ハロウィンおすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!
ハロウィンに是非見たい映画を紹介しています!

おすすめ映画はこちら

モンスターズ ユニバーシティー 無料動画配信(ディズニー映画 字幕 吹替)フル視聴 9tsu kissanime anitube

モンスターズ ユニバーシティー ハロウィン

(c) 2013 Disney/Pixar

映画『モンスターズ・ユニバーシティ』最新予告編

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

映画『モンスターズ・ユニバーシティー』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

映画『モンスターズ・ユニバーシティー』のフル動画を視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ◎ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  ✕ 933円 14日間 なし
  〇 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  ✕ 500円 30日間 なし
  △ 500円 31日間 なし
  ✕ 800円〜 なし なし

◎ ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可(大本命) 

〇 ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可 

△ 課金のみ視聴可

✕ 無配信

映画『モンスターズ・ユニバーシティ』のフル動画を視聴するには『U-NEXT』トライアル期間を利用するのが一番オススメです。

映画『モンスターズ・ユニバーシティ』の動画をでフル視聴する方法

映画『モンスターズ・ユニバーシティ』の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

トライアル入会特典600ptでご視聴いただけます。

\ いつでも解約OK!トライアル期間だけでもOK! /

▼映画『モンスターズ・ユニバーシティ』の動画をフル視聴する▼

>>トライアル入会で600pt(ポイント)もらえます。

他のディズニー作品は『U-NEXT』で配信しています。

\ 作品映像をチェック /

▼他のディズニー作品を視聴する

>>見放題作品は業界No. 1

映画『モンスターズ・ユニバーシティー』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

映画『モンスターズ・ユニバーシティー』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

映画『モンスターズ・ユニバーシティー』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』のお試しはこちら

>>期間中の解約は違約金は発生しません!

『ディズニー』の歴代作品紹介

ディズニー 作品 U-NEXT TSUTAYA TV/DISCAS hulu
モンスターズ・ユニバーシティ
モンスターズ・インク
チキン・リトル
シュガーラッシュ:オンライン
シュガーラッシュ
トイストーリー・オブー・テラー!
ラ・ラ・ランド
ナイトメア・ビフォア・クリスマス
アリス・イン・ワンダーランド
マレフィセント
ダイナソー
ラマになった王様
ブラザーベア
くまのプーさん
プリンセスと魔法のキス
ボルト
トイストーリー1
トイストーリー2
トイストーリー3
トイストーリー4
美女と野獣
アラジン
ライオンキング
リメンバーミー
2020年9月現在、『ディズニー』シリーズは『U-NEXT』『hulu』『TSUTAYA TV /DISCAS』の3つの動画配信サイトにて視聴できます。

映画『モンスターズ・ユニバーシティ』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

2013年公開のアニメーション映画。

2001年公開「モンスターズインク」の、続編として製作された作品。

サリーとマイクが名コンビと呼ばれるようになった大学時代を舞台にしている。

あらすじ

・怖がらせ屋になりたい

舞台は様々なモンスターが暮らす、モンスターズワールド。

モンスターワールドにはモンスターズインクという会社があり、人間の子供の悲鳴を集める仕事をしていた。

モンスターワールドでは、集めた悲鳴がエネルギーとなり生活には欠かせない。

そんなある日、モンスターズインクに子供達が学校の行事で見学に訪れた。

人間の子供の世界へ飛び込み、容赦なく子供を怖がらせている怖がらせ屋を見学した子供達。

そして、そんな怖がらせ屋の姿を見たマイクは将来怖がらせ屋としてモンスターズインクで働く事を心に決めたのだった。

マイクはその可愛らしい容姿からクラスメイトからはバカにされていた。

しかし、努力を重ね無事怖がらせ屋を学べる場所、モンスターズユニバーシティーに入学することができる。

・モンスターズユニバーシティー

そして講義初日、マイクは見た目がとても怖いサリーと出会う。

サリーはエリートモンスターとして入学当初から一目置かれている存在だった。

努力家のマイクは日々の勉強で対抗するのに対し、自分の生まれ持った才能だけで渡り歩いていたサリー。

学期末試験当日、2人はその考えの違いから衝突してしまう。

そして、学長が大切にしている悲鳴ボンベを壊してしまった。

そこへ、現れた学長は否応なしに2人を怖がらせ学部から追放されてしまう。

落ち込むマイクとマイクのせいにして恨み続けるサリー。

・怖がらせ大会への参加

怖がらせ屋になるという夢を捨てきれないマイクはモンスターズユニバーシティーの伝統行事である「怖がらせ大会」に出場する事を決める。

参加するための指定人数に合わせる為、仕方なくサリーもチームに加えるマイク。

ここからサリーとマイクの怖がらせ大会への準備が始まる。

初めは、入念に準備するマイクと特訓なんかしなくても勝てると余裕なサリーは衝突してしまう。

しかし、他のチームメンバーと支えもあって、2人は徐々に打ち解けていく。

マイクをバカにしていたサリーは、そのマイクの必死な姿にどうにか力になってやりたいと思い始める。

当初はバカにされていたマイクとサリーのチームだが、どんどんと試合を勝ち進み遂に決勝戦へと進出する。

最後の試合内容は、怖がらせシュミレーターを使って人間の子供ロボットを怖がらせ、合計数値が高いチームが勝ちというもの。

マイクとサリーそしてチームメイト達は、今までの成果を存分に発揮し最後にマイクの順番が回ってくる。

そしてマイクは今までで一番の唸り声で子供ロボットを怖がらせ、チームを見事優勝へと導くのだ。

そして、会場全体がマイクに拍手を送る。

ネタバレ

・打ち解ける二人

優勝の余韻に浸るマイクとサリーは、大会後の静まり返った会場へと足を運びぶ。

マイクはそこで、ある真実を知ってしまう。

マイクが怖がせた子供ロボットの難易度が最低限に設定されていたのだ。

手を叩くだけでも、怖がらせ数値が最高まで跳ね上がる。

それを見たマイクはサリーに問いただす。

サリーはマイクの努力が無駄にならないようにと、マイクの時だけ設定をこっそりと変えていたのだ。

サリーに信じてもらえていなかったと怒るマイクは、大学内にある人間の世界への扉を作る研究所に足を運ぶ。

そして、本当に自分には怖がらせ屋の素質がないのか試す為、勝手に扉を開け人間の子供部屋へと侵入する。

マイクはこっそりと忍び込み子供を怖がらせて見る。

しかし子供はマイクを見るなり「かわいい」と言ったのだ。

予想外の反応に戸惑うマイクは思わず逃げてしまう。

一方モンスターズシティーでは、勝手に扉が開かれた事で校内は大騒ぎになっていた。

騒ぎを聞きつけたサリーは、マイクがやらかしたのだとマイクの入っていた扉の中へ入っていく。

そして、人間の世界へと入ったサリーはマイクを探す。

再会した二人はお互いの思いをぶつけ、さらに絆を、深めていく。

そして、二人で協力してなんとかモンスターワールドへと帰ることに成功した。

大学を騒がした罪は重く、二人は退学になってしまう。

しかし、2人は一緒にモンスターズインクの郵便係でアルバイトを始めチームワークのよさで様々な快挙を成し遂げる。

2人でアルバイトを転々としチームワークを発揮していく二人はついに怖がらせ屋として就職する事ところまでのし上がる。

怖がらせ屋のサリーとそのアシスタントのマイクとして、名コンビが誕生、マイクは子供の頃からの夢だった世界へ踏み込むのだった。

\ 本編をチェック! 

映画『モンスターズユニバーシティ』の動画をフル視聴する▼

>>お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

登場人物

マイク・ワゾウスキ(ノア・ジョンストン/田中裕二)

ジェームズ・P・サリバン(ジョン・グッドマン/石塚英彦)

主題歌

Monster's University Soundtrack Credits

Twitterでの反応

こんな人におススメ

・小さい子がいる人

・家族で見たい人

・モンスターズインクシリーズが好きな人

感想

感想はここから見れます
女性30代
女性30代

怖がらせ屋を目指すサリーとマイク。学生だった2人が共通の夢である最高の怖がらせ屋になるべく。目標に向かい、日々奮闘する姿に感銘を受けました。また、何度も勇気をいただき、今日も頑張ろうという気持ちになることができました。そして、今作においては主役の2人にスポットを当てており、なぜ2人は出会うこととなったのか。また、なぜ怖がらせ屋という仕事を選んだのか。など、長年気になっていた2人の関係性についてなどが明らかとなりました。前作のモンスターズ・インクとリンクしているシーンもあり、前作を見ていない方や前作からのファンの方でも楽しむことができる作品となっておりました。また、大人でも子どもでも誰でも楽しむことができ、またわかりやすい内容となっているところは、やはりディズニー作品ならではなのだと感じました。

女性20代
女性20代

あんな風に怖がらせられている子供たちがかわいそうになりましたし、実際に私が小さい頃にあんな事されていたらトラウマで眠れなくなっていたのかもしれないなと思いました。マイクがすごくかわいいから怖がれないのはすごくかわいそうでしたが、何度見ても可愛いなととても思いました。みんなで大会をしたときはきっとすぐに負けてしまうのではないかとおもうくらい不安でしたが、なかなか健闘してすごかったしサリーとマイクのコンビはいつみてもいいなと思います。マイクとサリーはお互いが信じ合っている感じがしていてどんな世界でも友達って大切だなと思いますし、あんな信じあえて危険があったら助けてくれる助けてあげれる相手がほしいなと思いました。大学なはずだけど見た目が全く変わらないけど毎日が楽しそうで元気が出る作品だなと思っています。

女性20代
女性20代

まずはマイクの子供時代から物語は始まり、とにかく子供時代のマイクが可愛すぎます。
そして、可愛いマイクはすぐに終わり、
マイクとサリーの大学時代の話が始まります。
サリーは「モンスターズインク」の印象とは全く違い、
すごく性格が悪く、よくない印象です。
またランドールの印象も全く逆で、「モンスターズインク」ではとても悪い印象でしたが、このころはとてもいいやつで2人の印象が全く逆なので、とても驚きました。
マイクとサリーは初めはながが良くありませんでしたが、
一緒に行動していくにつれ、仲良くなっていきます。
怖がらせやになるため努力で頑張るマイクと努力をしなくても技術的に怖がらせやとして点数を取ってしまうサリーの2人の成長と絆を見ることができます。
他のサブキャラクターも出てきて、「モンスターズインク」を見ていなくても楽しめる作品です。

女性30代
女性30代

ディズニーの中でも私が大好きなモンスターズユニバーシティはサリーとマイクの学校生活がメインの内容で、初めにモンスターズインクを見ていた私には、2人の性格が少し違う所とインクの方では敵対していたキャラクターがユニバーシティの方では真面目なキャラクターだったのが面白い所でした。チームごとに課題をクリアしていく所も子供と一緒に観ていて子供との会話増え共通の話題になりそこも魅力的な所です。最後の対決ではサリーがマイクの為をを思いズルい事をしたのには、こどもの国と一緒に考えて気付けてしまったのはマイクだったねと相手の気持ちも考えさせられるきっかけになりました。登場してくるキャラクターが個性があり色々な顔や容姿をしているので皆違って楽しく観ていました。ディズニーの中でもワクワクドキドキする見易い映画だと思います。

女性30代
女性30代

『モンスターズ・ユニバーシティ』は、映画『モンスターズインク』に出てくるサリーとマイクがどのようにして出会い、どのようにして仲良くなっていったのかを描いた映画です。モンスターズインクでは、出たときからすでに仲良しな2人でしたが、『モンスターズ・ユニバーシティ』では大学時代に出会って見ず知らずの2人がトラブルに巻き込まれながらもそれを乗り越えて仲良くなっていくので2人の中に芽生えた友情に納得がいきます。マイクとサリーのように、時に喧嘩をしながらもどこかで繋がり2人で付き合っていけるような友達を作るというのは、現代社会ではなかなか難しく一度喧嘩をしてしまうと再び仲良くなるということはあまりないので、2人を見ていると羨ましいなと思います。自分にもマイクやサリーのような相手がいたらいいなと思わせてくれるし、今いる友達を大切にしたいと思わせてくれます。

女性20代
女性20代

とにかくキャラクターたちが個性豊かで可愛いです!!
若き日のサリーやマイク、ウーズマカッパのメンバーがドジでダメダメで応援したくなる作品です。
モンスターズインクを知っている人は、サリーがあんなにひねくれた性格だったの⁈と驚いてしまうけれど、次第にみんなと打ち解けて、怖がらせ大会優勝を目指すところは見るものを引き込んでくれます。
個人的に面白くて好きなシーンは、トゲトゲに刺されてボンボンに腫れるところです。
効果音と顔や体の変形が痛々しくも可愛くてお気に入りです。
そして、ウーズマカッパのスクイシーのお母さんはなかなかキャラが濃くて結構好きです。
もちろん最後はハッピーエンド。
大学を卒業することはできなかったけれど、学長からも認められて、下積みを経てモンスターズインクへ入社します。
カタツムリが学校に間に合わないところで、最後まで笑顔いっぱいの作品でした。

女性40代
女性40代

マイクとサリーがモンスターズインクの怖がらせ屋になる前の物語です。コンプレックスにただ嘆くのではなく、好きなら前を向いて努力することの大切さを教えてくれる作品です。
ストーリーは、まず仲良しのマイクとサリーにこんな過去があったことに驚きます。見た目が怖くないマイクが怖がらせ屋に憧れて、モンスターズ・ユニバーシティに入学するところから色々な困難が降りかかりますが、マイクのひたむきに努力する姿に元気をもらえます。
作品の見どころは対立していたマイクとサリーが、お互いに足りない部分を補って立派に成長するところです。特にサリーとマイクが人間の世界に入り込んでしまったふたりの見事な連携プレイは爽快感あふれる格好いいシーンです。そしてふたりを認めなかったハードスクラブル学長が最後にふたりに残した言葉も印象に残ります。
大人から子供まで楽しめる作品ですが、特に自分に自信がない方で元気と勇気をもらいたい時におすすめの映画です。また意外性を楽しむという意味で、個人的には「モンスターズインク」の作品の後に観ることをおすすめします。

女性40代
女性40代

モンスターズインクのマイクとサリーが、怖がらせ屋になるための憧れの大学でのキャンパスライフを描いた作品です。最恐の2人組がどうやって誕生したのか、努力家のマイクと天才サリーのストーリーは、涙なしでは観られません。お互い、真逆の性格で認め合っていなかったけど、最後には親友になる、その心の推移が見どころです!自分の青春時代とも照らし合わせて観てしまいました。2人の成長が感動します。仲間っていいな…としみじみ感じます。たくさんのモンスターが出てきて、みんな個性的で性格も様々で、そんなモンスターたちを観るのも、とてもおもしろいです。吹き替えは、マイクが爆笑問題の田中さん、サリーはホンジャマカの石塚さんで、役にピッタリはまっています。アメリカの大学の雰囲気を味わえるし、ストーリーはディズニーだから感動だし、ぜひ一度観ていただきたい作品です!

男性20代
男性20代

何よりも一番見てほしいのは、ランドールの変化。
前作では悪役だった彼が、なぜサリーに嫌悪感を抱くようになったかがわかるエピソードがあります。また、ランドールの以外な特技もわかります。
また、映画を見てからランドールがマイクと話すときの態度とサリーと話すときの態度の違いに理解がいきました。
「モンスターズインク」の加工作でありながらも前作登場キャラクターの登場やなぜそのキャラクターがそこにいたか、という謎への答えにもなっています。
ストーリーそのものは私は前作のほうが好みですが、前作好きな方ならなおさら「モンスターズユニバーシティ」を見ることをオススメします。
前作と比べると感動するというよりも若々しい爽快感に溢れた映画といった所でしょうか。マイクとサリーは学生なので前作よりも行動が自由で、良い意味で奔放さにあふれています。

女性30代
女性30代

まず、幼少期のマイク・ワゾウスキーが可愛いです。
モンスターズ・インクに出てくる主要キャラクター同士の何故そのような関係になったのかも分かるので、モンスターズ・インクを見た事がある人には是非見て欲しいです。
サリーや他のモンスター達の毛並などのリアルさ、色彩の美しさも流石Pixar!と言えます。

沢山のモンスターが出てきて、それぞれに特徴があって映像も色鮮やかで見ていて楽しい気持ちになります。
個人的に好きなのは、大学授業初日に授業に遅れそうになりながらも必死で前に進もうとしているカタツムリ?のモンスターです。

チームメンバー内での意識・気持ちの持ち方にすれ違いが生じてきた時に、「同じモンスターは1人として居ない、みんなそれぞれ違くて良いんだ」というメッセージが私たち大人の心にも響く子どもだけでなく大人が見ても良いなと思える作品だと思います。

まとめ

この映画大人気作品の続編ということで、公開当時から話題になっていた作品。

お馴染みのキャラクターとたくさんのモンスターが繰り広げるドタバタ劇をご家族で見て楽しんでいただきたい作品だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました