ハロウィンおすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!
ハロウィンに是非見たい映画を紹介しています!

おすすめ映画はこちら

チキン リトル 無料動画配信(ディズニー映画 字幕 吹替)フル視聴 9tsu Dailymotion anitube

チキン・リトル アニメ映画

(c)2005 Disney

チキン・リトル (吹き替え) – 予告編

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

ディズニー映画『チキン・リトル』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

ディズニー映画『チキン・リトル』の動画をフル視聴する方法

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ✕ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  ✕ 933円 14日間 なし
  〇 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  ✕ 500円 30日間 なし
  ✕ 500円 31日間 なし
  ✕ 800円〜 なし なし

ディズニー映画『チキン・リトル』を公式動画配信サイトを視聴する方法

2020年9月現在、ディズニー映画『チキン・リトル』のDVDレンタルや動画配信が視聴できるのはTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASのみです。

\期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』のお試しはこちら

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

ディズニー映画『チキン・リトル』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

ディズニー映画『チキン・リトル』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

ディズニー映画『チキン・リトル』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』のお試しはこちら

>>期間中の解約は違約金は発生しません!

『ディズニー』の歴代作品紹介

ディズニー 作品 U-NEXT TSUTAYA TV/DISCAS hulu
チキン・リトル ✕「
シュガーラッシュ:オンライン
シュガーラッシュ
トイストーリー・オブー・テラー!
ラ・ラ・ランド
ナイトメア・ビフォア・クリスマス
アリス・イン・ワンダーランド
マレフィセント
ダイナソー
ラマになった王様
ブラザーベア
くまのプーさん
プリンセスと魔法のキス
ボルト
トイストーリー1
トイストーリー2
トイストーリー3
トイストーリー4
美女と野獣
アラジン
ライオンキング
リメンバーミー
2020年9月現在、『ディズニー』シリーズは『U-NEXT』『TSUTAYA TV /DISCAS』の2つの動画配信サイトにて視聴できます。

ディズニー映画『チキン・リトル』あらすじ・ネタバレ・出演キャストなどの作品概要

『チキン・リトル』は2005年に公開されたディズニーが制作したアメリカの映画です。

ひょんなことから悪い意味で有名になってしまった主人公が、自分に自信を持つことで心を成長させていく物語です。

あらすじ

・空のかけらが降ってきた!

全ての始まりはその日にありました。

その日、街中に警報の鐘が鳴り響いたのです。

鳴らしているのはチキン・リトルという少年でした。

チキン・リトルが言うには空のかけらが降ってきたというのです。

街中の人々はチキン・リトルの言うことを信じて逃げ回りましたが、結局そんなものは落ちてこず、皆にはどんぐりが落ちてきたことと勘違いし、チキン・リトルが大騒ぎしただけの事件として認知されたのです。

・いつか皆を見返す日を信じて

その日以来チキン・リトルは皆の笑いものにされるようになりました。

学校はもちろん、街中の人から笑いものにさえたチキン・リトルはいつか必ず生まれ変わると信じて日々を過ごしていました。

しかしそんなチキン・リトルの願いとは裏腹にどうにもついていない毎日が続きました。

学校でも問題児とされていたチキン・リトルはついに父親からの信頼も失ってしまいます。

そんなチキン・リトルは「空のかけらがふってきた」事件での失態を取り戻すためには、大きな成功を収めるしかないと思いました。

・チャンスで回ってきたのはチキン・リトル

チキン・リトルは野球を始めたいと父親に懇願しました。

野球研究者であるチキン・リトルの父親はチキン・リトルの提案を反対しましたが、結局チキン・リトルは野球を始めたのです。

そんなある日、チキン・リトルも出場する野球の試合で名誉挽回する絶好のチャンスが訪れます。

なんと一打サヨナラのチャンスでチキン・リトルに打席が巡ってきたのです。

誰もがチキン・リトルが活躍するわけがないと思っていました。

しかし、結果は見事ランニングホームランで、チームを勝利に導くことができたのです。

チキン・リトルは皆に見直されるようになります。

特に喜んだのは野球経験者の彼の父親でした。

ネタバレ

・再び空のかけらが降ってきた!

そんなチキン・リトルの前に再び空のかけらが姿を現しました。

ただし前回の一件があるため、やみくもに騒ぎ立てることはせず、信頼できる友人にまず話すことにしました。

しかしその友人の一人・フィッシュが現れた空のかけらが拡張して出来上がったUFOにさらわれてしまうのでした。

なんとかフィッシュを救い出したチキン・リトルでしたが、再び街中で騒ぎを起こしてしまいます。

更にはまたも街の人々がUFOを確認しようとしたときにはその姿は消え失せてしまったのです。

チキン・リトルは再びほら吹き呼ばわりされる羽目になってしまいました。

・結末

しかしその一件で取り残されていたエイリアンの息子がチキン・リトルたちの傍にいたことから、姿を消したUFOは再び侵攻してきたのです。

しかも今回はとんでもない数のUFOを引き連れていました。

街はこのままUFOたちに侵攻されてしまう、皆がそう思いましたが、チキン・リトルの奮闘によってそれは食い止められたのです。

この件で空のかけらが降ってきた!というチキン・リトルの話は信じられることになり、そしてチキン・リトルは一瞬にして街の英雄に栄転したのでした。

そして父親からの信頼も取り戻すことができたのです。

チキン・リトルにとってはそれが何よりも喜びでした。

\ 本編をチェック! 

▼ディズニー映画『チキン・リトル』の動画をフル視聴

>>お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

主題歌

岡本真夜 『いつかきっと』

登場人物

チキン・リトル (山本圭子)

バック・クラック (中村雅俊)

ラント (朝倉栄介)

アビー (小島幸子)

Twitterの反応

こんな人におすすめ

・ディズニー作品が好きな方

・動物が出てくる話が好きな方

・不遇な主人公を応援したい方

感想

感想はここから見れます
女性30代
女性30代

すごく弱弱しくて、見つからに主人公になりそうもない眼鏡ののとても小さい体のチキン・リトルが主人公の話です。失敗ばかりくりかえしてしまう。チキン・リトルの父親は威厳があり、チキン・リトルとは対照的です。息子の言葉を聞いたり、信じたりするよりも世間体を気にする父の言動を聞くと、チキン・リトルのことを不憫に感じます。父親は、チキン・リトルをなかなか理解しようとしないが、友人の女の子アビーは違います。チキン・リトルを常に応援する側にいて、恋愛感情をいだいているように見えます。見た目はすごく可愛い容姿ではないが、まっすぐにチキン・リトルをみている姿は一途で可愛いです。野球で挽回しようとする、チキン・リトルの姿がとても可愛いです。大きなヘルメットに頭がすっぽりはまって、かぶることでふらふらしちゃうんじゃないかと思う姿にきゅんとします。チキン・リトルが以前から言っていた空のかけらという光る一部がまた再び、チキン・リトルのもとに訪れ、またみんなに言うべきか悩み葛藤する姿がこの作品の要です。後半は謎のエイリアンとの遭遇に街はパニックになりますが、チキン・リトルの仲間たちが勇気をふりしぼって果敢に挑みます。父と子供の成長を作品をとおしてみることが出来る作品です。

女性20代
女性20代

キャラクターたちがとても面白いと思います。
主人公の家庭の事情は序盤でなんとなくわかってきます。
主人公は周りからからかわれる存在で、ちょっと浮いている感じです。
でもちゃんと頼れる友達もいて、結構リアルでもそんな環境の人がいるのではないかと思えるくらいに親近感が湧きます。
名前の通り少しチキンで、怖がりなところがありますが、宇宙人と友達になり、様々な事件が起きていくうちに、少しずつ自分で行動する様になり、勇気を出せる様に成長しているのが見ていて感じます。
周りのキャラたちもとても個性的で、鳥(?)の女の子はとても活発でやんちゃな感じがして、主人公を引っ張ってくれている様に見えます。
ブタの男の子は主人公並みに怖がりで食いしん坊ですが、色々ときっかけをくれる存在になっている様に見えて、ふたりとも主人公にいい刺激を与える存在になっていると思います。
宇宙人の子どもも可愛いですね。
同じ親として気になるのは主人公のお父さんで、自分の息子が鐘を鳴らして町中を騒がせてしまったり、わけのわからないことを言いだしたり、息子の行動に困ったり心配していることでしょうが、信じてあげたり、時には協力したりと、親子の愛も感じました。
私的にはキャラクターが面白い作品だと思います。

女性30代
女性30代

チキン・リトルみたいな、ここぞというタイミングで失敗しちゃう人っていますよね。自分自身も同じように上手く行かずになんとなく人生を諦め気味で、親に「大丈夫なの?」って心配されたりします。この映画は、リトルがある事をきっかけに大きく成長する話だと思うのですが、それと同時にお父さんがリトルを信頼して手を離す、子離れの話でもあるんです。周りの人から信じてもらえない辛さも、信じてあげられない辛さもどちらもあるけれど、やっぱり自分の子供の事は何があっても信じてあげたいな、としみじみ思いました。リトルは、一回目の失敗から最初は自分の事を無条件に信じてくれるお友達にだけ話して奮闘しますが、それもとても大事な事。人生どんなに失敗しても、信じてくれる人が一人でもいればいつか逆転サヨナラホームランが打てるって事を教えてくれます。そして、いつか、本当に信じてもらいたかった人にも届くはずです。リトルのお父さんはリトルの事が心配なあまり、リトルの事を信じてあげられてないシーンが多くて胸が痛くなりますが、だからこそ終盤の「信じて、やらせてみる」というシーンにグッと来ます。信じてもらえなかった子供の頃見ても、子供を信じたいと思いながら子育てしている今見ても、考える事が沢山ある映画では無いかと思います。

女性40代
女性40代

チキンリトルの面白さは、スローリーも面白いですが、チキンリトルや周りの風貌に魅力を感じます。今までのアニメにはないキャラクターの風貌で、小さな鶏の子供が眼鏡をかけて人間の子供のように、走り回り失態を繰り返しても信頼を勝ち得ていくというストーリーですが、彼の風貌はなかなか面白いものです。また3D版化もされているので、今までのタッチとは違う味を出して見せてくれるアニメションです。チキンリトルは小さな体をしているので彼の走り回る姿を見れば自然に笑顔が溢れます。ストーリーを見れば、ただ毎日失敗を繰り返して、周りのみんなに笑われてばかり、しまいにはある出来事がきっかけで、嘘つき呼ばわりされてしまいますが、そうした困難を乗り越えるチキンリトルの一生懸命な姿が愛らしいかなと思います。失敗しても立ち直り、前進することの大切さや、失敗しても挽回するチャンスはいくらでもあるということを子供に教えるときにこのアニメの意味があるのかなと思います。大人も楽しめる番組ですが、印象に残るのはテーマソングミュージックです。軽快な音楽なので誰にでもすぐ覚えられて、英語の勉強に最適なミュージックがいくつか入っているので、勉強に役立つアニメーションでもあります。

女性30代
女性30代

何をやっても失敗してばかりのチキンリトルは面白いのですが、こういうことは人間にもあって共感してしまいました。

ディズニーの主役と言ったら何でも出来ることの方が多いような気がしましたが、こういうのもありなんだと思いました。

お前はだめだとハッキリ言われてしまって落ち込んでいるときは言われた側の気持ちもありますが、だめだと自分で思ってしまわないようにすることは大切なんだと思いました。

みんなに押されてしまってバスに乗れなかったりしているのはあまりないですが、失敗してしまう方はあるのかもしれないです。

信号を無理に渡ろうとしてしまうからそうなってしまうんだと思いました。

ドジな方って無理にやろうとしてしまうことがあるんだと思いました。

というか彼は自分から何かをしようとしていましたが、そういうときに空から降ってきてくれたことが彼を変えてくれたんだと思います。

UFOがたくさんいましたがそれに助けられていたので彼も努力を惜しまずに色々とやっていたのが良かったんだと思いました。

でも彼のやってきた努力は他にもなく素晴らしいことだと思います。

努力をしていればいつか必ずいいことが起きるんだと思わせてくれて共感してしまいました。

女性30代
女性30代

主人公のチキンリトルのお父さん役の声で中村雅俊さんが担当されています。
優しい声が心配性なお父さんのキャラクターにぴったりでした。
主人公のチキンリトルの声は、声優の山本恵子さんが担当されていますが、所々サザエさんの花沢さんが浮かんでしまいました。

花沢さんのキャラクターが気弱で臆病なチキンリトルと真逆な為、少しアンバランスな気もしましたがストーリーが進むに連れて違和感はなくなりました。
小さなチキンリトルのルックスにキュンとしてしまいます。

チキンリトルの友達たちのキャラクター設定も海外の学園ドラマに出てくるような愛着のあるルックスでドジでオタクな冴えないメンバーたちを思わず応援したくなります。
小さな田舎町での出来事がまさか宇宙人とか関係しているなんていう予想外の展開、しっかり冒険成長ストーリが最後まで飽きさせません。
劇中でキャラクターたちが歌う歌や使われている音楽がクイーンやスパイスガールズなど現代的なのも面白かったです。
トラウマを乗り越えようと困難に全力で立ち向かっていくチキンリトルの健気さと勇気は観ているだけで励まされます。
決して華やかとはいえない素朴な主人公と仲間たちの友情と、行き違っていたチキンリトル親子が最後にみせてくれる親子の絆には思わず涙してしまいました。

まとめ

自身の性格があるとはいえ、あまりにも不遇な主人公に切ない気持ちになります。

しかしながら心の持ちようを変えることで少しずつ成長していくところは必見です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました