ハロウィンおすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!
ハロウィンに是非見たい映画を紹介しています!

おすすめ映画はこちら

ホームレス中学生 無料動画フル視聴配信(実話映画) Dailymotion 9tsu Pandora

ホームレス中学生 邦画

(C) 2008「ホームレス中学生」製作委員会

ホームレス中学生

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

映画『ホームレス中学生』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

映画『ホームレス中学生』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ◎ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  〇 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  ✕ 933円 14日間 なし
  〇 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  〇 500円 30日間 なし
  △ 500円 31日間 なし
  ✕ 800円〜 なし なし

◎ ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可(大本命) 

〇 ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可 

△ 課金のみ視聴可

✕ 無配信

映画『ホームレス中学生』のフル動画を無料で視聴するには『U-NEXT』無料トライアル期間を利用するのが一番オススメです。

映画『ホームレス中学生』の動画を無料でフル視聴する方法

映画『ホームレス中学生』の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

トライアル入会特典600ptで無料でご視聴いただけます。

\ いつでも解約OK!無料トライアル期間だけでもOK! /

▼映画『ホームレス中学生』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料トライアル入会で600pt(ポイント)もらえます。

映画『ホームレス中学生』に出演している小池徹平さんの、他の作品は『U-NEXT』で配信しています。

・KIDS

・食べる女

・コンフィデンスマンJP

\ 作品映像をチェック /

▼小池徹平の出演作品を視聴する

>>見放題作品は業界No. 1

映画『ホームレス中学生』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

映画『ホームレス中学生』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

ホームレス中学生

映画『ホームレス中学生』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

映画『ホームレス中学生』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

あらすじ

普通に中学生だった田村裕だったがある日家が差し押さえされてしまう。
父は蒸発し兄弟は散り散りに。

そして裕はホームレス生活を始める事となってしまうが。

ネタバレ

ホームレス中学生

中学生の田村裕は学校の友達と遊びながら楽しく過ごしていた。

夏休み前のある日同級生の女の子から映画に誘われる。

しかし家に帰ると家の家具がすべて外に置かれていて家に入れなかったそう差し押さえされていた。

そこに姉の田村幸子がやってくるが鍵も合わない。

しばらく待っていると兄の田村研一がやってくる兄さえも分かっていなかった。

父がやってくると皆を集め「見ての通り家には入れなくなりました各々生きてください、解散!」と言い元気でなと残し父は去っていってしまった。

親戚に頼ろうにも皆音信不通だった。

佑は「俺は平気だから友達の家に泊まる」と言うそしてその場から去っていく。

しかしその晩は巻き糞公園と言われる場所で寝泊りする事に。

その巻き糞公園はトイレが無く野糞で済ます事にそしてその日は少ないお金で弁当を買ったがもうお金が無かった。

場所を争う敵も出てきた、巻き糞公園を自分の物だと言う子供やトイレしていると来る犬だった。

子供に「うんこお化け」と呼ばれる事に。

生活

ある日いつも通りトイレしていると映画に誘われた女の子が現れる「映画いついく」と聞かれるが「無理だ」と答える。

「じぁ家に行きたい!」と言われるがもちろん無理だったそう言われ去っていく女の子。

兄の元へ行く佑そして弁当をもらう。

兄は佑が友達の家に泊めてもらっていると思っていた。

ある日子供の集団が巻き糞公園にやってくるそして石を投げ始めた反抗し追いかけまわすと次の日子供はりんごを置きにきてくれた。

自販機の下で500円玉をゲットし弁当を食べられる佑。

そしてふと小さい頃家族で鍋を囲んだこと思い出す佑そして母に優しくしてもらった事も思い出す。

ある日鳩に餌をやっているおじさんと出会うそしてその餌をもらう。

兄を探しに行くが姿が無かった。

そして空腹のあまり草を食べ段ボールを食べる佑。

しかしある日友達と出会うそしてとうとう家が無くなった事を打ち明ける。

そしてご飯を食べさせてもらい事についでにお風呂まで入れさせてもらう。

久しぶりのご飯とお風呂に感動する佑。

そしてその友達の親に事情を話し泊めてもらう事となる。

翌日兄が来て頭を下げるそして万博の方の公園に移動したと知る。

姉の幸子もどこえ行けばいいのかと彷徨い幸子も友達の家に。

そして週一回ご飯を三人で食べる事となった。

数日後その親から大事な話があると集められる。

山田という夫婦と出会うそして家のふき掃除を始めここがあなたたちの家だと言われる。

「ありがとうございます」と頭を下げた三人だった。

病院で入院する母を思い出す三人。

ご飯を三人で一日分を分けるがどうしても足らなかった。

兄が「今までより10倍噛めば満腹中枢が働くんじゃないか」と言いそれに従う。

姉はずっと噛みつづけて最後に味がぶわーと広がると言い試す二人すると二人もそれを体感する。

学校から帰宅中父親と出会うしかしろくに会話せず去っていく父親。

亡くなった母

ある日当然家を買ってくれた西村さんが亡くなってしまう、亡くなった時の母を想う裕。

朝バイクで事故に遭うがなんとか無事だった裕しかし姉は怒らなかった。

先生に「何があった」と声をかけられる裕それに対し「全部めんどくさい生きてるのが」と答えるすると「私も思うよ」と答えられる。

そして「皆田村くんにパワーもらってるんやで、あとは自分で考え」と言われる。

翌日姉と喧嘩し裕は自転車で出ていく事に。

毛布を被り漕いでいると警察に捕まってしまう。

警察には兄が迎えに来るそして二人牛丼を食べる。

そして母が死んだ時の事を話す、もう二度と母に会えないだったらもう人生いいんじゃないかと言うと兄に叱られた。

兄に別れ際「帰るかどうかはお前次第」と言われ裕は帰宅する。

帰宅すると「おかえり」の紙と共におにぎりが置かれていて涙しながら裕は食べた。

19歳となった裕はお笑い芸人になったのだった。

\ 本編をチェック! 

映画『ホームレス中学生』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

登場人物

田村裕   (小池徹平)

田村研一  (西野亮博)

田村幸子  (池脇千鶴)

田村京子  (古手川裕子)

田村一郎  (イッセー尾形)

川井よしや (柄本時生)

川井正光  (宇崎竜童)

川井道代  (田中裕子)

工藤夏美  (黒谷友香)

西村スミ子 (いしだあゆみ)

主題歌

天上智喜/CLIFF EDGE  Here

天上智喜&CLIFF EDGE – Here[PV]

Twitterでの反応

https://twitter.com/kyo_suk/status/1245499261220827136?s=20

https://twitter.com/yushin0603/status/1279074592129081345?s=20

映画『ホームレス中学生』のこんな人にオススメ

・小池徹平が好きな方

・ノンフィクションが好きな方

・日本の映画が好きな人

感想

感想はここから見れます
女性20代
女性20代

はい!解散!!と父親が子供たちに言ったシーンが
すごく衝撃的で忘れられないです。
家族が皆んなバラバラになりながらも兄弟の絆の強さにすごく感動しました。
主人公(小池徹平)が公園に住む事にになって公園で過ごしている時に、小学生の子供達がちょっかいかけにくるシーンがあったのですが、その子供と主人公の掛け合いがすごく面白かったです。どんどん仲良くなって行く所も見所です。主人公がお腹を空かせて食べる物がなくなってダンボールを口にするシーンは少し胸が苦しくなりました。
どんなに辛くて苦しい状況でもお兄ちゃんとお姉ちゃんに
気丈に振る舞う主人公が本当に凄いと思いました。
主人公が友達の家に招待されて、ご飯をご馳走してもらうシーンがあったのですが、友達の優しさ、友達のお母さんの優しさにもほっこりしました。そのご飯のシーンがまた
すごく美味しそうに見える様に撮影されていて、観ていてお腹が減りました。
長男役(西野亮廣)はコンビニでアルバイトをしていて
余ったお弁当を弟に食べさせてあげたりしていてすごく
優しいお兄ちゃんで感動しました。
兄弟3人で一緒に住む事になった時は安心しました。
長女役(池脇千鶴)がボロボロですごくゆっくりしか走らない原付を乗っているシーンはすごく面白くて思わず笑ってしまいました。

女性40代
女性40代

家を差し押さえられて入れないドアの前で、父が子供たちを集めて言うセリフが淡々としすぎていて笑えました。家族がバラバラになるのに申し訳ない感じが一切なく、上司が部下に業務報告をしているようで、親子の会話に聞こえませんでした。裕がアルバイトをしている兄に迷惑をかけないように、公園で一人で生活する姿が健気で切なかったです。水飲み場の水でお腹を膨らませたり、自動販売機の下のお金を拾ったり、兄のアルバイト先に毎日押し掛けてはいけないと悩む姿は、かわいそうでした。けれど裕が周りを笑わせるのが好きな性格のおかげなのか、裕を取り巻く人々がみんな温かい人達で嬉しかったです。兄や姉の優しさや友達家族、民生委員や大家さんといった人達が協力してくれたのは、裕や兄、姉の人柄が良かったからだと思います。パンの耳やリンゴ、メンチカツ、牛丼、ご飯に味噌汁、おにぎりなど食べ物がたくさん出てくるのも特徴の1つです。出てくるたびに裕と同じように美味しそうと思ってしまいました。特にご飯の食べ方である、味の向こう側はどんな味なのだろうと想像してみたくなります。姉の幸せそうな顔や兄と裕のはしゃぐ姿から甘味や香りが良さそうです。真似をして食べてみたいと思いました。

女性30代
女性30代

どうしようもないオヤジのせいで、中学生にしてホームレスになってしまった麒麟の田村が成り上がるまでの感動の実話で、こんな家庭ホントにある!?とツッコミたくなるような父親の”解散宣言”が、ショートコントをみているかのように描写されていて物語がわかりやすかったです。田村本人にしてみたら本当に当時は大変だったんだろうなと同情しますが、コミカルタッチで描かれているので、あまりシリアスさを感じさせず、観る人が笑顔になるような心温まる作品です。田村が一人っ子ではなく、兄ちゃんと姉ちゃんがいたことも、彼にとっては心の支えになっていたんだと感じます。兄ちゃんのバイト先に行って、兄ちゃんからご飯をもらったりしてる姿を観て、こういう時兄弟って助けあえるからいいなと改めて感じることができました。また、田村の友達一家が本当に優しく、田村だけでなく兄ちゃん姉ちゃんまでをお世話してくれて、友達一家の存在がどんなにありがたいか、姉ちゃんの涙から痛いほど伝わってきます。久々のお風呂や久々の温かいご飯に心から嬉しそうな表情を浮かべる田村がとても印象的でした。また、田村にとって実のお母さんがいかに大切な人だったかということ、お母さんを笑わせたい、人を笑わせて幸せにしたいという、お笑いに対しての熱い思いをこれでもかと感じることができました。麒麟田村のお笑いにかける思いがひしひし伝わる心温まる作品です。

女性30代
女性30代

苦境の中でも明るく逞しく生きる兄弟愛が素晴らしい作品です。
原作のように号泣はしなかったけれど、主人公の田村裕を演じる小池徹平さんの爽やかさが私のイメージしていたものとよい意味で違っていて大変良かったです。
辛く切ないシーンの中で、現状を乗り越えるにはどうすればよいか思考錯誤しながら過ごす様子は悲壮感や絶望感よりも、これが真の人間力だという強さを感じます。
主人公と同年代の子どもたちに是非見てほしい、そして、真の強さを感じてほしいです。
居場所がなくて公園で過ごす中、近所の小学生に馬鹿にされても怯むことなく、ウンコの神様として存在感を示し崇められるシーンは爆笑しました。空腹に耐えるため、白米の味がなくなるまで噛みつづければ新境地を開くことができるという新たな発見を心から尊敬しました。
兄を演じる西野亮廣さんとの牛丼屋でのシーンが深く心に残っています。気丈に見えても母の死から立ち直ることができていない弟の深い悲しみを正面から受止める姿に涙がとまりませんでした。弟にかける温かい言葉が忘れられません。自分のことだけで精一杯な年頃なのに、父や母に代わり妹や弟を守っていこうとする覚悟や深い愛情を感じ、見終えたとき、とても温かい気持ちになりました。

女性30代
女性30代

自分の家が住めなくなってしまったのに親が責任を持たないことってどうなんだろうと思いました。親として責任がなさ過ぎて児童養護施設に受け入れをしてもらうことの方が適していたのにそういうことは考えなかったのかなと疑問に思ってしまいました。大好きだった親がいなくなってしまう子は田村さんにとっては厳しい状況だったのに、それでも一人で頑張って生活をしていこうとしていたのがこの人本当にすごすぎると思いました。公園に中学生がいたら警察に補導されてしまうのが当たり前なのですがそれもなかったようでかわいそうにしかなかったです。公園の中での生活を本当にしていたようで、段ボールを食べて忍んでいたという話はとても有名な話ではありますが、映画の中で本当に再現されていたときは身震いしてしまいました。やったら病気になってしまうので本来はやってはいけなくて、先生に相談するべきだったと思います。それもしなったのはそうしてなのかただの意地でやっていたのかはわかりませんが壮絶な人生を送っていた方は世の中にたくさんいると思ったら普通に生活が送っている方にとっては衝撃的です。小池徹平さんにそういう役はやってもらいたくなかったのですが、頑張ってやってくれていたことに拍手を送りたくなりました。

女性50代
女性50代

自叙伝『ホームレス中学生』が話題になった時、映画化されるとしたら自分の役は誰が良いですか?と訊かれ「小池徹平」と答えた田村裕。本当に映画化が決定して、小池徹平ざんが裕役になりました。小池さんはすでに二十歳くらいでしたが「童顔で良かった」と主演に決まったことを喜んでいました。裕が家に帰ると至る所に黄色いテープが貼ってありました。父親が帰って来て「家族解散!」と宣言をしました。中学生の裕も1人生きることに決め、公園を寝ぐらにしました。私の好きなシーンは、葉っぱをトイレットペーパーにしてしゃがんでいる裕に間寛平さんが「ゔんこしてるの?」と訊きます。裕はしゃがんでその真っ最中なのに「してません」と否定します。察した親友が裕を自分の家に連れて行き、その家のお母さんも「自分の家だと思って」と暖かく迎えてくれました。お母さんの高田聖子さんがいい味出してました。お母さんと民生委員さんのお陰で裕は兄と姉と3人でアパートに住むことができ、裕のホームレス生活は短期間ですみました。そして、良くしてくれた親友のお母さんが脳溢血で急死してしまいました。裕もお母さんを亡くしていました。お葬式で泣く親友を自分と重ねて、お母さんと存在があるから自分がいると思い、苦しい時に助けてくれた人たちを思い、これからもしっかり生きて行こうと思った裕でした。

女性30代
女性30代

映画『ホームレス中学生』を観るまでは、現実的になさそうな話だと思っていましたが、間近でもこんな話があるのかもしれない、と強く考えさせられました。
私が一番衝撃的で印象が残るシーンといえば、1学期の終わって、さぁ夏休みという所で、今に帰ったら入れない状況になっており、父が戻ってきた途端に「解散っ!」とあっけなく終わってしまったシーンが今でも忘れられません。中学生らしい、思春期の真っ只中で、見栄をはったばかりに友達の家へ泊めさせてもらうと強がってしまう所も印象的でした。
余儀なく、公園が寝床になる所や、小学生にからかわれたりするもし、自分が当事者だったらゾッとします。
同じクラスの女子から映画に誘われても行けない悔しさ、次はいつご飯が食べられるかわからない虚しさなど、観てて胸が苦しくなりました。しかし、この映画では、人と人との優しさやあたたかさも感じるシーンもありました。

偶然出会った友達の家で夢中で晩ご飯を食べる所、友達のお母さんが面倒みると言ってくれた所、兄弟も食事に誘ってくれたり、兄弟で暮らせるようにしてくれたりと、すごくホッコリするシーンも沢山ありました。
私も誰か困っている人がいれば、積極的に声もかけたいと思った素敵な映画です。

女性50代
女性50代

まず、出演キャストは役にはまっていたと思いました。しかし、田村裕役の小池鉄平さんはかっこよすぎて、麒麟の田村さんよりも良すぎると思いました。

共演者のキングコングの西野亮廣(あきひろ)さんはしっかりしたイメージなので、長男役が合っていました。共演者の池脇千鶴さんも兄弟の真ん中の役が合っていました。
また、ストーリーは田村さんが大体のことを話していたので、事前に知っていましたが、共演者の田中裕子さんが「当たり前田のクラッカー」とか、いしだあゆみさんも面白いポーズを取っていたので、面白かったです。
それから、作品の見どころはある日突然、中学生がホームレスになったときにどうなっていくのか、自分で何とか出来るのか、それとも助けてくれる人がいるのかです。

また、キャストが豪華で、この他にも歌手の宇崎竜童さんや古手川祐子さんなども出てきます。
それから、疑問に思ったことは中学生が一人で公園にいて、誰もおかしいとは思わなかったのかということです。
結末は田村の父が言いたかったことがちゃんと描かれていて、この映画が何が言いたいのかも描かれていてよかったです。
この映画は2008年に上映されていましたが、その時は子どもが小さかったので見られなくて、今やっと見ました。

しかし、小池さんが若い時の映画を見られて良かったです。

映画『ホームレス中学生』のまとめ

いかがでしょうか「ホームレス中学生」是非動画配信サービスでご覧になってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました