』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

映画『メン・イン・ブラック』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

映画『メン・イン・ブラック』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

『メン・イン・ブラック』は1997年に上映されたコメディ、SF映画です。この作品は、第70回アカデミー賞の最優秀メイクアップ賞や第55回ゴールデングローブ賞の最優秀作品賞を受賞しました。

アメリカでの都市伝説で、メン・イン・ブラック(略してMIB)とはUFOや宇宙人を監視する黒づくめの男達のことを指します。

警察官のジェームズは、地球上のエイリアンを監視する組織MIBのKに一緒に働かないかとスカウトされます。見事テストに合格し、MIBの一員になります。

あらすじ

・エイリアン

ニューヨーク市警察で働く、ジェームズ・エドワーズ刑事(ウィル・スミス)はある事件の犯人を追い詰めていましたが、犯人は飛び降り自殺してしまいます。

その時に見た人間離れした動きに、エイリアンだと気づきますが、検視官以外には誰にも信じてもらえませんでした。

そこへ、“K”と呼ばれる男(トミー・リー・ジョーンズ)が現れます。

Kは、自分の所属する組織「メン・イン・ブラック」(略してMIB)にジェームズをスカウトをして、ジェームズは他にも集められたエリート達の中に混じって試験を受けます。

難しい試験でしたが、ジェームズは合格をした唯一の人物だった。

そしてジェームズは名前や存在と今までの身分を全て捨てなけれなばらならず、考えますが「J」としてMIBの一員になることを決断します。

Jは地球上には1500体ものエイリアンが人間に姿を変えて生活していることを知らされます。

そのエイリアン達を監視し、彼らの存在を世間から隠すことが彼らの仕事でした。

・j・kコンビ

JはKとコンビを組む事になりました。

ベテラン捜査官のKと研修を終えた新米のJでしたが、事件が起きます。

農夫の土地に宇宙船の無断侵入します。

バグは近くの農夫、エドガーを殺し、彼の皮膚をかぶってニューヨークへ行くと、宝石商のローゼンバーグを射殺します。

遺体安置所では、ローゼンバーグの遺体を検死官ローレルが調べます。

そこへJとKが駆けつけます。遺体の頭部が開き、中から小さなエイリアン・アルキリアン帝国の王族が出てきました。

「戦争を阻止しろ、銀河系はオリオンのベルト…」と言い死んでしまいます。

「オリオン、ベルト、銀河系」がどういう意味なのかJとKは調査を始めます。

「銀河系」は貴重な原子エネルギー源でローゼンバーグが守っていましたが、それをバグが狙っているのでした。

ネタバレ

・ミッション

JとKは地球の平和を守るためにバグより先に銀河系を入手しないといけません。

調査を進めていくうちに、アルキリア王の飼い猫の名前がオリオンであることを思い出します。

KとJは「オリオンの首輪」は猫の首輪のことであり、そこに「銀河」があるのではないかと考えます。

その頃、ローレルはローゼンバーグの側にいる飼い猫の首輪についているビー玉を発見します。

一足先に来たバグが銀河系を奪い、ローレルを連れ去って、逃亡します。

JとKは、バグを追いかけます。バグはニューヨークの郊外にあるツイン・タワーにある宇宙船を使って逃げようとしていました。

JとKは宇宙船をミサイルで墜落させます。

エドガーの皮を脱いだバグは巨大なゴキブリになり、JとKを攻撃します。

Kはバグに飲み込まれますが、Jがなんとかバグを足止めし、Kがおなかの中から銃を撃ち、身体を割って脱出します。

しかし、バグはしぶとく、JとKの背後から襲い掛かります。

そこへ、ローレルがミサイルを当てて事件は無事、一件落着します。

Kは引退を宣言し、自分の記憶を消すと過去の生活に戻ります。

Jは、ローレルをスカウトし、新しい自分のパートナーとしてLと次の仕事へと向かいます。

 

\ 本編をチェック! 

映画『メン・イン・ブラック』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

登場人物紹介

K (トミー・リー・ジョーンズ)

ジェームズ・エドワーズ→J (ウィル・スミス)

ローレル・ウィーバー→L (リンダ・フィオレンティーノ)

エドガー/バグ (ヴィンセント・ドノフリオ)

Z (リップ・トーン)

D (リチャード・ハミルトン)

ジーブス (トニー・シャルーブ)

ベアトリス (シオバン・ファロン)

ローゼンバーグ (マイク・ナスバウム)

アルキリア星人 (カレル・ストルイケン)

ジェンセン (ケント・フォールコン)

レジック (パトリック・ブリン)

ニュートン (デヴィッド・クロス)

 

主題歌

『メン・イン・ブラック』のサウンドトラック

Twitterでの反応

こんな人におすすめ

・缶コーヒーのBossの人が見たい人!

・暗い気持ちを吹っ飛ばしたい人

・SF映画が好きな方!

・コメディ映画が好きな方!

感想

感想はここから見れます
女性30代
女性30代

こんな映画初めて見た!と思うくらい、当時は度肝を抜かれた作品で、大好きな映画です。
面白くて、でも感動もしっかりあって、最後は清々しい気持ちになった不思議な映画で、何度見ても絶対に笑える映画だと思います。
ウィル・スミスさんとトミーリージョーンズさんがコンビを組んで宇宙人をやっつけるシーンが特に面白くて、人間と戦うわけではないので出てくる武器も奇想天外なものばかりで、子どもは見ていてワクワクすると思います。
最後まで展開が読めず、ハラハラドキドキするシーン満載で大興奮の映画です。
宇宙人が愛おしく感じ、本物の宇宙人に会いたくなること間違いなしで、これまで描かれてきた宇宙や宇宙人とはまた一味違った感情を抱けること間違いなしだと思います。
大笑いしたいときにおすすめで、家族みんなで楽しめる映画作品だと思います。

女性40代
女性40代

地球で悪さをする宇宙人を取り締まる人達の話で、生音はなくアルファベットの1文字で呼び合う仲で、黒のスーツを着てるのが特徴です。
丁度、年老いた人と組んでいたKが相棒が辞めるという事で、新しく試験をして選ばれるのが、ウィルスミスが演じる一般の刑事なんですが、試験の日の受け方が1人だけ独特で個性があり、見どころだと思います。

優等生は見ていてもわかりやすく、とても型にはまった答えや言葉使いもいいですが、ウィルスミスは、筆記試験でも、銃を撃つ時での判断も的確な説明が印象的です。

そして、ウィルスミスがもうひとりの相棒になりますが、何がおきてるかよくわかってない状態からスタートして始めてだんだんと宇宙人に慣れていきます。
相変わらずマシンガンのように喋って色々と相棒に聞きますが、物静かな相棒は、知らなくていいこともある。と、言って言わないことが多いです。

知らなくていいこともある。は、とても納得できるセリフでした。
途中、見たくないないようなドロドロ感もありますが、退治したあとはスカッとするので、
見終わったあとはスッキリするし、2人の良さが伝わってきて楽しめると思います。

女性50代
女性50代

地球に住む宇宙人を監視する秘密組織MIBに合格したジェームズは、エージェントJとしてKの相棒となりますがこの二人のコンビが最高でした。
エドガーはアルキリアン星の王族らを殺害し宝石を盗むが、望む物でなく怒ります。王族の遺体を調べる検死官ローレルの所にJとKが来て遺体の頭が割れ、小さな宇宙人が現れた時には驚きマシタガ、インパクトがありました。
K役のトミー・リー・ジョーンズは、それまでに多くの映画で脇役を務めていましたが、このドラマではメインになり存在感がすごかったです。
SFとコミカルさがドッキングしており、最後まで楽しむことが出来ました。
二人のコンビが、とてもいい味を出しておりこの映画を見て二人のファンになりました。
ラストシーンは「地球や太陽系を含む銀河系」をビー玉のようにもて遊び、他の銀河系のビー玉と一緒のかごに無造作に入れる超巨大エイリアンの映像で締めくくられますがインパクトがありました。

女性50代
女性50代

寡黙なトミー・リー・ジョーンズとやけに明るいウィル・スミス、もう最高のコンビだったと思います。この二人無くしてはこんな楽しい映画にならなかったのではないでしょうか。それに加え地球で人間に擬態して暮らすエイリアンとそれを監視する秘密組織MIBという設定と、人間に擬態し地球で暮らすエイリアンがやけに人間臭く、人間と同じように善い行いをしたり私利私欲で悪に走ったりする姿は、これまでの壮大なスケールのSF映画と全く違う世界観を作り上げていて、さらに面白さを倍増させています。ゴキブリが大嫌いな人は所々閲覧注意の場面がありますが、人間に嫌われがちな虫や記憶を消す装置にサングラス、ゴシップ記事に実は沢山の情報が詰まっていたりたりするところなどに映画製作者の遊び心も感じられて、とにかく気軽に思い切り笑いたい時にお勧めできる映画です。

男性40代
男性40代

映画「メン・イン・ブラック」を最初に見た時に思ったのは、本当に知らないうちに人間の生活に潜り込んでいる宇宙人たちがいたらどうしようかと思いました。人間に上手く変身できる能力を持つ宇宙人など、本当に実在していそうだし、実際に気付かないだけでいそうだなと思います。出て来る宇宙人の姿も非常にユニークで、これまでの典型的な宇宙人の姿からかなり変わっていたのも面白かったです。ストーリー自体も新人とベテランがごたごたを起こしながら良い相棒になっていくというのも見ていてハラハラしたり、イライラしたり、面白く見ることが出来ました。宇宙人対策用の武器や人間の記憶を消去してしまう装置など、よくアイデアが思い浮かぶなと思いながら見ていました。シリーズものとして続くかもと思ったら、やっぱりシリーズ化したのも良かったです。

女性20代
女性20代

シリーズを通して全て好きです。ウィル・スミスがエージェントになっていく試験や説明の時に、実は世の中には宇宙人がたくさんいるというような説明は、本当にそうなんじゃないかとワクワクしました。とくに、有名人を実は宇宙人とするところは笑えました。話自体はエージェントが悪い宇宙人を退治していくのですが、ものすごい小さい宇宙人が全身を操縦していたりと、宇宙人の扮する人間の仕組みにとても心をくすぐられました。エージェントの衣装がブラックスーツでオフィスは真っ白で近未来的。SFの未来的おしゃれと、現代の世相がうまく混ざった世界観で、心地よいものでした。ゴキブリの悪者がどんどん皮が伸びていくのはちょっと気持ち悪く、本物のゴキブリも出てきてうぉえっとなりますが、次のシリーズも見たくなる、スピルバーグさも見えるとても面白い作品だと思います。

女性30代
女性30代

コミカルでテンポが良いのに、衣装が黒づくめのスーツでかっこいい。もちろん面白いので何度も見たくなる作品です。
ウィル・スミスの明るい性格のJと、トミー・リー・ジョーンズの寡黙なKのやり取りが何度見ても飽きません。
さまざまなエイリアンが出てくるのはスピルバーグ監督ならではだと思いますし、そのエイリアンも多岐に渡っていて本当にいてもおかしくないなと思えてしまうほどです。
基本的にエイリアンは人間に姿を変えて溶け込み共存しているが、中には良くないエイリアンもいて、そのエイリアンを取り締まるのがKとJの仕事。その最後に対峙するエイリアンがゴキブリに似ていてリアル。しかもそれがとても大きく成長しているので直視できないくらい気持ちが悪い。それ以外のエイリアンはかわいいのも多いです。
あと、何といってもエイリアン対策のアイテムがかっこいい。拳銃サイズなのに威力はバズーカ並みのスペースガンや記憶を書き換える装置などもありますが、とくにかっこいいのが、公用車!見た目は一昔前のモデルなのにハイテク満載の機能が付いていてそのギャップがめちゃめちゃかっこいいので注目して見てほしいです。

女性20代
女性20代

面白くて何度も見返してしまう作品です。
キャストはもちろん最高で、トミーリージョーンズとウィルスミスのお茶目な掛け合いに毎回爆笑してしまいます。
ギャグ要素満点の作品で、宇宙人が沢山出てくる夢のあるストーリーです。
三部作あるストーリーの第一作目は特に私がお気に入りのお話です。
私はウィルスミスが大好きなのですが、作中のJは本当に愛すべきキャラクターだと感じます。
個人的に大好きなシーンは最初のエージェントを選抜するテストのところ。
机をキーキー音を立てながら自分の方に引き寄せたり、女の子を撃っちゃう(多分テストとしてはそれが正解)ところが破天荒で、ウィルスミスにぴったりの役です!
MIB本部の中には宇宙人がウヨウヨいますが、私は虫みたいな宇宙人がすごく好きです。
アクションシーンは本格的ではないものの、ハラハラドキドキとしてとっても楽しい作品です。

男性20代
男性20代

こちらの作品は実は地球にはもうすでに宇宙人がいて生活しているというもの。それを陰から支えたり、違法行為をしていないか観察または逮捕するのが今回の主人公達であるメン・イン・ブラックの役割です。
そんな物語なのですが、一番の見どころはエージェントJであるウィル・スミスのお笑いシーンが多いとこですね。車が加速して体ごと落ちそうになったり、エージェントK(トミー・リー・ジョーンズ)と一緒に敵の弾ける肉塊でびちゃびちゃとなるところもお笑いモノです~。ぜひ見てほしいです。
お笑い要素も結構あるのですが、謎解きの部分も見ものです。何度も見ていないとわからないとこもあるのですよ。なぜ最初に登場したエイリアンが必死に逃げていたのかとか、なんで宇宙人のことが世間では騒ぎにはなっていないかとかです。まあ、騒ぎになっていないのはとあるものを使っているからなのですが。

女性40代
女性40代

ウィル・スミスとトミリー・ジョーンズの新境地でもあり、はまり役でもあった「メン・イン・ブラック」。ふたりのビシッと決まったブラックスーツは女性ファンだけでなく、男性ファンも虜にしました。映画の見どころは、なんと言っても、愛らしくて「キモカワイイ」宇宙外生命体たち!秘密組織でせっせとコーヒーを淹れてもてなしてくれる、生意気だけど憎めない小型エイリアンや、パグ型(?)エイリアンなど、個性豊かなエイリアン描写は、さすがアメリカといったところです。もちろん、007もびっくりの、スーパーカーや武器を駆使したド派手なアクションシーンも大迫力!ハリウッド映画には欠かせないSF要素が満載の、老若男女を問わず楽しめる娯楽大作です。そして楽しいだけではなく、トミリー・ジョーンズ扮する「K」のちょっとほろ苦い過去エピソードに、ホロリとしてしまいます。

まとめ

いかがだったでしょうか?トミー・リー・ジョーンズを俳優ではなく缶コーヒーのBossの人と認識されている方の方が多いのではないのでしょうか?

この映画はトミー・リー・ジョーンズとウィル・スミスのコンビが最高に面白いです!かっこよさの要素も感動の要素もあるこの映画は何度見ても飽きません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました