ハロウィンおすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!
ハロウィンに是非見たい映画を紹介しています!

おすすめ映画はこちら

ボーン スプレマシー 無料動画フル視聴配信(吹替 字幕 映画) Dailymotion 9tsu b9 openload

ボーン・スプレマシー 洋画

(c)2004 Universal Studios. All Rights Reserved.

ボーン・スプレマシー – 予告編 (日本語吹替版)

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

映画『ボーン・スプレマシー』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

映画『ボーン・スプレマシー』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ◎ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  ✕ 933円 14日間 なし
  〇 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  ✕ 500円 30日間 なし
  〇 500円 31日間 なし
  〇 800円〜 なし なし

◎ ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可(大本命) 

〇 ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可 

△ 課金のみ視聴可

✕ 無配信

映画『ボーン・スプレマシー』のフル動画を無料で視聴するには『U-NEXT』無料トライアル期間を利用するのが一番オススメです。

映画『ボーン・スプレマシー』の動画を無料でフル視聴する方法

映画『ボーン・スプレマシー』の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

トライアル入会特典600ptで無料でご視聴いただけます。

\ いつでも解約OK!無料トライアル期間だけでもOK! /

▼映画『ボーン・スプレマシー』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料トライアル入会で600pt(ポイント)もらえます。

映画『ボーン・スプレマシー』に出演しているマット・デイモンさんの、他の作品は『U-NEXT』で配信しています。

・オーシャンズ12

・オーシャンズ13

・フォードVSフェラーリー

\ 作品映像をチェック /

▼マット・デイモンの出演作品を視聴する

>>見放題作品は業界No. 1

映画『ボーン・スプレマシー』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

映画『ボーン・スプレマシー』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

映画『ボーン・スプレマシー』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

映画『ボーン・スプレマシー』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

本作は、2002年に一作目として公開された『ボーン・アイデンティティ』に続く二作目となり、2004年に公開されました。

前作の事件後から、恋人であるマリーとインドで穏やかな日々を送っていました。

しかしあることをきっかけに、ボーンはまたもや浮く雑な状況へと陥っていくのでした。

あらすじ

・ボーンを狙うCIA本部

ボーンとマリーが穏やかにインドで暮らしているその頃ベルリンCIAでは、パメラ・ランディという女がある一つの秘密捜査に携わっていました。

7年前に起こった、CIA本部の資金が突然失われるという奇妙な事件です。

そしてその資金を盗んだ犯人は、CIA本部内に潜むスパイの犯行であるとロシアの政治家であるネスキーが密告してくれました。

CIAは詳しい事情を聞こうと、ネスキーと面会の約束をしたにも関わらず、直接会う前にネスキーは妻によって銃殺されてしまいました。

そして7年後になり、その事件の真実がわかるファイルを所持しているという情報屋が現れ、コンタクトをとったパメラは監視カメラから取引の様子を監視していました。

しかし突然ブレーカーがダウンし、画面が真っ暗になります。

そして気づいた時には銃声が鳴り響き、取引を行なっていたCIA捜査官は何者かに銃殺され、ファイルも奪われてしまいました。

その事件現場を捜索しに行くと、なんとそこにはボーンの指紋が残されていました。

犯人は、わざとボーンの指紋を残し、犯人に仕立て上げようとしたのです。

その男は任務としてファイルを奪うこと、ボーンの殺害、を任されたロシア人でした。

・狙われるボーン

ある日、ボーンはいつものように海岸でジョギングをし、平凡な日を過ごしていました。

しかし、ボーンは街中で明らかに街並みに似つかない男を見つけます。

シルバーの高級車に乗り、服装もキチッとしたものでした。

いつもの勘が働いたボーンは、その男を怪しいと思い、道端にあった車に乗りすぐさま逃亡します。

途中でマリーを拾い、2人は街中を走り抜けます。

奴は絶対にトレッドストーンに関わる男だから始末する。と言い張るボーンに、マリーは半分呆れていました。

でも確信がないでしょうと、それはやめるべきだとマリーは言います。

2人は車の中で言い合いになりました。

しかしその時、運転していたマリーに銃弾が当たり、車は路線を外れ橋から海へと飛び降りてしまいます。

ボーンが怪しいと思っていた男の弾が、マリーに命中したのでした。

マリーの運転であったため、車はコントロールを失い、そのまま橋から海へと落っこちてしまいます。

そしてその日ボーンは、大切な恋人であるマリーを失ったのでした。

・トレッドストーン計画

パメラは、現場に残された指紋の照合を試みます。

するとその指紋はCIA側の人間のものである事、さらにはアクセス拒否されて詳細を調べることができないということに気付きました。

そして画面には、「トレッドストーン計画」の文字が出てきました。

どうやらそれ以上の情報には最高機密機関のアクセス権が必要であったため、パメラは本部に行き「トレッドストーン」とは何なのかを問い詰めます。

そして次官からアクセス権をもらったパメラは、トレッドストーンについて捜索を始め、計画のボスであったアボットからも全てを聞き出しました。

そして犯行現場から発掘した指紋がジェイソンボーンと一致したため、パメラはボーンを捜索する事に決めます。

・ボーンの移動

マリーを殺した男はCIA本部の人間であると勘違いしたボーンは、仇を打つためにもヨーロッパへ渡ります。

しかし、空港の入国の際にボーンは怪しまれたのちに拘留されてしまいます。

ですがいつものように、ボーンは警察官達を切り抜け脱走に成功し、警察の内線に盗聴器をつけることにも成功しました。

そして、切り抜けた男性警察官とパメラの内線を盗聴することに成功します。

どうやらパメラが勘違いして、何かの殺人事件の犯人をボーンだと思い込んでいることを知るのでした。

ネタバレ

・ボーンの要求

ある日ボーンは、パメラに電話をかけ始めて2人はコンタクトを取ります。

ボーンは、トレッドストーンに関わった女性、ニッキーがパメラに協力していることを知っていました。

そこで、ボーンは指定した場所にニッキーをこさせるように指示します。

・ニッキーとの接触

ボーンは、約束の場所へ1人で訪れたニッキーを市民に紛れて電車に乗らせ連れ去ります。

そこで初めて、ボーンはニッキーと接触を図りパメラの存在について、なぜ犯人に仕立てられているのか、そもそもその事件は何なのかということを問い詰めます。

質問をしている間ボーンの頭の中では、自分がかつて犯した殺人任務の断片的な記憶が蘇っていました。

実は、CIAに情報を渡すと言ってコンタクトを取る前に殺されたネスキーの死亡事件は、妻に殺されたのではなくボーンの仕業なのでした。

嫌な記憶が駆け巡るボーンは、思わず逃げ出します。

CIA本部内での分裂

実はボーンのネスキー殺害任務は、トレッドストーン計画のボス・アボットの企てたものでした。

資金が失われたという7年前の事件に加担していたアボットは、どうにかしてでもCIA内に勘ぐられないようにと、情報を持っているネスキーを殺すようボーンに任務を出したのでした。

したがって、パメラが情報屋から貰おうとしていた事件のファイルの取引最中に銃殺された捜査官を殺した犯人も、アボットが送った男なのです。

そしてアボットは、事件の形跡からやはりボーンは犯人ではないと発見をしたCIAの捜査官までも殺害します。

どうにかしてでも自身の横行を隠したいのでした。

・アボットとの対面

ボーンはネットでネスキーの事件をよく調べ直し、事件が起きたホテルへと足を運びました。

しかし警察にすぐさま追いかけられてしまいますが逃げ出すことに成功します。

そして、次に向かった場所はアボットの元でした。

ボーンは、なぜネスキーを殺す必要があったのか。マリーまでも死んでしまった悔しさを打ち明けます。

そしてアボットは、資金横行という自分の隠したい真実があるために任務を任せたことなど、全てを打ち明けます。

そしてそれを記録しておいたボーンは、ボイスレコーダーを置いていき部屋を出ました。

・アボットの自殺

しばらく経った後、パメラがアボットの部屋へと入ってきます。

そして、ボーンが犯人ではないと勘ぐったCIA捜査官を殺した真実を告げ、アボットは自殺しました。

そして、ボーンが置いて行ったボイスレコーダーを全て聞いたパメラは真実を知ります。

・ロシアへ行くボーン

その頃ボーンは、ロシアへと足を運ばせました。

途中、インドでマリーを殺した男や、重要警戒人物として見なされていたためにロシア警察からも追われるボーンでしたが、何とか切り抜けることができました。

そして、ボーンは目的地へと辿り着きます。

それは、両親を失ったネスキーの一人娘のもとでした。

母親に殺されていたということになっていることを不敏に思い、真実を伝えるため。また、謝罪をするためにボーンは彼女の元へとやってきたのでした。

真実を伝え、謝罪をしたボーンはすぐさま去りました。

・ボーンの素性

後日ボーンは、パメラがいまだに自身を探していると知り電話をかけ、なぜだと問います。

するとパメラは、ボイスレコーダーのおかげで全てが分かり事件が解決したことのお礼が言いたかっただけよ。と言います。

そしてボーンに対し謝罪をした後、パメラは思わぬことを口にします。

それは、ボーンの本名がデビット・ウェッブであるということ。

また、出身や誕生日などの情報でした。

\ 本編をチェック! 

映画『ボーン・スプレマシー』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

登場人物

ジェイソン・ボーン (マット・デイモン)

マリー (フランカ・ポテンテ)

パメラ・ランディ (ジョアン・アレン)

アボット (ブライアン・コックス)

Twitterでの反応

こんな人にオススメ

・マッドデイモンが好きな人

・諜報(スパイ)系が好きな人

・ハラハラドキドキしたい人

感想

感想はここから見れます

 

まとめ

今作では恋人を失い、濡れ衣を着せられるというイレギュラーが起きた中でも、一匹狼で立ち向かうジェイソンボーンの凛々しさを特に感じられる作品です。

また、優しい心を持つ人想いな一面も覗くことができるヒューマンストーリーも織り込まれているので、殺し屋などのシリーズの中でも珍しい作品です。

ぜひ、今作を見てジェイソン・ボーンのことをよく知りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました