ハロウィンおすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!
ハロウィンに是非見たい映画を紹介しています!

おすすめ映画はこちら

プラダを着た悪魔 無料動画フル視聴配信(吹替 字幕) openload 9tsu Pandora

プラダを着た悪魔 邦画

(c) 2006 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved

プラダを着た悪魔 (The Devil Wears Prada)

『プラダを着た悪魔』は上司に振り回されながらも成長していく新人社員の物語です。

ファッション業界の話題なのでおしゃれ女子にお勧めの映画です。

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

映画『プラダを着た悪魔』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

映画『プラダを着た悪魔』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ◎ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  〇 933円 14日間 なし
  〇 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  ✕ 500円 30日間 なし
  △ 500円 31日間 なし
  ✕ 800円〜 なし なし

◎ ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可(大本命) 

〇 ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可 

△ 課金のみ視聴可

✕ 無配信

映画『プラダを着た悪魔』のフル動画を無料で視聴するには『U-NEXT』無料トライアル期間を利用するのが一番オススメです。

映画『プラダを着た悪魔』の動画を無料でフル視聴する方法

映画『プラダを着た悪魔』の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

トライアル入会特典600ptで無料でご視聴いただけます。

\ いつでも解約OK!無料トライアル期間だけでもOK! /

▼映画『プラダを着た悪魔』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料トライアル入会で600pt(ポイント)もらえます。

映画『プラダを着た悪魔』に出演しているアン・ハサウェイさんの、他の作品は『U-NEXT』で配信しています。

・アリスインワンダーランド

・オーシャンズ8

・プラダを着た悪魔

\ 作品映像をチェック /

▼アン・ハサウェイの出演作品を視聴する

>>見放題作品は業界No. 1

映画『プラダを着た悪魔』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

映画『プラダを着た悪魔』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

映画『プラダを着た悪魔』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

映画『プラダを着た悪魔』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

あらすじ

・ファッション誌の面接

アンディは出版社のジャーナリストになりたいと願いニューヨークにやってきました。

ある日、ファッション雑誌の面接はどうかと連絡があります。

その連絡の後、友人たちと食事の際に生活費のためにと割り切ろうと面接を受けることにしました。

・面接当日

ファッション誌の雑誌の編集者というのもあり社内の女性はとてもおしゃれで魅力的でした。

編集長のミランダは仕事に向かう姿はとても厳しいので第一アシスタントのエミリーはアンディに「ミランダには絶対質問しないこと」と忠告します。

面接に来たアンディの姿をみたミランダはダサい姿に信じられない様子でしたが、彼女の頭の切れるところと物覚えの良さが気になっていたようです。

・採用決定

アンディは面接にて落ちていただろうと思っていたけどミランダがいうにはこの業界に入ってきても無能な人が多くて嫌気がさしていたので雇うことに決めたのでした。

ミランダの厳しさを知ることのないアンディは採用決定にただ喜びました。

・出社前に

エミリーより朝早く電話があり、出勤前にミランダの分は特に熱いコーヒーを買ってくるようになど他の用事とともに頼まれます。

ミランダはとても仕事に厳しくてアンディがミスをすれば彼女の昇進がなくなるのもあり「何事もミランダが決める」と言いながら必死で指導していきます。

・昼休憩

「コーンチャウダーの主成分は脂肪」と食事をしようとしているアンディにナイジェルは教えてくれます。

さすがにファッションブランドで仕事をするには食事にも厳しいのだと驚くばかりです。

・撮影プランのチェック

ミランダは撮影プランのチェックの際に「駄目どれも新しいものがない。ろくなものが残っていない」と言いながらも2本のベルトを手にして「ベルトはどっちがいいのか?」と見比べていると、そのベルトはあまりにも似ていてアンディには見分けがつかないのもありクスッと笑ってしまいました。

するとミランダはカチンときたのか「自分は着るものなんて気にしない貴女が着ているセールで購入しただろうその服のセルリアンカラーは私達が発見したものなのよ」といい彼女をこき下ろしました。

・1年間の我慢

その夜、恋人のネイトに愚痴を聞いてもらい「1年は我慢する。ミランダには負けない。」と強く思い我慢することにしました。

・認めてくれないミランダ

マイアミに出張に行っているミランダからアンディが父と会っているときに電話があります。

「こんなのただの霧雨じゃない。(実際はかなりの悪天候)なのに飛行機が飛ばないの。何とかしなさい。」と連絡があります。

アンディはあちこち電話して手を尽くしてみましたがどうしようもありません。

すると「いつも同じタイプを雇うのにリスクを承知で利口で太った子を雇ったけど失望したわ。」とミランダに言われて認めてくれないとナイジェルのところで弱音を吐きます。

すると「ただの雑誌ではない、これは輝かしい希望の光なんだ」「命を投げ出しても働きたい人がいっぱいいる中で君は褒めてほしいというだけで何も努力していない。」といいつつも、彼女の服を選んでくれてアンディを魅力的にします。

・みんなとの飲み会で

変身したアンディをみてみんなを驚かせます。

「洋服は個人を表現するためのアイデンティティー…」などと話しているとミランダからの電話に慌てて出ようとするところにも今までとは違うところにネイトたちは快く思えませんでした。

それはネイトたちと付き合っているのではなくまるで電話の相手と付き合っているかのようだったからです。

・トンプソンとの出会い

仕事で訪れたクラブで尊敬する作家のクリスチャン・トンプソンに出会い興奮します。

彼はアンディと話しているうちに彼女の文章を読んで読んでみたいと言ってくれました。

・ハリーポッターの新作

アンディはミランダの家に編集過程の本を届ける役目をエミリーから引き継ぎます。

家に着いたら階段前のクローゼットに本を届けて何もしないで帰ってくるように言われたのに双子の誘導によって夫婦の喧嘩を眼にしてしまいます。

そのことがあってから「双子にハリーポッターの新作を3時までに用意して、ランチは没にしてしれまでに用意しなければ戻ってこなくてもいい」と無謀なことを頼まれ事実上の解雇を言いつけられます。

幸運にもトンプソンのおかげで依頼の本を手に入れることができ、仕事を辞めずにすみました。

自宅で双子の化学の宿題をしている姿をみてネイトは面白くありませんでした。

「都会のジャングルで1日中くらだないことをしている。まさに生活すべてが崩れたら昇進する時期だ」と彼を失望してしまったようです。

そして誕生日の日に「君はきれいだ」というと去っていきました。

・エミリーの事故

パリ・コレ同行ためにもエミリーは日々の努力を惜しみませんでした。

「あと一回お腹壊せば理想体重よ。」といいながら頑張っていたのです。

ミランダはパリ・コレ同行するのは1人と決めていてアンディに決めてそれをエミリーに話すように指示します。

一大決心をしてエミリーに電話すると彼女は仕事に夢中というのもあり交通事故にあい、大けがを負ってしまいます。

・ミランダの離婚

パリコレにてミランダはモテモテの姿を眺めているとトンプソンが話しかけてきました。

仕事が終わったら会おうという誘いだったのです。

そのころ夫から離婚したいと言われていたミランダで双子がかわいそうだと悲しむ場面もありましたが、彼女は猛烈に仕事を優先しているその姿勢は尊敬に値します。

ネタバレ

・ランウェイアメリカ版

アンディはトンプソンと一夜をともにしてランウェイアメリカ版の編集長にジャクリーヌが就任すると聞かされます。

ランウェイアメリカ版が出ること、ミランダが解任になることを知ります。

それによりミランダが解任となることを知らせようと必死で走ります。

けどフリージアの香りは嫌な香りだからと追い出されてしまいます。

事前にそのことを知っていたミランダは裏工作をして、予定していたナイジェルのブランド責任者をジャクリーヌにすることで自分の地位を見事に守ったのでした。

・新しい職場

ミランダに「貴女、私によく似ている」言われても彼女のしたことを許せなくなったアンディは誰もが憧れる仕事ではないと自分を取り戻して彼女の元を去りました。

その後、アンディは新聞社の面接を受けると事前に取り寄せた資料にミランダの“彼女は最高に期待を裏切ってくれたアシスタントだけど彼女を雇わないならあなたは大ばか者です”との返答があったことを示してその新聞社に雇われることになりました。

・ネイトと仲直り

「やはり、あなたが正しかった。私は大事な人を裏切っていた。ごめんなさい」というと

なにか方法を考えようと仲直りすることができました。

ある日、エミリーにパリで来ていたオートクチュールを譲りたいと電話をかけます。

その時に車に乗りこもうとするミランダアンディは手を振りました。

そっけなく車に乗りこんだのだけど、その時の彼女の笑顔はとてもステキでした。

\ 本編をチェック! 

映画『プラダを着た悪魔』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

登場人物紹介

アンドレア・サックス (アン・ハサウェイ)

ミランダ・プリーストリー (メリル・ストリーブ)

エミリー・チャールトン (エミリー・プラント)

ナイジェル (スタンリー・トォッチ)

ネイト (エイドリアン・グレニアー)

クリスチャン・トンプソン (サイモン・ペイカー)

主題歌

『プラダを着た悪魔』:オープニング曲

The Devil Wears Prada – Opening Scene – Suddenly I See – KT Tunstall

Twitterでの反応

https://twitter.com/may24flower/status/1125353182563954688
https://twitter.com/UltraMarine5717/status/1039861685106790400

プリプリ(@10969thanos)さん | Twitter
プリプリ (@10969thanos)さんの最新ツイート

こんな人にオススメ

・洋服が好きな人

・洋画が好きな人

・オシャレが好きな人

感想

感想はここから見れます
女性30代
女性30代

とにかくお美しい、アンハサウェイがとにかくお美しくていらっしゃいます・・・!!
ちょっとださめな大人女子が、仕事ばりばりなファッション編集者ミランダの下で働き、センスの良いキャリアウーマンになっていく話です。
このミランダがわたしはとても好きです。実力主義の会社で働いていた経験があり、とにかく結果、数字!という世界を知っています。そこで働き続け、結果を出し続けることがどんなにすごいことかも知っています。それを考えるとミランダを否定できない。まあわたしはそこで人の心を失ったことに気が付いたので退職しましたが。
だからこそ、大一線を走り続けるミランダがカッコ良いですし、その強さに憧れます。利益を追求すると、良心を無視しなければいけないときがあって、それは良心を上回る目的や大義名分が必要です。
アンハサウェイの最後の選択は、まあ、そうか・・・となりましたが、どちらの人生も、不正解ではないのでしょう。
女性のキャリアについて考えされられるものがあります。

女性40代
女性40代

ゴリゴリのジャーナリスト志望でニューヨークにやってきた田舎娘が採用されたのは、有名ファッション誌の名物編集長のアシスタントだった、という入り口の「プラダを着た悪魔」、まず配役が絶妙でした。
主人公のアンドレアには「プリティ・プリンセス」のプリンセスが当たり役アン・ハサウェイ、そしてもう一人の主人公ともいうべき悪魔のような編集長ミランダにはオスカー女優メリル・ストリープを配した時点で絶対に面白いでしょう!といえるのですが、脇役の人々もなかなか熱くて、アンドレアの先輩アシスタント役にエミリー・ブラント、編集部のスタイリストにスタンリー・トゥッチ、そしてアンドレアが尊敬するジャーナリストにサイモン・ベイカー、と手堅い布陣になっています。
ファッションに全然興味がない主人公、そんな主人公を最初はバカにしていたけれども彼女の機転や頑張りに対して一目置くようになっていく編集長や先輩、それに対して仕事にのめり込むほどにボーイフレンドや友達とは距離が出来てしまう、という図式はありがちと言えばありがちだけれども、だからこそ社会人になりたてだったり、仕事が順調になったけどプライベートがギスギスしてしまっている女の子たちの共感が得られる作品になっていると思います。

女性30代
女性30代

女性はぜったいに好きな作品だと思います。夢に向かって一生懸命に奮闘する主人公が、ついには目標としていたところにたどり着くサクセスストーリーで、人として大事なことっていったい何なのかを考えさせられる物語でした。キャリアウーマンって憧れますが、その裏には様々な苦労や無理があって、一筋縄ではないかないな…と現実みのある内容に共感しました。とにかくお洒落な映画で、見ていると自分もオシャレになった気がして、ファッションに無頓着な私ですが映画を見て流行をとり入れようと思いました。主人公がどんどんきれいになるのも見どころで、目標に向かってがんばろうと背中を教えてくれる作品です。華やかな世界もいいですが、身近なところにたくさん大事なものや人がいて、改めて周囲の人を大事に真面目に真っ直ぐと生きていこうと思わされました。

女性30代
女性30代

アンハサウェイ演じる主人公アンドレアが、仕事に振り回されてプライベートに影響が出てしまうこととか、周囲の人との関係に悩む姿など、見ていた当時の自分と重なる部分が多くて共感しました。
アンドレアが仕事を続けていくうちに、ファッションの楽しさを知り、どんどん美しくオシャレになっていくシーンが1番好きです。
使われている曲もピッタリで、そのシーンは何度見ても元気が出ます。
仕事を頑張ると、プライベートが犠牲になるけど、でも仕事への責任もあり頑張りたいっていう葛藤は、多くの女性が経験したことあるのではないかと思います。
有名ブランドの服や小物がたくさん出てくるので、見ていてとてもワクワクするし、自分もオシャレやメイクをもっと楽しもうという気持ちになります。
働く女性に特におすすめしたい素晴らしい映画だと思います。

女性40代
女性40代

アン・ハサウェイはサクセスストーリーがピッタリだと思いました。したい仕事じゃないからとバカにしていたところから一変、スタイリッシュでオシャレに変身していくところが好きです。女性なら憧れる服や靴がたくさん出てきて、観ていて楽しいです。主人公最初信用ゼロで嫌われていたのに、努力して信用されていき、いなくてはならない存在になっていくところ等、とても元気が出る作品だなと思いました。キャストがそれぞれとてもはまり役でした。ミランダ役のメリル・ストリープがとてもいい味を出していて、意地悪だけど実は憎めない人でした。努力して時には自分を変えることも必要で認めてもらえなかったり、とても大切な物を犠牲にして切り捨てないといけない時があったりと今の自分と重なる事もあり共感できました。最後何が自分に必要なのか気付き、潔くやめるところが気持ちよかったです。自分もあんな風になれたらいいなと思いました。時には度胸と思い切りが必要ですね。

女性20代
女性20代

本当の意味で努力をするとはどういうことなのか、すごく考えさせられました。
当初アンディは、情熱を持ち必死なって働く社員たちを理解できない様子でした。いつか辞めるから、自分を変える必要もない。アンディの考えはすごく理解できました。私も働いていた時は、お金のためというのが一番でしたし、仕事に情熱はありませんでした。アンディと同じように、メイクも服装も適当でした。のちにアンディが、努力していることを認めて欲しいんだと愚痴をこぼすと、ナイジェルに「君は努力していない、愚痴を並べているだけだ」と怒られてしまいます。「他の人が働きたいと思っている会社で、君は働いてくださっている。甘ったれるんじゃない。」この言葉はぐっと刺さりました。努力しているかどうかは自分主観ではいけないんだなと思いました。自分の考えをしっかりと持つことは大切ですが、努力して自分を変えていくことは大きな成長につながるんだなと思いました。そこから自分なりに考え本当の意味で努力するアンディは、とてもきらきらしていて素敵です。女性としても、社員としても輝く彼女に憧れてしまいます。アンディを見ていると、私も輝きたい!どんな風に努力したら成長できるんだろう?と考えさせられます。輝きたい、元気をもらいたいという方にもおすすめですが、劇中どんどん綺麗になっていき、アンディがさまざまなファッションを見せてくれるので、おしゃれが好きな方も楽しめる作品になっています!のちに公開された「マイ・インターン」という作品も、アン・ハサウェイ主演で輝く女性が描かれていますので、気になった方はそちらもぜひ見てください!

女性30代
女性30代

とにかく世界観がおしゃれで素敵で大好きな映画です。普通の女の子だった主人公が、ファッション雑誌を作る会社に就職したことで自分の考え方や世界観が広がっていき、女性としてどんどん綺麗になっていく姿がとても印象的で見ていてワクワクしました。自分ももしかしたらこんな風に変わっていけるかもと、自分と重ね合わせながら見られるのもドキドキできてよかったです。途中で自分を少し見失いかけて、見た目を着飾ることに一生懸命になっていき、友人や恋人が離れていくシーンは考えさせられるものがありました。ただのファッションが素敵な映画というだけではなく、目標に向かって頑張る力やまわりの人の影響など、これから生きていくために必要なこともこの映画を通して学べるので、どんな年代の方にも是非見てほしい映画だと思います。何度でも見たくなる映画です。

男性20代
男性20代

アン・ハサウェイとメリル・ストリープが最高に光り輝いているサクセスお仕事ストーリー。ストーリーは、ジャーナリスト志望の主人公が、ひょんなことから超有名ファッション雑誌「ランウェイ」の編集部に就職、そこで絶対的権力を振るう悪魔のような上司の下で必死に努力し、仕事とファッションの面白さに目覚めていくというものです。見どころは、まずオープニングがめちゃくちゃかっこいいです。KTタンストールの「Suddenly I See」をバックに登場人物たちが煌びやかな洋服に身を包み、NYの街を颯爽と歩いていく、この時点でワクワクが止まりません。そして、俳優陣の演技が素晴らしいです。主演のアン・ハサウェイとメリル・ストリープはもとより先輩役のエミリー・ブラントや編集長の右腕役のスタンリー・トゥッチなど、卓越した演技力で時にコミカルに時にシリアスに物語を創り出していきます。最後に、誰だって、恋に仕事に悩み、時には立ち止まって泣きたくなる夜もあるでしょう。この映画はそんな夜に勇気と笑顔とファッションの力を与えてくれる、そんな映画だと思います。

女性40代
女性40代

とにかく、ゴージャス。キラキラしていて、主人公のアン・ハサウェイはとても綺麗でした。
最大の見所は、やはり、冴えない主人公が大変身するあのシーン。あのシーンにはワクワクしました。周りの彼女を見る目が一辺する爽快感。
本作を見て、見た目を整える事、お洒落をしたり、綺麗でいる事は自分にとって有益な事なんだと感じました。
それは、周りからの印象という点でも、自分自身の気持ちを上げる為にも。美しくある事は人生を底上げするものだと感じました。
一方で、そうある事を義務化されるような感じにはすごく嫌悪感を感じました。
ストーリーの中で最も存在感のある人と言えば、メリル・ストリープ演じるミランダ。
ファッション業界の最先端にいて、いつも敏感に時代や美しさについて感じ、流行りを作っていく仕事。目まぐるしく変わっていくものを追いかけているような、鋭い感じ。
とにかく怖かった。居るだけで萎縮してしまう存在感。メリル・ストリープの演技は圧巻でした。意地悪だけど綺麗でした。
本作のラスト、主人公が元の夢へ戻って行く場面が1番好きです。美しさやお洒落は素晴らしいけれど、それだけじゃない。色々知って、変わった彼女の変わらなかった思いが、素敵だと感じました。

女性30代
女性30代

この映画はファッションにまるで興味のない女性が、ファッション紙の編集長の秘書になって悪戦苦闘しながらも成長していくというストーリーです。
私はこの映画が大好きで、もう何度も視聴しています。
舞台はアメリカのNYにあるファッション紙の編集社ですので、ハイブランドの洋服がたくさん出てきますし、主演のアン・ハサウェイの魅力も相まって目の保養になります。
2006年の映画ですので、今このファッションを参考にしようと思うと流行遅れ感は否めませんが、色や小物の使い方等、勉強になる部分もたくさんあるのではないかと思います。
今でこそパワハラという言葉も定着してきて、パワハラに対する周りの目も厳しくなってきましたので、あからさまなパワハラ上司は減ってきたように感じますが、この映画に出てくる編集長はまさに悪魔のようなパワハラ上司です。そんな悪魔上司に立ち向かっていく主人公にはいつも元気をもらっています。
また、スッキリする爽やかなラストですので、職場の人間関係や、仕事にもやもやを抱えている人におすすめできる映画です。

まとめ

出版社で働きたと思っていたアンディが生活費を稼ぐために面接を受けたけどランウェイの編集長ミランダのアシスタントとして執筆とは程遠い雑用係をしながらも仕事の何たるかを知るきっかけにもなるお仕事成長映画です。

厳しいけどしっかり見てくれている上司とその部下の姿を動画視聴してみませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました