ハロウィンおすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!
ハロウィンに是非見たい映画を紹介しています!

おすすめ映画はこちら

ドラえもん のび太の恐竜 無料動画配信(映画)フル視聴 9tsu Dailymotion anitube

ドラえもん のび太の恐竜 ドラえもん

(c) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 1980

ドラえもん のび太の恐竜(予告)

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

映画『ドラえもん のび太の恐竜』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

映画『ドラえもん のび太の恐竜』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ✕ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  ✕ 933円 14日間 なし
  〇 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  ✕ 500円 30日間 なし
  ✕ 500円 31日間 なし
  ✕ 800円〜 なし なし

映画『ドラえもん のび太の恐竜』を公式動画配信サイトを視聴する方法

2020年9月現在、映画『ドラえもん のび太の恐竜』のDVDレンタルや動画配信が視聴できるのはTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASのみです。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

映画『ドラえもん のび太の恐竜』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

映画『ドラえもん のび太の恐竜』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

映画『ドラえもん のび太の恐竜』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

映画『ドラえもん のび太の恐竜』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

2020年に連載開始50周年、劇場版シリーズ開始40周年を迎える、1980年公開の国民的アニメ「ドラえもん」の記念すべき劇場版シリーズ第1作品目。

恐竜がいたとされる白亜紀を舞台に、恐竜の卵を孵化させ育て、タイムマシンで元の時代に戻そうとするのび太たちの奮闘が描かれている。

あらすじ

・恐竜の化石

ある日いつものようにスネ夫が、しずかやジャイアン、のび太の前で自慢げにティラノサウルスの爪の化石を披露していました。

しずかとジャイアンは触らせてもらえましたが、のび太は触らせてもらえないどころか、まともに見ることもできず、悔しい気持ちから「恐竜の化石を丸ごと見つける。

見つけられなかったら鼻でスパゲッティを食べる」とみんなの前で宣言します。

家に帰ったのび太は早速ドラえもんに泣きつきますが、ドラえもんは”いつも甘やかしてはダメだ。”と思い「日本にティラノサウルスは生息していなかった」と言います。

しかし意地になり諦めきれないのび太は『化石の研究』という本を読み、化石は古い地層から出てくると知り、近所の崖を掘り始めますが、近くに住むガケシタさんのお家の庭や車に石が落ち、ガケシタさんはのび太に苦情を言い、お詫びとしてゴミを埋める穴を掘らされることになりました。

穴を掘りつ続けていると大昔の卵のような黒い丸い塊を発見し、恐竜の卵だと思ったのび太はそれを持ち帰ります。

ドラえもんに呆れられ、ただの石だと言われ弱気になるのび太ですが、ドラえもんの道具の一つ”タイムフロシキ”を使うと黒い塊は1億年前の姿に変わり、本当に恐竜の卵だったのです。

・ピー助

のび太は自らそれを必死で温め、孵化させることに成功します。

中から出てきたフタバスズキリュウの赤ちゃんにピー助と名付け、その日から愛情をもって育て、成長促進剤をお肉やお魚のおかずに混ぜて食べさせることで急速に成長していきました。

成長していくことで家で買うことができなくなり、公園の湖で密かに育てることにしたのび太ですが、ある日風邪を引いてしまい公園に行くことが出来ずドラえもんに代わりに行ってもらいますが、ピー助はドラえもんからは餌を食べませんでした。

そして3日間会いに来なかったのび太が恋しくなり、ピー助は湖から出てドラえもんの後を追い家までやってきてしまい、街中でピー助の噂が立ってしまい、新聞やニュースで取り上げられ湖に調査が入ることになってしまいます。

のび太は急いでスネ夫、ジャイアン、しずかに見せようとしますがタイミング悪く3人とも旅行に出かけたりと留守にしており、見せることができませんでした。

・黒い服の謎の男

のび太の家に、黒い服に黒いマスクの謎の男が現れ、ずっと監視カメラで様子を見張っていたピー助を譲ってほしいと言い出します。

それを聞き限界を感じ白亜紀に戻す決断をしたのび太とドラえもんは、ピー助をスモールライトで小さくしタイムマシンに乗り白亜紀へ向かいますが、謎の男もタイムマシンに乗り後を追ってきました。

なんとか逃げ切り、白亜紀へ戻すことに成功し現代へ戻りますがのび太は寂しさを引きずってしまします。

・ピー助の様子

そんなのび太の元へ、スネ夫たちが鼻でスパゲッティを食べて見せろとやってきたので、ピー助を育てていたことを報告しますが信じてもらえず、しずかにはうそつき呼ばわりされてしまいます。

そこでのび太は証拠を見せると言い3人に白亜紀の様子が見えるタイムビデオでピー助の様子を見せますが、画面に打ちしだされたピー助は周囲に馴染めず他の恐竜たちにイジメられており、それを見たドラえもんはあることに気付きました。

そのあることとは、謎の男に追われ逃げながらピー助を置いてきたのが、本来ピー助の仲間が生息する日本近海ではなく正反対の北アメリカ大陸だったということでした。

・日本近海へ移動

ピー助が仲間と暮らせるように日本近海に移動するためドラえもんやのび太はタイムマシンに乗りピー助の元へ向かいますが、ジャイアンたちもついてきたためタイムマシンは定員オーバーとなり故障してしまいます。

なんとか白亜紀にたどり着き再会を果たし喜び合うのび太とピー助の様子を見てジャイアンたちものび太がピー助を育てたことを信じてくれました。

しかし、タイムマシンが壊れてしまったため戻れず、修理したいドラえもんの必死の説得の末、しばらくのび太たちは白亜紀の地球を楽しみ、ドラえもんは修理を試みますが、直りませんでした。

・現代へ戻るため

タイムマシンの空間移動装置が壊れてしまったことで現代へ戻るためには、1億年後ののび太の部屋の机があるところまで持っていく必要がありました。

ドラえもんたちはピー助をスモールライトで小さくし、タケコプターで陸続きのところをタケコプターを休ませ徒歩をでの移動も交えながら移動することにします。

その途中、恐竜たちに襲われますがドラえもんの道具”桃太郎印のきびだんご”を食べさせ手懐け、その中でも小さな群れで暮らすオーニソミマスという恐竜を見つけきびだんごで手懐け背中に乗り移動していきました。

・謎の男の正体

そんなドラえもんたちを黒い服の謎の男が追いかけてきて、ピー助を引き渡すよう交渉してきます。

男の正体は恐竜を不法に捕まえコレクターに高く売る、未来のから来た世界の恐竜ハンターであり、一晩時間をやると言い未来へ帰っていきました。

しかし、その男の雇い主であるドルマンスタインは言うことを聞かないであろうドラえもんたちを抹殺することにしました。

ネタバレ

・男との対峙

ドラえもんたちはダミーの泥人形を走らせ男たちの目を引き付け、その間に男たちのタイムマシンを横取りしようと考えますが、その作戦は失敗に終わりスネ夫たち3人が人質に捕らえられ男たちの基地に連れて行かれてしまいます。

3人を助けるためドラえもんとのび太は基地へ忍び込みますが、そこは恐竜同士を戦わせる闘技場で、ティラノサウルスがのび太たちに差し向けられます。

ところがそのティラノサウルスは現代へ戻る移動中にきびだんごを食べ味方になっていたため、ドラえもんたちはティラノサウルスの頭に乗り男たちを襲うよう指示しました。

・23世紀のタイムパトロール隊

そのころ、23世紀のタイムパトロール隊も動き出しており、男たちの悪事を見抜いていたパトロール隊により男たちは逮捕され、ジャイアンたちを助け出すことにも成功します。

そして、パトロール隊の配慮でドラえもんたちちは日本近海まで送ってもらい、そこに現れたフタバスズキリュウの群れにピー助を帰し別れを告げ現代へ戻りました。

思い出と寂しさに浸りながら眠りについたのび太は、メスのフタバスズキリュウと仲良く過ごすピー助の夢を見ました。

\ 本編をチェック! 

映画『ドラえもん』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

登場人物

・ドラえもん (声:大山のぶ代)

・のび太 (声:小原乃梨子)

・しずか (声:野村道子)

・ジャイアン (声:たてかべ和也)

・スネ夫 (声:肝付兼太)

・ピー助 (声:よこざわけい子)

主題歌

『ぼくドラえもん』 大山のぶ代・こおろぎ’73

ぼくドラえもん 大山のぶ代 こおろぎ73 【ドラえもん50周年】

『ポケットの中に』 大山のぶ代・ヤングフレッシュ

ポケットの中に 大山のぶ代 【ドラえもん のび太の恐竜 主題歌】ドラえもん50周年

Twitterでの反応

https://twitter.com/Ryotaro23229066/status/1302157229731115010

こんな人にオススメ

・ドラえもんが好きな人

・子供のいる人

・友情アニメの見たい人

感想

感想はここから見れます
男性20代
男性20代

長く続くドラえもん映画シリーズの第1作品目の本作品になりますが、ドラえもんらしいコミカルなコメディ要素に映画ならではの、冒険ファンタジーが重なり終始ワクワクが止まらない素晴らしい作品になっております。ストーリーとしては、ひょんなことから卵がかえってしまった恐竜ピー助をのび太をはじめとするお馴染みのメンバーで、元の時代に返しに行くが、トラブルで帰宅ができなくなってしまうという王道のお話ですが、友情や勇気という子供たちにささるテーマがしっかりと描かれており、見ていて気持ちの良い爽やかな作品になっております。また、短い時間ですが苦楽を共にした恐竜のピー助とのお別れのシーンは大人にでも、感動してしまうほど素晴らしく、声優さんの演技はBGMも合間って涙が止まらなくなります。本作品はドラえもん映画シリーズの第1作目ということで、ドラえもんがいたらなんでも簡単に自由にできてしまうという点をどのようにして困難にするのかというところもしっかりと描かれており、大変丁寧に作ららていました。

男性40代
男性40代

1980年、映画『ドラえもん のび太の恐竜』を見て感じたのは、映画になるといつも喧嘩したりしているジャイアンやスネ夫などものび太たちと一緒に協力するというのが、やっぱり喧嘩はしても仲良しなんだなということが分かったり、友達との友情というのがドラえもんのテーマになっているなとも思いました。のび太の嫉妬から恐竜を育てるという設定も、生まれた恐竜に好かれるのび太も、やっぱりのび太だからこそなんだなと見ていて思いました。一見すると自分勝手なようでいて、仲間思いな所ものび太の良さであると思いました。そういうのび太を知っているから、ジャイアンやスネ夫、しずかちゃんものび太と一緒にいるんだなと思います。また、ドラえもんがいざという時に慌てて必要な道具が出せないところとか、肝心な時に失敗するという典型的なパターンも分かっているのに面白く見ることができるのもドラえもんの魅力なのだと思います。恐竜とのび太の心が通じ合うところなど、見ていて感動してしまいました。

男性40代
男性40代

ドラえもん映画の大長編、映画ともに記念すべき1作目の作品です。
現在も続刊中の月間コロコロコミックで連載された作品を基に追加された作品です。

出演キャストは、現在の声優とは違い初代声優であるキャストの方です。
特にドラえもんの声優(大山のぶ代)が印象強いのは、30代後半からの方だと思います。

ストーリーは、主人公ののび太が友人のスネ夫の自宅にてティラノサウルスの爪の化石を見せてもらいます。
触りたいとスネ夫にお願いするのび太でしたが触らせてもらえず。
悔しがるのび太は「自分で恐竜の化石を一頭分みつけるぞ」ととんでもない発言をしてしまう所から物語は始まります。

この映画の見どころは、首長竜のピー助と名付けるのび太との家族に似ている愛情です。
タイム風呂敷を使いフライングもありますがそこはドラえもんの道具に夢がある。
毎日、ピー助を成長するまで卵を温めたり刺身を食べさせたり一生懸命育てるのび太のひたむきな愛情を感じました。

作品の純粋な感想ですが大人になっても泣いて感動できる作品は、珍しいと思います。
ドラえもんは、忘れてた感情を思い出す事が出来る数少ない作品です。
日々の忙しさで疲弊しているときこの作品を見て愛情や友情を思い出してほしいと思います。

女性30代
女性30代

ドラえもんの最初の映画です。スネ夫に恐竜の化石を自慢を持っていることを自慢されることから物語が始まります。自分も恐竜の化石を見つける!とスネ夫に宣言するまではいつもの話の流れですが、最終的に自力で恐竜の卵の化石を見つける所が面白いです。ぱっと見は丸い岩のようなものを、これは化石だ!と直感しタイムふろしきを使うシーンが好きです。本当に恐竜の卵になったときは、驚いてしまいました。
見どころとしては、化石を探しているのび太に土砂をかけられて怒った男性の存在です。罰として生ごみを埋める穴を掘るように指示したら、そこから恐竜の卵の化石が出てくるというストーリー展開が好きです。のび太は困ったことがあると、すぐドラえもんに泣きついてひみつ道具で悩みを解決します。偶然とはいえど、自力で穴を掘ったら化石を見つけられるという流れがいいです。
化石から戻した卵をのび太がひたすら温めるシーンも好きです。いつもなら「ドラえもん、早く卵を孵化させるひみつ道具はないの?」と真っ先に聞きそうですが、この映画では自分の力で恐竜の孵化に成功しました。ピー助と名付けてかわいがるのですが、そんなのび太の努力を見てからピー助との別れのシーンを見ると悲しくなります。

女性20代
女性20代

小さい頃に初めて見たドラえもんの作品がこの作品でした。何年後かにリニューアルされて後悔されたのには驚きましたがその時に、その時の映像で見る方が個人的に面白いなととても思わされました。恐竜のたまごと一緒に寝たりして頑張って温めているのび太にはちょっとかわいいなと思いましたし、あれですごい気持ち悪い恐竜がでてきたらどうするんだろうなと思ったのですが、かわいいピー助が出てきてよかったなと思いました。でも小さいときは結構かわいかったのに大きくなってからは声が野太くなったのでかわいさが半減したので少しショックでした。でも恐竜たちとも仲良くなれる桃太郎印のきび団子は最強なんじゃないかなと思いましたし、どんな場所でも寝るところも作れるしグルメテーブルかけがあったら生きていけるからやっぱりドラえもんてすごいなと思うし、一家に一台いたら平和になるんじゃないかなと思いました。ドラえもんで一番印象に残っている作品です。

女性40代
女性40代

化石を見せてもらえないのび太はよくあるとんでもない宣言をしてしまい、またドラえもんに頼み倒しかぁ~と思っていましたが、あるお家で巨大な卵の化石(卵と思ってしまう純粋なのび太に驚愕ですが)を発見してしまう所にびっくりしました。
当たり前な話ですがいつまでも恐竜のピー助と一緒にいられるわけではないので白亜紀へと返しますが、まさか返した場所が外国とわかりジャイアン達と共に日本へ移動の旅が始まります。空が飛べない恐竜にとっていくら安心出来るのび太と一緒でも空に飛ぶことは恐かっただろうなと思いました。この時初めてタケコプターの長時間利用でまさかの壊れるとは思ってもいませんでした。
この作品で1番印象に残っているのは、しずかちゃん達がハンター達に捕まってしまい、のび太とドラえもんの前で恐竜に襲われてしまうところです。
もう駄目かもしれないと思っていましたが、襲われそうになったティラノサウルスは以前に桃太郎印のきび団子を食べていた恐竜だったとは!逆転勝利にガッツポーズしてしまいました。

男性30代
男性30代

子供の頃から「ドラえもん」を見てきました。そして自分は恐竜も大好きでした。両方のジャンルが合わせってできた映画だと思い、この映画をみました。実におもしろかったと思います。そもそも現在のドラえもんの映画に比べてとても斬新で視聴者を本当に泣かせようとするようなストーリー感があります。今の世代がこの映画を見ると結構衝撃的に思う可能性が高いです。出会いアリ、別れアリ、涙アリ。初めて見た時も自分は涙を流しました。他のドラえもん映画と比べるとのび太の友達のしずかちゃん、スネ夫、ジャイアンがのび太を必要以上に信じていないよう振る舞うのが少々気になりました。どんなに本当のことを言っても実際に証明するまで疑っている場面もあり、結構心が痛みました。それでも最終的には信用して仲間になって共に壮大な冒険をすることになったので良かったなと思いました。映画の結末も納得が行きました。やはり出会いがあるということは、別れもあるということなんだと思います。この映画の見どころはおそらく、のび太自身の精神的な成長なんだと思います。自分が育てることになった恐竜と触れ合って、あまり見ない親心のようなものを発揮し、内面的な成長をします。一度は見た方が良いと自分は思います。

女性30代
女性30代

映画「のび太の新恐竜」同様、のび太が恐竜を大切に想うところが印象的でした。

本作ではのび太と恐竜ピー助のあたたかいやりとりが描かれていますが、2つの場面にとても感動しました。

のび太は毎日公園の湖に行きピー助の世話をしますが、ある日雨に濡れて風邪をひき、さらに熱も出て世話をしに行けなくなります。

3日間世話をしに行けなかったところ、ピー助がドラえもんの後をつけてのび太の部屋にお見舞いにやってきたとき二人の絆の強さを確信しました。

のび太が毎日ピー助を想っていたように、ピー助ものび太を想っていたことがよく伝わってくる場面でした。

さらにピー助と別れのシーンで、のび太はピー助の仲間と思われる恐竜が近づいてきてピー助の意識がそれた隙にタイムパトロール隊に出発するようお願いをします。

対面のお別れはピー助を悲しませると思ったのでしょう、のび太のピー助への思いやりが表れている場面でした。

このように優しさを感じる場面があることであたたかい作風になっており、観ていて心地よい作品だと感じました。

女性20代
女性20代

のび太と恐竜のピー助との友情に胸が熱くなります。

特に、最後のお別れのシーンは涙なしに見られません。

のび太は見つけた恐竜のたまごを自分が布団の中で温めて返すのですが、のび太の母性本能の高さには感心させられます。

そうして生まれたピー助とのび太の間には、友情を越えた絆が感じさせられます。

他のドラえもんシリーズにも通じますが、恐竜という考古学的な題材を扱っているので、幼少期に視聴した際には、初めて知る地球の歴史の深さに驚きを感じました。

ドラえもんの映画は特に、はただのアニメではなく、そういった点では教育的な要素があるかと思います。

この映画が、映画化第一弾でしたが、そのストーリーの深さは現在の映画にも受け継がれていると思います。

現在では、リメイクもされている内容なので、少し絵は古くさく感じるかもしれませんが、内容を見比べても良いかも知れません。

幼少期には、ビデオテープが擦り切れるほど、繰り返し見た思い出深い映画です。

まとめ

普段ドラえもんに頼りっきりののび太の自立を促し、のび太が自力で頑張る少し珍しい展開の作品ですが、ピー助との友情・愛情を感じられる感動の作品です。

2006年にキャストを変えてリメイクされた人気作品の1つなので、是非、ご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました