【無料フル視聴動画】映画『アイランド』を動画配信サービスで無料フル視聴する方法は!無料動画配信サイトを紹介!U-NEXT

洋画
The Island • My Name Is Lincoln • Steve Jablonsky

映画『アイランド』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

映画『アイランド』の動画を無料でフル視聴する方法

映画『アイランド』の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

2005年公開、マイケル・ベイ監督のSFアクション映画です。

動画配信は U-NEXTで配信中ですので、ぜひ御視聴ください。

“31日間無料で視聴する

無料トライアル入会でポイント600ptもらえます。

U-NEXTがなぜオススメなのか⁉︎

・映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある。

1400000本以上の見放題作品に加え、雑誌も読み放題

・ニッチな作品まで取り扱いがあるので、見逃し配信や昔の古い作品も見つかる

・画質選択が出来る

映画『アイランド』の視聴はU-NEXT

 U-NEXTの特徴 メリットは⁉︎

・動画配信サービスはもちろん、電子書籍、雑誌の読み放題の種類が豊富。

31日間はトライアル期間で完全無料

1つの契約で4回線を無料で利用できる。

・最新作品は解禁日に配信される(例外あり)

・大河ドラマはNHKオンデマンドで対応済み。

U-NEXT公式

無料トライアル申し込みページ

男性
男性
映画やドラマやアニメはもちろんの事、漫画や雑誌といった電子書籍まで手広くカバーしているところが惹かれ入会しました。
31日間無料お試し期間の利用するだけでも、大変お得だと思います。
解約手数料はかかりませんので、お気軽に使える動画配信サービスだと思います。
画像も大変綺麗で外出先のスマホでも気軽に視聴できて、もうU-NEXT無しの生活には戻れません。
女性
女性
ファミリーアカウントで四つの端末で見放題というのが魅力です。
三人の子供がいるのですが、各々見たい作品が違うので各々の端末で見れて非常に重宝しております。
毎月1200ポイントもらえるのも、とてもお得ですね。
少し前までレンタルでDVDを借りてたのが信じられないです。
新作映画のラインナップのリリースも非常に早いのに、驚かされました。
U-NEXTは非常に充実した動画配信サービスだと思います。

ニッチな作品まで収められているので、見逃した作品や、お気に入りの監督の映画、人生で気にいる一本が見つかるかもしれません!

画質はお持ちの端末に依存しますが、自動、高画質、低画質、最低画質が選択出来て、

通信制限に対して選択する事が出来ます。

例えば家にいて、ビジネスタイムが発生したならば、低画質でなど選択は出来ます。

漫画が読める電子書籍サービスや雑誌読み放題も

漫画は読み放題ではありませんが、雑誌は読み放題です。

ポイント付加が毎月あるので、そちらで漫画を購入する事も出来ます。

映画『アイランド』のあらすじ

2005年公開、マイケル・ベイ監督のSFアクション。当たり前だと思っていた生活が…?

・大気汚染

舞台は未来の地球です。

大気が汚染され、地上では人間が暮らしていけないレベルになってしまいました。

そのため、その汚染から隔離された施設で人々は生活していました。

毎日同じことの繰り返し。

同じ時間に同じ仕事、同じ真っ白な服。

男女の接触は禁じられていますが、リンカーンはジョーダンという女性を好きになりました。

リンカーンは悪夢を見、目を覚まします。

彼らの唯一の希望である「アイランド」行きの抽選が開かれます。

「アイランド」とは地上に残される最後の人間が住める場所と言われており、毎日そこへ行くメンバーが抽選で選ばれるのです。

もちろん皆自分が選ばれるのを今か今かと待っています。

ある日リンカーンは、蛾が施設の排気口から入ってくるのを見つけ、小箱に入れます。

外は人間が住めないほど大気汚染が進んでいるのではなかったのか?

リンカーンはジョーダンにこのことを話し、これをきっかけにこの施設の存在に疑問を持ち始めます。

・真実

ジョーダンがアイランドの抽選会で選ばれました。

リンカーンは真実を突き止めるため、立ち入り禁止区域に侵入します。

そこで彼が見たものは、アイランド行きの当選者が臓器を抜かれ、変わり果てた姿でした。

何と彼らは臓器提供や代理出産を目的に作成されたクローン、アグネイトという製品だったのです。

彼はすぐにジョーダンを連れ施設を脱出します。

施設の外は、大気汚染などなく青空が広がる草原でした。

その外の世界でリンカーンはオリジナルの彼、トムと出会います。

彼は肝硬変で余命2年でした。

彼はトムに助けを求め、トムは了承しますが施設へと密告してしまいます。

施設の追手がやってきてクローンを銃殺しようとするも、彼らは二人とも自分がオリジナルであると言い張ります。

リンカーンは自分に付けられていたクローンの証であるブレスレットをトムにつけたため、追手はトムをクローンと思い込み射殺します。

このままジョーダンと二人で逃走することも出来ましたが仲間を見捨てることはできないと、救出を決意します。

リンカーンはトムのフリをして施設に侵入、するとまさに仲間たちが大量処分されようとするところでした。

それを阻止するため内部の装置や機械を全部停させるリンカーン。

そして仲間を全て解放するため、この施設を牛耳っているメリック医師を見つけました。

睨み合う二人。

メリック医師は殺されたのはオリジナルだとこの時に気づきます。

激しい闘いの後、ついにリンカーンはメリックを倒しました。

このおかげでアグネイトたちは無事自由の身となり、生まれて初めて外の世界へと向かうのでした。

映画『アイランド』の登場人物紹介

リンカーン・6・エコー / トム・リンカーン(ユアン・マクレガー)

ジョーダン・2・デルタ / サラ・ジョーダン -(スカーレット・ヨハンソン)

アルバート・ローラン(ジャイモン・フンスー)

バーナード・メリック医師(ショーン・ビーン)

ジェームス・”マック”・マッコード( スティーヴ・ブシェミ)

映画『アイランド』はこんな人におすすめ

・SFが好きな方

・もしかしたら現実にあるかもしれない話が観たい方

・手に汗握る作品が観たい方、など…

映画『アイランド』の感想

男性
男性
まるでこの作品のように沢山の人々を施設に幽閉、彼らの臓器を売りさばくビジネスが実在していると聞いたことがありますが、都市伝説であることを祈ります。
それまでのシーンでは皆がクローンと言われても違和感がない感じでした。
生気がないというか。ところがスティーヴ・ブシェミが登場したら「人間らしい人間」にほっとしました。クローンなのにクローンらしくない人間臭さ全開の演技が素晴らしかったです。
突っ込みどころは満載でしたが、またそれも良し。楽しく観させてもらいました。

男性
男性
クローンに関して、倫理観が問われる映画です。2005年に見たときは、空想的な話で、スカーレットヨハンソンが綺麗だなと思った程度でした。
ですが、あれから15年のときが経ち、再度見直してみると、思った以上に深い内容で、今後考えないといけない問題になるのかもしれないと思いました。
自分のクローンを作り、作った本人(オリジナル)が病気などで臓器を失った場合、そのクローンから臓器を移植するという、いかにも現代や近未来でありえそうな話だと思ったためです。
ただクローンに感情や記憶などもコピーできるといったことは、果たして可能なのかと疑問にも思いました。
個人的には最後の終わり方が余韻があり、その先どうなるのか気になるため、好きです。
女性
女性
最初はアイランドへ行くためには人が多すぎるため毎日抽選をしているんだと信じ込まされていました。
ある一人が井辺に気づかなければ幸せな生活に向けての生活をしている人たちだと思っていましたが一変しました。
金持ちが移植をするために自分のクローンを作らせていることに驚きです。
また、抽選で選ばれた人が手術の途中で起きてしまい暴れたときには痛々しいです。
コロニーから脱出するために頑張るのですが、途中で裏切られそうになったり真実を見つけることができたりとストーリー的に面白い展開ばかりです。
また、戦う時の身のこなしが少し雑だと思いましたがある意味リアルに感じて本当に怖いです。
最後にはクローンも幸せになれるので安心でした。

男性
男性
2005年洋画『アイランド』を見て感じたのは、近い将来同じようなことがどこかの国で実験的に行われても不思議ではないなということです。
すでに臓器を細胞レベルから作り出すという研究もされているので、手っ取り早くクローン人間を作ってその人間から臓器を取れば良いのではないかと考える科学者や独裁者もいるはずと思いました。
似たような設定の漫画やドラマなどがありますが、映像として見せられると生々しく、これが本当に現実のものとなる危険性もあるんだなと思うと怖くなりました。
一つ疑問に思ったのは、クローンに思い出などを持たせる必要性があったのかなと思いました。
臓器や代理出産が目的だったら自由に行動させておく必要はなく、拘束して人間栽培のようにすればよいのにと思いましたが、それだと面白くないからだなと思いました。
女性
女性
「アイランド」は今までにないストーリーの映画だと感じます。
汚染されていると信じていた下界を主人公が初めて見るシーンは、今まで暮らしていたシェルターのような場所との色合いなど対比によって、とても印象に残りました。
主人公が徐々に真実へと近づいていく様子を見ていると、主人公にとても感情移入できて、最後まで集中して映画を観る事ができました。
主演のユアン・マクレガーと、相手役であるスカーレット・ヨハンソンは、今では演技力を評価されていると思いますが、当時は二人とも若さやビジュアルが注目されていたと思います。
しかし、この映画を観ると、見た目だけではない魅力を感じることが出来ます。
ストーリーが注目されやすい作品ではありますが、二人の演技も見どころのひとつです。

映画『アイランド』のまとめ

衝撃的でした。

テーマ的にはマトリックスと同じような感じですね。

一番の衝撃は、「自分たちは作り物である」という現実。

確かにクローンは本物のコピーかもしれない。

でもそれならば、私のこの感情は?思考は?これも作り物??

マトリックスは人類のほとんどが現実を知らずに過ごしますが、この作品では無残にも殺されてしまいます。

こちらの方が残酷ですよね…

実際殺されちゃう訳ですし、臓器抜かれたり赤ちゃん取られたりして…

でも考えてみれば、家畜は皆そうですね。

人間に食べられるだけに生まれ、育てられる。

時々思うんですよね、動物を見て。

この子たちは今何を考え、どう思っているんだろうって。

そこまで広げて考えるとベジタリアンにならざるを得なくなってしまいますね。苦笑

せめて命に感謝しながら食事したいと思います。

いやぁ、色々考えさせられる作品でした。

U-NEXTを31日間無料で視聴してみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました