おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

ボルト 無料動画配信(ディズニー映画 字幕 吹替)フル視聴 9tsu Dailymotion anitube

アニメ映画

(C)2008 Disney

Bolt (ボルト) – Japanese Trailer

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

ディズニー映画『ボルト』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

ディズニー映画『ボルト』の動画をフル視聴する方法

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ✕ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  ✕ 933円 14日間 なし
  〇 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  ✕ 500円 30日間 なし
  ✕ 500円 31日間 なし
  ✕ 800円〜 なし なし

ディズニー映画『ボルト』を公式動画配信サイトを視聴する方法

2020年9月現在、ディズニー映画『ボルト』のDVDレンタルや動画配信が視聴できるのはTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASのみです。

\期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』のお試しはこちら

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

ディズニー映画『ボルト』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

ディズニー映画『ボルト』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

ディズニー映画『ボルト』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』のお試しはこちら

>>期間中の解約は違約金は発生しません!

『ディズニー』の歴代作品紹介

ディズニー 作品 U-NEXT TSUTAYA TV/DISCAS hulu
ラ・ラ・ランド
ナイトメア・ビフォア・クリスマス
アリス・イン・ワンダーランド
マレフィセント
ダイナソー
ラマになった王様
ブラザーベア
くまのプーさん
プリンセスと魔法のキス
ボルト
トイストーリー1
トイストーリー2
トイストーリー3
トイストーリー4
美女と野獣
アラジン
ライオンキング
リメンバーミー
2020年9月現在、『ディズニー』シリーズは『U-NEXT』『hulu』『TSUTAYA TV /DISCAS』の3つの動画配信サイトにて視聴できます。

ディズニー映画『ボルト』のあらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

『ボルト』は2008年に公開されたディズニーが制作したアメリカの映画です。

自分は不思議な力を持つスーパードッグだと思い込んでいるボルトは、ある日迷子になってしまい…?

あらすじ

・ボルト

ボルトはペニーの飼い犬です。

そのボルトがペニーの飼い犬になって5年が経過した頃、ボルトは飼い主ペニーと共に大人気シリーズに出演するスーパードッグになっていました。

しかし、当のボルトは本当に自分が特別な力を持った犬だと思い込んでおり、自分が暮らす日常が作り上げられた世界の中で起こっている出来事だとはまるで知らなかったのです。

またシリーズ制作者もボルトにそう思わせないように、画面にカメラが映りこんだり、普通の子犬のように外で遊ばせたりすることを禁じていました。

・ボルト、行方不明に

ある日、ペニーがさらわれるシーンを撮影したのち、相変わらずそれが作られた世界だと知らないボルトは本当にペニーがさらわれたと思い込んでしまい、撮影所から出て行ってしまいます。

撮影スタッフが気がついた時にはもう遅く、遠くへ行くトラックの中に乗り込んでしまったのでした。

一方のボルトは自分が迷子になったとはまるで気づかず、見知らぬ街の中で必死にペニーを探しました。

しかしペニーの手がかりが全く掴めないどころか、いつものようにガラスを割ったり、アルミを捻じ曲げたりすることができなくなっていたのです。

ボルトは不審に思いながらもトラックで運ばれる際に付いた発泡スチロールのせいで力を奪われてしまったと思い込んだのでした。

・ミトンズ

ペニーを見つけるためにボルトは、ペニーを監禁していると思われる緑の目の男の仲間を探すことにしました。

居合わせた鳩たちに”ミトンズ”という猫のことを聞き、ボルトはその猫がペニーの居場所を知っているに違いないと思い、ミトンズに接触します。

そしてミトンズに会ったボルトはペニーの元へ案内しろと一方的に告げました。

話の流れがまるで読めないミトンズは、焦りからボルトの首飾りにハリウッドが刻まれていることからハリウッドに行けばペニーと再会できる、とボルトに言います。

ボルトはペニーに会えたらミトンズを解放する約束で、ミトンズを連れてハリウッドに向かうことにしました。

・ライノ

その途中立ち寄ったキャンプ場で、ボルトとミトンズはライノというハムスターに遭遇します。

なんとライノはボルトの番組の視聴者でボルトの大ファンでした。

ライノもまたボルトが本物のスーパードッグであると信じ切っていたのです。

憧れのボルトと共にペニーを助ける旅に出たいとライノが言い、ライノも旅についてくることになりました。

一方のミトンズはまた話の分からないやつが増えたと頭を抱えるばかりでした。

しかし、その後のライノの話でミトンズはようやく合点がいきます。

ボルトの今までのおかしな行動と言葉は、自分が出演するドラマの設定を現実のものとして信じ切っているからこそだということに気がついたのです。

・保健所へ

ミトンズはそのことをボルトに説明し分からせようとしますが、ボルトは全く聞く耳を持ちません。

それどころか未だに自分がスーパードッグだと思い込み、不思議な力を使えると信じ切っていたのです。

ミトンズは彼を挑発し技を出すように言いますが、もちろんそんな技など出せるはずもありません。

ボルトは何度も何度も挑戦しますが、聞こえるのはただの鳴き声だけでした。

やがてその鳴き声に気がついた人間たちによって、ミトンズとボルトは保健所に連れていかれてしまいます。

その道中、ボルトは脱出に成功しました。

ボルトは本来の力が復活し自力で逃げ出せたと思い込んでいましたが、実はライノの尽力があってのことでした。

ミトンズの言う通り、自分には特別な力など何もなかったのです。

そのことに気がついたボルトは失望しました。

・普通の犬とは

その後ボルトはライノに励まされ、なんとかミトンズを保健所から助け出すことに成功しました。

相変わらずライノはボルトのことをスーパードッグだと思っていましたが、一方のボルトは悪者と戦わない、追いかけない自分はいったい何をすればいいんだろう?と悩んでいました。

そんなボルトにミトンズは普通でいることが世界一凄いことだと励まします。

ですが普通の犬でいるということがどういうことが分からないボルトは、ミトンズに様々なことを教わります。

そうするうちにボルトは次第に犬として本来あるべき姿を取り戻していくのでした。

しかしその一方で、飼い主であるペニーへの気持ちは忘れられずにいました。

ネタバレ

・ペニーの元へ

棲み処も準備し、仲良くボルトと共に仲良く暮らしていけると思っていたミトンズはそのことに激怒します。

そうして分かり合えない二人は別れることになってしまうのでした。

そんな二人の様子を知らないライノは姿を消したボルトのことを不審に思います。

ミトンズは、そんなライノにボルトは一人で緑の目の男を倒しに行ったと告げました。

それを聞いたライノはこういう時に助けに行くのが友達だと言って、ボルトの後を追っていったのです。

ミトンズもまたライノの後を追う形でボルトの元へ向かうのでした。

・ペニーと再会

ようやくペニーのいるスタジオにたどり着いたボルトはついにペニーの姿を見つけますが、ペニーが抱きかかえていたのは自分とそっくりな別の犬だったのです。

それはリハーサルの一環だったのですが、そうとは知らないボルトはショックを受けてその場から立ち去ってしまいました。

外に出たボルトはミトンズと再会し、ペニーに会いに行くようにと説得されました。

ミトンズはペニーが心の底から悲しむ姿を見ていたのです。

・火災発生

一方でスタジオではドラマの撮影が行われていました。

しかし、ボルトにそっくりな犬のちょっとした行動から火災が起こってしまったのでした。

ペニーは一人スタジオ内に取り残されていました。

ボルトにはそんなペニーの助けを求める声が聞こえたような気がしたのです。

なんとか再会したペニーとボルトでしたが、あたりはすでに煙に包まれており、どうすることもできませんでした。

更に煙を吸いすぎたことがたたってペニーは気を失ってしまいます。

・結末

ボルトはペニーを助けるために必死にほえ続けました。

その鳴き声は外に伝わり、ペニーとボルトは無事に救出されたのです。

その後ペニーは女優を辞め、都会から離れた田舎町でボルト、ミトンズ、ライノたちと仲良く幸せに暮らすのでした。

\ 本編をチェック! 

▼ディズニー映画『ボルト』の動画をフル視聴

>>お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

登場人物紹介

ボルト (佐々木蔵之介)

ペニー (白石涼子)

ミトンズ (江角マキコ)

ライノ (天野ひろゆき)

主題歌

マイリー・サイラスwithジョン・トラボルタ 『I Thought I Lost You』

Bolt – I Thought I Lost You

Twitterでの反応

https://twitter.com/0303_Yuuri/status/949989856247136257

https://twitter.com/DrapZootopia/status/771798735886036992

こんな人にオススメ

・ディズニー作品が好きな方

・犬が好きな方

・アドベンチャーが好きな方

感想

女性20代
女性20代

ペニーと愛犬ボルトが主人公。
ペニーとボルトは有名な映画の主人公で、映画の中でボルトは強いパワーを持ち、ペニーと2人で悪役を倒していく。
ボルトは映画の世界が本当の世界だと思わされトレーラー内で育てられていたが、映画の中でペニーが悪役に捕まったのを機にトレーラーから抜け出しペニーを助けようと外の世界へ飛び出す。
映画の見所は、ボルトが色んな動物と出会い、新しい体験をして成長していくところです。
映画の中のように、現実世界でスーパーパワーを使おうとするがうまくいかないがパワーが本物だと信じるところ、犬・猫など動物が会話しているのも面白いところです。
初めてお腹を空くことを経験し、人間への甘え方を覚えたりがとても可愛かったです。
一緒に冒険する猫とハムスターのキャラクターも面白くて、一つ一つの冒険がとても面白く仕上がっていました。個人的には、ハムスターのキャラクターが面白くて映画を楽しくしているなと感じました。
この映画を見て、犬の飼い主に対する愛情が見える映画でとても心温まる/感動映画です。
主人公PennyがDisney ドラマ『Hannah Montana』の主人公Miley Cyrusが担当しています。

感想はここから見れます
女性30代
女性30代

ハリウッドのスターとして生きてきて、ずっと活躍をしてきたボルトは、作り物の世界で自分がスターであることに気が付いていません。相棒のペニーといつも撮影をしている感覚がなかったのです。ひょんなことからボルトは撮影とも知らずペニーが本当に攫われてしまったと思い探していくうちに迷子になってしまいます。そこで現実世界と自分には超能力が備わっていないことに次第に気が付いていきます。ボルトが自分に超能力があると思って行動している姿がアニメーションですが犬の行動というか表情も絶妙に表現しています。見ていてボルトがすごく愛くるしいです。私も犬を飼っているからわかりますが閉鎖された社会しか知らない犬といろんな世界を知っている犬の違いはとても大きなものです。この映画の作品のボルトもいわば、外の世界を知らず撮影の世界だけしか知らなかったら成長はとまっていたでしょう。しかし、外の世界を見て、本当に風をきることや思いっきり広い場所を走り回る気持ちよさを知り野生の本能を目覚めさせていく好奇心を満たしていく姿は見ていて気持ちがいいものです。ペニーと無事会えるのかどうか心配ですが、ペニーとボルトの絆は撮影だけの関係ではないと気が付かせてくれる作品です。

女性20代
女性20代

シェパード犬のボルトは、自分のことを「スーパーパワーを持ったヒーロー犬」と思い込んでいるけれど、そのパワーは撮影スタッフの技術力によるもので、本当は撮影スタジオから一歩も外に出たことがなく、普通の犬の生活も知らず、一切犬らしいこともしてこなかったハリウッドの俳優犬でした。ドラマで共演している子役のペニーを助けようと、ボルトは勘違いから迷子になり、世間に放り出されます。旅の途中で出会う仲間の猫のミトンズ、ハムスターのライノと一緒に自分の知らなかった現実の世界を目の当たりにし、本当の居場所を見つけていきます。ボルトがテレビの中だけの架空のヒーローから本物のヒーローへと成長していくロードムービーです。
「スーパーパワーなんて必要ない、ありのままの自分になればなんだってできる。」愛するペニーのために頑張る、ボルトの姿に勇気づけられる作品です。
「トイストーリー」の生みの親であるジョン・ラセターが制作総指揮を務めており、声優陣もジョン・トラボルタやマイリー・サイラス、日本語吹き替え版には佐々木蔵之介や江角マキコ他、個性豊かなキャストが揃っています。ストーリー展開にハラハラドキドキ、子どもだけではなく、大人も一緒に楽しめる、隠れたディズニーの名作です。

女性30代
女性30代

正義感の強いちょっと世間知らずの主人公ボルトの声で佐々木蔵之介さんが担当されています。
その他に仲間役を江角マキコさん、天野ひろゆきさんが担当されています。
佐々木蔵之介さんのキリッとした声も江角マキコさんの気の強い声もキャラクターにぴったりで違和感はありませんでした。
その中でも一番のはまり役は主人公ボルトに憧れるハムスター「ライノ」を担当されたキャイ〜ンの天野ひろゆきさんだと思います。
ライノは、この映画には欠かせないキャラクターで子供たちもライノがプラスチックの玉の中で大奮闘するシーンではお腹を抱えて大笑いしていました。
鳩が出てくるシーンもどかしくて面白いです。
真面目なスター犬ボルトが現実とドラマの中の世界との区別がつかず、飼い主で相棒のペニーを必死で守ろうとするその姿は犬好きならずとも胸が熱くなります。
ボルトの毛並みが触ってみたいほどフサフサで可愛いです。
この映画にもしっかり悪役も登場します。実際にも居そうな「お金の事で頭がいっぱい」のおじさんマネージャーで、動きや仕草全てがなんとも憎たらしいです。
映画冒頭のアクションシーンも目が離せないほど見応えがあります。
スピード感がありスリル満点で展開していくシーンでは思わず手に汗を握ってしまいます。
動物たちの想いが描かれたシーンでは人間と動物たちの間の絆についは勿論ですが、人間の都合でペットとして動物を迎え入れることについて考えさせられました。

女性50代
女性50代

ハリウッドのスター犬のボルトは、高い知能と身体能力で悪人を根こそぎ倒してしまうスーパードッグを演じています。冒頭のボルトの活躍はシビれるくらいカッコ良くて迫力満載です。スーパーボイスは地響きが鳴るようにあたり一面に影響力を発揮して、あっと驚く特殊能力です。撮影が終わって現実の生活に戻ると、一匹の普通の犬に戻るボルトは、映画のキャラクターのままの能力があると信じ込まされています。共演のネコたちに馬鹿にされても自分の能力を疑いません。ちょっとかわいそうで心配になります。ある時思いがけずに、ハリウッドから遠く離れた場所でひとりぼっちになってしまいます。大好きな飼い主のペニーと離れて、心細さや不安な気持ちに戸惑います。そんな時に野良猫のミトンズに出会いハリウッドを目指します。道中では色々な事を経験し今まで知らなかった事を学ぶボルトは、危ない目に何度も遭遇し、ギクシャクしていたミトンズと協力し合いながら絆を深めていきます。だんだんと知恵を付けていく様子は、前よりいっそうたくましく感じさせます。ハムスターのライノも仲間に入り、ボルトを勇気付ける頼もしい存在です。ハリウッドを目指すうちに友情を知り常識を身につけたボルトは、ペニーの元に本当に戻れるのか不安を感じるようになります。本当の知性を身に付けたボルトが、諦めずにペニーの元に帰るのか最後まで楽しめる作品です。

女性30代
女性30代

映画の世界しか知らなかったボルトがスタジオを出て本当の世の中を見ながら、新たな事を学び感じていく姿は見ていてとても気持ちがいいです。

仲間もできて助け合いながらの旅は見ているこちらも楽しくなります。

そしてその旅の根本には大事なペニーという存在に再会する為、と前に進み続けるボルトの純粋な気持ちには感動します。

一番の見どころはペニーを火災の中から救い出すシーンです。

ペニーとの再会も一度は諦めその場を離れたものの、この火災を知りすぐにペニーのもとに駆け付けつけた事でボルトの勇気と忠誠心がよくわかります。

目の前に大切なボルトを見たペニーの心境は言葉にはできません。映画という世界を超え、新たな仲間達と共に本当の家族として暮らしていく結末はとても心が温まります。

もしも仲間に出会えてなかったら、又は悪影響な相手に捕まってしまっていたらボルトはどうなっていたのだろうかと気になる事はありますが、信じる気持ちが良い結末に繋がったのだろうと思います。

この映画は子供と何度も見ましたが、そのたびに自分の子供にも繋がるようなストーリーだと思いました。

決まった世界にとどまるよりも思い切って外に出てたくさんの事を学んで欲しい、けれどボルトとペニーの関係のように、最後には親や家族がいるという安心感と絆を信じてもらいたいです。

男性30代
男性30代

驚異的な力を持つ犬が悪党と戦うストーリー、ではなく、特撮系の番組での俳優犬が設定上の能力が本物だと思い込んで日々過ごすようなストーリーでした。

少々ガッカリしながら見てみた結果、十分面白いと思いました。主人公の犬がする仕草や会話の内容を観察すると、本当に自分がいわゆるスーパー・ドッグだと信じ込んでいるのが解ります。

この犬を演じている声優さんの声のトーンや喋り方のおかげで信憑性が高く感じました。この映画最大の見どころはそんな主人公の激しい『思い込み』からなる日々のボディー・ランゲージでしょう。

対してこの主人公の飼い主である少女も、自分の犬がそんな風に思っていることを理解していました。

言葉ではあまり語りませんでしたが、自分の犬と普通に過ごして普通に遊べない現実に対して悲しみや寂しさもなんとなく感じました。

この『犬と飼い主』のストーリー上の変化も見どころの一つだと思います。このような設定の主人公がある日突然現実に直面し、自分の正体に気付いてしまうのがこの物語です。

現実とフィクションの違いに四苦八苦しながら、自分にとっての大切なものが何なのかを再認識していく主人公も大きな見どころだと思います。まさに中二病にかかった犬が繰り出すアドベンチャー映画です。

女性40代
女性40代

「観ないのはもったいない!」そう思わせてくれる作品です。
ディズニー映画の中では少しマイナーな作品ですが、ディズニー好きなら、トイ・ストーリー好きなら観て損はありません。製作総指揮はジョン・ラセターの3DCGアニメーション映画です。
スーパーパワーで飼い主のペニーを守っていると信じている、犬のボルト。実はボルトはハリウッドのスター犬で、テレビドラマの中の世界を、現実だと思い込んでいます。
ある日ボルトは撮影所の外に出てしまいます。
ペニーの元に戻ろうとする途中で、飼い主に捨てられ何も信じない野良猫のミトンズ、ボルトに憧れるハムスターのライノと知り合い、ボルトは現実に気づき、少しずつ成長を始めます。
3DCGをこれでもかとばかりに存分に生かしたアクションあり、笑いあり、感動ありの素晴らしい作品です。子供向けなのでストーリーはわかりやすいのですが、大人が観ても夢中なれます。
なんと言っても素晴らしいのは、ボルトのペニーへの一途な愛情。ペットを飼っている方なら、感動間違いなしです。ボルトのいじらしさが切ないです。
ボルトとペニーはドラマの中での「愛犬と飼い主」だったのですが、実は二人は本物の愛情で結ばれていたのです。
その愛がミトンズもライノも変えていきます。
スーパーパワーなんてなくても、愛さえあれば誰かのヒーローになれる。そんなことを教えてくれる作品です。

まとめ

犬が主人公ということで、犬好きにはたまらない映画になっています。

自分が特別な力を持った犬だと思い込んでいる主人公はとても愛らしく、また笑わせてもらいました。

飼い主との絆が分かるシーンはとても心温まります。

笑って楽しめて感動もできる素敵な映画です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました